浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号502 ファイナルチェック問題集日本史B

d0133636_1049692.jpg
【タイトル】センター試験ファイナルチェック問題集3菅野の日本史B
【著者】菅野祐孝
【肩書】
【出版社】清水書院
【サイズ】B6
【ページ数】151頁+特別付録32頁
【目次】
第1章 原始・古代
第2章 中世
第3章 近世
第4章 近代
第5章 現代
[特別付録]大学入試センター試験詳解 日本史B(野崎美夫)
【初版発行年月日】2000年8月25日
【収蔵品発行年月日】2000年8月25日 第1刷発行
【収蔵品定価】650円+税
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】金谷俊一郎「センター日本史B一問一答―完全版」(東進ブックス)
【コメント】
同時期まで旺文社で出ていた「センター試験プラス30点の○○」(200点満点の英数国と100点満点の理社では30点の価値がまるで違うのだが・笑)の類似本。他の教科も予備校講師の署名があるが、知名度が大差のため日本史のみ「菅野の日本史B」と教科にまで出てくる。
「国公立二次対策問題集②日本史」の昔から30年にわたり一貫して清水書院は日本史では菅野師を起用し続けており、これだけ長く続く関係も珍しい。
各章毎に「総整理」として時の権力者毎の関連項目をまとめ、センター型の4択問題、最後にPoint Packageとして立体パネルから抜粋で2頁のまとめがある。センターレベル想定なので解答は易しいが、選択肢には見たことのない用語があって時折ビックリさせられる。解説は皆無なので気になった用語を調べる自主性のある生徒には額面以上の上積みがあるかも。
直前期の知識の確認向けとして気軽に持ち運べるコンパクトさが売りで、通史を終えていない現役生が読んでも良さが生きない。
[PR]
by roudai | 2015-05-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号501 英文を最もカンタンに読む方法 

d0133636_10181274.jpg
【タイトル】阿部憲の英語革命 英文を最もカンタンに読む方法
【著者】阿部憲
【肩書】S.P.S.英語科部長・東進ハイスクール英語科講師
【出版社】中経出版
【サイズ】B5変形
【ページ数】219頁
【目次】
プロローグ
1 「英語革命」と「従来の文法解説」との違い!!
2 「英語革命」の使い方
3 なぜ「英語革命」なのか?
Part Ⅰ 講義
 講義1 英文を読む際の目の動かし方
 講義2 英文の構造と日本文の構造はとこが違うのか?
 講義3 英文中のパーツの訳し方
 講義4 英文を訳す順序
 講義5 英文を作るに1つ1つのパーツが長い場合はどう訳したらよいか?
 講義6 短文ドリルトレーニング
 講義7 長い文のさばき方①~挿入部を消す~
 講義8 長い文のさばき方②~小さな文(短文)で切る+長い分詞・不定詞・前置詞句で切る~
 講義9 長い文のさばき方③~区切ったものを、Vを押さえなから読む~
 講義10 区切って作った短文訳のくっつけ方
 講義11 最後まで短文できれいに切れないタイプの英文のさばき方
 講義12 構造上つまづく3つの英文のパターン
 講義13 単文ドリルトレーニング
Part 2 演習
 長文読解トレーニング1~9
Part 3 補講
 補講1 英語を日本語に訳すとは?
 補講2 注意すべき英文のタイプ
収録問題一覧
巻末資料 英文読解のための道具
エピローグ
【初版発行年月日】1998年6月30日
【収蔵品発行年月日】1998年6月30日 初版発行
【収蔵品定価】1300円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】900円~
【鑑定額】650円
【代替参考書】垂水隆宜「超短文でスタート! 得意になる英語長文」(プレイス)
【コメント】
今でこそ駄本を連発している中経出版(現・KADOKAWA/中経出版)だが、20世紀にはエッジの立った参考書を出していて、当館でもいくつか取り上げてきた(またそれを転売屋が針小棒大にアオるのも困りものだが)。本書もB5変形という本屋泣かせのデザイン(同じ判型のSEG出版の「闘う」シリーズが21世紀に入って消えたのも偶然とはいえ面白い)で恐らく流通量はさほどではないだろう。
だいたい「革命」などと大仰な(いかにも全共闘世代が好きそうな)用語を表題に用いた参考書に「革命的」メソッドが載っていた試しがないのは毎度のことなので目次に謎の呪文が並べられていても特に何とも思わなかったが、英文を訳す順についての議論の中で、順番についてここまで拘ったことがあったかしらん?という疑問が湧いてきた。確かに例文を見ると筆者の言う順番で自然な日本語になって訳出されている。英語を話せるようになる事を最終目的にしている割には結果として日本古来の返り読みに帰着するあたりが皮肉というか面白いところだが。また、文法軽視と言いながら文を区切る規準に文法的な要素や、「文として不自然」などという規準を用いるあたり全くの初学者が読んだら混乱しそうだが。
最近の長文読解ではなく、国公立大の一文が入り組んだ下線部訳のとっかかりとして役立ちそうな本だが、「口語英語」のように古書価が暴騰するようなら代替参考書でもいいだろう。
[PR]
by roudai | 2015-05-05 00:00 | 英語 | Comments(1)