浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:文芸社 ( 2 ) タグの人気記事

収蔵品番号631 予備校論

d0133636_21412343.jpg
【タイトル】予備校論 学力崩壊にライダーキック!
【著者】加藤公堂
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】文芸社
【サイズ】A5
【ページ数】262頁
【目次】
はしがき
一章 進化、パワーアップする予備校
二章 予備校ライフは案外楽しい!
三章 疾走する予備校講師―志望校合格に向かって奪取(原文ママ)!
四章 夜間・編入のススメ
特別付録 センター入試・現代文の解法
終わりに
【初版発行年月日】2002年12月15日
【収蔵品発行年月日】2004年07月10日 初版第2刷発行
【収蔵品定価】本体1300円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
先週に引き続いて代ゼミ講師の本。版元が自費出版兼業の文芸社なので流通量が少なく、館長はブックオフで入手したが、Amazonの価格がエライことになっている。
サブタイトルが「学力崩壊にライダーキック!」だが、表紙の挿絵は空手の上段蹴り。ライダーキックは跳び蹴りであることは著者の世代であれば常識だと思うが(「予備校」「代ゼミ」の頭文字に引っかけているのなら高等テクニックだが・笑)。

関西圏の講師なので手持ちのパンフで探してみると98/99の冬期直前講習で冬期と直前にそれぞれ神戸校でオリジナル単科を持っている。
d0133636_9344363.jpg
d0133636_9345475.jpg
執筆直後の2003年の単科は大阪で共通テキストのみ。93頁に載っている自身の2002年の時間割では神戸・岡山・広島・大阪で1コマずつオリジナル単科があったということなのでヒエラルキーとしては中の上(1コマ3万円)くらいなのだろう。

現代文講師としての腕前は、本書に載っている「現代文の解法九ヵ条」、オリジナル問題2題、「特別付録」から垣間見られるものの解法や解説で特に唸らされるような部分はない。
オリジナル問題(出典:松本人志「松本」朝日新聞社)も解説ゼロで解答だけ示している上に問題自体が解答の根拠が曖昧な悪問である(ネタ問なのはもちろん承知の上だが)。
ハタから見れば、ちょっとした乞食親子に映っただろう。うちのババアときたら、そんなことはいっさいおかまいなし、( C  )オンボロ乳母車を押し続けていた。

問五 空欄Cには「○々と」という語が入る。文脈から判断して適当な漢字一字を補え。ただし、文中にはない。(66~68頁)
本文がそうだから正解は「淡々と」で「黙々と」もOKだとしているが、例えば「堂々と」だって別に間違いとは言い切れない。こんなものは現代文の問題とは言えない。

テキストに載せたコラムだの生徒の礼賛記事だので水増しし、香山リカを引いたり、二十一世紀にもなって加藤周一・丸山眞男信仰が抜けていないなど(もう一題のオリジナルは重松清)一時代前のセンスを感じる。現在は鳥取の私立高校の常勤講師らしい。

三章には赤裸々な予備校講師の日常が描かれており、今は亡きヒューマンキャンパス時代の契約書や講師採点表(=アンケート結果)など面白い資料や一週間分のスケジュール(よく読むと食生活が貧弱)があって、予備校講師志望者が読むと現実の厳しさが分かるだろう。

四章はなぜか突然「夜間・編入のススメ」と大学の裏街道の話になり、この大学全入時代になぜ筆者はこんなに夜間に詳しいのだろうか?という疑問を持った。実際に関西大学へモグリに行ったり、生徒からの聞き取りもあるのだが、それだけでは今一つ納得がいかなかった。ちなみに巻末の著者略歴を見ても神戸市生まれ政治学修士、としか書かれていない。

ググってみると函館ラ・サール高校同窓生著作リストに名前を発見した(「とどろけ!一番」ののむらしんぼ先生が載っているのにも驚いた)。
〔経歴〕1960 年愛媛県松山市生まれ。北九州市立大学法学部卒業。愛媛大学大学院中国政治学専攻修士課程修了。中国語ボランティア通訳。代々木ゼミナール現代文講師として10年を経て、現在は和歌山信愛短期大学付属高校国語科教師。
なぜか生地が異なる(笑)が、高校が函館で大学が北九州で大学院が愛媛と大した渡り鳥ぶりだ。

この履歴を知った上で本文中の
上智と立教を目指しているなら国公立の三科目で受験できる大学をもう一つ考えてみてはどうかな。(中略)東京都立(充実した講義です。是非挑戦してください)や、横浜市立(商学部が看板です)、京都府立、大阪府立、北九州市立(夜間も入りやすい割に教授の数も多いのでお薦めです)などがあります。(184頁)
という記述を読むと、なぜ公立大を列挙した中で北九州市立だけ詳しく内情が書かれているかも分かる。

最後の「センター入試・現代文の解法」は直近の2002年の評論・小説を扱っている(+オリジナル問題)が単なる問題解説でいくつか「教訓」を導き出しているが場当たり的でこの本でなければという点もない。

目的が予備校講師の日常を知るため、というなら貴重な資料だが、現代文に限って言えば2刷まで出たのが驚きと言うべき内容である。
[PR]
by roudai | 2017-09-26 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号312 なぜ英文が読めないのか

d0133636_21304947.jpg
【タイトル】なぜ英文が読めないのか 読むための英文法
【著者】内山智雄
【肩書】
【出版社】文芸社
【サイズ】A5
【ページ数】188頁
【目次】

読むための英文法:理論篇
まずは小手調べ
形容詞、名詞、副詞とその周辺(英文を構成する13の原則)
5文型理論について
複雑な文は、節をくくれ
and,orの法則
読むための英文法:実践篇
Section 1
Section 2
Section 3
Section 4
Section 5
Section 6
Section 7
Section 8
Section 9
あとがき
【初版発行年月日】2003年6月15日
【収蔵品発行年月日】2003年6月15日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】本体1200円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円
【鑑定額】1200円
【代替参考書】富田一彦「富田の英文読解100の原則 上 (新装版)」(大和書房)
【コメント】
自費出版も行っている文芸社から発行された珍しい本格派の参考書。出版元が出版元だけに流通量は限られており、「知る人ぞ知る(係り結び)」という形容がピッタリあてはまる1冊。中学英語から高校英語にステップアップできなかった生徒を散々指導してきた経験から「なぜ英文が読めないのか」という根源的な命題についての答えを示してくれる。端的に言えば読解時に文法を使えていない、ということであり、そのために必要な文法事項を13の原則にまとめ上げている。
実践篇ではその原則に従い、いきなり国公立大で出題されたそれなりに骨のある数パラグラフの英文を一文ずつ訳していく。理論篇においても例題として使われる英文は簡単な短文を終えた後にいきなり入試問題がポンと出てくる。そう、あの「英語の構文がとれる本」と同じ手口なのである。もちろん「とれる本」と同様に、どんなに難しい英文も腑に落ちるようにキッチリ説明できており、「なぜ英文が読めないのか」=「単文と入試レベルの英文の差は何なのか」ということを分からせてくれる貴重な本である。
そういうこともあって本書を「とれる本」の代替参考書として推していたのだが、現在は絶版になってしまった。
実践篇の一文一文を、予想される間違いを罵倒しながらキッチリ訳していくスタイルは高橋善昭「英文和訳講座」(研究社出版)や代替参考書を彷彿とされる。なぜ代替参考書を選んだかは著者の口の悪さを鑑みてのものである。

P.S.
Aamzonは品切れだが、紀伊國屋BookWebでは一応まだ注文可能のよう(註・現在は注文不可になってます)。リンク先のGoogleプレビューでは理論篇の大半とSection 1が読めるので、興味のある方は是非。
[PR]
by roudai | 2011-11-29 00:00 | 英語 | Comments(1)