浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:小西甚一 ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号590 国文法ちかみち

d0133636_19511832.jpg
初版
d0133636_19513646.jpg
改訂版(ソフトカバー)
【タイトル】国文法ちかみち
【著者】小西甚一
【肩書】東京教育大学助教授・文博/筑波大学名誉教授・文学博士
【出版社】洛陽社
【サイズ】A5ハードカバー/A5ソフトカバー
【ページ数】342頁/343頁
【目次】
[目次]
目次
はじめに
  (一)文法を忘れたまえ
  (二)文法をどうまなぶか
  (三)この本をどうよむか
第一部 文法そのもの
 一 活用のしかた
  (一)活用以前のこと
  (二)動詞の活用
  (三)形容詞の活用
  (四)形容動詞の活用
  (五)助動詞の活用
二 接続のしかた
  (一)接続とはどういうことか
  (二)助動詞と接続
  (三)助詞と接続
三 品詞の分けかた
  (一)品詞分解の規準
  (二)品詞分解の手順
四 文をどう考えるか
  (一)単語・文節・文
  (二)文の組みたて
  (三)文の種類わけ
第二部 文法と古典解釈
 一 古典語の世界
  (一)古典語とは何か
  (二)文法の移りかわり
 二 古典語の言いかた
  (一)用言をどう使うか
   [イ]完了
   [ロ]回想
   [ハ]推量--その一
   [ニ]推量--その二
   [ホ]推量--その三
   [ヘ]仮想
   [ト]希望
   [チ]伝聞・推定
   [リ]打消
   [ヌ]可能・自発
   [ル]受身
   [ヲ]使役
  (二)助詞をどう使うか
   [a]格のあらわしかた
   [b]接
   [c]意味を添える表現
  (三)文節をどう使うか
   [い]ならびの修飾
   [ろ]はさみこみ
   [は]倒置と省略
  (四)敬語のはたらき
   [1]丁寧・尊敬・謙譲
   [2]古典語の丁寧
   [3]古典語の尊敬
   [4]古典語の謙譲
   [5]敬語と古文解釈
[余論]表記法のはなし
  (一)古代特殊仮名づかい
  (二)歴史的仮名づかい
  (三)現代仮名づかい
  (四)送り仮名の使いかた
おわりに
索引
【初版発行年月日】1959年8月25日/1973年9月30日
【収蔵品発行年月日】1964年5月30日 重版発行/2010年2月20日 改訂44版発行
【収蔵品定価】300円/1200円+税
【入手困難度】★★★★☆/★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~/1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】小西甚一「国文法ちかみち」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
今年は結構早い時期にネタが決まっていた毎年恒例の「今年せどり屋が最も悲鳴を上げた復刊」について。
2014年に洛陽社が倒産したらしい、という噂が流れると今の受験生には一顧だにされなかった「古文研究法」が店頭から消え、本書も同時に消えてヤフオク価格が暴騰した。
タイトルから「現代国文法」の本と勘違いしていたが、メインは古典文法で現代文法にも言及されている。
語り口は先行する「古文研究法」と変わらないが、文法に特化した分やや面白みには欠ける。この本ならではと言えるポイントは少なく(もちろん後の参考書があちこちパクッたからもあるが)、プレミア価格で入手しなければならない内容ではない。
「新釈現代文」「古文の読解」までは復刊時に大騒ぎになったが、「現代文読解の根底」のあたりから誰も騒がなくなり、今回も本屋で見かけるまでは復刊を知らなかった。未だにヤフオクに高値で出ているのは出品者が無知なのか高値掴みをしたのか。ざまあみろである。読みづらさ倍増なので文庫本を積極的に薦めないが、単行本で読むならそれ以下の価格が妥当だろう。

「古文研究法」の「はじめに」で参考書の改訂について語った小西氏だが、本書の初版と改訂版を付きあわせた結果、驚きの事実が判明した。
諸元にもあるように頁数の差はわずか1頁。誤植の訂正の類はあるだろうが、違いはたった一点。最後の最後「(四)送りがなの使いかた」で引用した規準が1959年7月12日の文部省国語審議会案から1973年6月18日の改定案に差し変わった点だけで、それに伴って若干の本文が変わっている。なるほど、これならわざわざ改訂版を出すにあたって「はしがき」に追記しないわけだ。
[PR]
by roudai | 2016-12-27 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号222 古文研究法

d0133636_12135225.jpg
初版
d0133636_1214280.jpg
改訂版ハードカバー
d0133636_23394883.jpg
改訂版ソフトカバー
【タイトル】古文研究法
【著者】小西甚一
【肩書】東京教育大学助教授 文博/筑波大学名誉教授 文学博士
【出版社】洛陽社
【サイズ】B6(ハードカバー/ソフトカバー)
【ページ数】448頁/488頁/488頁
【目次】
【初版発行年月日】1955年9月10日/1965年12月20日
【収蔵品発行年月日】1956年8月30日 重版発行/1989年4月25日 改訂85版発行/2006年3月25日 改訂102版発行
【収蔵品定価】250円/定価810円(本体786円)/定価(本体1243円+税)
【入手困難度】★★★★☆/★★★☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~/500円~/500円~
【鑑定額】1000円/500円/105円
【代替参考書】小西甚一「古文研究法」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
今更コメントを書くのも憚られる受験参考書界の最高峰にしてシーラカンス。

本書の「はしがき」は世の受験参考書の著者が代々拳々服膺すべき名文で、今回初版を入手して読み比べたことで、なお一層その努力のほどが理解出来た。改訂版の名の下に、直近の1~2年分の問題を掲載してお茶を濁す著者が多い中、半世紀前に範を示した姿勢は学者の鑑である。
洛陽社の倒産で一時的に古書価が暴騰したが、ちくま学芸文庫で復刊したことで多少は沈静化した。ただ、もともと活字が詰まって読みづらい本だったのが、文庫化で更にハードルが上がったことは残念に思う。

正直に告白するが、館長自身学生時代から四半世紀、何度も挑戦しているが、未だに第一部を読み切れていない(二部は拡大コピーして読み切った)。推理小説界の三大奇書(「黒死館殺人事件」「虚無への供物」「ドグラ・マグラ」)と同様、持ってはいるものの読了した者は専門家を除いて一握りだと睨んでいる。

ちくま学芸文庫版の解説は土屋博映師(東京教育大出身)だが、この本の収蔵番号が土屋師の代名詞である222だったことは多少意図的だったにしても出来過ぎの気がする(笑)。
[PR]
by roudai | 2010-03-30 00:00 | 国語 | Comments(25)

収蔵品番号011 古文の読解

d0133636_038199.jpg

【タイトル】スキンシップゼミ 古文の読解
【著者】小西甚一
【肩書】筑波大学名誉教授
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】343頁
【目次】
はしがき
プロローグ
第一章 むかしの暮らし
第二章 むかしの感じ方
第三章 むかしの作品
 その1 ジャンルのはなし
 その2 時は流れる
第四章 むかしの言い方
 その1 ヴォキャブラリー
 その2 太っ腹文法
 その3 用心文法
 その4 敬語さまざま
第五章 解釈のテクニック
 その1 解釈と歴史の眼
 その2 全体感覚
 その3 解釈から鑑賞へ
第六章 試験のときは
エピローグ・アンコール
重要事項語句索引
所収例文索引 
【初版発行年月日】1962年6月5日(初版)1981年10月10日(改訂版)
【収蔵品発行年月日】重版発行 1988年
【収蔵品定価】680円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】小西甚一「古文の読解」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
今年5月にお亡くなりになった小西甚一氏は日本文学研究において国際的な業績を遺された大学者であると同時に、日本受験参考書史に一時代を画した名著「古文研究法」(洛陽社)の著者でもある。
ホンモノの学者がその蘊奥を傾け、比類なき誠実さをもって書き上げた「古文研究法」は未だにその輝きを失わないが、いかんせん完璧を期したために受験レベルをはるかに超え、初学者が手に取るには難しすぎるきらいがあった。
伊藤和夫師の名著「英文解釈教室」(研究社出版)に「ビジュアル英文解釈」(駿台文庫)があるように、「古文研究法」にも「ビジュアル古文研究法」にあたる本が存在したことを知る人は少ない。それがこの「古文の読解」である。
小西氏が亡くなられた直後から思い出したようにヤフオクに上がりだし、出ると異常な高値を呼んでいるが、中身自体は「古文研究法」を講義体で書き直し、初学者向けに敷居を下げたものである。
とはいっても和歌の鑑賞についてなどは非常に高度なレベルまで解説しているし、なにより小西氏は英語が堪能なので古文を英語に置き換えて解説するという並の教師にはとても真似できない芸当を見せてくれる。
私も浪人時代に「古文研究法」に挫折してこの本に救われたクチなので、この本の復刊を希望してやまない。

P.S.復刊されたのでリンクとヤフオク相場を修正しました。
[PR]
by roudai | 2007-10-11 00:00 | 国語 | Comments(18)