浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号246 君を救う現代文の盲点65

d0133636_2261033.jpg
【タイトル】君を救う現代文の盲点65
【著者】福田清盛
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】三省堂
【サイズ】B6
【ページ数】220頁
【目次】
序章(必ず読んで下さい)
①接続詞等を利用した文章構造の把握
②指示語問題等を利用した文章構造の把握
③文章構造把握のための難解語の研究
④文章構造把握による傍線部説明明代の解法
⑤漢字と文学史の頻出問題征服
 漢字編
  選択問題
  書き取り問題
   難解語はでるパート1
   難解語はでるパート2
   同音異義語はでる
   なぜかよくでるパート1
   なぜかよくでるパート2
   補強
 文学史編
  基礎問題
  応用問題
【初版発行年月日】1994年8月10日
【収蔵品発行年月日】1996年2月1日 第2刷発行
【収蔵品定価】780円(本体757円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】390円
【代替参考書】
【コメント】
最近三省堂がオンデマンド出版をはじめようとしているせいか三省堂からのアクセスが時折ある。それが理由というわけでもないが、三省堂の絶版参考書の連投(※2010/12/15開始に決定)。

一時期代ゼミが猛烈にプッシュしていたが、いつの間にか十把一絡げの位置に落ち着いてしまった福田師の数少ない著書。
盲点65と謳っているが、何をどう数えて65になるのかよく分からない本。ご本人のHPによるとどうやら夏期講習でやっている内容と全く同じ模様。
福田師自身試験科目に現代文のない慶応出身だし、表2の著者紹介のすぐ下に「生徒からの手紙」と題するヨイショ(しかも東大合格者とはいえ理Ⅱ・笑と早稲田政経・理工)があるのも痛々しく時代遅れ。
序章の指示語問題や接続詞問題で、いきなり胡散臭い説明で煙に巻こうとするのでウンザリする。また「文章全体の構造を考えればこれは正解には出来ません(11頁)」とか書きながら、問題文を部分引用しかせずに、出典も示さず出題校は大学名のみ。電話帳と突き合わせると直近の問題のようだが、せめて出典か学部を書いてくれないと早稲田なんて学部がありすぎていつの問題だか判らない。

出典がないので調査に時間がかかったが、92年の一文の第一問(大岡信「ハイクが俳句に教えてくれる事」)の解説などは姑息な引用をして持論を主張しているが明らかにおかしい。
 ( 1 )構造的には俳句は五、七、五という三つの句から成り立っています。しかしこれら三つの句は機械的に、等価値の重さをもって並んでいるわけではありません。(中略)強いて切れ目を入れるなら、
 ( 2 )「此秋はなんで年よる/雲に鳥」ということになります。しかしこれを実際に二行に分けて書いてみればわかりますが、実に間の抜けた感じのもので、そんなことをするくらいならまだしも三行に分けて書いたほうがいい。[引用者が中略はしたが改行位置は原文ママ]
問( 1 )、( 2 )に入る最も適当な語句をそれぞれ次の語群から選べ
1、いっこうに 2、もちろん 3、その結果 4、と言っても 5 たしかに
6 たかだか
一文と聞けばなるほどの微妙な選択肢だが、これを福田師はこう一刀両断する。
どちらかに、2の「もちろん」、どちらかに5の「たしかに」を選ぶことになります。そこで、どちらに、「もちろん」、「たしかに」を入れるかで悩みますが、この場合、譲歩の部分が一般的に納得されやすいものに「もちろん」を入れるのが普通です。「構造的に俳句は五、七、五という三つの句から成り立っています」はちょっと反論しにくいので、この譲歩構文への導入に「もちろん」の2を入れ、( 2 )に残りの5、「たしかに」を選べばよいでしょう。
本当にそうだろうか?実際に入れて見比べてみよう。
① もちろん構造的には俳句は五、七、五という三つの句から成り立っています。しかしこれら三つの句は機械的に、等価値の重さをもって並んでいるわけではありません。
② たしかに構造的には俳句は五、七、五という三つの句から成り立っています。しかしこれら三つの句は機械的に、等価値の重さをもって並んでいるわけではありません。
①強いて切れ目を入れるなら、たしかに「此秋はなんで年よる/雲に鳥」ということになります。しかしこれを実際に二行に分けて書いてみればわかりますが、実に間の抜けた感じのもので、そんなことをするくらいならまだしも三行に分けて書いたほうがいい。
②強いて切れ目を入れるなら、もちろん「此秋はなんで年よる/雲に鳥」ということになります。しかしこれを実際に二行に分けて書いてみればわかりますが、実に間の抜けた感じのもので、そんなことをするくらいならまだしも三行に分けて書いたほうがいい。
ネイティブの日本人としてどちらがより自然かといえば福田師の主張する①のセットより②のセットの方であろう。( 1 )に関しては「もちろん」「たしかに」のどちらも正しく、違いといっても微妙なものだと思うが、( 2 )に「たしかに」を入れるのはだいぶ据わりが悪い。そもそも「たしかに」は文頭が基本位置で、「もちろん」は文頭でも文中でもかまわないという(なぜか一文の問題文と違いわざわざ(2)の前で福田師は改行している)語法的にもおかしい。
①’ 構造的には俳句は五、七、五という三つの句から成り立っています。しかしこれら三つの句は機械的に、等価値の重さをもって並んでいるわけではありません。
②’ 強いて切れ目を入れるなら、「此秋はなんで年よる/雲に鳥」ということになります。しかしこれを実際に二行に分けて書いてみればわかりますが、実に間の抜けた感じのもので、そんなことをするくらいならまだしも三行に分けて書いたほうがいい。
①’のように( 1 )に何も入れなくても意味は通るが、「譲歩」の前触れが無く「しかし」が出てくるのにやや唐突な感じを受ける。( 2 )は何も入れなくても自然な文で、「たしかに」のような譲歩臭の強い言葉より「もちろん」といった単なる強調の言葉の方がしっくり来ると思う。ちなみに旺文社・学燈社の電話帳の正解(当然「原文」と突き合わせてのものと思われる)も共に(1)「たしかに」(2)「もちろん」だ。
[PR]
by roudai | 2010-09-14 00:00 | 国語 | Comments(8)
Commented by loaded at 2010-10-14 13:39 x
いっつも覗き見ばかりですいません。三省堂のオンデマンド出版の件を発見できたのでとりあえず感謝のコメントを。ところで、三省堂さんは自社の絶版物である中村保男氏・谷田貝常夫氏・加藤恭子氏・芦川進一氏といった方々の本を再版するつもりはないんですかねぇ。出たら即買いするんですけど。できれば浪大さんのこれらの方々の参考書にたいする評価もお聞かせ願えれば…どんなもんでしょうか?
Commented by roudai at 2010-10-14 23:47
>loadedさん
はじめまして。
三省堂のオンデマンドには私も期待しているのですが、全然進捗が聞こえてこないですね。
Commented by roudai at 2010-10-14 23:48
>自社の出版物
オークション価格の高いものばかり並べられましたね(笑)。
谷田貝氏の「現代文要約法」は検索ワード人気が高いのでちゃんとコメントを書かなくてはと倉庫から持ってきているのですがなかなか読み返せないでいて、コレをキッカケに読み返したのですが、やはり高校の先生の本ですね。「要約」について書かれた本が少ないために祭り上げられていますが、新刊当時ほとんど売れなかった(だから現在も流通量が少ない)本ですから、やはりそれなりの内容で、オススメはしません(詳しくは後で記事にまとめます)。「現代文の科学的研究」同様、分類のための分類が先に立ち、実用性に乏しいです。
加藤氏は記事にありますのでそちらをご覧下さい。絶版のようなので記事では触れませんでしたが阪急コミュニケーションズから出ていた「直読英語の技術―こんなふうにやれば、どんどん読める」はほとんど同じ内容です。
伊藤和夫師、高橋善昭師、竹内一誠師などが英語の要約の参考書を出されているので、中村氏の本をわざわざ高値で買う必要はないと思いますね。芦川師の読解も今これだけ読解についての本が出ている中で抜けて良いとは思いません。
Commented by loaded at 2010-10-15 16:43 x
コメントありがとうございます。それと、すみません以前書き込みしたときのハンドルネームを忘れて新しい名前で書き込むという失礼なことをしてしまいました。loaded=エルロイです。これから書き込みするときはloadedにします。重ねてすみません。それで…
学生の頃、中村氏と谷田貝氏の本を立ち読みしたことを何故か覚えていまして、ずっとひっかかっていたんです。中村氏は亡くなられるまで英日・日英翻訳の達人として名を馳せていましたし、谷田貝氏はその盟友(二人とも福田恒存のお弟子さん!!)でしたから。ただ、roudaiさんの評価を聞くと、私の期待が大きすぎたようですね(笑)
それにしても学習参考書を書くというのは難しいことですね。伊藤和夫師を尊敬しつつその訳に注文を出していた柴田耕太郎氏の翻訳トレーニング本や、石原千秋氏の現代文の新書本を読んだときにも感じたことですが。読めるだけでは全然ダメで、どうやって教え込むかというところが勝負になってきますから。
Commented by loaded at 2010-10-15 16:44 x
それともうひとつ。最近、田村秀行師の一般向け新書を読んだのですが、驚くほど読みやすいんです(それこそ、石原千秋さんの書く文章みたいに)。現代文講義の解説の文体は田村師があえて選んでいたのだということが理解できて驚愕しました(田村師の文体はいつもあの解説みたいなものだと思っていたのです)。よくよく考えてみるとあのころの受験生にしてもさすがに問題文に採用されている本を買って読むということは稀でしょうから、現代文の試験問題に「慣れる」ほどには読書量は達していなかったのだと思います。それを見越して田村師はあの文体を採用したのでは、と推測できます。こういったことも考慮すると、やはり田村の現代文講義シリーズの凄さが際立ちますね(もっともroudaiさんはすでにお気づきだったかもしれませんが)。
最後に、加藤恭子さんの本のご紹介どうもありがとうございます。ちょっと調べてみます。
Commented by roudai at 2010-10-17 20:32
>loadedさん
中村氏と谷田貝氏の接点が分からなかったのですが、福田恆存氏のお弟子さんだったのですか。
>田村師
一般新書というのは「漢検」の本でしょうか?偶然にも最近自宅の本の山から発掘して読了後「麒麟も老いては駑馬に劣る」と長嘆息したのですが。田村師の文体についてはご自身の「本音で迫る小論文」(大和書房)に詳しいです。本質的には非常に主観的で「現代文講義」は仮の姿とそこで語られているのを私も再確認しましたが、あまりにも支離滅裂、自己矛盾の固まりで、そういう意味で「石原千秋」的ではありましたね。
Commented by ai at 2015-04-11 20:58 x
こちらで知ったチノポスの土屋博映は今どうなっているのだろうと覗いたら、
見覚えのある名前が有り、この講師でした。沢山動画を出されているようで驚きです。
Commented by roudai at 2015-05-03 08:39
>aiさん
情報ありがとうございます。チノポスはしばらく見ていませんでしたが投稿出来るんですね。「受験サプリ」にイイトコドリされてしまったので頑張って欲しいですが。