浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号262 英語ウカる勉強法ダメな勉強法

d0133636_14584019.jpg
【タイトル】予備校講師が教える英語ウカる勉強法ダメな勉強法
【著者】山田弘
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】A5
【ページ数】191頁
【目次】
だから君は合格できないのだ
★1章★勉強のできない生徒はひと目でわかる
<第1講>できない生徒はネアンデルタール人!?
<第2講>「それだけで足りますか」と聞くバカな生徒
<第3講>文法書なんか読むのはやめなさい
<第4講>「10年に1回しか出ない問題」はやるな
<第5講>「よい辞書」と「悪い辞書」があると思っている
<第6講>辞書は薄い方がよい
<第7講>英英辞典は使うな
<第8講>補充問題は不要です
<第9講>間違いをおぼえても大学には受かる
<第10講>「間違ったっていいさ」と大胆になれ
<第11講>中学レベルでも結構、英語の日記を書け
<第12講>解答なんか気にするな
<第13講>設問をやらなければ心配なキミ
<第14講>答えを確かめに来るな
<第15講>英作文の添削は時間の無駄
<第16講>山田式英作文勉強法
<第17講>模試の見直しはやめなさい
<第18講>0.5ミリのシャープペンは捨てなさい
<第19講>ノートはきたなく書け、消しゴムは使うな
<第20講>余計な筆記具を使うな
<第21講>授業中は辞書を引くな
<第22講>英語の授業中に日本語を写すな
<第23講>英文をノートに写すな
<第24講>ノートは無駄に使え、ケチるな
★2章★バカな勉強法はやめなさい
<第25講>英文解釈の訳だけは作っていけ
<第26講>「どこまで意訳するか」でクヨクヨするな
<第27講>けじめをつけるのをやめなさい
<第28講>出題傾向を気にするな
<第29講>文法用語をおぼえるな
<第30講>エッチな例文に腹を立てるな
<第31講>できない生徒ほど「勉強は武士道だ」と思っている
<第32講>受験勉強こそ本当の学問だ
<第33講>知性があると人生観が違ってくる
<第34講>授業に専念せよ、それだけで十分だ
<第35講>予備校には最後まで通え
<第36講>テキストは2冊作れ、1冊は復習用だ
<第37講>素直になれ!「革命」を起こせ!
<第38講>「サブノート」なんか作るな
★3章★「超」苦手な英語からの脱出法
<第39講>サブノートはいらないが薄いノートは作れ
<第40講>テキストに出てきた単語は単語帳に書け
<第41講>単語の暗記は力になる
<第42講>1回でおぼえようなんて思うな
<第43講>山田式英単語記憶術①
<第44講>山田式英単語記憶術②・三段方式
<第45講>「革命的」三段方式の表
<第46講>できる子は見ておぼえろ、できない子は書いておぼえろ
<第47講>熟語の構造を分析せよ
<第48講>熟語の暗記法
<第49講>「しつこい」勉強をするのができる子
<第50講>語呂合わせをバカにするな
<第51講>英語の発音と日本語の発音の違いを知れ
<第52講>発音記号を学べ
<第53講>訳す時は「2段階の作業」をしろ
<第54講>どう訳すか、実践篇
<第55講>熟語の中の<人>と<物>の関係を知れ
<第56講>If you will…….例外も知れ
<第57講>理屈通りに作業せよ
<第58講>英文法は「文科系の数学です」
<第59講>英作文をちゃんと教えられるのは山田尊師だけ!?
★4章★「超」苦手な英語からの脱出法
<第60講>英作文実践篇・やさしい言い方を考えてみろ
<第61講>英作文は大胆に、減点を恐れるな
<第62講>穴埋問題はパターンで答えろ
<第63講>会話なんかできなくていい
<第64講>250ぐらいの例文は暗記せよ
<第65講>5文系の基本・中学生用の参考書でチェックせよ
<第66講>go to とlaught at(文型を考える)
<第67講>第Ⅱ文型と第Ⅴ文型の関係を考える
<第68講>前置詞で終わる文はふつうない
<第69講>変化・状態・進行・完了はしっかり頭に入れろ
<第70講>感情動詞(1)・「彼は驚いている」と書きなさい
<第71講>感情動詞(2)・英語は論理的なものです
<第72講>準動詞というものをやさしく考える
<第73講>laugh atは「ブルーベリー他動詞」
<第74講>英文はパンチパーマにして読め
<第75講>節の分析・英文は図解して読む
★5章★君でも大学くらい入れる
<第76講>できの悪い人の脳は凍結している
<第77講>君が「ナンかヘンだな」と思ったときの解答が正しい
<第78講>できのいい教師はできない生徒に嫌われる
<第79講>魅力的な女性講師たち
<第80講>失われた人生の理想を再発見しよう
<第81講>下ネタは役に立つ、もっと頭を柔らかくしろ
<第82講>「今度はやるぞ」などとでかいことを考えるな
<第83講>楽な計画を立てろ
<第84講>英字新聞を読むな
<第85講>授業前に単語をおぼえて行け
<第86講>スピードアップせよ、「のろま」じゃだめだ
<第87講>君でも大学くらい入れる
<第88講>大学に入ったら、勉強しなさいよ
【初版発行年月日】1997年8月1日
【収蔵品発行年月日】1997年8月1日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円+税
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】1200円
【代替参考書】山田弘「センター英語で大逆転できる本〈2011年版〉」(エール出版社)
【コメント】
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

冬コミに落ちるというのはこんなにも空しいものなのか、と思う年末でした。
申込書は通販で取り寄せるので、夏の申し込みはします。

新春恒例のSP第1弾は、Amazon絶賛品切れ中の幻の1冊。中身を知りたい人のために、気合を入れて全ての見出しを掲げました。英語の成績が伸び悩んでいる人は一語一句熟読玩味して下さい。
中身は見出しを上回る罵倒三昧。でも、胸に手を当てると「確かに言われる通りだなぁ」と納得してしまう内容。以下の引用に反発するような程度の低い人はそのままで結構。
 できない生徒の最大の特徴は勉強法が全く間違っているということです。
 そして、その間違い方たるや、単なる技術的な問題ではなく、人生観そのものが全然間違っている、としか考えようのないものなのです。
 受験生というのはネアンデルタール人みたいなものだと僕は承知しています。
 ネアンデルタール人は呪術を重んじ、狩猟でよい獲物が手に入らないと、動物の絵を描いたり捧げ物をしたりすれば状況が改善されると信じていました。つまり迷信の世界に生きていたのです。
 愚かな受験生もそれと同じで、勉強の方法が迷信なのです。
 長時間勉強する割には成績が全然伸びない子がいます。
 そういう子は必ず勉強の方法がまるっきり間違っているのです。
 本書の後の方で細かく解説しますが、「授業中に辞書なんか引くな」と言っても、「赤鉛筆なんか使うな」と言っても、「でもやっぱり、今までせっかくこういうやり方でやって来たのだから」と考えて忠告を受け付けないのです。今までのやり方で成績、全然上がらなかったでしょう。そしたら、そのやり方が悪いに決まっているのです。
 「でもやっぱり」ができない子の口癖です。失うものなんか何もないというのに。(8~9頁)

 僕は授業中に「授業でやりきれなかった所をプリントにして配ろうかと思いますが、欲しい人は手を挙げて下さい」と言ったことがあります。
 全員が手を挙げました。そこで僕は言いました。
 「では配らないことにします。―馬ッ鹿野郎。乞食みたいにタダでもらえるのならなんでももらおうなんて卑しい考え起こすんじゃねえや。プリントもらったってどうせ読みもしねえんじゃねえか。俺は最初からプリントなんか配る気は全然なかったんだけど、おめえらからかってみようと思ってちょっと言ってみただけだよ」
 馬鹿はプリントをもらうのが大好きです。(23頁)

 あのねえ、諸君。間違ったことをおぼえるのは何もおぼえないよりはマシなのですよ。
 全然分からなかったら0点、間違っておぼえていても0点です。しかも、間違っておぼえていたら、いずれ気がついてなおしてゆくことができますが、おぼえていなかったら進歩はないのです。
 間違ったことをおぼえてもマイナスではないのです。大胆に勉強して下さい。(28頁)

 いいかい。偏差値50のカワウソにも劣る君なんだよ。もうこれ以上悪くなることなんかないんだから、ためしに僕の言ったとおりにしてごらん。
 いままで、僕の忠告に従って、0.9の2Bに変えた子はみんな、「先生のおかげで字が早く書けるようになってよかった」と感謝しています。
 もっとも、事務室に行って、「山田先生は強圧的に0.5ミリのシャープを使うなと言いますが、そんなことまで干渉されないといけないんですか」と苦情を言った子がいるということです。
 あのなあ、カワウソのくせに基本的人権を振りかざすなよ。
 君はこのままではまともな大学に入れることはあり得ないんだぜ。それを、せっかく親心で勉強のやり方を教えてやろうというのに、「干渉するな」とは何事だ。おめえって人に嫌われるタイプだよな。(42~43頁)

 賢い子だってそうやっておぼえているのに、ゴミたいな諸君が、脳味噌のかわりにぬか味噌がつまっている諸君が、どうして1回やっておぼえられなかったからといって、ヒステリーを起こすのでしょうか。身の程を知りなさい。
 もう18年も19年も生きているのだから、自分が馬鹿だということくらいは察しが付いているのではありませんか。素直になって下さい。(95頁)
以上のようにこの本は徹頭徹尾英語を勉強する際の姿勢を問うていて、細かい文法知識についてはほとんど書かれていない。中途半端な生徒が成績を上げるにはこれらのキツ目の諫言を素直に聞く心が一番大事なのだ。
なお、この本の眼目の1つである「山田式英単語記憶術」の「三段方式」についてはこの本の10年後に書かれた代替参考書の④にほぼそのままの形で引き継がれているので、興味のある方はそちらをご覧あれ。
タイトルに「センター英語」と入っているが、センター英語については後ろの方で少し触れているだけで、文法中心に「山田英語」の美味しいところがまとめられている。
ちなみに現在の山田師は家庭教師業を行っているそうだ。この口調で罵倒されたい生徒は申し込んでみてはどうだろう。肝心の料金体系はこちら

ただ、館長は以下の一節には全く同意できない。アイドル好きで名高い山田師の審美眼はどうなっているのだろうか。
 お美しい、魅力的な女性講師といえば東進の古文の荻野文子先生、駿台の古文の高橋いづみ先生、代ゼミの生物のN.O.先生でしょう。
 荻野先生とは面識はありません。テレビで授業風景を拝見しただけです。お美しいばかりでなく、話のなさり方が落ち着いていらっしゃって「これは素晴らしい授業をなさる方だ」と感動しました。
 高橋いづみ先生とは10年以上前に駿台の講師室で時々一緒になることがありました。ある時二人きりになってしまい、僕は胸がいっぱいになって下を向いていました。すると先生の方からやさしくお声をかけて下さったのです。「この方のためになら死んでもいい」と僕は思いました。お美しいのに本当に気さくな方でした。
 N.O.先生とは2年間、講師室で毎週1回お目にかかっていました。
 思えば恐ろしいことをしたと悔やまれるのですが、僕はいつもセクハラばかりしていました。でも、先生はお笑いになって許して下さったのです。(172頁)
ちなみに1人だけイニシャル表記の「N.O.先生」とは大川尚美師のこと(次の174頁にはなぜか名前が書かれている)。

[追記]
1990年の代ゼミ札幌校「大学受験科・単科ゼミガイド」は予備校バブル絶頂期らしくA4サイズ(現在のパンフは全てA5サイズ)フルカラー148頁の上、英数国の中心講師14名にそれぞれ1頁分ずつメッセージを書かせるという豪華版。その中に若かりし頃の山田師のメッセージもある。
d0133636_21425819.jpg

by roudai | 2011-01-01 00:00 | 英語 | Comments(8)
Commented by ひま人 at 2011-01-05 14:29 x
しょうがないですよ。この業界女性講師は男に輪をかけて
いろもんばっかりですから。

前者2人はアイドルチックな女性講師。
生物の人は気さくでややきれいな女性講師。

生物の人はそう趣味が悪いとは思えないけど。
ただ既婚者なんですよね。山田せんせーその点についても
書かれていました。
Commented by roudai at 2011-01-08 18:18
>ひま人さん
はじめまして。
私の現役時代のパンフを見ても女性講師自体が希少な時代でしたから多少採点が甘くなるのは仕方ないのでしょうけど、アイドル好きを公言している山田師がこれほどまでに手放しで褒めてしまうと古文のお二方を知らない人が勘違いしてしまう可能性がありそうで(特に前者のアノ写真を見たことない人は)。最後の部分から推測するにひま人さんもこの本をお持ちなんですね。
Commented at 2011-03-20 02:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2011-03-24 21:36
>鍵さま
ご連絡先等が無かったのでコメントにて。
お申し出は大変有り難いのですが、そのような形を取らないために「図書館」ではなく「博物館」を自称しています。
都内ご在住とのことですが、他に書きましたように4/17にサンクリに出展しますので、ご来場いただければその際に多少サービス出来るかと思います。
Commented by tabitetu at 2012-05-18 19:41 x
そういえば、札幌校のパンフは英語の山田師、宇佐見師、桐越師、数学は木須師、矢木師など東京では考えられないくらい壮大に扱われていましたね。ビックリしたことがあります。
Commented by roudai at 2012-05-21 00:30
>tabitetuさん
もしかして同じパンフを見てませんか(笑)?吉沢師の半袖雪中行進写真とか貴重ですよね。今も現役なのは(河合に移籍していますが)宇佐美師だけですか。桐越師・小堺師とも鬼籍に入られたようですし。
Commented by tabitetu at 2015-08-21 18:08 x
大川尚美師は2014年2月に鬼籍に入ったと親族が言っています。ご冥福をお祈りします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10146623570
Commented by roudai at 2015-08-22 19:08
>tabitetuさん
情報ありがとうございます。予備校講師というのは発散するエネルギーの量が多いのか早く亡くなる印象がありますね。河合のMのようになかなかくたばらないのも居ますが。