浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号482 日本史の解法

d0133636_045438.jpg
【タイトル】ルール48 日本史の解法
【著者】毛利和夫
【肩書】都立西高校教諭
【出版社】洛陽社
【サイズ】B6
【ページ数】132頁
【目次】
Ⅰ 日本史学習のベース
Ⅱ 学習上のポイント
Ⅲ 解法のテクニック
Ⅳ 日本史学習の現代的視点
【初版発行年月日】1982年2月25日
【収蔵品発行年月日】1988年4月30日 重版発行
【収蔵品定価】400円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】400円
【代替参考書】石川晶康「日本史B標準問題精講」(旺文社)
【コメント】
新春第2弾は「古文研究法」で有名な洛陽社からルール48シリーズの1冊。
日頃一顧だにしていないモノやサービスが突然売り切れたり廃止が決まると一斉に買いに走るのが日本人の悪い癖だが、洛陽社もネットで倒産の噂が走った途端、60年近く店頭に並んできた「古文研究法」が一斉に消え、オークションやAmazonの古書価が暴騰した。正直な話、名著だとは思うが万人向きではなく、つい最近まで普通に買えた本をそんな高値で買う人間がいるとは思えない(「古文の読解」の復刊もあるし)のだが、出品する人間はそうは思わないらしい。
洛陽社自体編集方針は十年一日で、よく言えばブレない悪く言えば古臭い本ばかり出し続けていて、いつ潰れてもおかしくないと思っていた。ここ数年誰得なハードカバー(「くわしい○○の新研究」など)を増刷したり妖しげな動きをしていたが最後の悪あがきだったのだろうか。
このルール48シリーズは都内の大手書店の片隅に流通在庫が残っているケースがあるが、「日本史の解法」はしばらく見かけていないので入手困難度を★3とした。

最近の参考書は1000円超えがアタリマエで、内容がない割に厚い紙と多めのイラストで水ぶくれした本が跋扈しているが、この本のように問題の解き方や勉強の仕方まで立ち入って教えてくれる本はあまり見かけない。
ルール自体は「ルール1 大きな流れをつかもう」とか「ルール12 基本事項の内容を正確におぼえよう」といったベタな抽象論が結構多いが、収録された48題の例題を一つ一つ丁寧に解説してくれる。
館長は現役の11月に毛利氏の「日本史標準問題精講(初版)」(と菅野師の「必出史料」)を1ヶ月かけて隅から隅まで読んで「受験日本史」を体得したが、本書はそのダイジェスト版と言うべき内容で、量と時代的な関係で現代史が物足りないものの教科書の次に読む「問題集型参考書」としての価値は未だにある。
もちろん、今の時期に押っ取り刀で読んでいるようではとても見込みはないが。
[PR]
# by roudai | 2015-01-02 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号481 パーフェクト数学公式集

d0133636_22121240.jpg
【タイトル】パーフェクト数学公式集
【著者】三瀬茂利
【肩書】
【出版社】研文書院
【サイズ】A5
【ページ数】244頁
【目次】
第1章 数と式の計算
第2章 方程式と不等式
第3章 写像と関数とグラフ
第4章 指数・対数関数とグラフ
第5章 三角比と三角関数
第6章 集合・命題・論理
第7章 公理・論証と平面幾何・立体幾何
第8章 平面図形と式
第9章 空間図形と式
第10章 ベクトル
第11章 行列
第12章 数列と級数
第13章 微分法
第14章 微分法の応用
第15章 積分法
第16章 積分法の応用
第17章 順列と組合せ
第18章 確率と統計
【初版発行年月日】1979年9月30日
【収蔵品発行年月日】1986年4月30日 12版
【収蔵品定価】980円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】春日正文「公式集 (モノグラフ) 」(科学新興新社)
【コメント】
新年明けましておめでとうございます。相変わらずの業務多忙の上、正月休み中倉庫も休みなのでネタが取り出せずに更新が遅れてしまいました。
直前まで正月のネタを何にしようか悩んだ末に最近廃業・倒産した出版社の本というテーマを設定してみました。まず第1弾は一昨年の夏に廃業した「研文書院」の1冊。「100万円」から漏れてしまったのでレアで高い本もあるのですがいろいろなオトナの事情でこの1冊。

著者の故・三瀬師は後に代ゼミ講師として関東圏の校舎に出講していた記憶があるが、この本が出た当時は戸山高校で教鞭を執っていたそうだ。研文書院からは「モノグラフ」を薄くしたような「解法のパターン(全15冊)」も出していたが、親切でもなければ網羅性もないのに研文書院というだけでなぜか高騰している。
ちょうど数Ⅰ・ⅡB・Ⅲと数Ⅰ・代幾・基解・微積・確統の端境期に出た本なので、それぞれの課程にあわせた内容の仕切りが目次に明記されている。表紙に書かれている「質問形式をとっており」というのは公式の定義にかかわる質問が冒頭に挙げられている点と思われるが、ほとんど全て「○○について説明せよ」といった紋切り型の質問のみであってもなくても大差のない内容。それでいて「最大公約数・最小公倍数」の求め方について「ユークリッドの互除法を用いる」と書いておきながら、公式集のどこにも「互除法」自体の説明がない、といった「パーフェクト」の看板に偽りありな作りになっている。また、もともと数Ⅰ・ⅡB・Ⅲの本なので、微分積分に関しては整関数かどうかといった線引きがないため文系には少し使いづらい。
ところが、索引も終わった残り2頁に「重要事項の語録集」として本文には一切出ていない「数学的帰納法は証明法のうちで、とくに優雅なれど、途中をゴマかすなかれ」とか「無理方程式、不等式の解き方はグラフに頼れ」といった滋味深い謎の「語録」がまとめられている。

代替参考書に代表される数学公式集は大概B6判で厚めのため、A5判で余裕のある組版をしている本書は見易さという点では一歩リードしているし、現課程では扱われない公式も載っているので、研文書院だからと無闇に高値掴みするのでなければコレクションに加える価値はあるだろう。
[PR]
# by roudai | 2015-01-01 00:00 | 数学 | Comments(1)

収蔵品番号479 現代文読解の根底

d0133636_6431519.jpg
【タイトル】現代文読解の根底
【著者】高田瑞穂
【肩書】成城大学名誉教授
【出版社】新塔社
【サイズ】B6ハードカバー
【ページ数】164頁
【目次】
読者へのことば
第一章 国語学習の重要性
第二章 表現の典型としての文学
第三章 読解・鑑賞・批評
第四章 ことばの美しさ
第五章 詩的精神
第六章 古い芸術観と新しい芸術観
第七章 日本の近代
第八章 近代的自我
第九章 鴎外と漱石
第十章 近代文学の展開
第十一章 作家の宿命
第十二章 近代文学のリアリティ
付記 解説
(1)個人主義
(2)ヒューマニズム
(3)個性
(4)美意識
(5)リアリズム
(6)ロマンチシズム
(7)人生観
(8)自然観
(9)文化
(10)幸福
【初版発行年月日】1982年9月10日
【収蔵品発行年月日】1984年3月15日 重版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】高田瑞穂「現代文読解の根底」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
クリスマス恒例(?)の「今年一番の暴落を招いた復刊」。「新釈現代文」復刊の時はあれだけ事前に盛り上がったのに、本書は新刊書店の本棚で見かけるまで復刊に気が付かなかった。若しかしたら、この記事を見て初めて復刊を知る人もいるのではないだろうか。
未だに数万円で出品する出品者もいるが、中身はというと高田瑞穂による独断的「日本近代文芸史」で、現在の文学軽視の出題傾向からしても「根底」どころか、知らなくても全く困らない(国文科に進む人なら知っておいた方が良いだろうが)。
読んでいくと1頁に1回くらいの割合で「明らかに~である」とか「言うまでもなく」といった説明努力を放棄した高踏的な独断の押しつけが出てきて、石原千秋の原型を見ることが出来る。また、高田がどんな生徒を相手にしてきたのかも以下の例から推察することが出来る。
一つの例を示そう。
私の接している学生は国文学専攻の青年男女である。少し前、三年のリポートを読んで、次のような表現に出会った。

漱石は悪魔で、自分の考えを貫こうとした。

「悪魔で」―私は考えた。自分の考えを貫こうとするものは「悪魔で」なくてはならないのか。そういう「悪魔」の概念において漱石を考えるとしたら、その前後にも当然この概念は用いられるはずである。しかしこの一句以外に「悪魔」ということばは見当たらない。もしかしたら?―そう考えてその学生を呼んでたずねた。私の想像は当たっていた。(本書7~8頁)
なるほど、成城大学文学部国文学専攻の3年生の「レベル」というのはこの程度であるのか。この本が書かれたのが昭和57年以前であり、石原が一浪の末に成城大学へ二次募集で滑り込んだのは昭和49年、3年生ならば52年のことであるから、このレポート提出者は石原だったのかもしれない(笑)。

わずか164頁の小冊子にすぎないのに、ほぼ半分は引用(ほとんどが戦前までの文章)で残りの半分は一般教養の授業で十年一日述べられてきた出羽守的な「日本文学暗黒論」で、お尋ね者の「文士」から見た「欧米では○○なのに日本は・・・」といった紋切り型の大衆から遊離した空論ばかりである。これが「新釈現代文」と同じ昭和30年代後半に書かれていたのなら驚きもしないが、昭和57年に新刊として出版されたことに衝撃を受けた。10年も経たずに受験参考書の本棚から消えたことは必然と言えるだろう。こんな駄本を読む暇があるならば、夏彦翁の「完本 文語文」(文春文庫)を読む方が遥かに実りのある読書と言える。
[PR]
# by roudai | 2014-12-23 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号478 文・外国語学部の攻略

d0133636_13332343.jpg
【タイトル】安全圏の大学入試英語 文・外国語学部の攻略
【著者】小林功・早崎由洋
【肩書】河合塾講師
【出版社】河合出版
【サイズ】A5
【ページ数】231頁
【目次】
1.名古屋学院大学(外国語学部)
2.いわき明星大学(人文学部)
3.同朋大学(文学部)
4.中部大学(国際関係学部・地方)
5.中部大学(国際関係学部・本学)
6.奈良大学(文学部)
7.別府大学(文学部)
8.東海大学(文学部)
9.関東学院大学(文学部)
10.北陸大学(外国語学部)
【初版発行年月日】1990年12月10日
【収蔵品発行年月日】1990年12月10日 初版第1刷
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
突然だが、「安全圏」という言葉を聞いて何を連想するだろうか。館長なら「自分の実力で合格確実な圏内」と考えるのだが、河合塾はそうではないらしく「全ての読者において合格確実な圏内」、つまり2ちゃん用語で言う「F(=Free)ラン」の「政治的に正しい」言い回しである。
確かにこれらの大学は電話帳に載っていないし、別府大学に至っては赤本すら出ていない。そもそもそういう大学を受験する生徒が志望校の対策を練るのか(フリーなら必要ないはずだが)疑問なので本の必要性自体が謎なのだが、「はじめに」を読むと河合塾の底意地の悪さが明示されている。
本シリーズの編集方針は以下の通りである。
1.問題文は各大学が入試を実施した時のまま、できるだけ忠実に再現する。したがって、日本語および英語の表記あるいは設問に関して望ましくないと思われるもの、明らかにミスと思われるものもそのまま再現する。ただし、解説でコメント(編者によるコメント)およびネイティブ・コメント(ネイティブ・スピーカーによるコメント)としてこういった点に言及するものとする。参考にしていただきたい。
2.選択肢の英文および解答等については、ネイティブ・スピーカー(イギリス人)のチェックを受ける。
3.解説はできるだけ詳しく、かつ分かりやすくする。
このレベルの受験生に果たして出題ミスかどうかなどという情報は必要だろうか、もし必要であるならばこれより上のレベルでも同じ編集方針に従って書くべきだし、その方が読者にとっても親切であろう。しかしこのシリーズ以外でこれだけ居丈高な(もちろん出題ミスが実際にあるからだが)記述は見たことがない。いわば河合塾による公開処刑である。
たとえばいわき明星大学(人文学部)Ⅲ
次の文中の(  )の語から適語を選び、記号で答えなさい。
1. Who (イ. discovered ロ.invented) the telephone ?
の解説。
1.discover 「発見する」とinvent「発明する」の意味の違いに注意。
ネイティブ・コメント
.discoveredも正解になりうる。たとえば、探偵小説などで、「誰が電話を見つけたんだ」と言いたい時など。
1990年といえば携帯電話がようやく実用化された頃で、discoverしなければいけない電話機など(親子電話の子機を除いて)まず存在しない。出題者は恐らく辞書のinventを見て作問したのだろう。ココに関しては単なる言いがかりの域を出ない。

他にも関東学院大学文学部の4
次の(17)~(21)の各語の下線部と同じ発音を含む語が、それぞれ1~4の中にいくつあるか。その数をマークせよ。同じものがない場合は5をマークせよ。
(18)apple
1.appear 2.entrance 3.palace 4.want


この問題が解けますか?
[PR]
# by roudai | 2014-12-16 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号477 志望大合格する参考書・ムダな参考書’99年版

d0133636_10373123.jpg
【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’98年版
【著者】船山英樹&早稲田大学受験参考書研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】189頁
【目次】
1章 英語 参考書・合格メニュー
2章 国語 参考書・合格メニュー
3章 数学 参考書・合格メニュー
4章 理科 参考書・合格メニュー
5章 社会 参考書・合格メニュー
【初版発行年月日】1997年12月15日
【収蔵品発行年月日】1997年12月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
毎年多少の差し替えでお茶を濁してきた手抜き本。新課程2年目ということもあり、ついに「秋山」本と「必修物理」が消えた。
昨年出せなかった「参考書 OF THE YEAR 99」は1992年刊行の風早寛「速読英単語①必修編」(増進会出版社)が辛うじて選ばれたが、2位は初版が1985年の中原道喜「基礎英文法問題精講」(旺文社)。「~ OF THE YEAR」の意味が分かってるのかねぇ。参考書は毎年出続けているのに。
得点上位を見ると、「ネコタン」は改訂なので、初登場8点の「わくわく学ぶ」の高評価が際立つ。誰が見ても良い本なので当然なのだが、[興味編]は数Ⅰ・A・Ⅱ・Bまでしかないのに対象読者を「理系志望者」に絞っている点が残念(数学を評価している人間が理系しかいないのだろうが)。 
純粋な新規もなく、下位点数の参考書を放置したままにする国語担当者の無能ぶりは相変わらず。

[得点上位]
8点 ※五十嵐一郎「入試基礎古文単語ネコタン230」(学研)
   ※植野義明「わくわく学ぶ数学の考え方[興味編]」(増進会出版社)
   ※山本義隆「新・物理入門問題演習」(駿台文庫)
   橋元淳一郎「物理・橋元流解法の大原則」(学研)
   橋元淳一郎「物理・橋元流解法の大原則2」(学研)
   河合塾生物課「模試からの100題 生物」(河合出版)
   権田雅幸・佐藤裕治「権田・佐藤地理B講義の実況中継」上下(語学春秋社)
[得点下位]
2点 和角仁「驚異のグリデン解法」(学研)
   和角仁「魔法のグリデン解釈」(学研)
   和角仁「グリデン式傍線問題解法公式」(学研)
   田村秀行「田村の小論文講義」2<応用力養成編>(代々木ライブラリー)
   吉沢康夫「みてすぐわかる新・小論文」(三省堂)
   菅野祐孝「菅野の日本史短期完成77・7シリーズ」(代々木ライブラリー)

収録されている参考書リストを見る
[PR]
# by roudai | 2014-12-09 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号475 ランキング古典単語

d0133636_11414469.jpg
【タイトル】ランキング古典単語
【著者】ライオン社
【肩書】
【出版社】ライオン社
【サイズ】A5
【ページ数】111頁
【目次】
入試古語基礎ランクチェック
入試古語実戦ランクチェック
 ●『源氏物語』の入試古語
 ●『枕草子』の入試古語
 ●『徒然草』の入試古語
 ●『大鏡』の入試古語
 ●『芭蕉俳文』の入試古語
 ●『更級日記』の入試古語
 ●『土佐日記』の入試古語
入試古語完成ランクチェック
 ①古語の意味を文脈中で正確に把握
 ②呼応緒副詞や助詞・助動詞の特殊用法
 ③動作会話の主体を明確にする
 ④敬語法を完全にマスターせよ
 ⑤俳文・俳諧用語を習得せよ
 ⑥助詞・助動詞の意味や判断に注意
 ⑦比喩・掛詞・縁語の修辞法を習得
 ⑧解釈には前後の叙述内容にも注意
 ⑨指示語に注意して訳出せよ
【初版発行年月日】1985年12月1日
【収蔵品発行年月日】1985年12月1日 発行
【収蔵品定価】520円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
30年の時代を感じさせる骨董品。「ランキング」といっても何かのデータに基づいた並びではなく基礎→実戦→完成と3段階あるというだけ。実戦の出典ごとの単語集も別にその出典の特色(「源氏物語」ならあはれ、「枕草子」ならをかし)を現すものではなく、単に例文がその出典から持ってきたというだけで、頻出単語というわけでもない。珍品ではあるが受験には全く役立たない代物。
[PR]
# by roudai | 2014-11-25 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号474 菅野祐孝のおまかせ日本史B

d0133636_11123398.jpg
【タイトル】菅野祐孝のおまかせ日本史B
【著者】菅野祐孝
【肩書】代々木ゼミナール・S.P.S.講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】195頁
【目次】
第1講 原始・古代
第2講 中世
第3講 近世
第4講 近現代
【初版発行年月日】1996年8月15日
【収蔵品発行年月日】1996年8月15日 初版発行
【収蔵品定価】850円(本体825円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
菅野版「実況中継」の準拠問題集。問題集といっても「解く」より「読む」ことに重点が置かれている。全67題と問題数は少なめだが、各問に菅野師による丁寧な解説や間違いやすい箇所の説明が付き、解説を読むことで「実況中継」の内容をどう実戦で使うかが分かるようになっている。菅野師の問題集は総じて解説が少ないことで有名だがこれは例外。
[PR]
# by roudai | 2014-11-18 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号472 佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語

d0133636_1024730.jpg
【タイトル】佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語
【著者】佐藤忠志
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】KKベストセラーズ(ワニの本)
【サイズ】新書
【ページ数】218頁
【目次】
これが新しい熟語勉強法だ
Ⅰ・穴うめ問題用熟語集
Ⅱ・長文読解用熟語集
Ⅲ・基本動詞で覚える英熟語集
Ⅳ・前置詞で覚える英熟語集
【初版発行年月日】1987年3月5日
【収蔵品発行年月日】1988年3月15日 21版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】花本金吾 「英熟語ターゲット1000〔4訂版〕」(旺文社)
【コメント】
諸元は誤植ではない。
一般新書として発売されてわずか1年で21版という、現在の出版不況から考えたら驚異的な数字を叩き出した英熟語集。「ズバ単」のキワモノ的な時事単語、「ズバ作」の発想転換といった特徴に比べるとやや地味なためにあまり注目してこなかったが、いざ当時のライバルである「でる熟」「キセ熟」「伝熟」「合格水準」と比べてみるとⅡの長文読解用熟語集が傑出しており、またⅠの穴うめ用がわずか45頁(350語)なのに対し、Ⅱが解釈用の英文を載せているとはいえ78頁(300語)もあり、他の熟語集を補完するものになっている。ベタな熟語はⅢやⅣに軽く載せているだけなのであくまで2冊目としての評価。

P.S.表紙の手の形に見覚えがあると思ったら「世界の」福田繁雄デザインでビックリした。バブル期だなぁ。
[PR]
# by roudai | 2014-11-04 00:00 | 英語 | Comments(0)

冬コミ落ちました

9月、10月と業務多忙で受かったところで新刊は出せなさそうな状況でしたが、やっぱり冬コミに落ちてしまいました。それも知人のtwitterの投稿を見て初めて発表されていることを知る始末。

サンクリ2015WINTERはまだ考え中で、その頃になれば多少は楽になる、という予想と、最速センター現代文をまた出すにはやはりコピー誌でないと無理、という悩みとポスターエロ過ぎというドン引き感とに悩まされている。実はまだ資格試験に通っていない(8月に1回受けて敗退)のでそれもやらないとイケナイ。

ここ2日、広瀬クンで検索してくるアクセスが急増しているのだが、テレビか何かで流れたのだろうか。
d0133636_6122421.jpg
d0133636_6124185.jpg


秋天の原稿を書き上げたら溜めているバックナンバーを書いていきますのでしばらくお待ち下さい。

P.S.通販が数日前から全滅状態ですが、夏新刊の在庫はまだあるのでComic Zinさんから発注があればなるべく早く対応したいと思います。特に「センター」はここ1,2ヶ月がヤマなので早く発注してほしいものです。

P.S.2 ようやく発注があって休日出勤の帰りに新宿に「2014年版」を納品してきました。センター現代文の追い込みのお供にどうぞ。
[PR]
# by roudai | 2014-11-02 07:00 | おしらせ | Comments(2)

収蔵品番号470 一発逆転超手抜き受験術2000年版

d0133636_22284847.jpg
【タイトル】一発逆転超手抜き受験術2000年版
【著者】福井一成
【肩書】2年連続東大合格・医学博士
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】189頁
【目次】
1章 志望校の「超・手抜き」選び方
2章 勉強計画の「超・手抜き」立て方
3章 英語の「超・手抜き」勉強法
4章 数学の「超・手抜き」勉強法
5章 国語の「超・手抜き」勉強法
6章 理科の「超・手抜き」勉強法
7章 地歴の「超・手抜き」勉強法
8章 参考書の「超・手抜き」勉強法
【初版発行年月日】1998年12月15日
【収蔵品発行年月日】1998年12月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】108円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】「一発逆転マル秘裏ワザ勉強法 2016年版」(エール出版社)
【コメント】
1955年生まれでもう還暦も近いというのに未だに四谷大塚→開成→東大が人生のハイライトという困ったお方。共通一次よりも前の東大合格が金看板で内科医なのに他の本では脳科学について語っていた(もっとも茂木健一郎のように本業を名乗る人間がAha!とか言っているのだが)。
タイトル通り、マトモに勉強する気のない人間が手に取る本なので、それ相応に内容はシッチャカメッチャカ。話半分どころか10%くらいで聞いておけばいい内容で、真に受ければほぼ間違いなく失敗するし、仮に合格しても大学で留年すること請け合い。
第8章の参考書の「超・手抜き」勉強法を見ると、知る人ぞ知るといったマイナーな本を散見する。もちろん館長クラスなら全て知っている本だが、普通の受験生なら秘密兵器を知ったような気がして目が輝くだろう。生憎と大半が絶版で入手困難なのだが(爆)。
最近の版はどうだか知らないが、1998年刊行の本書で白豚の本を取り上げているということは新刊への目配りは出来ており、年度が替わっても手を入れないことの多いエール出版社の本にしては上出来だ。
[PR]
# by roudai | 2014-10-21 00:00 | 受験情報 | Comments(0)