人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号260 本音で迫る文学史

d0133636_227848.jpg
【タイトル】田村の[本音で迫る文学史]
【著者】田村秀行
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】198頁
【目次】
はしがき
Ⅰ 日本近代文学史の流れ
 第一章 日本近代文学の幕開け
 第二章 写実主義と浪漫主義
 第三章 明治二十年前後
 第四章 紅露時代
 第五章 言文一致運動
 第六章 『文学界』と前期浪漫主義
 第七章 新体詩の導入
 第八章 『明星』と後期浪漫主義
 第九章 俳句・短歌の革新
 第十章 象徴詩
 第十一章 社会派の文学
 第十二章 自然を描いた文学
 第十三章 明治四十年前後
 第十四章 自然主義
 第十五章 自然主義の作家たち
 第十六章 反自然主義
 第十七章 夏目漱石
 第十八章 森鴎外
 第十九章 耽美派
 第二十章 理知主義―新思潮派
 第二十一章 人道主義―白樺派
 第二十二章 私小説
 第二十三章 戯曲
 第二十四章 口語自由詩の成立
 第二十五章 短歌・俳句のその後
 第二十六章 関東大震災
 第二十七章 新感覚派
 第二十八章 新心理主義
 第二十九章 近代詩の発展
 第三十章 プロレタリア文学
 第三十一章 文芸復興
 第三十二章 戦時下の文学
 第三十三章 戦後文学の出発
 第三十四章 無頼派
 第三十五章 戦後派
 第三十六章 第三の新人たち以降
Ⅱ 個別の文学
 第一章 明治初期の文学
 第二章 歌人たち
 第三章 小泉八雲
 第四章 泉鏡花
 第五章 柳田国男
 第六章 佐藤春夫
 第七章 宮沢賢治
 第八章 大衆文学者たち
 第九章 新興芸術派
 第十章 梶井基次郎
 第十一章 転向文学者たち
 第十二章 三島由紀夫
Ⅲ 余話
 第一章 「文学」と「文芸」
 第二章 日本近代文学の堅苦しさ
 第三章 「純文学」と「大衆文学」
 第四章 江戸文学の名残
 第五章 言文一致運動の帰結
 第六章 正岡子規の性質
 第七章 短歌と俳句の違い
 第八章 鴎外・漱石・荷風の帰朝後の態度
 第九章 森鴎外の遺書
 第十章 作家たちの演技
 第十一章 中原中也と小林秀雄
 第十二章 『女人藝術』
 第十三章 自殺文学者たち
 第十四章 第二芸術論
「本書に出てくる作品年表」
【初版発行年月日】1995年9月1日
【収蔵品発行年月日】1996年8月15日 第2刷発行
【収蔵品定価】1200円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】600円
【代替参考書】土屋博映「土屋の試験に出る文学史」(ライオン社)
【コメント】
「文学史」とあるが、目次の内容を見れば分かるように昭和半ばまでの「日本近代文学史」。

読んだこともない本の羅列になりがちな「文学史」を、時系列に沿って互いの関連を押さえつつ読みやすくまとめている希有な本。ひとえに田村師が国文学畑の人ではなく哲学科出身ということもあるだろう。

いささかプロレタリア文学の評価が高すぎる点や戦時下真っ暗史観に辟易する点もあるが、本文中にレベルの高いことを埋め込みながら、各章の最後に「本章でかならず覚えること」という形で受験における必要最低レベルの内容を再確認してくれる点は受験生のレベルを知り尽くしているからこその老婆心の現れだろう。

Ⅲの余話は田村師の主観を前面に出したため受験レベルを逸脱した話も多く、受験にすぐ役に立つわけではないが、知っておくと理解が深まる興味深い話が多い。正岡子規の性質についての暴露(山本夏彦翁の読者から見ればこれでも全然"甘い"と思うが)など、教科書しか読んでいない生徒がビックリするような内容もある。正直、鴎外や荷風も子規以上に人格に問題を抱えた人間だっただけにその辺もキチンと書いて欲しかった。その辺を詳しく知りたい方には夏彦翁の「完本・文語文」(文春文庫)をオススメしておく。
by roudai | 2010-12-21 00:00 | 国語 | Comments(2)
Commented by shin at 2011-01-02 13:53 x
面参シリーズ、田村というと小論文の本も面白かったですね。
この本で小論文受験を諦めました...
小論文関係ではこの本が内容ダントツではないでしょうか?

この文学史の本でも田村師の現代文の生講義の中で
”雑談”として小説の問題をやる際話していましたね。
Commented by roudai at 2011-01-08 17:58
>shinさん
小論文のレビューもだいぶ前にしています。絶版なのは惜しいですね。
アレを読むのと読まないとでは、真面目な生徒ほど土台が全然違ってくるのですが。