人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号198 受験の国のオリザ

d0133636_0134963.jpg
【タイトル】新版 受験の国のオリザ
【著者】平田オリザ
【肩書】劇作家・演出家
【出版社】晩聲社
【サイズ】A5
【ページ数】213頁
【目次】
第1章
第2章
第3章
第4章
第5章
第6章
第7章
第8章
第9章
第10章
第11章
第12章
第13章
第14章
第15章
第16章
第17章
第18章
第19章
あとがき
増補
【初版発行年月日】2001年9月10日
【収蔵品発行年月日】2001年9月10日 初版第一刷
【収蔵品定価】本体1600円+税
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】平田オリザ「新版 受験の国のオリザ」(晩聲社)
【コメント】
あの悪名高い鳩山首相の所信表明演説の演出をしたことでも知られる平田オリザ内閣官房参与が無名時代に書いた大学受験体験記。

近頃のDQN親によるDQNネームは目を疑うものが多いが、まるでペンネームのような著者の名前もれっきとした本名で、シナリオライターである父親がラテン語の「oryza(稲)」にちなんで名付けたもの。

DQNネームを付けられた子供はその後、自転車による世界一周旅行を決行するためにわざわざ定時制高校に入り、休学するというように中二病を順調にこじらせる。

ちなみにその時の旅行記である『十六歳のオリザの未だかつてためしのない勇気が到達した最後の点と、到達しえた極限とを明らかにして、上々の首尾にいたった世界一周自転車旅行の冒険をしるす本』(晩聲社)は日本語で書かれた本のタイトルとしては最長だそう(名付け親は晩聲社の編集長。元ネタはセルバンテスの『ドン・キホーテ』続編第一七章「WHEREIN IS SHOWN THE FURTHEST AND HIGHEST POINT WHICH THE UNEXAMPLED COURAGE OF DON QUIXOTE REACHED OR COULD REACH; TOGETHER WITH THE HAPPILY ACHIEVED ADVENTURE OF THE LIONS」)だ。中二だからもちろん未成年にもかかわらずしょっちゅう同級生と酒を飲みに行き、またそれを逐一日記に記す。そういえば「樹」と書いて「たつる」と読ませるDQNオヤジも大検合格者だそうだ。

そうした"痛い"18歳が大学受験ヒエラルキーの埒外にあるICUを目指すために代々木ゼミナール(と古藤師主催の「日曜講座」)で高校2年生兼予備校生(大検をとって受験するため)兼なんちゃって作家という特異な立場に身を置きながら悪戦苦闘し、ICUに合格するまでを一人語りした本。後半、上記の旅行記を出した後は出版社から本を出したという特権意識が丸出しでこれまた痛々しい。今で言えばストーンズ抜きの西谷師一人語りというところか。そういえば西谷師も"公式"プロフィールはICU卒だ(苦笑)。

そういった痛々しい点を除けば、今から30年ほど前の代々木ゼミナール私立文系コースの状況が活写されており、この本は当時の予備校史を語る上での一級史料(ただし私立文系に限る)と言える。

中で触れられている主な講師(本文登場順)

椿本昌夫師
内容の軽薄さのわりに、ゆっくりとした説得力のあるしゃべり方であった。男は国語の教師である。記念すべき僕の第一回の授業は現代国語であった。椿本と名乗るその教師は、なにやら黒ずくめの出で立ちで、一節一節を切り離しては語尾を疑問形のようにこねくりまわして僕らに語りかけるのであった。国語の教師らしいナと僕は思った。(中略)この怪傑黒ズキンのような男が、はたしてどのような読み方を僕らに示すかは解らない。しかし、自己の主張を問いかけの型にはめて、聞く側に斬り込んでくるあの話しぶりは、やはり国語の教師の所業に他ならないのであった。(34~5頁)
小堺勝師
二時間目は小堺先生の英文法の授業であった。漫才の「今いくよ・くるよ」のあの太鼓腹の「くるよ」のほうを、色を黒くしたような教師である。一時間半の授業中、彼はテキストに載っている「英文法問題」に付随する膨大な量の例題、類題を黒板一面に書きならべ、おそろしいスピードで喋りまくった。(中略)小堺氏はそのよくでた腹を揺するようにして。教壇の上を右に左に歩き回っては、問題をむさぼるように解いていき、その合間に強烈な偏差値イズムの主張を訴えるのであった。(42頁)
「こんなのも解んないの、まっ、いいでしょう、あと半年ある、覚えるんですよ、ここで覚えていくんです。いいね。二学期には偏差値六〇ですよ。それ以下は人間じゃないですからね。それであと五上げて六五あればどこの大学でも大丈夫ですからね」(94頁)
古藤晃
「少し背が高くって、ひげはやしてて、それでスマートな教師に習っていれば偏差値が上がるのなら、そりゃ苦労しませんよ。僕だって、そんなことならやせてあげますよ」と、これはかの”偏差値の鬼”小堺氏の弁なのであるが、ここで言う「スマートなひげの教師」こそ、なにをかくそう古藤氏なのである。彼は、その容貌と、ユーモアの中に社会批判を加えた(と本人は思っている……?!)授業によって、女子生徒から圧倒的人気を得ているのだ。(51頁)
土屋博映
教室にはもう古典の土屋先生がやってきていて何やら騒いでいた。土屋氏は最初の授業で言った。「私は、別に教える技術が他の有名な先生方よりもあるとは思っていません。代ゼミにはスゴい先生がそろっていますから。それでまあ、僕のとりえというか、それは若いこと。若い、古藤先生なんかより全然若いんです(※引用注 古藤師は1945年、土屋師は1949年生まれ・笑)。で、その若さでみなさんに授業を楽しんでもらう、まあ、そう思っているわけです」
こんなことを言うだけあって、たしかに彼はパワフルな授業をする。教壇をかけずり回り、駄じゃれを連発し、歌をうたう。二〇分の休み時間中の後半一〇分には、つぎの教室にいって漫談を始める。そのバカ話を他のクラスのファンが聞きにくるほどである。(51~2頁)
森久師
七月九日、梅雨の合間のよく晴れた木曜日、二時間目の現代国語の授業をもって、第一学期が終了した。森と名乗る初老の国語教師は「とにかく本を読むように……」と語って授業を終えた。(74頁)
青木義巳師
夏期講習申し込みのためつぶれた授業の補講がある。青木先生の英語、人気科目なだけに教室は超満員である。青木氏は汗だくで授業をする。熱心という言葉ではかたづけられないほどに、授業に対して異常な執着心をみせる。(中略)彼の授業は、申し込み受付けから数時間で定員いっぱいとなり閉まりはじめていく。たしかに授業は理解しやすいと思う。しかしあの絶大な人気は、やはりこれも幼児性を秘めた異常さのように思える。(76~7頁)
永橋博師
授業は永橋先生の基礎古典である。彼の授業も青木氏に勝るとも劣らないほど情熱的である(78頁)
二時間目、永橋氏の古典。夏期講習でも習っているので、授業の要領はわかっている。この先生に習えることがB2になった最大の収穫である。古典はこの永橋氏と、野村、雨海両氏といったところが人気がある。もちろん一学期に習っていた土屋氏も人気はあるが、一応これとは別にしておくべきだろう。(99頁)
有坂誠人
有坂氏はICU出身の現国の講師である。彼は片足を机にもたれるようにかけて延々と喋り続ける。僕には退屈な話であったが、周囲の人たちの反応には少少興味があった。(80頁)
多久弘一
四つ目の夏期講習は多久先生の基礎漢文であった。この多久氏は通称「白バラのプリンス」、代ゼミ講師陣の中でも最大級のスターである。とにかく授業がおもしろい。迫力がある。教壇の上を縦横無尽に駆け回り、飛んだりはねたりするものだから、上の教室で彼が授業をしているとすぐわかってしまう。七十数歳と噂される(※引用注 多久師は1921年生まれなので当時六〇歳)その年齢を超越した授業を展開するのだ。(96頁)
潮田五郎師
一時間目、潮田先生の英語。潮田氏も代ゼミ人気講師のひとりである。英語科では、青木、猪狩、潮田の三人を「A・I・Uトリオ」と呼んで、もっとも人気が高いとされている。(99頁)
堀木博禮師
堀木氏の現代国語。評判の授業だけあって教室は満員である。ねずみのような顔をした堀木氏が教壇に上がって授業をはじめる。別にたいしておもしろい授業だとも、ためになる授業だとも思わない。二学期は現国の授業は受けないことに決める。(100頁)
山口俊治師(?)
九月一六日水曜日、山口先生の英文法。これは一学期の小堺氏の授業から変わったものである。どうみても小堺氏の授業の方が利用価値が大きいので少し授業を入れ変えることにする。(100頁)
渡辺寿郎師(?)
午後からの渡辺先生の英語・基本構文の授業を受けるのだ。この授業は一学期から取っているのだが、とにかく人数が少ない。本科生の選択科目のために現役生はいない。一番少ないときには三〇〇人の教室に四人で授業を受けたこともある。(107頁)
野村嗣男師
代ゼミ最後の冬期講習は野村先生の古典であった。彼は代ゼミ古典のナンバーワンとされる講師である。英語が、量で勝負の小堺氏と質を重視する潮田氏の両方を軸に進めたのと同様に、古文も、量の永橋氏に対して野村氏の充実した内容の授業を通して総復習をかねることにした。(161頁)
特に小堺師がその強烈なアクの強さもあって終始出ずっぱりである。以上の記述にノスタルジーを覚える四〇代後半以上の方々にとっては興味深い一冊になるであろう。
by roudai | 2009-11-03 00:00 | 受験情報 | Comments(4)
Commented by hhanano at 2010-02-22 03:17 x
昭和の終わりに小堺師と渡辺氏の講義を拝聴しましたが、小堺師は「偏差値60(50?)以下はアメーバ」と断言なさっていました。でも物言いとその恰幅との相乗効果(相殺効果?)で、あんまり毒づいている感じはしませんでした。印象に残っている言葉は、「英語は何のために学ぶのか。英語がペラペラになるためではなくて、通訳を顎で使えるようなエリートになるためなんだよ」です。雑談は少なめでバンバン進む講義に魅力を感じていました。ご自身が仰っていましたがタレント小堺一機の親戚なんですよね。言われてみれば何となく似ているというか...。すでに鬼籍に入られたとのことで、非常に残念です。

渡辺氏は現在Z会の書籍等でお見かけしますが、あまり印象ないです。網羅性は高かったですが、教え方に特長はあまりなかったのではないかと、個人的には記憶しています。現行のZ会の書籍も、以前某出版社から出ていたもの(英語構文365)の焼き直しのような気がしています。
Commented by roudai at 2010-03-04 23:44
>hhananoさん
お返事が遅くなってスミマセン。お元気そうで何よりです。
小堺師と言えばやはり「アメーバ」発言ですよね。小堺一機との関係は確かmgieeさんの頁で読んだような気がします。
渡辺としか書いていないのですが、授業内容と時期を考えると渡辺寿郎師だと思います。Z会のは三省堂の焼き直しだろうと私も思っていますがまだ付き合わせていません。意外と三省堂のアレも高いんですよね。何でか分かりませんが。
それにしても久保寺師といい、仁田峠師といい、最近のZ会の書籍の著者はしぶとくギョーカイで生きてる人ばかりだなぁ(苦笑)と。
Commented by hhanano at 2010-03-06 00:06 x
SNSの方、諸事情で退会してしまってすみませんでした。
久保寺先生は、私が文転するきっかけを与えてくれた人であり、その意味で恩師のような人です。毎日のように、講師室に現代文の記述解答を持っていっては見てもらっていました。ご自身が現代詩人で、その辺りの話(特に石原吉郎や檀一雄の話)もよく話してくれていました。いくつか詩集も買った記憶があります。あと、当時は江本孟紀似で女子学生にとてもモテていました(笑)。

渡辺寿郎先生は「総まくり」という表現がお好きでしたが、そういった総花的講義のためか、あまり印象に残っていません。

僕も久保寺先生が『トレーニング』にご登場なさった際には驚きました。渡辺先生のご登場のときはもっと驚きましたが(笑)。
Commented by けんすけ at 2016-12-16 20:35 x
41歳男性です。鳩山政権にも平田オリザにもウンザリしていましたから、彼の本を読みたいとは思いませんが、このブログに引用された部分は面白かったです(笑)。
私は90年代半ばに代ゼミで土屋博映先生の講義を受けましたが、ここに書かれている通りの内容でした。
十数年間あのテンションを維持していたのは凄いなぁと思いました。
「『土屋の古文講義』や『土屋の古文単語』が売れて金が入ったので、恵比寿に家を買って住んでいる。どうだ、羨ましいだろう?」と言っていました(笑)。