浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号004 新釈現代文

d0133636_045764.jpg
d0133636_10262086.jpg

【タイトル】新釈現代文
【著者】高田瑞穂
【肩書】成城大学教授
【出版社】新塔社/ちくま学芸文庫
【サイズ】B6(ハードカバー)/文庫
【ページ数】176頁/259頁
【目次】
読者へのことば -たった一つのこと-
第一章 予備
 一 公的表現
 二 筆者の願い
第二章 前提
 一 問題意識
 二 内面的運動感覚
第三章 方法
 一 たったひとつのこと
 二 追跡
 三 停止
第四章 適用
 一 何をきかれているか
 二 どう答えるか
 三 適用
後記にかえて
 一 近代文学をどう読むか
 二 近代文学の何を読むか
[付]問題の解答
【初版発行年月日】1959年9月15日/2009年6月10日
【収蔵品発行年月日】1977年10月20日 重版発行/2009年6月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】500円/1100円+税
【入手困難度】★★★☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~/600円
【鑑定額】105円
【代替参考書】高田瑞穂「新釈現代文」 (ちくま学芸文庫)
【コメント】
この本も「有賀」本同様、しょっちゅう高値で出品される割に入札者が引きも切らさない謎の本の1つだ。「有賀」本と違ってこの本の場合は30年以上の歴史があり、ある程度の年齢の方には郷愁を感じさせる本であるから、「オトナの値段」でやりとりされることに不思議はないが、それにしてもこの相場(定価の20倍)はベラボーである。一時はうんざりするほど古書店に在庫があったものだが、いざ探してみると不思議なほど見つからない。「釣りキチ三平」しかり、「キン肉マン」しかり、ベストセラーというモノは猫跨ぎされつづけた後、突然人気が出たりするモノである。
まだ確認はとっていないが、この本の人気が再燃したのは著者の弟子筋に当たる石原千秋が自著の中で持ち上げたからだという説がある。こんな妄言に踊らされて若い世代までがオトナの値段に巻き込まれるのを見るに耐えない。
この本のミソは冒頭から繰り返される「たった一つのこと」で、それが何なのか、どう役に立つのかは伏せたまま第三章59頁(文庫版88頁)まで引っ張った末に「たった一つのこと」とは「追跡」だという。
ところが「何を手がかりにしてどう追跡するのか」といった方法論については具体的に何も語ってくれない。読書百遍意自ずから通ず。答が出ないのは読者の「追跡」の仕方が悪いからと一刀両断である。これが60年代の参考書といってしまえばそれまでなのだが。
確かに出題された文章1つ1つの説明量は結構なものだが、重要なところもそうでないところも一緒くたに一本調子で説明するからメリハリが無く今時の学生なら間違いなく睡眠薬替わりとして使えるだろう。本書を前にしたら「イイタイコト」の藤田修一師の本ですら名著に見えてくる。
現代文の参考書は代ゼミ田村秀行師の「田村の現代文講義」を境に劇的に変化し、「田村」以前の典型である「新釈現代文」を今の受験生が使う意味は全くない。
文庫版の解説を石原が担当しているが、「自分がやり通した2冊だけの参考書」として本書と「古文研究法」を挙げているものの、「古文研究法」の版元を「落陽社」と書いていあるあたり、石原がどれだけ「古文研究法」の熱心な読者だったのかは知れよう。さすがに第2刷以降からは訂正された模様だが。
d0133636_10341343.jpg
P.S.復刊されたのでリンクとヤフオク相場を修正しました。
[PR]
# by roudai | 2007-10-04 00:00 | 国語 | Comments(12)

収蔵品番号003 [図説]超合格術

d0133636_2394155.jpg

【タイトル】[図説]超合格術
【著者】有賀悠(下村直樹)
【肩書】受験戦略アドバイザー
【出版社】PHP研究所
【サイズ】新書
【ページ数】205頁
【目次】
はじめに
第一章 合格のための学習プラン
 1 決定版!合格スケジュールの作り方
 2 何はともあれ、まず「カコモン」
 3 効果抜群!超記憶の技術
 4 記憶増大テクニック
 5 学習革命が合格を呼ぶ
 6 復習が合格を決める
 7 学習量を増やすウラ技
 8 生活革命が学習密度を上げる
第二章 合格のための心理テクニック
 1 やる気は自分で作れ!
 2 人に秘められたパワーを使え!
 3 やる気をインプットする方法
 4 ライバルを持て!
 5 合格テープはこう使え
 6 写真を活用せよ
第三章 合格する手帳活用術
 1 合格を決める手帳活用術
 2 手帳の書き込み方実践編
 3 合格を呼ぶ模擬試験、偏差値活用術
第四章 大学合格戦術
 1 志望校を決めよ
 2 成績が伸びない一三の原因
 3 合格に繋がる一〇の要因
 4 得点力が伸びる英語学習法
 5 得点力が伸びる数学学習法
 6 得点力が伸びる国語学習法
 7 得点力が伸びるセンター試験学習法
おわりに
【初版発行年月日】1995年3月29日
【収蔵品発行年月日】1995年3月29日 第1版第1刷発行
【収蔵品定価】787円(本体757円)
【入手困難度】★★☆☆☆または★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】新興宗教の教義書、心理学書
【コメント】
ヤフオクをウォッチしているとしょっちゅう見かける高値で出品される割に入札者が引きも切らさない謎の本の1つ。たかだか勉強法の本に1万円以上出す人間の神経が分からないが、著者略歴の「1987年東大京大ダブル合格、1990年国家公務員Ⅰ種(上級職)東大大学院合格、1991年東大薬学部卒業と同時に東大理三(医学部医学科合格)、薬剤師合格」あたりに神秘性を感じるのだろうか。
和田秀樹氏(灘高→東大理三卒)もそうだが、大体このテの本の著者はきらびやかな学歴を誇り、買う側も高学歴の秘密をそこに探したがるが、そうした人に下々の気持ちが分かるのだろうか?えてして高邁な空理空論に終わって一般人にはチンプンカンプンなことが多いのだが。
入手困難度が2通り書いてある理由は、ヤフオクだけ見ていれば★★★★☆なのだが、現実問題としてここ数ヶ月の間で2度ブックオフの105円均一棚で発見しているので★★☆☆☆とも言えるのだ。
内容についてだが、著者自身が「おわりに」で絶版となった前著「キミにも出来るスーパーエリートの受験術」の代替として書いたことを匂わせる記述から、両者の内容は大同小異と思われるが、過去問の使い方や使うタイミング、問題集ノートの作り方に若干の目新しさはあるものの、大筋は普通の受験技術指南書と大差はない。
「記憶増大テクニック」だの「超記憶」だのと虚仮威しのタイトルの割に具体的な方法論には言及せず、最後のポイントとして「繰り返しを重視する」などと書かれるとヘナヘナする。「やる気をインプットする」ために「合格するぞ、合格するぞ、合格するぞ」と吹き込んだテープを聴くなど某宗教と同じ手口だ(効果が全くないとは言わないが)。
さらに最後の「得点力が伸びる~」なんて各教科見開き2ページ(国語だけ3ページ)しかない。ちなみに私の得意分野である「現代文」についてのアドバイスは「話題になっている事柄の知識をつけるために、現代文の入試問題をたくさん読むこと」「解答作成までの解法を問題と設問ごと覚えること」だそうだ(呆)。こんな役立たずなアドバイスは初めて見た。
きっと誰かが最初にベラボーな値段でヤフオクに出品して、騙された人間が意趣返しにまた高額出品しているのに違いない。
少ない小遣いをやりくりしている受験生は間違ってもこんな駄本に万券を突っ込んではイケマセン。もっと良いお金の使い道は星の数ほどあります。
[PR]
# by roudai | 2007-10-03 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号002 試験にでる英語

d0133636_23155084.jpg

【タイトル】試験にでる英語
【著者】森一郎
【肩書】都立日比谷高校教諭
【出版社】青春出版社(青春新書)
【サイズ】新書版
【ページ数】223頁
【目次】
まえがき
増補改訂に際して
PART・1 ここに罠がしかけられている
       -試験場であわててももう遅い
PART・2 意外!敵は近きにあり
       -こんなやり方で試験官は盲点をついてくる
PART・3 原則にとらわれて失敗する実例
       -なぜ本当の実力が答案に発揮できないか
PART・4 英語には英語だけの表現がある
       -珍妙な解答で試験官に笑われないために
PART・5 受験生の弱点をねらって出題される"例外"
       -ルールだけではこの問題は解けない
PART・6 こんがらかってくるとどうしようもない問題
       -この英文の区別が正しくできますか
PART・7 実力が2倍になる実践的英語征服法
       -どんな考え方でぶち当たるべきか
PART・8 試験場ですばやく記憶を再生する法
       -"あがって忘れてしまう"危険をはぶくために
PART・9 英作文を苦手とする人のために
       -なぜ今までこの秘訣を利用しなかったのか
さくいん
【初版発行年月日】1964年(増補改訂1975年)
【収蔵品発行年月日】1989年10月1日 増補改訂第38刷発行
【収蔵品定価】700円(本体680円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】小倉弘「受験英語禁止令―あなたの英語をリストラするマル禁132条」(研究社)
【コメント】
大学受験生なら一度は手にする「でる単(シケ単)」は実は森一郎氏による「試験にでる」シリーズの第2作目で、第1作目はこの「試験にでる英語」なのである。当時の受験生の盲点を新書一冊にまとめ上げ面白おかしく読ませる好著なのだが、なぜか他の「試験にでる」シリーズよりも早く姿を消してしまった。一度は受験生時代に入手していたのだが、読みやすくするためにバラしてしまい、通読のために再度探し始めたら手にするまで10年近くかかってしまった曰く付きの本である。
収録された問題自体は40年以上前の入試問題で、誤文訂正や書き換え問題など形式に古さを感じさせるものの、時折ドキッとさせられる問題もある。例えば
(1)She always photographs well.(cf.P141)

(2)The servant announced a visitor, whom I had shown into my study.(cf.P56)
といったものがあり、これらの訳がスラスラ出来るような人はこの本を読む必要はない。逆に、「彼女はとても写真の腕がよい」とか、「召使いが訪問客を報じた、そして私はその客を私の書斎に案内した」と訳してシレッとしているようなら危険信号が灯っている。(正解は最後に)
一冊で単語・熟語・英文解釈・英作文の盲点が満載された好著で、今これだけバラエティに富んだ本というと代ゼミの小倉弘師による「受験英語禁止令」くらいか。本当はもう1冊あるのだが、それはまた後のお楽しみ。

正解はこちら
[PR]
# by roudai | 2007-10-02 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号001 英語の構文がとれる本

d0133636_21554.jpg

【タイトル】英語の構文がとれる本
【著者】杉嶋直樹
【肩書】両国予備校専任講師
【出版社】吾妻書房
【サイズ】A5
【ページ数】117頁
【目次】
■はしがき
≪第1部≫ 英文読解の基本・10の秘訣
 第1講 こうすれば構文がつかめる
 第2講 基本5文型とその見分け方
 第3講 節と句をつかもう
 第4講 構文の解き方考え方(その1)
 第5講 構文の解き方考え方(その2)
 第6講 構文の解き方考え方(その3)
 第7講 倒置構文なんか怖くない(その1)
 第8講 倒置構文なんか怖くない(その2)
 第9講 相関語句を見逃すな
 第10講 挿入語句に惑わされるな
≪第2部≫ 構文解明演習問題
Part Ⅰ
Part II
■「構文解明演習問題」全訳
【初版発行年月日】1983/7/20 第1刷発行
【収蔵品発行年月日】1987/7/25 第5刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】内山智雄「なぜ、英文が読めないのか―読むための英文法」(文芸社)
【コメント】
最初の本はよほどの参考書マニアでなければ知らない本。手元にある限りの参考書紹介本(「私の大学合格参考書作戦」等)を見ても1度も取り上げられたことがない。
「はしがき」に拠れば雑誌「医歯薬進学」(玄文社)の連載を元に書かれた本だそうだ。
よく英語の講師が「英語の構文を"とる"」と言うが、その「とる」というのはどういう行為を指すのか明確にしているケースはほとんど無い。この本はその一点にこだわった本で、敢えて類書を挙げれば宮崎尊「宮崎尊の入試英語スーパーマニュアル」(旺文社)がそれに当たるが、この本も稀覯本なので、最近見つけた良書を挙げておいた。
英語の文法は大体知っているのだが、ちょっと複雑な文の解釈になるとお手上げ、といった読者を対象にしていながら、第1講の最初の問題が、今から30年以上前の京大の下線部訳の問題という度肝を抜かれる構成に感動させられる。ちなみに問題の英文はこう(前後の文には全て日本語訳がついているが)。
On the one hand there is the danger of rushing into action without thinking about what we are doing, or by taking it for granted that it is all right to do as others do, although we don't in the least know why they act thus.(正解は最後に)

正解はこちら
[PR]
# by roudai | 2007-10-01 00:00 | 英語 | Comments(9)