浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号590 国文法ちかみち

d0133636_19511832.jpg
初版
d0133636_19513646.jpg
改訂版(ソフトカバー)
【タイトル】国文法ちかみち
【著者】小西甚一
【肩書】東京教育大学助教授・文博/筑波大学名誉教授・文学博士
【出版社】洛陽社
【サイズ】A5ハードカバー/A5ソフトカバー
【ページ数】342頁/343頁
【目次】
[目次]
目次
はじめに
  (一)文法を忘れたまえ
  (二)文法をどうまなぶか
  (三)この本をどうよむか
第一部 文法そのもの
 一 活用のしかた
  (一)活用以前のこと
  (二)動詞の活用
  (三)形容詞の活用
  (四)形容動詞の活用
  (五)助動詞の活用
二 接続のしかた
  (一)接続とはどういうことか
  (二)助動詞と接続
  (三)助詞と接続
三 品詞の分けかた
  (一)品詞分解の規準
  (二)品詞分解の手順
四 文をどう考えるか
  (一)単語・文節・文
  (二)文の組みたて
  (三)文の種類わけ
第二部 文法と古典解釈
 一 古典語の世界
  (一)古典語とは何か
  (二)文法の移りかわり
 二 古典語の言いかた
  (一)用言をどう使うか
   [イ]完了
   [ロ]回想
   [ハ]推量--その一
   [ニ]推量--その二
   [ホ]推量--その三
   [ヘ]仮想
   [ト]希望
   [チ]伝聞・推定
   [リ]打消
   [ヌ]可能・自発
   [ル]受身
   [ヲ]使役
  (二)助詞をどう使うか
   [a]格のあらわしかた
   [b]接
   [c]意味を添える表現
  (三)文節をどう使うか
   [い]ならびの修飾
   [ろ]はさみこみ
   [は]倒置と省略
  (四)敬語のはたらき
   [1]丁寧・尊敬・謙譲
   [2]古典語の丁寧
   [3]古典語の尊敬
   [4]古典語の謙譲
   [5]敬語と古文解釈
[余論]表記法のはなし
  (一)古代特殊仮名づかい
  (二)歴史的仮名づかい
  (三)現代仮名づかい
  (四)送り仮名の使いかた
おわりに
索引
【初版発行年月日】1959年8月25日/1973年9月30日
【収蔵品発行年月日】1964年5月30日 重版発行/2010年2月20日 改訂44版発行
【収蔵品定価】300円/1200円+税
【入手困難度】★★★★☆/★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~/1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】小西甚一「国文法ちかみち」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
今年は結構早い時期にネタが決まっていた毎年恒例の「今年せどり屋が最も悲鳴を上げた復刊」について。
2014年に洛陽社が倒産したらしい、という噂が流れると今の受験生には一顧だにされなかった「古文研究法」が店頭から消え、本書も同時に消えてヤフオク価格が暴騰した。
タイトルから「現代国文法」の本と勘違いしていたが、メインは古典文法で現代文法にも言及されている。
語り口は先行する「古文研究法」と変わらないが、文法に特化した分やや面白みには欠ける。この本ならではと言えるポイントは少なく(もちろん後の参考書があちこちパクッたからもあるが)、プレミア価格で入手しなければならない内容ではない。
「新釈現代文」「古文の読解」までは復刊時に大騒ぎになったが、「現代文読解の根底」のあたりから誰も騒がなくなり、今回も本屋で見かけるまでは復刊を知らなかった。未だにヤフオクに高値で出ているのは出品者が無知なのか高値掴みをしたのか。ざまあみろである。読みづらさ倍増なので文庫本を積極的に薦めないが、単行本で読むならそれ以下の価格が妥当だろう。

「古文研究法」の「はじめに」で参考書の改訂について語った小西氏だが、本書の初版と改訂版を付きあわせた結果、驚きの事実が判明した。
諸元にもあるように頁数の差はわずか1頁。誤植の訂正の類はあるだろうが、違いはたった一点。最後の最後「(四)送りがなの使いかた」で引用した規準が1959年7月12日の文部省国語審議会案から1973年6月18日の改定案に差し変わった点だけで、それに伴って若干の本文が変わっている。なるほど、これならわざわざ改訂版を出すにあたって「はしがき」に追記しないわけだ。
[PR]
by roudai | 2016-12-27 00:00 | 国語 | Comments(0)

冬コミ3日目に参加します

第2回「おも同」終了後、公私にわたり忙しくなり更新が遅れました。

場所は
12/31(土)東地区“O”ブロック-36a
です。
d0133636_20352060.png

d0133636_20332579.jpg


奥なのでちょっと寒そうです。お隣は以前も隣だった中学受験専門家庭教師の方のサークルです。
カットはおも同の使い回しですが背景の台詞が違います。

ちょっといろいろ気分が沈むことが多くて「パートⅢ」も「完結編」も手が付いていません。仕事の状態も相変わらずなので最悪はコピー誌を少部数頒布になるかも知れません。現在品切れ中の「2016年版」を増刷するかどうかは考え中です。

例によって進捗はこの記事に追記していきます。

2016/12/20 0:00
「2016年版」と「シン・ヨゼミ」を増刷しました。「シン・ヨゼミ」は今回も売り切り程度の刷数です。
ギリギリまで改訂作業をしようとしましたが諸般の事情で適いませんでした。

2016/12/31 1:00
「シン・ヨゼミ」に付けるペーパーのあとがきを書いてます。B5判2頁分の第3章の内容を先行して載せました。午前中はヘロヘロっぽいです。まだこれからコピーです。

2016/12/31 19:00
先ほどようやく帰って来ました。大晦日のためか売上が史上最低?で帰りの荷物の重さが腰に来ました。
今日は非売品に触れられることもなくちょっとガッカリでした。ペーパーはおおむね好評だったので作った甲斐がありました。3月くらいにむけてチビチビ作業をしていきます(2017年版優先ですが)。
それでは皆さんよいお年を。

2016/1/1 13:00
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは 冬コミ新刊を持って冬コミに参加したと
思ったら 売上が冬コミ最低どころかサンクリの最低並みだった」

通販で売上の先食いがあるのでしょうが、驚き呆れて朝マッシーです。
本年もよろしくお願い致します。
[PR]
by roudai | 2016-12-05 00:00 | おしらせ | Comments(9)