浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号255 センター試験現代文[小説]の点数が面白いほどとれる本

d0133636_011637.jpg
【タイトル】新出題傾向対応版センター試験現代文[小説]の点数が面白いほどとれる本
【著者】湯木知史
【肩書】代々木ゼミナール・京進トップΣ講師
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】111頁+問題別冊72頁
【目次】
小説1 北杜夫「幽霊」('90 本試験)
小説2 夏目漱石「道草」('91 本試験)
小説3 山本周五郎「雨あがる」('02 本試験)
小説4 島崎藤村「夜明け前」('97 本試験)
小説5 津島佑子「水辺」('01 本試験)
小説6 遠藤周作「肉親再会」('05 本試験)
小説7 松村栄子「僕はかぐや姫」('06 本試験)
センター試験現代文・語句総覧
「入試現代文[小説]のパラダイム」一覧
「入試現代文[評論]のパラダイム」一覧
【初版発行年月日】2006年9月3日
【収蔵品発行年月日】2006年9月3日 第1刷発行
【収蔵品定価】本体1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】黒目邦治「パワーUP版 センター試験 国語[現代文・小説]の点数が面白いほどとれる本」(中経出版)
【コメント】
共通一次試験以来、必ず小説が1題出題される形式に変化がない割に「センター試験小説」に特化した本が少なく、血迷った受験生が石原千秋の「大学受験のための小説講義」(ちくま新書)などという百害あって一利ないクズ本に手を出さざるを得ない状況が続いている。その中でAmazonの評価が高く入手困難な本書だが、正直な話、これを勧める人間の見識を疑いたくなる欠陥だらけの本である。

現代文の力は「いかに読むか」と「いかに答えるか」と「知識・教養」の3つのベクトルで表されると考えられるが、この本は「現代文SOS」同様「いかに答えるか」100%の本である。
だから、本文の一文一文がどう関連して、なぜそこに注目するのか、どう読み取るか、という点については一切説明がない。いきなり湯木師の要約した本文内容がポンと提示され(勿論その作り方についても何ら説明はない)、読者はそこまで読めているという前提で話が進められる。この本の主要な読者である出来ない生徒は要約を読んで本文が読めたような気になるかもしれないが、いざ自力で問題を解こうとして手も足も出ないことに気付くだろう。

さらにこの本のダメダメなところはほぼ全ての問題を消去法で解こうとしている点だ。
だから解説は全て後ろ向きで自信なさげで頼りない。普通の参考書なら即答法で、本文の「~」が根拠になり答えは・・・という書き方になるところをクドクドと字数稼ぎのように全選択肢について言及する。
そしてココが一番どうしようもないのだが、消去法の説明のクセに何かというと「~が視点と合致しない。したがって明らかに誤りで消去できる」と消去する根拠に関して「明らか」などという先走った言葉を平気で使う無神経さ。正解の選択肢であろうと、全て「明らかな誤りとは言えないので保留する」止まりで、明確に「これが正解」と言い切ろうとしない無責任(ヘタレ)ぶり。
これが早稲田や上智といった微妙な選択肢ならばまだ弁護のしようもあるが、満天下に正解を示すセンター国語でそんな問題は皆無と言っていい。全ての問題においてこうなのだから、講師の説明能力不足と言わざるを得ない。

中でも目を疑ったのは小説6の問2の解説。
 まず①は「人々の困窮を救おうとする心」が視点と合致しない。したがって、明らかに誤りで消去できる。
 次に②は、「古典的な作品を否定し新しい芸術を開拓しようとする心」が視点と合致しない。したがって、明らかに誤りで消去できる。
 ついで、③は「『私』の中に光がひそんでいるという信念を持ち続ける」が視点と合致しない。したがって、明らかに誤りで消去できる。
 さらに、④は「人の魂を激しく揺さぶるような芸術の創造を希求する心」が視点と合致しない。したがって、明らかに誤りとは言えないので保留する。(原文ママ)
 最後に、⑤は、「社会的栄誉を手に入れようとする心」が視点と合致しない。したがって、明らかに誤りで消去できる。以上から④が正解となる。(78~9頁)
大方コピペミス(それだけ手抜きな作り方なワケだが・笑)だろうが、お粗末極まりなく、もう嗤うしかない。そして、この解説(他の解説も大同小異である)を読んでこの本から得るものがあると思えるだろうか?

ご大層に「入試現代文のパラダイム一覧」などと大風呂敷を広げているが、そのパラダイム自体がどうとでも解釈できる玉虫色な内容の上、107頁の一覧ではパラダイムⅢ-ⅱを2連続で載せるという誤植(というか前述の箇所と併せて中経出版の校正がズサン)がある。
ちなみに欠落したパラダイムⅢ-ⅰは17頁が初出で、
パラダイムⅢ-ⅰ(消去法)消去法は正解となる選択肢を積極的に探すのではなく、絶対に解答になり得ない選択肢を消去することにより結果的に正解が残るという消極的な解答方法である。
とご自慢のパラダイム自体がそもそも後ろ向きである。

また「新出題傾向対応版」ということになっているが、出題年度が一切載っておらず(だいたいどこが新出題傾向なのか皆目分からない)、出版から15年以上前の過去問(2008年に漱石の「彼岸過迄」が出題されるのを予想したのなら素晴らしいが・爆)から始まっている意図が不明だ。

これだけ酷い本なのになぜかAmazonのレビューはほぼ絶賛一色で、2年後に出された代替参考書の方は悪評一色なのも謎だ。まぁ、Amazonは石原の本が絶賛レビュー一色になるパラレルワールドなので何が起きても不思議ではないが。
問題が細切れになっていたり、別冊になっていなかったりする欠点はあるものの、代替参考書の方がこんな欠陥本よりまだ使い物になると断言できる。
[PR]
by roudai | 2010-11-16 00:00 | 国語 | Comments(8)
Commented by 桑外 at 2011-01-01 21:54 x
湯木氏を絶賛しているレビュアーはいわゆる「単発レビュアー」ですね。
商品のレビュー数がごく僅かで、評価の大半が絶賛か酷評だけというものです。
要するに自作自演でしょう。
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1AV4V5ZLO9JHY/
このレビュアーは典型的すぎて笑えますよ。
湯木氏の本を絶賛して黒目氏の本を酷評しています(笑)
Commented by roudai at 2011-01-08 17:48
>桑外さん
はじめまして。わざわざ調べていただきありがとうございます。
大方そんなことだろうと思いました。Amazonはベスト1000レビュワーとなっててもトンチンカンなことを書く人が結構いますよね。
一度だけ某書のレビューが気持ち悪かったのでココの記事を元に書いたら、最初軒並み「参考にならない」を押されて凹みましたが、今は五分まで戻したようです。
Commented by 最高のマゼンベ at 2011-03-12 14:07 x
昔この本で勉強してスッキリしない気持ちになりつつも過去問だからまあいいやとか思ってた自分が恥ずかしいですwww
Commented by roudai at 2011-03-15 20:22
>最高のマゼンベさん
はじめまして。
答はコレだ!と断言しきれないケースは稀にはありますが、コレは徹頭徹尾後ろ向きですから。モヤモヤの原因がスッキリして良かったですね。
Commented by at 2011-06-17 18:18 x
ベクトルは向きと大きさを持ちますから、あなたの表現はおかしいですよ。現代文の参考書を批評するだけの説得力がありません。
Commented by roudai at 2011-06-18 20:53
>あさま
ベクトルが「向き」と「大きさ」を持つことは当然存じています。
「現代文の3つの力」をベクトルで表すとなぜおかしいのでしょうか?
貴方のiphoneで打つのは大変でしょうから、PCからお越し下さい。
Commented by まるぽね at 2013-12-12 04:14 x
こういうレビュー見るのも面白いですね
Commented at 2013-12-29 20:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。