浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
リクエストに対応していた..
by バルボン at 13:30
吉村ゆうそう先生は、19..
by Casterede at 03:33
こんばんは。ブログを読ま..
by 猫 at 01:15
開館10周年おめでとうご..
by 1983 at 15:01
「第4回おもしろ同人誌バ..
by M at 18:40
>センター受験生さん ..
by roudai at 08:50
Comic Zinには2..
by センター受験生 at 13:23
わざわざありがとうござい..
by バルボン at 02:19
>バルボンさん はじめ..
by roudai at 23:10
この時代だと解説もあっさ..
by バルボン at 00:12
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:日本英語教育協会 ( 6 ) タグの人気記事

収蔵品番号633 英文解釈ゼミ

d0133636_925577.jpg
【タイトル】大学入試 3 GRADE SERIES 英文解釈ゼミ
【著者】伊藤政弘
【肩書】中央ゼミナール英語科専任講師
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】B6
【ページ数】207頁+別冊60頁
【目次】
はしがき
本書の構成と利用法

第1章 S+V2+S.C
第2章 S+V5+O+O.C
第3章 無生物主語(物主構文)
第4章 have[get]+目的語(O)+補語(O.C)
第5章 it is ... for [of]~ to 〔do〕;for ~ to 〔do〕
第6章 Vt+O+to 〔do〕
第7章 with+名詞(相当語)+補語
第8章 there is [are]+名詞[不定主語]+補語
第9章 分詞・動名詞構文
第10章 (抽象)名詞構文(その1)
第11章 (抽象)名詞構文(その2)
第12章 (抽象)名詞構文(その3)
第13章 総合問題
索引
【初版発行年月日】1986年3月1日
【収蔵品発行年月日】1986年3月1日 初版発行
【収蔵品定価】800円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】山口俊治「英語構文全解説 --The Perfect Study on ENGLISH SENTENCE STRUCTURES」(研究社)
【コメント】
著者の伊藤政弘師は高円寺にあるローカル予備校中央ゼミナールの二枚看板の1人(もう1人は「ダイナマイト英文解釈」の佐藤雅文師)で現在は中央ゼミナールの学生寮の管理人をなさっているそうだ。
まえがきの献辞には久能昭(中央ゼミナール・一橋学院講師)、西尾孝(中央ゼミナール・代々木ゼミナール講師)、森一郎(中央ゼミナール講師)といった中央ゼミナール関係者の名前が並ぶ中、原稿の整理や校正に現在は駿台予備学校講師の勝田耕史(当時、上智大学大学院生)の名前もある。

Amazonのレビューにボロカスに書かれているが、書いているレビュワーの他のレビューを見ると吉ゆうそうを持ち上げていたり館長とは対極の英語観のようだ(語学力では館長の遥か上だろう)。
レビューでは本書を高1レベルと断じているが、どこをどう読めばそう取れるのか、現物を見て書いているのか極めて疑わしい。

なぜかは目次をちょっと見れば分かる。第1章と第2章を見て違和感を覚えないだろうか?

普通、高1レベルの参考書であれば、第1文型や第2文型、第4文型が「必ず」あるものである。ところが本書はいきなりSVCとSVOCしかない。つまり、五文型などは当然知っている生徒が対象であることは明らかだ。さらに第10章~第12章の3章(55頁)を割いて「名詞構文」の訳出について説いている。

だいたい、第1章のBasic 解釈問題5.の解説では
[参考](※)描出[中間]話法《Represented Speech》
◆lf a piton came loose ~ の文は仮定法過去ではない(もし仮定法にしてしまうと,ロープは絶対切れないというニュアンスになってしまう)。描出話法である。
小説や物語によく出てくる話法で直接話法とも間接話法ともつかない中問形式をもった話法である。特徴は伝達動詞がなく,語順は直接話法の場合と一致しているが,人称や動詞の時制は問接話法と同じである。訳出方法としては「……と言った」とか「……と思った」など適当に前後関係からみて補ってみるとよい。
 この形式は普通の間接話法よりは生彩に富み,感情的要素をはるかに多く含んでいる。それは作者が登場人物と心理的に同一化して,その人物になりきったつもりで話したり考えたりするからである。入試に頻出するものではないが,受験英語の常識として知っておいた方がよいだろう。(20~21頁)
なんて内容がスラっと出てきたりするのだ。

タイトルは「英文解釈ゼミ」だが、暗唱例文→●LECTURE●→PITFALL→Basic 英文法作文問題→Basci 解釈問題→Advanced 解釈問題という順で展開され、重要構文が英文法や英作文でどう問われるかまでカバーしている親切設計である。PITFALLの盲点指摘も中々シニカルで高橋善昭師を彷彿とさせる。解説も丁寧で55頁の別冊解答はAdvanced 解釈問題だけ(他の解答解説は問題の直後にあるので参照しやすい)という充実ぶりだ。近年の英語の出題形式が長文志向で、本書のような問題は国公立二次くらいしか見かけないが、英文解釈を他とちょっと違う角度から学び直すには良い参考書型問題集だと思う(あくまで2冊目以降用)。

表紙にある通り、「ネクサス方式」にトコトンこだわった書き方で、他に「ネクサス」にこだわった書き方をしている参考書は本書と異なり網羅的ではあるが山口俊治師の一連の著作くらいしか思い浮かばない。
[PR]
by roudai | 2017-10-10 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号414 受験勉強ってどうやるの?という疑問に答える本

d0133636_1647875.jpg
【タイトル】受験勉強ってどうやるの?という疑問に答える本
【著者】根本峰好
【肩書】旺文社前副社長
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】新書
【ページ数】159頁
【目次】
1 精神集中法
2 テープ学習法
3 図解学習法
4 書写学習法
5 自己暗示法
6 カード学習法
7 計画から実行へ
   学習計画の立て方
   国公立大学入試の準備と対策
   私立大学入試の準備と対策
8 合格答案の必要十分条件
   合格答案作成の要領
   小論文・作文の書き方
参考文献
あとがき―私の体験から
付録
索引
【初版発行年月日】1982年9月10日
【収蔵品発行年月日】1983年3月1日 重版発行
【収蔵品定価】600円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】和田秀樹「新・受験勉強入門 勉強法マニュアル」(ブックマン社)
【コメント】
日本英語教育協会では珍しい英語に直接関係ない本。様々な勉強方法が書かれているが今となっては時代後れで陳腐なものばかり。参考文献にシーラ・オストランダー「スーパー・ラーニング」が挙がっているようでは底が知れている。
「蛍雪時代」編集長だったこともあり、当時の大学試験官にアンケートを採った結果が「8 合格答案の必要十分条件」に反映されているのが唯一の見どころだが、回答した大学のレベルや校数が不明なので、
国語の字数制限オーバーは55%が0点
固有名詞の一部を仮名で書いたら25%が0点
英語の要旨の字数制限オーバーは20%が0点
下線部訳で代名詞を具体的に訳さなかったら70%が減点
数Ⅰを解くのに数ⅡB、数Ⅲを使った場合10%が減点
と書かれても全く信憑性がない。
[PR]
by roudai | 2013-10-14 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号340 長崎玄弥のワードイメージ辞典

d0133636_084092.jpg
【タイトル】長崎玄弥のワードイメージ辞典
【著者】長崎玄弥
【肩書】トフル・ゼミナール英語教育研究所所長
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】A5
【ページ数】231頁
【目次】
はしがき
本書の利用法
第1章 イメージでラクラク単語征服法
第2章 入試的中率バツグン
    覚えておく単語はこの850
第3章 Time, Newsweekを読みこなす
    必須単語はこの150
入試本番にでる単語はこれだ!!
【初版発行年月日】1984年7月10日
【収蔵品発行年月日】1984年7月10日 初版発行
【収蔵品定価】880円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】
【コメント】
「奇跡の英単語」で知られる長崎玄弥氏は沢山の著作があることで知られるが、これはその中でも珍品中の珍品。
Wikipediaを見ると没年不詳ながら故人扱いになっていて驚いた。著書の一覧の辞典の項目に本書が挙げられているが、これは記事を書いた人間がタイトルに引っ張られて書いたミスで、本書の本質は英単語集である。
本書の対象範囲ははしがきにこう書かれている。
(1)抽象語のみを収録した。
(2)訳語を、思い切って一つに絞った。
(3)各例文のイメージをシンボル化するイラストを採用した。
(4)日本人レベルの語彙力(約850語)と、タイム誌のような、英米レベルの語彙力(約150語)を比較して見せた。
長崎氏と言えば「奇跡の英単語」がそうであったように具体的な名詞で語数を稼ぐ印象があるが、本書はその手法をとらずに純粋に抽象語のみに絞っている点が珍しい。
しかも、収録された約1000語全てに「プロのイラストレーター(さとうたかし氏)による」挿絵が付いている。この挿絵が例文と有機的に結びついて記憶の助けとなっているのだが、この条件を満たす単語集というと他に宮崎尊「宮崎尊の核英単語core250」(TATEKI BOOKS)くらいしか思い浮かばない(本末転倒の「もえたん」は除く)。こちらの挿絵は「みずいろぞうさん(『ウゴウゴ・ルーガ』)」で知られるたきたろ氏だが、収録語数は1/4の250語。他に素人や学漫レベルの挿絵が付いているものもあるがむしろ視覚的ノイズに過ぎず(古文だが『ゴロゴ板野』シリーズなど)、本書がいかに突出しているかが分かる。
例文もシンプルな短文ばかりでクスッと笑わせるセンスの良いイラストと併せてよく考えられている。
d0133636_13312128.jpg
これは第3章の単語だが、このカットから元の英文を思い出すことは不可能(笑)でも、掲載を許可した長崎氏の度量がすばらしい。
はしがきの最後に、本書に貢献した人として、さとうたかし氏と並んで現・河合塾講師の下池広志師の名前が「愛弟子」として挙がっている。
[PR]
by roudai | 2012-05-29 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号308 実戦英語多量速解問題集

d0133636_21214445.jpg
【タイトル】西尾の実戦問題集シリーズ6 実戦英語多量速解問題集
【著者】西尾孝
【肩書】前早稲田大学教授
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】B6
【ページ数】192頁+別冊16頁
【目次】
はしがき
本書の利用法
第1章 語法に関する問題
第2章 単語に関する問題
第3章 イディオムに関する問題
第4章 和文英訳に関する問題
第5章 会話文に関する問題
第6章 読解力に関する問題
【初版発行年月日】1979年9月10日
【収蔵品発行年月日】1980年9月10日 重版発行
【収蔵品定価】500円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】中原道喜「基礎英文法問題精講 3訂版」(旺文社)
【コメント】
かつては一世を風靡した西尾孝師の実戦英語シリーズは現在の眼から見て中身は過去の遺物で今更感が満載なのだが、ノスタルジーからなのか相変わらず珍しい本には高額で落札されるケースが目立つ。本書は全6冊のシリーズで出された「実戦問題集シリーズ」の最終刊で「多量速解問題集」という謎のタイトルが付されている。
「"速読"速解」ならよく見かけるが、「"多量"速解」という言葉は見たことがない。何のことかと思い入手してみたところ、何のことはない、「マークシート式」の言い換えであった。だからといって何か特別なノウハウがあるわけでなく、「速解」の目安としての制限時間が各問題に付されているのが違いと言える程度か。
[PR]
by roudai | 2011-11-01 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号167 実戦英語水準表

d0133636_0194792.jpg
【タイトル】新版 西尾の実戦シリーズ1 実戦英語水準表
【著者】西尾孝
【肩書】前早稲田大学教授
【出版社】日本英語教育協会
【サイズ】B6
【ページ数】336頁
【目次】
序編 実戦英語必勝法
§1.受験は作戦勝ち
§2.入試英語出題の限界
§3.単語の征服法
§4.熟語の征服法
§5.相関語句習熟法
§6.文法力増強法
§7.表現力増強法
§8.基本文型の利用法
§9.最近の英語出題の傾向
本編 実戦英語水準表
Ⅰ.基本文型33
Ⅱ.文法必修事項142
Ⅲ.相関語句100
Ⅳ.必修熟語1770
Ⅴ.必修単語5500
≪付録≫合格答案作成上のポイント
【初版発行年月日】1978年3月1日
【収蔵品発行年月日】1982年3月10日 重版発行
【収蔵品定価】820円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】上垣暁雄「大学入試英語頻出問題総演習」(桐原書店)
【コメント】
半年ほど前からヤフオクで突然「西尾孝」ブームが起きて困惑している。西尾孝氏といえば四半世紀以上前の受験英語の大御所だが、ひたすら暗記量を要求する本ばかり出しており、今の参考書を見慣れた目で見ると全く価値を感じないのだが、ここのところベラボーな値段で出品されては相次いで落札されている。
「はしがき」に拠れば、この「水準表」という言葉は「大学入試突破に必要な学力の限界を数字を持って示したもの」という意味だそうだが、この本1冊を丸暗記すれば事足れりかといえばだいぶ心許ない。アタリマエの原理原則しか出ていないので、仮に丸暗記したところでちょっと目先を変えられたらコロコロ間違えそうだ。
「文法必修事項142」などは、ほぼ同時期に「試験にでる英文法」が出版されていることを考えると絶望的な内容だ。中年のノスタルジーにつきあって無駄金を使わぬよう老婆心ながらご忠告しておく。
[PR]
by roudai | 2009-03-24 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号147 RIC方式

d0133636_20331222.jpg
英協版
d0133636_20332165.jpg
旺文社版
【タイトル】"RIC方式"英文速読速解法
【著者】笠島準一
【肩書】上智大学助教授
【出版社】日本英語教育協会/旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】208頁
【目次】
はしがき
本書の特長と利用法
PART Ⅰ.レクチャー編
第1章 RIC方式とは
[1] オリエンテーション
[2] センスグループ
[3] むずかしい構文の集中講義
第2章 英文速読のコツ
[1] 単語レベルの対処法
[2] パラグラフのおさえ方
[3] 文章全体のとらえ方
[4] 練習法
PART Ⅱ.実践編
第1章 Beginner's Level
[1] 1文の内容を頭に残す
[2] 文意を読み取る
[3] 英語で考える
[4] 英語のままで受け答えを考える
[5] 短文を直読直解する
[6] 長文を直読直解する
第2章 Intermediate Level
[1] 分詞構文-リーディングのスピード
[2] 同格-食卓での着席順
[3] 並列・省略-職場での男女平等観
[4] 二重否定-機械化と労働
[5] 挿入・譲歩-アフリカの生活
[6] 関係詞-バレンタイン・デー
第3章 Advanced Level
[1] 記述の展開をつかむ-部下と上司のにらみ合い
[2] 会話の流れを把握-スーパーマーケットでの失敗
[3] 文脈から意味を明らかにする-アメリカ人の結婚観
[4] パラグラフの最初に着目する-言語の機能
[5] パラグラフをとらえる-異文化でのあいさつ
[6] 対比を視覚化する-英米のレストラン比較
[7] 特定の情報を探し出す-大都市での生活
[8] 情報をまとめる-ファースト・フード
【初版発行年月日】1987年5月10日
【収蔵品発行年月日】1992年 重版発行/1998年 重版発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)/本体860円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】山崎健生「スラッシュ式英語長文攻略法」(ごま書房)
本正弘「本英語長文講義の実況中継―[初級コース] 」(上)
【コメント】
予備校バブル絶頂期に受験雑誌にバンバン広告を出し、英語の語順にそって英文が頭から理解できる、という甘い言葉で英語劣等生に夢を与えた東京SIM外語研究所の「SIM」(現・「スーパーSIM」)に対抗して、日本英語教育協会がぶつけたカセット教材が「RIC」(Rapid Interpretation Course Based on Sense Grouping of English Sentences)であり、そのさわりをまとめたのが本書である。
上記の事情から日本英語教育協会から出ていたものとばっかり思っていたが、いつのまにか旺文社からも出ていた。中身は全く同一。
たぶらかされてカセット教材に大枚を叩いた受験生は数知れず、館長はたまたま「SIM」派だったので(成績は全く向上しなかったが・苦笑)、受験生当時、本書も同じようなものだろうと高をくくって手に取らなかったが、十数年ぶりに中を見て驚いた。「SIM」よりよっぽど実戦向きの内容なのである。
若干センスグループの切り方にクセがあり、読んでいて居心地が悪いケースがあるが、「SIM」や佐藤忠志「ズバリ!合格の英文解釈」(KKベストセラーズ)等に比べて複雑な構文に対する意識がはっきりしており、それなりの汎用性はある。
出版時期が時期なだけに、パラグラフ・リーディングに関してはほとんど触れられておらず、この辺に関しては宮尾瑛祥「宮尾の[アッと驚く英語長文読解ルール]」(大和書房)以降のパラリー本で補完するしかない。また、このテの本に総じて言えることだが、「直読直解」を前面に出して「文法軽視」に陥りがちな面があり、読解文法について一通り学んだ上で使用しないとただ上滑りして何の役にも立たなくなる。
[PR]
by roudai | 2008-11-25 00:00 | 英語 | Comments(0)