浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
https://page..
by kazkomi at 22:35
>Mさん 私も初日に行..
by roudai at 21:11
昨日、代ゼミ創立60周年..
by M at 19:18
夏コミ(8/13)参戦予..
by M at 10:41
>落札できなかった男さん..
by roudai at 05:11
おはようございます。 ..
by 落札できなかった男 at 09:44
サンクリへは、トライ予定..
by M at 22:45
[基礎編]現代文のトレー..
by かきくけこ at 20:03
本日はありがとうございま..
by 落札できなかった男 at 22:19
>Mさん そろそろ来る..
by roudai at 18:30
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:秋山仁 ( 9 ) タグの人気記事

収蔵品番号444 数学の発想のしかた

d0133636_1645317.jpg
【タイトル】数学の発想のしかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】237頁
【目次】
序文
はじめに
本書の使い方と学習上の注意
縦割り(テーマ別)目次
第1章 視規則性の発見のしかたと具体化の方法
 §1 数列や関数列は規則性が現れるまで書き並べよ
 §2 パターンを見出し、それらの性質を利用せよ
 §3 具体的な数値を代人した例をつくり実験せよ
第2章 着想の転換のしかた
 §1 操作の順や時間の流れを逆転せよ
 §2 視点を変えたり、反対側から裏の世界をのぞきこめ
第3章 柔軟な発想のしかた
 §1 同値な問題へのすり換えや他分野の概念への移行を図れ
 §2 三段論法を活用せよ
 §3 問題を一般化し、微積分や帰納法などの武器を利用せよ
第4章 使うべき道具(定理や公式)の検出法とそれらの活かした使い方
 §1 問題文を読んだ後、使うべき定理を連想せよ
 §2 逆をたどれ、または迎えに行って途中で落ち合え
 §3 式の変形のしかた
 §4 設問間の分析のしかた(出題者の誘導にのれ)
 あとがき
 重要項目さくいん
【初版発行年月日】1989年7月14日
【収蔵品発行年月日】1996年3月6日 初版第10刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】秋山仁「数学の発想のしかた (発見的教授法による数学シリーズ3) 」(森北出版)
【コメント】
4揃いなので4に関する本にしようかと思ったが、森北出版からの復刊記念でこの本を。後ろからチンタラ取り上げていたら1まで行かないうちにまさかの復刊。色々曰くのある本だけに復刊が叶うとは思わなかった。
なぜこのシリーズを後ろから取り上げたのかと言えば、後ろに行くほど範囲が特化して文系の館長でも読める内容になっており、この本あたりから抽象的な問題が増えて正直に言えば(問題の解法部分については)チンプンカンプンである。
各問題についての「発想法」欄は他の参考書と比べて明らかに分量が多く、読んでなるほどと思う箇所も多い。ただ、例えば、同値な問題へのすり替え、と簡単に言われても、本当に同値なのかの議論や、どうしてそうなるのか、までは言及してくれない。
数学の受験参考書の歴史に名を残す名著であることは認めるが、世間が「名著」という言葉に期待するような「誰もが気軽に読んで、即効性のある本」(そんな本は他教科でも思い当たらないが・笑)ではなく、理系範囲までを勉強を終えた浪人生が、公式当て嵌めレベル以上の問題を解くのに壁を感じている際にビタミン剤的に処方されると効力を発揮する本である。
今回、森北出版は2011年に起こったG・ポリア「いかにして問題をとくか」ブームの「2匹目のドジョウ」を狙った感があるが、収録された問題の難度や必要な予備知識の範囲から旧シリーズ同様、デキの良い理系の上位層(と一部の数学マニア)に受け入れられるだけで、一般人が手を出しても本棚の肥やしとなる可能性が高い。
今回の復刊では駿台レクチャー叢書時代の表紙を除いてほぼそのまま復刊しているが、この本以降一般向けに様々な本を書いてきた秋山師が項目立てはそのままに問題を文理問わず解ける問題に差し替えて復刻したら出版社の目論見通りになったかもしれない。
[PR]
by roudai | 2014-04-22 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号365 オロカ者の定義

d0133636_21274179.jpg
【タイトル】オロカ者の定義
【著者】秋山仁
【肩書】数学者・東海大学教授
【出版社】学研
【サイズ】新書
【ページ数】190頁
【目次】
プロローグ
オロカ者の定義① なぜ受験勉強するのか、わからない諸君へ
オロカ者の定義② 大学の選び方を知らない諸君へ
オロカ者の定義③ 高校の授業がつまらないと思っている諸君へ
オロカ者の定義④ 親に何かと不満を持っている諸君へ
オロカ者の定義⑤ 自分は頭が悪いと思っている諸君へ
オロカ者の定義⑥ 点数だけがすべてだと思っている諸君へ
オロカ者の定義⑦ 恋や友情につまずいている諸君へ
オロカ者の定義⑧ 効果的に夏休みを過ごしたい諸君へ
オロカ者の定義⑨ 見えない不安におびえている諸君へ
オロカ者の定義⑩ 今が、人生のどん底だと思っている諸君ヘ
オロカ者の定義⑪ 勝負への心構えができていない諸君へ
オロカ者の定義⑫ 試験本番に自信がない諸君へ
オロカ者の定義⑬ 大学入学後に夢を抱いている諸君へ
あとがき
【初版発行年月日】1995年5月
【収蔵品発行年月日】2006年1月 第11刷発行
【収蔵品定価】650円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】西谷昇二「壁を越える技術」(サンマーク)
【コメント】
秋山師による受験生の「お悩み相談室」的な内容。「オロカ者の定義」というタイトルだから仕方ないのだが、どうしようもない質問ばかりで、人間の出来ていない館長なら「アンタ馬鹿ぁ?」の1行で終わってしまう回答を、大ベテランの秋山師が懇切丁寧に自分語りを含めて語ってくれる。
大体このテの「お悩み相談室」的な本の編集者はよほどの無能なのか、単なるドSなのか、最底辺の人間の箸にも棒にもかからない質問を嬉々として集めてくる。こんなにレベルの低い質問を読んで共感する読者がそんなに居るのかと(自分より下が居ると喜ばせたいのか?)毎回溜息が出てくる。
「受験勉強をしなくてはいけないと思っています、でもやる気が出ません。どうすればやる気が出ますか?」
「受験勉強は割り切ってやっていますが、高校に行くのが苦痛です。出席日数が足りたら行かなくていいですか?」
「自分は真面目に勉強しているのに要領よくやっている子に勝てません。コレって不公平ですよね?」
「教師に志望校は無理と言われやる気が無くなってしまいました」
「現役で受かった彼女に大学生の彼氏が出来て浪人生の自分は裏切られてやる気がなくなりました」
「受験生の夏休みの過ごし方が分かりません。教えて下さい」
こういったレベルの低い質問になるほど!と思わせる回答を返してくれる岡田斗司夫氏のような芸を見せてくれるワケでもなく、通り一遍の回答を連ねる秋山師には同情を禁じ得ないが、恐らく質問者達は秋山師の回答を見ても何も変わらないだろうという絶望感しか感じられない本。
[PR]
by roudai | 2012-11-20 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号347 数学の視覚的な解きかた

d0133636_9423793.jpg
【タイトル】発見的教授法による数学シリーズ6-4 数学の視覚的な解きかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】221頁
【目次】
序文
はじめに
本書の使い方と学習上の注意
縦割り(テーマ別)目次
第1章 視覚を刺激する方法
 §1 モデルを作ってそれを見ながら解け(平面版)
 §2 補助線・補助曲線を利用せよ
 §3 ゛考えるための色″を導入せよ
第2章 情報の図による表現のしかた
 §1 関係を図で表現せよ
 §2 状態の推移やおこり得る場合を図で表現せよ
第3章 グラフヘ帰着させる方法
 §1 方程式の実数解は2曲線の交点に帰着させよ
 §2 不等式はグラフを利用して解け
 §3 条件つき最大値・最小値問題はグラフで処理せよ
 §4 分数関数は直線の傾きに帰着せよ
 §5 数列の極限値はグラフを利用せよ
 §6 必要性・十分性は集合の包含関係で議論せよ
 §7 場合の数が無数にある確率の問題は面積に帰着させよ
 あとがき
 重要項目さくいん
【初版発行年月日】1989年6月22日
【収蔵品発行年月日】1995年3月28日 初版第6刷発行
【収蔵品定価】980円(本体951円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】2500円
【代替参考書】秋山仁「数学の視覚的な解きかた (発見的教授法による数学シリーズ4) 」(森北出版)
【コメント】
ヤフオクでも高値安定の人気を誇る「発見的教授法」シリーズ。実は日本より受験戦争が激しい韓国でも正式(?)に刊行されており(現在の状況は不明)、あの国らしく本書をパクッた入試問題が出題されたこともある。
収蔵品を見ると思ったよりも長く(6年以上)流通している上に刷数も重ねているが、みんな死蔵しているのだろうか。
現行本に「視覚化」だけの本はないのだが、一番美味しいところ(畳の色分けやランダムウォークの図示)は「実況中継」を始めとする秋山師の一連の著作で何度も繰り返されているため、今読み返すとほとんど新味がない。むしろ実況中継のたった2章分の内容を無理矢理1冊に水増しした感があり、「実況中継」を持っていればこの本にこだわる必要はないだろう。
[PR]
by roudai | 2012-07-17 00:00 | 数学 | Comments(2)

収蔵品番号230 数学講義の実況中継・下

d0133636_11184869.jpg
【タイトル】数学講義の実況中継(下)―問題の戦略的解法
【著者】秋山仁
【肩書】理学博士・東海大学理学部数学科教授・中国山東海洋大学客員教授・東京理科大学講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】243頁
【目次】
講義(後期)をはじめるにあたって
第15回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(1)対称性①
第16回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(1)対称性②
第17回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(2)次数
第18回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(2)偶奇性
第19回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(3)連続性,単調性,凸性,周期性①
第20回講義 問題固有の数学的性質をとらえよ(3)連続性,単調性,凸性,周期性②
第21回講義 最短距離の解法をさぐれ(1)
第22回講義 最短距離の解法をさぐれ(2)
第23回講義 必要性で押せ(1)
第24回講義 必要性で押せ(2)
第25回講義 記号・座標系を導入せよ(1)
第26回講義 記号・座標系を導入せよ(2)
第27回講義 問題文から解法のカギを割り出せ(1)
第28回講義 問題文から解法のカギを割り出せ(2)
第29回講義 出題者の誘導にのれ(1)
第30回講義 出題者の誘導にのれ(2)
講義(後期)を終わるにあたって
【初版発行年月日】1987年4月10日
【収蔵品発行年月日】1989年2月1日 第10刷発行
【収蔵品定価】850円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】雲幸一郎・森茂樹「大学への数学解法の突破口」(東京出版)
【コメント】
実況中継シリーズ初期の大ベストセラー。二学期分ということで、以前紹介した上巻と比べてだいぶ問題が難しくなっている。上下巻を通じて言えることだが、一通り数学の学習を終えていないと、戦略を説明されてもその先はチンプンカンプンになり、宝の持ち腐れになるのがオチである。特に下巻は問題を解く途中で必要な戦略がメインのため、上巻に比べて即効性に欠けるので学力貢献度をやや下げた。逆に理系の上位校を狙う受験生なら知っておくべき知識が満載なので評価はまた別のモノになる。
[PR]
by roudai | 2010-05-25 00:00 | 数学 | Comments(7)

収蔵品番号150 数学の計算回避のしかた

d0133636_045262.jpg
【タイトル】発見的教授法による数学シリーズ別巻 数学の計算回避のしかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント、数学オリンピック財団専務理事
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】143頁
【目次】
序章
第1章 次数の考慮
第2章 図の利用
第3章 対象性の利用
第4章 やさしいものへの帰着
第5章 置き換えや変形の工夫
第6章 積分計算の簡略法
あとがき
【初版発行年月日】1995年4月20日
【収蔵品発行年月日】1996年6月16日 初版第3刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】5000円
【代替参考書】秋山仁「数学の計算回避のしかた (発見的教授法による数学シリーズ別巻2) 」(森北出版)
【コメント】
発見的教授法による数学シリーズの6が刊行されて6年も経ってから突如として出版されたシリーズ別巻。6でコンプリートと思っていただけにこの本の存在を知った時には驚愕した。
必死の思いで落札したが、その後手元に届いてまた驚愕。わずか143頁と「立体のとらえ方」とほぼ同じくらいの薄さ。読んでみても「体系的に」と書いているほど練習問題量が無いのが致命的。実際に「計算が大変な解法」というサンプルがあるが、仮に思いついても明らかに手が掛かりすぎてやる気が起きない解法と一般の解法(それほど鮮やかなケースは少ない)を並べているだけで、問題解法の方針をパターン化している点は評価できるが、「計算回避」という看板にはやや偽りあり。
実際の流通量が少なく、シリーズコンプリートの「効き目」となる本なので鑑定額にはその競争率も考慮した価格になっている。内容だけで判定すればこの半値が適当だろう。
代替参考書は知名度は低いが近頃の本としては出色の出来。いつ絶版になってもおかしくないので、本屋で見かけたら新本でも是非ゲットしておくべきだろう。

[追記]
森北出版からの復刊第2弾で復刊が決まったので代替参考書を変更した。
[PR]
by roudai | 2008-12-16 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号140 数学講義の実況中継 上

d0133636_2071255.jpg
【タイトル】数学講義の実況中継(上)―問題の戦略的解法
【著者】秋山仁
【肩書】理学博士・東海大学理学部数学科教授・中国山東海洋大学客員教授・東京理科大学講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】201頁
【目次】
講義をはじめるにあたって
第1回講義 規則性・パターンを見い出せ(1)
第2回講義 規則性・パターンを見い出せ(2)
第3回講義 図・表を活用せよ(1)
第4回講義 図・表を活用せよ(2)
第5回講義 易しい問題にすり換えよ(1) 
第6回講義 易しい問題にすり換えよ(2)
第7回講義 論証の道筋の逆をたどれ(1)
第8回講義 論証の道筋の逆をたどれ(2)
第9回講義 場合分けの効用(1) 
第10回講義 場合分けの効用(2)
第11回講義 極端な場合を解法の糸口にせよ(1)
第12回講義 極端な場合を解法の糸口にせよ(2)
第13回講義 一般化した問題を考えよ(1)
第14回講義 一般化した問題を考えよ(2)
【初版発行年月日】1986年12月15日
【収蔵品発行年月日】1987年2月5日 第6刷発行
【収蔵品定価】750円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】雲幸一郎・森茂樹「大学への数学解法の突破口」(東京出版)
【コメント】
駿台の秋山師がその独特な講義内容を初めて世に問うた参考書。
初期の「実況中継」シリーズでは大西憲昇「化学講義の実況中継」と並ぶ高額落札の常連だが、それだけの内容はある。この後に「発見的教授法」シリーズが出版されたが、メインの内容はこの上下巻でほぼ網羅されている。
なぜか表紙には「文理共通」の文字があるが、中で扱われている問題の大半は理系の問題で、難易度も結構高い。しかし、秋山師のくりだす7つの戦略を用いるとあっさりと解けてしまう。特に感動的なのは第7回と第8回の「論証の道筋の逆をたどれ」で上巻の山場と言っていい。言われてみればなーんだなのだが、「数学の証明法」をキチンと習ってきていない(それが大半だと思うが)生徒にとっては目から鱗だろう。
「発見的教授法」を今さらコンプリートするのは金銭的に厳しいので、秋山数学の大枠を知りたければ多少の高値には目をつぶって落札するしかないだろう。
[PR]
by roudai | 2008-10-14 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号103 1次変換のしくみ

d0133636_22194116.jpg

【タイトル】発見的教授法による数学シリーズ6-5 1次変換のしくみ
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】175頁
【目次】
序文
はじめに
本書の使い方と学習上の注意
縦割り(テーマ別)目次
第1章 直線のベクトル表示と不動直線のしくみ
§1 1次変換によって向き不変のベクトルを捜せ
§2 不動直線のメカニズム
§3 行列のn乗の求め方のカラクリ
第2章 1次変換の幾何学的考察のしかた
§1 合同(等長)1次変換と相似(相角)1次変換を表す行列の判定法とそれらの性質の利用
§2 対称な形の行列(対称行列)は回転行列によって対角化せよ
§3 射影を表す行列の見抜き方と、どの方向に沿ってどの直線に射影されるかの判定法
§4 図形の1次変換による面積と向きの変化
あとがき
重要項目さくいん
【初版発行年月日】1989年6月22日
【収蔵品発行年月日】1990年11月30日 初版第4刷発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】秋山仁「1次変換のしくみ -線形代数へのウォーミングアップ - (発見的教授法による数学シリーズ別巻1)」(森北出版)
【コメント】
なぜか他の「発見的教授法による数学」シリーズとは違い、「一次変換」だけで1冊になっている。

この本が出た当時、「一次変換」といえば「山本の1次変換の基本」(代々木ライブラリー)が唯一無二の存在であったため、この本だけ買いそびれていた(後に散々苦労して入手した)。今、見直しても本文のレイアウトがダラダラと続くところが多く読みづらいし、シリーズの他の本と違って「この本独特」と言えるオリジナリティがない。

唯一の長所は、行列のn乗計算をベキ零・ベキ等行列から始めていることで、本によっては載っていないこともある最速解法が最初に載っている点は好感が持てる。

新課程から一次変換が復活したが、そのためだけに大枚をはたいて買う価値は無いか。「発見的教授法による数学」シリーズをコンプするには多少高くても買うしかないのだが。

[追記]
森北出版からの復刊第2弾で復刊が決まったので代替参考書を変更した。
[PR]
by roudai | 2008-01-28 00:00 | 数学 | Comments(2)

収蔵品番号080 立体のとらえかた

d0133636_22373443.jpg
【タイトル】発見的教授法による数学シリーズ6-6 立体のとらえかた
【著者】秋山仁
【肩書】理博、東海大学理学部数学科教授・米国ベル研究所コンサルタント
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】125頁
【目次】
序文
はじめに
本書の使い方と学習上の注意
縦割り(テーマ別)目次
第1章 立体の把握法
 §1 モデルを作ってそれを見ながら解け(立体版)
 §2 立体図形の平面図形によるとらえ方
 §3 空間図形から平面図形への特殊な変換
第2章 立体の体積の求め方
 §1 平面でスライスせよ
 §2 立体の分割のしかた
あとがき
重要項目さくいん
【初版発行年月日】1989年6月22日
【収蔵品発行年月日】1991年11月25日 初版第5刷発行
【収蔵品定価】780円(本体757円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】秋山仁「立体のとらえかた (発見的教授法による数学シリーズ5) 」(森北出版)
【コメント】
[PR]
by roudai | 2007-12-19 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号066 高校生がミスしやすい多発誤答パターン

d0133636_0432352.jpg

【タイトル】クリエイティブ高校数学講座③高校生がミスしやすい多発誤答パターン
【著者】東海大学教育研究所高校数学研究会(秋山仁 監修)
【肩書】
【出版社】数研出版
【サイズ】A5
【ページ数】156頁
【目次】
前半(単純ミス)
後半(論理エラー)
【初版発行年月日】1998年6月1日
【収蔵品発行年月日】1998年6月1日 初版発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】
【コメント】
[PR]
by roudai | 2007-12-05 00:00 | 数学 | Comments(0)