浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:旺文社 ( 43 ) タグの人気記事

収蔵品番号632 日本史標準問題精講

d0133636_2054063.jpg
初版
d0133636_20541129.jpg
改訂版
d0133636_2054216.jpg
3訂版(初版)
d0133636_20543463.jpg
3訂版(重版)
【タイトル】日本史標準問題精講 初版/改訂版/3訂版(初版)/3訂版(重版)
【著者】毛利和夫
【肩書】前東京都立西高等学校教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】B5
【ページ数】(初版)336頁/(改訂版)320頁/(3訂版)295頁+別冊解答31頁
【目次】
(初版)
第1編 時代別による問題
 第1章 原始・古代
 第2章 中世
 第3章 近世
 第4章 近・現代
第2編 部門別による問題
 第1章 政治史
 第2章 外交史
 第3章 社会・経済史
 第4章 文化史
第3編 総合問題と特殊問題
 第1章 総合問題
 第2章 史料問題
 第3章 図表・歴史地理問題
 第4章 論述・記述問題
(改訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 社会と女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
(3訂版)
第1編 時代別による問題
 Ⅰ.原始・古代
 Ⅱ.中世
 Ⅲ.近世
 Ⅳ.近・現代
第2編 部門別による問題
 アジア諸国との外交
 欧米諸国との外交
 土地制度と農業の歴史
 金融・都市・交通の発達
 女性史
 文化の展開と教育
 宗教の展開
 資料・遺跡・地名に関する問題
 北海道と沖縄(蝦夷地と琉球)
【初版発行年月日】1984年2月20日
【収蔵品発行年月日】1987年 重版発行/1991年3月1日 改訂版発行/1996年2月1日 三訂版発行/1999年 重版発行
【収蔵品定価】750円/820円(本体796円)/950円(本体922円)/本体950円
【入手困難度】(初版)★★★☆☆/(改訂版)★★☆☆☆/(3訂版)★★☆☆☆
【学力貢献度】(初版)★★☆☆☆/(改訂版)☆☆☆☆☆/(3訂版)★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】800円~(初版)/500円~(改訂版)/250円(3訂版)
【鑑定額】1000円/750円/500円
【代替参考書】石川晶康「日本史B標準問題精講4訂版」(旺文社)
【コメント】
2017年10月1日で当博物館は開館10周年を迎えた。

開館時にはまさか10年も続くとは思いもしなかったが、何よりexciteブログというシステムが10年以上無料サービスを継続してくれたことが一番大きい。色々問題もあったが心から感謝したい。

10周年へ向けて思いを新たにするため、この1ヶ月は(同人誌の原稿を放って)週一更新を続けてきた。三〇代には出来ても四〇代にはかなりしんどい作業だった。途中にだいぶ抜けがあるが、ネット上には1年も書き続けられずに頓挫したサイトを散見するため、10年間書き続けて来たことは誇って良いだろう。

10年前と比べて世界の景色は一変している。代ゼミは大幅縮小し、ブックオフは日本中の古書店を潰した末に自らも没落の一途を辿っている。大学受験参考書の再版なんて夢にも思わないことが起こり、かつては二束三文だった昭和40年以前のハードカバーに信じられない高値が付いている。自分のトランクルームも2部屋だったのが3部屋になり、高校時代は夢のまた夢だった表紙フルカラーの同人誌を刊行している上に通販までしている。
次の10年でまた世界は一変するだろう。その時まで続いているかどうか、それは神のみぞ知ることだ。

10周年ということで自分の参考書コレクションの原点となる参考書を取り上げてみる。

本書と菅野師の「シグマ集中ゼミ 日本史必出史料」(文英堂)を高3の11月に買って読み始めたのが館長の受験勉強の始まりである。ン万冊の蔵書の中で間違いなく一番やり込んだ問題集と言える。和田秀樹氏の「受験は要領」の影響からかこの2冊の出来ない問題に印を付けてひたすら問題文を読み込んでいたら、アッという間に模試の偏差値(日本史限定)が60を突破した。今、読み返しても「標準問題」の名に恥じない選題だと思う。

初版は「英文法標準問題精講」以来の伝統通り、標準問題→精講→解答の順で書かれている(各編最後の実戦演習の解答のみが巻末にまとめられている)が、改訂版からは普通の問題集のように問題の解答が全て巻末にまとめられて、3訂版からは別冊解答になっている。

普段は解答が別冊になっていることを手放しで評価しているが、ことこの問題集に関しては「読む問題集」としての評価をしているので初版の体裁を最高評価とし、いちいち巻末に戻らなければならない改訂版を最低とする。内容的にも第3編で様々な問題形式に取り組める初版の熱意に対して、改訂版以降は普通の問題集になってしまったのは残念。

現在入手できる4訂版は河合塾の石川師によるもので完全に別物なのだが一応後継ということで。
[PR]
by roudai | 2017-10-03 00:00 | 社会 | Comments(2)

収蔵品番号505 入試に出る国文学史505

d0133636_1533272.jpg
【タイトル】入試に出る国文学史505
【著者】日笠祐二
【肩書】学習院高等科教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】新書
【ページ数】207頁
【目次】
はしがき
第一章 上代編
第二章 中古編
第三章 中世編
第四章 近代・現代編
付録
【初版発行年月日】1984年3月20日
【収蔵品発行年月日】1984年3月20日 初版発行
【収蔵品定価】620円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】出口汪「早わかり文学史」(語学春秋社)
【コメント】
古書の世界には効き目という言葉があり、シリーズをコンプリートする上での難所のことを言う。
「英単語ターゲット1900」が未だに出続けている旺文社の「大学JUKEN新書」シリーズだが、コンプリートするにはいくつかの難所がある。まず菅野師の「総チェックPART1 この地この年この事件日本史」と「総チェックPART2 この人この著この思想日本史」に苦労する。続いて「入試に出た!日本史99」と「入試に出た!世界史99」が見つからない。実は世界史がまだなので館長もコンプリートは出来ていないのだが、この先にも英語で「英語新傾向ターゲット7」という超難所があり、現役の受験生の頃から気になっていた。
しかし、こういった目につく稀覯本の陰にひっそりと本書が存在しており、入手するまでその存在に全く気付いていなかった。ちなみに初期の赤JUKEN新書にのみ振られているナンバーは⑤と最初期のものである。

内容はナンバー③である「古文解法ルール200」同様、五七調の一文で著者や著作の関連情報をまとめているのだが、新書判1冊の分量にするために内容がもの凄いことになっており、早慶上智の日本史の文化史問題でも出てこないような重箱の隅が満載である。その割になぜか「歌物語の代表作は伊勢・大和」(ヘイチュー!はいずこ?)だったりもするのだが。

国語で出題されるレベルは遥かに凌駕しているし、日本史でもここまで聞かれることはまずない。ただ、赤JUKEN新書のコンプリートには避けて通れない本なのでその分の価値も上乗せして評価した。
[PR]
by roudai | 2015-06-02 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号448 数学Ⅰ・A解法攻略講座

d0133636_21433556.jpg
【タイトル】小林隆章の数学Ⅰ・A解法攻略講座
【著者】小林隆章
【肩書】駿台予備学校数学科講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】240頁
【目次】
<数と式>数学A
<2次関数>数学Ⅰ
<個数の処理と確率>数学Ⅰ
<数列>数学A
<三角比>数学Ⅰ
【初版発行年月日】2001年9月20日
【収蔵品発行年月日】2004年 重版
【収蔵品定価】1100円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】麻生雅久「数学I・A 標準問題精講 改訂版」(旺文社)
【コメント】
駿台で人気の小林隆師だが意外にも単著はこれ1冊だけで、昨今の予備校界では数少ない秘密のヴェールに包まれた人気講師である。テキストがオークションに挙がると結構な高値になるにもかかわらず本書はあまり人気がない。雲師の数学Ⅱ・Bも唯一の単著だがこちらは結構な値段なのと対照的だ。

頻出問題を1題あたり見開き2~3頁と丁寧に解説しており、出題校を見ると結構難関校が揃っているのだが解説を読むとサラリとしていて難問に思わせないのが一流講師の腕だろうか。
このDoシリーズは旺文社迷走期に出た本ということもあって、本文の最終頁まで問題解説が入った下手な編集だが、それだけ小林師の熱意は伝わってくる。
[PR]
by roudai | 2014-05-20 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号431 センター試験の数学が3日でわかる本

d0133636_024380.jpg
初版
d0133636_18253294.jpg
第3刷
【タイトル】細野真宏のセンター試験の数学が3日でわかる本 PART-1
【著者】細野真宏
【肩書】
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】115頁+別冊51頁
【目次】
問題一覧表
Chapter 1.場合分けが必要な最大・最小問題(数Ⅰ)
Chapter 2.指数・対数関数Ⅰ(数Ⅱ)
Chapter 3.指数・対数関数Ⅱ(数Ⅱ)
One Point Lesson
    組立除法と因数分解について
    +
    指数の基本的な公式について
Point一覧表~索引にかえて~
【初版発行年月日】1996年10月30日
【収蔵品発行年月日】1996年10月30日 初版発行/1997年7月10日 第3刷発行
【収蔵品定価】1000円(本体976円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】細野真宏「細野真宏の数学が本当によくわかる本 2次関数と指数・対数関数が本当によくわかる本」(小学館)
【コメント】
「1QQ4」で取り上げたように、同一内容ながら背表紙(青→緑)や「PART-1」の表記などが異なる。
表題こそ「センター試験数学」だが、扱う範囲は最大・最小問題と指数・対数関数。しかも、最大・最小はわずか24頁しかなく大半が指数・対数関数という非常にニッチな内容。この時点で既に「面白いほどわかる本」シリーズのVersion1.0は全て刊行されており、内容の重複を避けようとしてこうなったと思われる。
確かに指数・対数関数を苦手とする生徒は多いのだが、他の細野本と比較して内容的に平凡で、これをもって「センター対策」と銘打つのはどうかと思う。
現在では同じ範囲をカバーする代替参考書が出ており、こちらの方が頁数が多い(問題数も多い)こともあり、敢えてこの本をプレミア付きで買う必要は無いだろう。
[PR]
by roudai | 2014-01-21 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号427 聞楽に源氏物語

d0133636_11422548.jpg
【タイトル】馳浩の聞楽(きらく)に源氏物語
【著者】馳浩(朗読/佐々木亜希子)
【肩書】参議院議員・プロレスラー
【出版社】旺文社
【サイズ】変形A6
【ページ数】63頁+CD2枚組
【目次】
はじめに
源氏の愛した女性たち~DISC①
雨夜の品定め
朧月夜
夕顔
葵の上と六条の御息所

源氏をめぐる愛の三角関係~DISC②
藤壺・桐壺帝・源氏
女三の宮・源氏・柏木
「源氏物語」五十四帖の年立
【初版発行年月日】1999年9月20日
【収蔵品発行年月日】1999年9月20日 初版発行
【収蔵品定価】本体価格952円(消費税別)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】板野博行「源氏物語を3日で極める」(スタディカンパニー)
【コメント】
3が日特集第2弾は参議院議員(現・衆議院議員)にしてプロレスラーの馳浩。自称「闘う愛の伝導師」が世紀末の迷走期であった旺文社からこんな謎のCDをリリースしていた。こちらは公式HPに8冊目の著書として載っている。
「源氏物語」好きを自称する(別の著書では「枕草子」フリークを自称する軽薄ぶり・笑)馳が自分のお気に入りの場面をピックアップして解説するという内容で、前半は光源氏と関係を持った女性たち、後半は光源氏を中心とする三角関係について語っている。時系列がメチャクチャなので下手に「源氏」を知っていると逆に混乱する。
文法や単語の話は一切無く、「気合」で古文を読む、いかにも元・高校教師らしい工夫のない内容。男子校に1人はいるエロ噺が売りの人気教師の雑談集といった感じである。同じ文法や単語を気にせず源氏物語を知りたいのなら大和和紀「あさきゆめみし」(講談社)を通読する方がよっぽどタメになる。
「愛の伝導師」を自称する割に変な所で教師的なモラルを持ち出し、正妻を大事に(馳自身はバツイチ)、不倫はイケマセン、三角関係はイケマセン、女三の宮を柏木に寝取られたのは自分の過去の報い、と現代感覚で一方的に光源氏を断罪するという、どこが「『源氏』好き」なの?という態度で臨んでいる。平安の「大恋愛小説」を単なる「男女関係の悪い事例集」に貶めているだけでこれを聴いて「源氏」を好きになれるとは到底思えない。
[PR]
by roudai | 2014-01-02 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号405 日本史漢字書取り15日

d0133636_10113592.jpg
【タイトル】短期完成社会スピード学習3 日本史漢字書取り15日
【著者】水口敏之
【肩書】
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】63頁+別冊解答16頁
【目次】
一 原始の社会と文化
二 古代初期の政治と文化
三 古代前期の政治と文化
四 古代中期の政治と文化
五 古代後期の政治と文化
六 中世前期の政治と文化
七 中世後期の政治と文化
八 近世前期の政治と文化
九 近世後期の政治と文化
一〇 近代前期の政治と社会
一一 近代後期の政治と社会
一二 現代の政治と社会
一三 人名に関する問題
一四 地名に関する問題
一五 史料に関する問題
一六 文化に関する問題
【初版発行年月日】1986年2月1日
【収蔵品発行年月日】1990年 重版発行
【収蔵品定価】450円(本体437円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】石川晶康「誤字で泣かない日本史―日本史漢字練習帳」(河合出版)
【コメント】
石川師による代替参考書の旧版が出る15年も前に存在した日本史漢字専門の問題集。
各章が「書取り」「読み方」「誤字・正誤訂正」の3パターンで構成されるというススんだ作りになっている。別冊解答の「研究」も30年近く前ということを考えてもだいぶ深いところまで突っ込まれていて相当コストパフォーマンスの良い問題集だが、惜しくも「短期完成スピード学習」シリーズが「うすもん」シリーズに改編された時に消えてしまった。
[PR]
by roudai | 2013-08-13 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号384 基礎・基礎解析問題精講

d0133636_2111119.jpg
【タイトル】基礎・基礎解析問題精講
【著者】土師政雄・木村光一
【肩書】駿台予備校講師・駿台予備校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】208頁
【目次】
第1章 数列と漸化式
 Ⅰ.等差数列と等比数列
 Ⅱ.階差数列といろいろな数列の和
 Ⅲ.数学的帰納法
 Ⅳ.漸化式
 Ⅴ.数列の応用
第2章 微分とその応用
 Ⅰ.微分の基礎
 Ⅱ.微分の応用
第3章 積分とその応用
 Ⅰ.積分の基礎
 Ⅱ.面積
 Ⅲ.体積
 Ⅳ.積分のいろいろな問題
第4章 指数・対数・三角関数
 Ⅰ.指数・対数関数
 Ⅱ.三角関数
演習の解答
【初版発行年月日】1988年3月15日
【収蔵品発行年月日】1994年 重版発行
【収蔵品定価】750円(本体728円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】小島敏久「小島の難関大突破新数学II・Bハイレベル演習」(栄光)
【コメント】
「標準問題精講」シリーズのサブセットとして出された「基礎問題精講」シリーズだが、当初は先行する英語に倣って「基礎○○問題精講」という名称だったため、本書は「基礎・基礎解析」と「基礎」が連続する世にも珍妙なタイトルとなっている(現在は英語以外「○○基礎問題精講」で統一)。
土師師の単著である「標準問題精講」シリーズ(確統は初版から共著)は相変わらずの人気だが、この「基礎問題精講」シリーズはタイトルで嫌われたのか全て共著だからか意外に高騰しない。
見た目と異なり内容は結構ハードで、更新が遅れていたのもこの本を読み切るのに四苦八苦していたから。タイトルに釣られて出来ない生徒が読んだら式変形のかっ飛び具合に目を白黒させるだろう。
途中で気がついたが、世間一般の「基礎解析」の本と異なり数列→微分→積分→三角・指数関数という順になっており、数列の和と積分の関係などを意識させる作りになっている。土師師の好みなのかと思って「基礎解析のトレーニング」(増進会出版)を見たが、こちらは教科書通りの並びで、どういった心境の変化だろうか。三角関数の公式オンパレードを最初にやられると心が折れるので(数列のシグマ計算も嫌いだが・笑)、この順は歓迎したい。
[PR]
by roudai | 2013-03-19 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号369 セットで覚える世界史

d0133636_2153194.jpg
【タイトル】暗記パーフェクト宣言!!セットで覚える世界史
【著者】加藤正春
【肩書】日体荏原高校校長
【出版社】旺文社
【サイズ】新書
【ページ数】208頁
【初版発行年月日】1986年3月20日
【収蔵品発行年月日】1992年 重版発行
【収蔵品定価】720円(本体699円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】上住友起「世界史要点 図解整理 ハンドブック」(旺文社)
【コメント】
日本史の参考書として当時屈指の完成度を誇った菅野師の「セットで覚える日本史」の名前だけ拝借してその神髄を全く理解していない高校教師によって作られた駄本。
セットと言いながら内容は同時代の関連項目を全て挙げているだけで、何が入試で聞かれるかどこが間違いやすいかという視点は全く欠如しているし、7つも8つもまとめてセットと言われても覚えられるわけがない。
結局、新書版1冊に世界史の教科書レベルを小さな字で一律に詰め込んだという労多くして益少ない不毛な内容。確かに世界史という広大無辺な内容を200頁強に詰め込んだダイジェスト本というのは意外と無いのだが「看板に偽りあり」と言われても仕方ない。表題が別なものであればもう少し評価のしようもあったのだが。
[PR]
by roudai | 2012-12-18 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号352 現代文の攻略法

d0133636_024249.jpg
【タイトル】霜栄の現代文の攻略法
【著者】霜栄
【肩書】駿台予備学校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】変形A5
【ページ数】239頁
【目次】
はじめに
ポイント一覧
本書の利用法
空欄補充の問題を攻略する…………………………1日目
 問題[一]加藤周一「近代日本の文明史的位置」…東洋大学
 ステップ1 接続語を入れる
 ステップ2 抽象語を入れる
 まとめのページ
 Q&A「なぜ点数が上下するのですか?」
抜き出し・脱文挿入を攻略する………………………2日目
 問題[二]加藤周一「狂気の中の正気」…神戸大学
 ステップ1 部分を抜き出す
 ステップ2 脱文を挿入する
 まとめのページ
 Q&A「どうすれば文章を速く読めますか?」
指示語・傍線説明を攻略する…………………………3日目
 問題[三]平川祐弘「和魂洋才の系譜」…九州大学
 ステップ1 指示語の内容を答える
 ステップ2 傍線内容を説明する
 まとめのページ
 Q&A「どうすれば難しい評論が読めますか?」
比喩・内容一致問題を攻略する………………………4日目
 問題[四]真木悠介「交響するコミューン」…成城大学
 ステップ1 比喩の意味を見抜く
 ステップ2 選択肢の意味を見抜く
 まとめのページ
 Q&A「どうすれば選択肢に強くなれますか?」
段落・主旨判定を攻略する……………………………5日目
 問題[五]林 達夫「思想の運命」…立命館大学
 ステップ1 意味段落に分ける
 ステップ2 主旨を判定する
 まとめのページ
 Q&A「どうすれば成績が上がるのですか?」
表題・正誤判別問題を攻略する………………………6日目
 問題[六]佐々木邦「人生エンマ帳」…成蹊大字
 ステップ1 全体にタイトルをつける
 ステップ2 全体から正誤を判断する
 まとめのページ
 Q&A「どうすれば難しい設問が解けるのですか?」
センター試験〈評論〉を攻略する………………………7日目
 問題[七]中村雄二郎「哲学の現在」…共通一次
 ステップ1 部分を正しく解釈する
 ステップ2 全体を正しく把握する
 まとめのページ
 Q&A「センター国語で高得点を取るためには?」
センター試験〈小説〉を攻略する………………………8日目
 問題[八]岡本かの子「鮨」…センター試行
 ステップ1 語句の解釈を行う
 ステップ2 心情の把握を行う
 まとめのページ
 Q&A「小説の問題に強くなるためには?」
記述・要約〈評論〉を攻略する…………………………9日目
 問題[九]堀田善衛「美しきもの見し人は」…東京大学
 ステップ1 傍線の内容を記述する
 ステップ2 本文の要旨をまとめる
 まとめのページ
 Q&A「記述に強くなるためには?」
記述「作文〈随筆〉を攻略する………………………10日目
 問題[十]柳田国男「妖怪学談義」…字都営大学
 ステップ1 傍線の内容を記述する
 ステップ2 自分の意見を述べる
 まとめのページ
 Q&A「作文・小論文に強くなるためには?」
【初版発行年月日】2000年9月30日
【収蔵品発行年月日】2003年 重版発行
【収蔵品定価】1100円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】350円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】霜栄「現代文読解力の開発講座」(駿台文庫)
【コメント】
旺文社のDoシリーズは、理科の参考書は全て改訂版が出ているが、その他の教科は皆この黄色い版だけで打ち止めになってしまっている。中でも本書は特殊なサイズなので雑誌のコーナーに紛れ込んでいることが多くあまり見かけない。

駿台の霜栄師といえば今や駿台国語科の大看板だが、以前「駿台式!本当の勉強力」を読んだ時からどうも言葉の端々がカンに触って内容がスンナリと腑に落ちない。だから、本書を読むとドッと疲れるし、所々トンチンカンな屁理屈を押しつけられるのにも辟易する。

たとえば、1日目のポイント1から問題の解き方にイチャモンを付けられる。
 先に設問を見るか、それともまず本文を読むか。
 そんなことで悩んだ人も多いだろう。
 ぼくの結論は必ず先に本文。いっけん逆のように思う人もいるだろうが、少なくとも現代文の場合、設問は後回し。
 先に設問を見てしまうと、どうしても先入観ができてしまって、本文の理解がそこなわれやすい。
特にまちがった内容の選択肢をしっかり読んでしまうのはアンビリーヴァボーな最悪の解き方。すごく損をしている。だからぼくは絶対にすすめない。(18頁・太字原文ママ)
続くポイント2でもこうこき下ろす。
 またきっと、こんな人もいるだろう。読みながら解くという中間派だ。傍線や空欄がでてきたら、そこで設問を解くというやり方。確かにちょっと、要領よさげだ。やさしい問題、つまり直前部や同じ段落の読解だけで解ける設問に対しては有効だろう。たが、入試問題のレヴェルが高いときには無理。配点が高くて差のつくような設問や難関大学の設問の多くは、たぶんうまく解けないだろう。
 本文を読んでいる途中で、ちらちら設問を気にしていると、結局本文の全体が把握できなくなってしまうからだ。こんなやり方を続けていると、いつまでたっても本文全体の読解から解く設問をクリアーできず、実力も点数もある一定以上は伸びてこない。(19頁・太字原文ママ)
こんな思い込みだけで根拠も示さず半笑いの断定口調で決めつけるのと堀木師の理屈とどちらが説得力があるだろうか(奇しくも両方旺文社から発行されているが)?

では、霜師の解き方がどうなのかと言えば、本文の解説を行わずにいきなり問題を解き始める。自分が読めているのだから、読者も当然読めているということなのだろうか?しかも
 それじゃあ設問の解法に行こう。あくまでも設問で問われるのは本文の読解。読めていないのに解けてしまうというような解法はない。
 だから選択肢を先に吟味してから本文を見る必要はないけど、選択肢にどんなものが並んでいるかはチェックしておこう。(19~20頁)
と舌の根も乾かぬウチから本文をさておいて選択肢をチェックするという。アタマ大丈夫かしらん?

問1が接続語を空欄A・F・Hに、問2が漢字2文字の熟語を空欄B・C・D・E・G・H・Iに入れるのだが(空欄は問題文の最初から順に並んでいる)、まず第1段落の空欄Aを埋めて、次は第2段落の空欄Fを埋めて、第3段落の空欄Hを埋めるという風に問1を全て解き終えてから、やおら第1段落途中の空欄Bに戻るという厳格な出題順に解こうとしている。赤本等の解答解説ならこの順しか無いだろうが、本番でこんな行ったり来たりの石頭な解き方をしていたら時間がいくらあっても足りないと思うがどうだろう?

あと少し気になったのは、句読点の位置を語るのに
 有名な例文では「刑事は血まみれになって逃げ出した賊を追いかけた。」(金田一春彦著『日本語』〈岩波書店〉)とか「キンタマケルナ」(作者不明)なんていうのがある。
 もちろん「刑事は、血まみれになって逃げ出した賊を追いかけた」と「刑事は血まみれになって、逃げ出した賊を追いかけた」では、たれが「血まみれ」なのかが変わってしまう。「キンタ、マケルナ」、「キンタマ、ケルナ」とでは少し(男の)痛みが違う。(32~3頁)
霜師は館長より年上のはずなので、つボイノリオの「金太の大冒険」は当然ご存じのはずだが、いくらこの曲の詞がラジオのリスナー投稿に基づくとは言え「作者不明」というのはつボイノリオに失礼ではないか。金田一春彦(岩波書店)は名前を挙げながらコミックソングの出典ならどうでも良いというのか(大体「金太負けるな」のどこが痛いのか・笑)。
もっとも権威付けで引用した「日本語」(岩波新書)を繙くとこの例文は、
国語学者永野賢氏のあげた例を借りると、
  渡辺刑事は血まみれになって逃げ出した賊を追いかけた
 これを一口にいうと渡辺刑事が血まみれになって迫いかけたのかともとれ、賊が血まみれになって逃げ出したのかともとれる。(同書197頁)
と金田一氏が孫引きしたものの上、固有名詞が抜け落ちてしまっている。

他にも色々引っかかる点はあるが、致命的な誤読をしているのは87年東大文理共通1番の漢字を省いて後ろに要約を付け加えた問題[九]だ。
次の文章は、ある本の「序」である。これを読んで、後の設問に答えよ。

 ヨーロッパの美に近づいて行くについて、私は、自分で考えてみて、ヨーロッパの正統とされるものに比べてはいかにも異端的な道をたどったものだと思う。元来、ヴァレリイの言うヨーロッパ、それを構成する三つの主柱、すなわち、ギリシャ、キリスト教、科学精神といったものの、このどれ一つをとってみても、なみの日本人としての生活感情を生まなままで、それをもったままで近づいて行って、ごく自然にこの三つのものの、どれ一つとして自然にわれわれのなかへ入って来てくれるというものではない、と思われるのである。ギリシャ、キリスト教、科学精神―これらのものに近づくについては、われわれとしては、われわれの内なる自然なもののうちの、何か一つを、またはいくつかのものを殺してかかるか、またはどこかへ押しこめたり目をつぶったりしてかからなければならぬ、と思う。
 正直に言って、誰しも何らかの無理をしなければならないのである。つまり、勉強、ということがどうしてもともなう。そうして、この無理と努力の報酬としての感動がある、というかたちになっていることが大部分の例であろうと思われる。もし仕合せにも、正統に、感動が先立ってくれたとしても、その後の始末には、どうしても勉強ということがともなわざるをえないであろう。精神のどの部分かをねじ曲げ、あるいはねじ曲げられることが感動である、といった例さえ稀ではない筈である。そのことをよいとかわるいとかと言っているのではない。非西欧地域の西欧観、あるいは近代化というものにともなう、それは避けて通ることの出未なかった道なのであった。

問一 「無理と努力の報酬としての感動がある、というかたちになっている」(傍線部ア)とあるが、なぜそうなるのか、わかりやすく説明せよ。(195頁)
霜師の解説はこうである。どこに見落としがあるか分かるだろうか?
 整理しておこう。
 ①傍線全体の論理を考える。
 ②傍線全体の話題をつかむ。
 ③「無理」と「努力」のそれぞれを具体化する。
 ④「感動」の対象を示して具体化する。
 ①と②が「必須」。これさえ満たそれば点数がある。
 逆に③や④だけ考えて記述しても点数にはならない。
 まず①は逆説。できれば「むしろ」「逆に」「かえって」などを使って採点者にわかっていることをアピールしたい。記述設問は、唯一の正解が定められているわけじゃない。採点官にすっごーくわかってると思われればオーケーだし、本当は論理や内容がわかってないと思われればO点だ。
 ②は意味段落全体から考える。「日本人が西欧の美に感動すること」についてだ。答案では、「われわれ」などの代名詞は使わないように。名詞で明確に記述しよう。記述はなるべく直接的に答えること。
 ③の「無理」は「日本人としての生活感情を抑圧すること」。「内なる自然」では具体性がない。記述の条件はなるべく具体的に答えること。
  「努力」は「正統」に近づこうとすることだから、具体的には日本人が持っていない「西欧の伝統を勉強すること」。
 ④の「感動」は傍線全体の話題。「日本人の西欧の美に対する感動」だ。
 問一の答えは「日本人が西欧の美に感動するには、むしろ日本人としての自然な生活感情を抑圧して西欧の伝統を勉強せねばならないから。」。

 自分の答案とこの正解答例とを比べるときに、使われている表現や語句ばかりにとらわれず、そこから見える論理や理解がどう違うかを検討しよう。
 採点者からすれば、どれだけ文中の言葉が使われているかが問題ではない。
 まして文中の言葉を上手につなぐテクニックなど、どこにも存在しない。
 要素ばかり考えて、傍線全体を見失わないように。
 記述設問の意図を並べてみよう。

 ①意味の通る日本語になっていること。
 ②傍線全体の論理を示していること。
 ③傍線全体の話題をふまえていること。
 ④傍線の語句が直接化・具体化されていること。

 この順序に従って、自分の答案を検討しよう。文中の言葉をつなぐことばかり考えていると、①の条件にも違反してしまう。記述設問で変な日本語の答案が点数をもらえることはありえない。つまりO点。(202~4頁)
種明かしをする前に念のため他の参考書の模範解答と比較してみよう。霜師の解答との違いが分かるだろうか?
[霜師]日本人が西欧の美に感動するには、むしろ日本人としての自然な生活感情を抑圧して西欧の伝統を勉強せねばならないから。(56字)

[例1]日本人の生活感情を犠牲にしなければヨーロッパの美を支えるギリシャ、キリスト教、科学精神を理解できないから。(53字・西田安実・桑原聡「東大の現代文23カ年」)

[例2]日本人の生活感情は西欧的なものとは異質であり、西欧的な美に感動するためには我々は自然な内面的感情を抑圧せねばならぬから。(60字・学燈社「全国大学国語入試問題詳解」)

[例3]日本人の生活感情は西欧の正統とは異質のものであり、西欧の異質の美に感動するためには、我々は自己内部の自然な感情を抑圧しなければならないから。(70字・明治書院「作者・作品別現代文問題総覧62~元年度大学入試問題」

[例4]異質なヨーロッパの美に近づいていこうとした場合、自分の内にある日本人としての自然な生活感情を、無理やり押し殺さねばならないから。(64字・旺文社「全国大学入試問題正解」)


違いがお分かりいただけただろうか?
[PR]
by roudai | 2012-08-21 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号349 読むだけで楽しく学べる文化史

d0133636_9453021.jpg
【タイトル】八柏龍紀の理解する日本史 読むだけで楽しく学べる文化史 龍の手引き書 文化史編
【著者】八柏龍紀
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】152頁
【目次】
はじめに
古代の文化
 ★飛鳥文化
 ★白鳳文化
 ★天平文化
 ★弘仁・貞観文化
 ★国風文化
 ★院政期の文化
中世の文化
 ★鎌倉文化
 ★室町文化
近世の文化
 ★安土・桃山文化
 ★江戸前期文化
 ★江戸後期文化
近現代の文化
 ★明治期の思想・文化
 ★大正・昭和の思想・文化
【初版発行年月日】1999年10月20日
【収蔵品発行年月日】1999年10月20日 初版発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】神原一郎「日本文化史の整理と演習」(河合出版)
【コメント】
八柏師の「龍の手引書」シリーズ第2弾。「はじめに」を見ると1日1時間で1週間かけて読み終えるよう作られているという。最初に穴埋め形式の板書があり、あとに講義体で板書についての説明という構成で板書自体は良くまとまっている。

しかし、講義部分に問題が多く、気になる箇所に付箋を付けだしたらアッという間に付箋だらけになってしまった。

まず気になるのが歴史名辞のルビで、○教新聞やハリポタのように全編ルビなら良いのだが中途半端にルビが振られていて、難しそうなところに振ってなかったり、簡単なところに振っていたり理解不能なケースが目立つ。それだけならまだしも、一通り日本史を学んできた人間が見てそんな読みだったっけ?と首をひねる箇所がそこかしこにある。

例えば
仁王経(におうきょう)
山家学生式(さんががくしょうしき)
三教指帰(さんぎょうしいき)
選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)
六諭衍義大意(ろくゆえんぎたいい)
国性爺合戦(こくせいやかっせん)
海保青陵(かいほうせいりょう)
大蔵永常(おおくらひさつね)
とリンク先の権威ある事典とは違う「読み」が載っている。

もしかしてこれらは単なる誤植なのかもしれないのでまだ罪は軽いが、以下の記述はリップサービスのつもりで無知をさらけ出しているのだから笑えない。
世阿弥は、『風姿花伝』『花鏡』『申楽談議』などを著していることも要チェック。この『風姿花伝』は『花伝書』でもOK。この中で世阿弥は、「時分の花」について説いています。それはどういうことか?というと、わたしたちには「花」があるというわけです。我々の周りにも生まれつき「花」を持った人っているでしょ。よく集合写真で、カワイイとかカッコイイとかで目立つのではなくて、初めて見た写真なのに「これ誰」って、思わず目立っちゃう人がいますよね。混雑した中で待ち合わそしても、すぐに見つけられる人、目立つ人、そうした人を「花」のある人なんていいませんか.世阿弥は、そうしたものを「花」として、若い人は、そういった「花」を持つと見ていたのです。でも、年をとると、美しさはだんだん抜けて、醜くなり、心のゆがみが顔に現れたりしますよね。若いときはある程度の「花」の美しさ」は持てるけれども、それは若さゆえの「時分の花」でしかないのであって、年を取るとそれは難しい。たから、年を取っていても自分の年齢たとか、生き方だとかが滲み出るような形にしなければ、「時分の花」は生まれない。じゃあ、それは何で生まれるか、というとそれはやはり「稽古を積む、自分を鍛練すること」だと。つまりは、心の豊かさを持たなくてはならない。でも能をやらない我々にとってのそれは「精神的な鍛練」なのですね。それが本当の「花」であると世阿弥は書いています。例えば、なんかこう、凛としているおばあさんだとか、電車の中でもスーっとしている素敵なおじさんとかいますよね。あれは内面から滲み出る「時分の花」を持っている人なのですよ。年を経てますます格好良くなるおじいさん。年を重ねるごとに美しくなるおばあちゃん。そうした生き方に、もっとわたしたちは、目を向けていかなければなりませんね。わたしも、若さを気取ったり、若くないことを嘆く中年にはなりたくないですね。(76~7頁)
あまりに酷すぎてどこから突っ込めばいいか見当も付かない。「風姿花伝」について少しでも知っていればこんな嘘八百を並べることはあり得ない。
「風姿花伝」の「第一 年来稽古条々」にこうある。
十二三より
 この年のころよりは、はや漸々声も調子にかかり、能も心づくころなれば、次第次第に物数も教ふべし。まづ童形なれば、なにをしたるも幽玄なり。声も立つころなり。二つの便りあれば、悪きことは隠れ、よきことはいよいよ花めけり。おほかた、児の申楽に、さのみにこまかなるまねなどは、せさすべからず。当座も似あはず、能もあがらぬ相なり。ただし、堪能になりぬれば、なにとしたるもよかるべし。児といひ、声といひ、しかも上手ならば、なにかは悪かるべき。さりながら、この花は真の花にはあらず。ただ時分の花なり。去れば、この時分の稽古、すべてすべちやすきなり。さるほどに、一期の能のさだめにはなるまじきなり。このころの稽古、やすきところを花にあてて、わざをば大事にすべし。はたらきをも確やかに、音曲をも、文字にさわさわとあたり、舞をも、手をさだめて、大事にして稽古すべし。
世阿弥は「時分の花」という言葉を八柏師のようなプラスの意味で用いていない。むしろ「若い内だけのかりそめのもの」としてマイナスに見ている。
二十四五
 (略)されば、時分の花を、真の花と知る心が、真実の花に、なほ遠ざかる心なり。ただ人ごとに、この時分の花におきて、やがて花の失するをも知らず。初心と申すは、このころのことなり。一公案して思ふべし。わが位のほどほどよくよく心得ぬれば、そのほどの花は、一期失せず。位より上の上手と思へば、もとありつる位の花も失するなり。よくよく心得べし。
とあるように世阿弥が目指すのは「真実の花」であって、「時分の花」を「真の花」と勘違いすることは「真実の花」から遠ざかると言っている。
○芸能…出雲の阿国は実は出雲出身ではないみたい。当時、京の四条河原でパフォーマンスをする際にわざと京都から遠い地名をつけることで、よりエキゾチックな雰囲気を醸し出したのだろうね。それに出雲大社からの「神」のイメージもあって、それもよかったみたい。いわゆる芸名。ちなみに「源氏名」って知ってる?これも芸名だけど、どうしてかというと『源氏物語』って本当の名前を使わず、そこはかとなくその人物をしのばせるような名前を使うでしょ、そこから付いたんだよ。(89頁)
はい、ダウト。「源氏物語」本体がどうのこうのではなく、巻名にちなんだ名前を付けたというのは「オトナの常識」だと思うが、高校生相手と思ってナメているとしか思えない。
 さて、古学の説明の前に、孔子・孟子の時代に文字は何に書かれたと思いますか?実は、このころまだ木簡は用いられず、鹿の骨などに文字を書いたんだよね。つまり、甲骨文字ってわけ……。骨って短いでしょ、たから短文。要するにエッセンスしかそこに書けなかったのです。例えば、「巧言令色鮮矣仁」なんかその代表ですよね。ところで、そんなわけたから文章の短いぶんあとからいろんな解釈が成り立つことになって、そんなとこから、朱子学や陽明学などの考え方の違う学派が出てきたというわけなんです。(97頁)
孔子が活躍したのは春秋時代(B.C.500ごろ)、甲骨文字が用いられたのは殷代(~B.C.1046)で時代が全く違う。紙はまだ発明されていないが、「韋編三絶」の言葉があるように当時孔子が読んでいた「易経」は竹簡を束ねたもので、もちろんその後の「論語」も同様で骨に刻むわけがない。多少なりとも「論語」を読んでいれば、「子曰巧言令色鮮矣仁(学而第一)」や「子曰君子不器(為政第二)」「子曰有教無類(衛霊公第十五)」といった短いフレーズの方がむしろ例外なのは常識で、「論語は短文」などという口からデマカセは絶対に出てこない。
◆蘭学の発達◆
 蘭学が発達して来た経緯は、まず八代将軍吉宗が実学を奨励したことに始まっています。キリスト教以外の書籍は輸入してよいという「漢訳洋書の輸入の禁」の緩和がなされ、そのため、一気に外国物が入ってきたのです。ちなみに競馬のあのサラブレッド系のアラブ種もこの時期に入ってきて、現在の千葉県・佐倉市に放牧場をつくりました。だから、蘭学の祖はこの吉宗といってもいいでしょうね。(110頁)
ロクに知りもしないのに知ったかぶりをして墓穴を掘るあたり石原千秋の同類なのだろう。アラブ種を元に改良を続けた結果、血統表が全て三大始祖にたどり着くのがサラブレッド(Thoroughbred)で、アラブ種とサラブレッド種は別の品種である(サラブレッド種に25%未満のアラブ種の混血が起こるとサラ系種と区別される)。

また、記述・論述を売りにしている(現在「東大日本史」担当!)割に、日本語がおかしかったり前後関係に飛躍があって意味が通じないところがある。
この大村益次郎をついでに述べると、この人は長州藩の村医者の子供で百姓身分、名前は、本当は村田蔵六っていうんです。でもメチャメチャ頭もよく、そこで適塾で勉強することになった。ところが、彼は医学ももちろんだけど、西洋全般についての理解力が抜群で、それが幕府の目に止まり、スカウトされて旗本格まで昇り詰めちやったんだよ。でもある日突然辞めて、長州に帰って村医者に戻り暮らしでいると、今度はその能力を買った宇和島藩・伊達宗城に呼ばれて、宇和島藩で町医者となったのね。その時ちょうどペリ一が来航していて、宗城が「あれと同じもの造れないか?」っていわれて、益次郎は、そういえば長崎でその図面を見たことがあるってことで、その図面をもとに蒸気船を造ってしまった話が残っています。当時、蒸気船を造った藩はこの字和島藩と鍋島藩、薩摩藩の三藩だけ。見たたけで蒸気船造るって、これスゴイよね。あとに出てくる洋学者の佐久間象山も乾電池を見たたけで同じものを造ってしまったという話が残っているんだけど、日本人のそういう技術って素晴らしいものがありますね。そんなわけで、こんな優れた人材をほっとけないということで、益次郎は戊辰戦争の持に官軍の総大将に任ぜられたということです。(112~3頁)
大村益次郎については司馬遼太郎「花神」を読んだ程度だが、それでもこの記述に違和感を覚える。
村田蔵六の前半生は長州→日田咸宜園→適塾→長崎→適塾→長州→(黒船来航)→宇和島藩→長崎→江戸鳩居堂→蕃書調所であり、まず順番がおかしい(適塾からいきなり幕府って新井白石じゃあるまいし)。だいたい宇和島藩主に呼ばれて何で町医者になるのか(嗤)。そして江戸在住のまま長州藩士となり長州征伐の幕府軍を相手に石州口で圧勝。その実績から官軍を指揮するようになったわけで、八柏師の言い方では幕府にいた人間がいつの間にか官軍(倒幕軍)の総大将になってしまっている。

「週刊金曜日」が主催の講座
などに出ているので天皇・皇室を揶揄する記述やこんな記述もある。
●国家主義思想の台頭…列強の圧力に対して、明治20年~30年(1880年代後半)のころから、国家主義思想が台頭してきます。ちょうど、自由民権運動が下火になって、こういう国家主義が出てくるんです。思想って面白いもので、今もそんな感じになってますよね。戦後三十年くらいは、左翼的な思想が中心たったのですが、それが飽きられて右翼的な思想になっていますよね。思想も持代の要請、しょせん流行りすたりのあるもので、いま本屋に行って歴史関係の平積みにしてある本といえば、ほとんどが、小林よしのりだとか藤岡信勝、ほとんどが強面の右翼的な論客が揃い踏みって状況ですよね。これなんかも、そのうち飽きられ、誰も見向きもしなくなるでしょうね、そのうち……。(133頁)
などという負け犬の遠吠えは見苦しいし、参考書に書くべき内容とも思えない。

さっさと消えたのも当然の内容で、残念ながら文化史に関しては代替参考書の圧勝だろう。
[PR]
by roudai | 2012-07-31 00:00 | 社会 | Comments(4)