浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号224 今井の英文法入門

d0133636_18191647.jpg
d0133636_18193162.jpg
d0133636_18194265.jpg
【タイトル】今井の英文法入門 PART.1/2/今井の英文法入門
【著者】今井宏
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】167頁/154頁/318頁
【目次】
[Part.1]
1     講義を始めるにあたって
2~8   動詞と時制①~⑦
9~11  助動詞①~③
12~21 不定詞①~⑩
22~28 分詞①~⑦
29~31 動名詞①~③
32~39 仮定法①~⑧
40~48 関係詞①~⑨
[Part.2]
49~58 比較①~⑩
59~62 名詞①~④
63~65 代名詞①~③
66~67 冠詞①~②
68~70 形容詞・副詞①~③
71~73 疑問詞・疑問文①~③
74~78 前置詞①~⑤
79~82 接続詞①~④
83~85 否定①~③
86~88 文型①~③
89~91 受動態①~③
92~93 倒置①~②
94~95 数詞①~②
96    講義の終わりに
[単行本]は[Part.1][Part.2]をまとめたもの
【初版発行年月日】1998年4月1日/1998年9月1日/2004年4月1日
【収蔵品発行年月日】2005年5月25日 第6刷発行/2003年4月30日 第10刷発行/2004年4月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円+税/900円+税/1200円+税
【入手困難度】★★☆☆☆/★★☆☆☆/★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~/500円~/2000円~
【鑑定額】500円/500円/1000円
【代替参考書】今井宏「今井の英文法教室」上下(東進ブックス)
【コメント】
スカイパーフェクトTVで1年間だけ放映された代ゼミTVネットのテキストとそれを元にした単行本。
元々はテキストなので、講義で話す分は省略されているはずだが、一応単体で読んでも理解できるレベル。
上述の通り、テキスト2冊と単行本はほぼ同じ内容なのだが、今井師の東進移籍に伴い代々木ライブラリーの本が軒並み絶版になった瞬間から単行本のオークション価格が急騰した。
一方、テキストの方は2冊組ということもあるのか、だいぶ後までブックオフの105円均一で入手可能だった。
現在は東進ブックスからフルカラーの改訂版(代々木ライブラリー版は2色刷)が出されたことで一時の異常価格は収まりつつあるが、よほどの理由がない限り単行本を高値で買う意味はない。
比較しながら読んでいくと、単行本の不可解な誤植に気がついた。
d0133636_041553.jpg
縮小してしまっているので分かりづらいが「はじめに」の3頁目。真ん中に引かれた赤い下線の位置が意味不明である。最初は前の持ち主が引いたのかと思ったが、どうやら印刷のようだ。はてさて、何でこんな所に下線があるのか?




実は前述の通り、単行本は2冊の合本で、この「はじめに」も2冊分をまとめたものなのである。だから該当個所はPart.2の「はじめに」にある。そちらの画像も載せるので比較してみて欲しい。
d0133636_0453754.jpg
当然、2冊をまとめたので「はじめに」の表題と最初の部分は削除されている。そのため3行分本文の位置が上がっているのだが代々木ライブラリーの編集者は旧版のまま印刷してしまい、校正でもチェックされなかったようだ(笑)。手元にあるのが初版第1刷なので分からないが、この後の版では修正されたのだろうか?改訂版は出版社が替わったのでこんなことは無いだろうが。
[PR]
by roudai | 2010-04-13 00:00 | 英語 | Comments(4)
Commented by 塾講師 at 2011-01-05 01:27 x
こんにちは、ブログ楽しく拝見させていただいております。

今井の英文法入門の合本の3刷(2004/7/30)持っていますが、こちらでは「この本の特徴~」の文にアンダーラインがついていますよ。
東進版と代ゼミ版を比べると代ゼミ版は苦手な人向きでやや冗長な記述になっていますね。

Commented by roudai at 2011-01-08 18:13
>塾講師さん
はじめまして。
わざわざご報告いただきありがとうございます。ライブラリーも第2刷以降は訂正したということでしょうね。
東進版はTVネットの講義からだいぶ経ってますし今井師の中でも変化があったのでしょう。
Commented by 塾講師 at 2011-01-10 02:26 x
今井先生は今はパラグラフリーディング(PQRSTメソッド?)を講座で扱っていないようですし、正統派路線を進まれているようですね。代ゼミライブラリーから出ていた3分冊のパラグラフリーディング本はⅢ巻だけポツンと書店の棚に置かれているのをよく見かけます。
Commented by roudai at 2011-01-30 15:29
>塾講師さん
お返事が遅れて済みません。
ライブラリーから出ていた今井師の本は全滅の模様ですが、たまにパラリー本は新刊で見かけますね。コレもやっぱり「土屋の古文講義」のようにⅢだけが高値になるのでしょうか(Amazonはすでに兆候がありますが)。