浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

収蔵品番号633 英文解釈ゼミ

d0133636_925577.jpg
【タイトル】大学入試 3 GRADE SERIES 英文解釈ゼミ
【著者】伊藤政弘
【肩書】中央ゼミナール英語科専任講師
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】B6
【ページ数】207頁+別冊60頁
【目次】
はしがき
本書の構成と利用法

第1章 S+V2+S.C
第2章 S+V5+O+O.C
第3章 無生物主語(物主構文)
第4章 have[get]+目的語(O)+補語(O.C)
第5章 it is ... for [of]~ to 〔do〕;for ~ to 〔do〕
第6章 Vt+O+to 〔do〕
第7章 with+名詞(相当語)+補語
第8章 there is [are]+名詞[不定主語]+補語
第9章 分詞・動名詞構文
第10章 (抽象)名詞構文(その1)
第11章 (抽象)名詞構文(その2)
第12章 (抽象)名詞構文(その3)
第13章 総合問題
索引
【初版発行年月日】1986年3月1日
【収蔵品発行年月日】1986年3月1日 初版発行
【収蔵品定価】800円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】山口俊治「英語構文全解説 --The Perfect Study on ENGLISH SENTENCE STRUCTURES」(研究社)
【コメント】
著者の伊藤政弘師は高円寺にあるローカル予備校中央ゼミナールの二枚看板の1人(もう1人は「ダイナマイト英文解釈」の佐藤雅文師)で現在は中央ゼミナールの学生寮の管理人をなさっているそうだ。
まえがきの献辞には久能昭(中央ゼミナール・一橋学院講師)、西尾孝(中央ゼミナール・代々木ゼミナール講師)、森一郎(中央ゼミナール講師)といった中央ゼミナール関係者の名前が並ぶ中、原稿の整理や校正に現在は駿台予備学校講師の勝田耕史(当時、上智大学大学院生)の名前もある。

Amazonのレビューにボロカスに書かれているが、書いているレビュワーの他のレビューを見ると吉ゆうそうを持ち上げていたり館長とは対極の英語観のようだ(語学力では館長の遥か上だろう)。
レビューでは本書を高1レベルと断じているが、どこをどう読めばそう取れるのか、現物を見て書いているのか極めて疑わしい。

なぜかは目次をちょっと見れば分かる。第1章と第2章を見て違和感を覚えないだろうか?

普通、高1レベルの参考書であれば、第1文型や第2文型、第4文型が「必ず」あるものである。ところが本書はいきなりSVCとSVOCしかない。つまり、五文型などは当然知っている生徒が対象であることは明らかだ。さらに第10章~第12章の3章(55頁)を割いて「名詞構文」の訳出について説いている。

だいたい、第1章のBasic 解釈問題5.の解説では
[参考](※)描出[中間]話法《Represented Speech》
◆lf a piton came loose ~ の文は仮定法過去ではない(もし仮定法にしてしまうと,ロープは絶対切れないというニュアンスになってしまう)。描出話法である。
小説や物語によく出てくる話法で直接話法とも間接話法ともつかない中問形式をもった話法である。特徴は伝達動詞がなく,語順は直接話法の場合と一致しているが,人称や動詞の時制は問接話法と同じである。訳出方法としては「……と言った」とか「……と思った」など適当に前後関係からみて補ってみるとよい。
 この形式は普通の間接話法よりは生彩に富み,感情的要素をはるかに多く含んでいる。それは作者が登場人物と心理的に同一化して,その人物になりきったつもりで話したり考えたりするからである。入試に頻出するものではないが,受験英語の常識として知っておいた方がよいだろう。(20~21頁)
なんて内容がスラっと出てきたりするのだ。

タイトルは「英文解釈ゼミ」だが、暗唱例文→●LECTURE●→PITFALL→Basic 英文法作文問題→Basci 解釈問題→Advanced 解釈問題という順で展開され、重要構文が英文法や英作文でどう問われるかまでカバーしている親切設計である。PITFALLの盲点指摘も中々シニカルで高橋善昭師を彷彿とさせる。解説も丁寧で55頁の別冊解答はAdvanced 解釈問題だけ(他の解答解説は問題の直後にあるので参照しやすい)という充実ぶりだ。近年の英語の出題形式が長文志向で、本書のような問題は国公立二次くらいしか見かけないが、英文解釈を他とちょっと違う角度から学び直すには良い参考書型問題集だと思う(あくまで2冊目以降用)。

表紙にある通り、「ネクサス方式」にトコトンこだわった書き方で、他に「ネクサス」にこだわった書き方をしている参考書は本書と異なり網羅的ではあるが山口俊治師の一連の著作くらいしか思い浮かばない。
[PR]
by roudai | 2017-10-10 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号632 日本史標準問題精講

d0133636_2054063.jpg
初版
d0133636_20541129.jpg
改訂版
d0133636_2054216.jpg
3訂版(初版)
d0133636_20543463.jpg
3訂版(重版)
【タイトル】日本史標準問題精講 初版/改訂版/3訂版(初版)/3訂版(重版)
【著者】毛利和夫
【肩書】前東京都立西高等学校教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】B5
【ページ数】(初版)336頁/(改訂版)320頁/(3訂版)295頁+別冊解答31頁
【目次】
(初版)
第1編 時代別による問題
 第1章 原始・古代
 第2章 中世
 第3章 近世
 第4章 近・現代
第2編 部門別による問題
 第1章 政治史
 第2章 外交史
 第3章 社会・経済史
 第4章 文化史
第3編 総合問題と特殊問題
 第1章 総合問題
 第2章 史料問題
 第3章 図表・歴史地理問題
 第4章 論述・記述問題
(改訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 社会と女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
(3訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
 北海道と沖縄(蝦夷地と琉球)
【初版発行年月日】1984年2月20日
【収蔵品発行年月日】1987年 重版発行/1991年3月1日 改訂版発行/1996年2月1日 三訂版発行/1999年 重版発行
【収蔵品定価】750円/820円(本体796円)/950円(本体922円)/本体950円
【入手困難度】(初版)★★★☆☆/(改訂版)★★☆☆☆/(3訂版)★★☆☆☆
【学力貢献度】(初版)★★☆☆☆/(改訂版)☆☆☆☆☆/(3訂版)★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】800円~(初版)/500円~(改訂版)/250円(3訂版)
【鑑定額】1000円/750円/500円
【代替参考書】石川晶康「日本史B標準問題精講4訂版」(旺文社)
【コメント】
2017年10月1日で当博物館は開館10周年を迎えた。

開館時にはまさか10年も続くとは思いもしなかったが、何よりexciteブログというシステムが10年以上無料サービスを継続してくれたことが一番大きい。色々問題もあったが心から感謝したい。

10周年へ向けて思いを新たにするため、この1ヶ月は(同人誌の原稿を放って)週一更新を続けてきた。三〇代には出来ても四〇代にはかなりしんどい作業だった。途中にだいぶ抜けがあるが、ネット上には1年も書き続けられずに頓挫したサイトを散見するため、10年間書き続けて来たことは誇って良いだろう。

10年前と比べて世界の景色は一変している。代ゼミは大幅縮小し、ブックオフは日本中の古書店を潰した末に自らも没落の一途を辿っている。大学受験参考書の再版なんて夢にも思わないことが起こり、かつては二束三文だった昭和40年以前のハードカバーに信じられない高値が付いている。自分のトランクルームも2部屋だったのが3部屋になり、高校時代は夢のまた夢だった表紙フルカラーの同人誌を刊行している上に通販までしている。
次の10年でまた世界は一変するだろう。その時まで続いているかどうか、それは神のみぞ知ることだ。

10周年ということで自分の参考書コレクションの原点となる参考書を取り上げてみる。

本書と菅野師の「シグマ集中ゼミ 日本史必出史料」(文英堂)を高3の11月に買って読み始めたのが館長の受験勉強の始まりである。ン万冊の蔵書の中で間違いなく一番やり込んだ問題集と言える。和田秀樹氏の「受験は要領」の影響からかこの2冊の出来ない問題に印を付けてひたすら問題文を読み込んでいたら、アッという間に模試の偏差値(日本史限定)が60を突破した。今、読み返しても「標準問題」の名に恥じない選題だと思う。

初版は「英文法標準問題精講」以来の伝統通り、標準問題→精講→解答の順で書かれている(各編最後の実戦演習の解答のみが巻末にまとめられている)が、改訂版からは普通の問題集のように問題の解答が全て巻末にまとめられて、3訂版からは別冊解答になっている。

普段は解答が別冊になっていることを手放しで評価しているが、ことこの問題集に関しては「読む問題集」としての評価をしているので初版の体裁を最高評価とし、いちいち巻末に戻らなければならない改訂版を最低とする。内容的にも第3編で様々な問題形式に取り組める初版の熱意に対して、改訂版以降は普通の問題集になってしまったのは残念。

現在入手できる4訂版は河合塾の石川師によるもので完全に別物なのだが一応後継ということで。
[PR]
by roudai | 2017-10-03 00:00 | 社会 | Comments(1)