人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号257 7つのキーワードで現代文が解ける

d0133636_1323098.jpg
【タイトル】大学入試合格ナビゲーション 7つのキーワードで現代文が解ける
【著者】小鹿良太
【肩書】栄光ゼミナール講師
【出版社】文英堂
【サイズ】A5
【ページ数】157頁+別冊解答48頁
【目次】
●はじめに
1 抽象 がわからなければ現代文は読めない!
2 概念 「考え」という考え方
3 「客観」へのあくなきこだわり 主観と客観
4 いつも斬られ役の 合理性
5 現代文がひそかに敵にしている 近代
6 今一番問題になっている 自我(私)
7 入試現代文お得意の 逆接
●おわりに
【初版発行年月日】1997年10月10日
【収蔵品発行年月日】2000年 第3刷発行
【収蔵品定価】本体800円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】800円
【代替参考書】森永茂「入試現代文読解と正解のルール」(学研)
【コメント】
栄光ゼミナール高等部(navio)ではなく、栄光ゼミナールの講師による大学受験参考書。大学受験参考書は本書のみで、現役なのは全て高校受験用参考書。
タイプとしては代替参考書と同様の「知識・教養」系の本であり、1冊でたった7つのキーワードしか言及していないので、いわゆる「現代文単語集」を読む前段階の内容。現実問題としてこの7つのキーワードを自分の言葉でキチンと説明できる受験生というのはあまり多くないはずで、ある程度現代文に自信がある生徒でも読んで得るところがあるだろう。収録されている例題はやや解説に都合の良い問題を選びすぎているきらいはあるが、1文につき1問という形式のためポイントが絞られて解きやすくなっている。
もっとも、私大型の選択肢問題の解説は理系出身らしく理屈っぽくクドいほどで良いのだが、記述式の解答で馬脚を現してしまったのはご愛敬。
[例題2](1994年同志社大学文学部①)
●次の文章を読んで、後の問いに答えよ。
 もっとも、平面上に三次元を表現するためには、奥行の描写は当然と考えられるかもしれない。しかし問題は、なぜこれが可能となったかにある。奥行を描くには、何よりもまず人間が空間に対して優位に立ち、それを克服すべく向かってゆくという態度が根底になければならない。それは、人間が、自然を客観的に、つまり自己から切り離してきびしく観察し、その構造の秘密をくまなく解明しようとする合理的な世界観を前提とするのである。そしてこのような世界観は、いうまでもなく、西欧近代を特徴づけるもっとも基本的なものにほかならない。自然に対する合理的な意識が希薄であった古代エジプト絵画や中世キリスト教絵画では、奥行の描写がほとんど無視されていたのに対して、近代絵画では「空間」が最大のテーマとなったという事実は、それを明瞭に証拠立てている。またこの近代の空間表現の基礎をなしたルネサンスの遠近法が、きわめて論理的、科学的な法則性にもとづく体系であったことも、自然に対するこのような人間のかかわり方から見て、必然的であったと言えるだろう。(乾由明『眼の論理』)
(七)傍線について、「近代絵画では『空間』が最大のテーマとなった」のはなぜか、説明せよ(句読点とも四十字以内)
途中の本文の用語の説明、要約まではよいのだが、最後の着地にケアレスミスがある。
 設問には「近代絵画では…」とあるので、なぜ「近代」ではそうなるのかを答えなければならない。そこで「近代」の「世界観」がいかに「空間」を対象として浮き彫りにするものであったのかを、その「世界観」の特徴から説明していく。すると、次のようになる。
 「近代絵画は、人間が自然を客観的に観察するような合理的な世界観に立っていたから。」(三十七字)
 「『空間』が最大のテーマ」となる理由は、「人間が自然を客観的に観察」しているからなのである。もしも、「自然」と「人間」を融合させるような「世界観」だと、「空間」が「空間」として対象化(=客観化)されることはない。(103頁6~13行目・赤字は原文ママ)
句読点を数え忘れている(本当は三十九字・笑)のを取り上げているのではなく、答えの形が微妙にまずいのである。
筆者の解答を問題に戻してみると、
「近代絵画は、人間が自然を客観的に観察するような合理的な世界観に立っていたから」近代絵画では『空間』が最大のテーマとなった。
となる。
絵画自体がそのような世界観だから「空間」がテーマになる、というのは同じことの繰り返しで因果関係ではない。筆者の解答は、既に「合理的な世界観」が存在していて、それに基づいて「空間」をテーマにしていることになるが、むしろ逆に、そういった「合理的な世界観」を構築するために「空間」をテーマとして観察して描き出そうとしている(そういう意識がないから古代や中世の絵画は空間の描写がない)という方が論旨に沿っている。よって答えを書くならこんな形になるだろう。
【解答例】西欧近代の画家が、自然に対して客観的かつ合理的な態度をとるようになったから。(三十八字)
これならば、
「西欧近代の画家が、自然に対して客観的かつ合理的な態度をとるようになったから」近代絵画では『空間』が最大のテーマとなった。
と戻しても因果関係がハッキリしている。古代・中世の画家はそういった意識が無く、近代になって生じたことを示すため「~になった」で時間の推移を表現している。
ちなみに旺文社の電話帳の解答例は、
【解答例】西欧近代人は空間に対して優位に立ち、それを合理的に解明しようとしたから。(三十六字)
と本文中の表現をなるべくそのまま使おうとした「私大型」の解答になっているが、こちらも解明の手段として「空間」を扱っている点では館長の解答例と同様である。

このように駿台(or 出口)型(「○○」があるから「~点」式)の採点だとどちらも同じように見えてしまうが、表している内容は真逆というケースは結構ある。出来ない生徒の自己採点ではなかなかそこまで思い至らないので、信頼の置ける人間に採点してもらわないといつまで経っても記述式の点数は伸びない。

閑話休題。解答ミスを取り上げたため悪印象を持っているように思われてしまうかもしれないが、この点を除けば、現代文に自信がない生徒向けの良い入門書だと思う。若干入手困難だが、目次に挙げた7つのキーワードを大きめの国語辞典で調べてみるだけでも違ってくるはずだ。
by roudai | 2010-11-30 00:00 | 国語 | Comments(0)