浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:吉ゆうそう ( 2 ) タグの人気記事

収蔵品番号630 地上最強の受験英語

d0133636_1594653.jpg
【タイトル】地上最強の受験英語
【著者】吉ゆうそう
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】光文社
【サイズ】新書
【ページ数】230頁
【目次】
序章  ”英語オタク”のススメ
第1章 ”正しい受験生”入門
第2章 長文をスラスラ読む”イメージ直読”
第3章 ”イメージ直読”実戦編
第4章 ”読解ローラー作戦”を開始せよ
第5章 自分でカードやノートを作る
第6章 ”ぶっちぎり法”と”十指法”
第7章 英文法&英作文の”賢い攻略法”
【初版発行年月日】1997年7月30日
【収蔵品発行年月日】1997年7月30日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】本体829円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2500円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】吉ゆうそう「英語超独学法―秘中の秘34のノウハウ」(南雲堂)
【コメント】
本名の吉村雄壮時代から数えると結構長いキャリアのある吉ゆうそう師の自伝兼学習法指南本。

手元にある最も古い1989年の冬期直前講習パンフレットでは大宮校で「基礎完成英語ゼミ」と「日東駒専英語ゼミ」(どちらも共通テキスト)を持っているのだからかれこれ20年は代ゼミ講師だったことになる。本書の刊行が1997年、「英文読解スーパー解テク101」の刊行が2001年だから、この頃は人気が出ていたのかと1997年の冬期直前講習パンフレットを見ると冬期の単科はゼロ(!)で大宮校の「明治・中央・法政大文系コース」(英文法・語法)と「日東駒専文系コース」(英文読解)しか無い(直前も共通テキスト1コマ)。このレベルの使われ方をしている講師が代々木ライブラリーから2冊も参考書を出していたというのは驚きに値する。

年齢不詳で2000年以降は出来損ないのホストのような写真に変わったが、それまではヤンキー顔の写真で少林寺拳法三段の「自称」武闘派ということもあって表紙は正拳突きである。

自分はどうやって英語を得意にしたか、という自伝調の苦労話と、その中で見つけた泥臭い体育会系の方法が羅列されているが、相当な分量を力任せに暗記しようとするのでよほど素直な体育会系以外はついて行けなくなるだろう。

「イメージ直読」というのも単なるスラッシュリーディングで、毎度問題になるどこで区切るか、という問題に関して
①接続詞の直前②前置詞句の前③関係詞の前④to不定詞の前⑤カンマやコロン、セミコロンの前
と説くが、⑤以外は文法力がなければ正しく切ることが出来ないことには目を向けない。それでいて文法重視のSVを意識させる読み方を指導する講師(富田師あたりが仮想敵と思われるが)に対して
SだのVだのNだのと英文を"生体解剖"して、挙げ句の果てに後ろから"訳し上げ"、フンコロガシならぬブンコロガシをして、なにがなんだかわからなくしてしまう
と悪態をつく。

風貌と手口とを併せて佐藤"人称代名詞it"忠志の幻影をそこに見るが、同族嫌悪なのか本文中にこんな記述がある。
 僕が予備校生のときに、入試直前の授業で、こう激励する講師の先生がいらっしゃった。「自分の周りは全て敵だ。敵にプレッシャーをかけろ。試験前に英字新聞を広げて、余裕を見せろ。試験中は、書いていないときでもコツコツと鉛筆の音を絶え間なくさせて、戦意をくじいてやれ」
 大バカ者だ。愚の骨頂だ。なぜこんなことをしなければいけないのか。また、意味のないコツコツという音を聞かされる身にもなってみろと言いたい。犯罪行為だ。自分さえよければ他人はどうでもいいという発想じゃないか。(64~5頁)
ちなみに佐藤の「ズバ釈」もスラッシュリーディングの本である。

本書の中で使い潰した「恩書」として勧められているのが1975年刊の中原道喜「入試でねらう英文解釈問題」(吾妻書房)、二度目の浪人時に1976年刊の「石黒の英語構文1000」(代々木ライブラリー)を全文暗記したと言っていることからも年齢がおおよそ見えてくるが、「石黒先生にはほんとうに感謝している」と書いているクセに著者名を石黒哲と間違っているのだからどれだけ感謝しているのかは疑問である。

部分的には首肯出来るところもあるが、全体で見ると暑苦しい丸暗記主義、「読書百遍意自ずから通ずる」という昭和的な価値観一色で、よほど波長が合う人でない限り不要だろう。
どうしても中を知りたければ代替参考書に「ぶっちぎり法」や「十指法」については書かれている。
[PR]
by roudai | 2017-09-19 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号389 入試英語最新語句整序400

d0133636_22381058.jpg
【タイトル】入試英語最新語句整序400
【著者】吉ゆうそう
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】南雲堂
【サイズ】変B6
【ページ数】201頁
【目次】
INTRODUCTION
和文を与えられている出題形式タイプ1
和文を与えられている出題形式タイプ2
和文を与えられてない出題形式タイプ1
和文を与えられてない出題形式タイプ2
条件英作文の出題形式
【初版発行年月日】1999年5月20日
【収蔵品発行年月日】1999年5月20日 1刷発行
【収蔵品定価】900円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】900円~
【鑑定額】450円
【代替参考書】宇佐美光昭「英語整序問題速攻100題」(旺文社)
【コメント】
整序作文と条件英作文専門問題集。401題の問題が収録されているが、問題の並び順は完全なランダムではなく、Excelでソートをかけたように同じ学校が連続して並んでいるのだが、所々異なるのが謎。あと、表紙でセンター試験対応を謳っている割には、センターの過去問はほんのわずか。
整序作文を出す大学は結構あるはずなのに、妙に中堅以下の無名私大の問題が大量に収録されているのも謎、といった謎だらけの問題集。
早慶上智・関関同立レベルの問題はあまり収録されていないが、さすがに条件英作文に関しては出題形式が特殊なため60題「全て」早大・法の過去問になっているので、この形式を徹底的に練習したい人にはオススメ。
[PR]
by roudai | 2013-04-23 00:00 | 英語 | Comments(0)