浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:44
>1983さん 198..
by roudai at 21:35
>Passers-byさ..
by roudai at 21:24
>1983さん さすが..
by roudai at 21:09
シリーズの9が裏表紙の広..
by 1983 at 17:29
なぜか「無機化合物vo1..
by 1983 at 17:23
「激レアさんを連れてきた..
by 1983 at 17:18
年末恒例の冬コミの結果は..
by m at 07:35
先日は久しぶりにお会いで..
by 落札し損なった男 at 02:33
今日は午前中に「代々木ゼ..
by M at 21:35
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号265 現代文読解の要点

d0133636_13591738.jpg
【タイトル】基礎から説く現代文読解の要点
【著者】藤田修一
【肩書】
【出版社】駿台文庫
【サイズ】A5
【ページ数】235頁
【目次】
はしがき
第一章 現代文読解の基礎
 焦点1 指示語の対象をつかむ
 焦点2 接続語は文章の羅針盤
 焦点3 現代は隠喩の時代
 焦点4 言語の感覚をみがく
 焦点5 イイタイコトは繰り返される
 焦点6 対立概念をつかむ
 焦点7 論の変化に気をつける
 焦点8 論と例とはグリコとオマケ
 焦点9 段落は文章の区切り
 焦点10 要旨に始まり要旨に終わる
第二章 現代文読解の応用
 焦点11 論説文の読み方
 焦点12 小説の読み方
 焦点13 詩の読み方
 焦点14 短歌の読み方
 焦点15 俳句の読み方
 焦点16 選択式テストの解き方
 焦点17 記述・論述式テストの解き方
第三章 現代文読解演習
 演習1 例題「読書について」 ショウペンハウエル
 演習2 例題「惜しみなく愛は奪う」 有島武郎
 演習3 例題「消費社会の人間学」 山崎正和
 演習4 例題「随筆集 一房の葡萄」の後記 小川国夫
 演習5 例題「夢幻ということ」 橘英哲
 演習6 例題「朝顔」 志賀直哉
 演習7 例題「詩の作法」 山本太郎
 演習8 例題「楡家の人びと」 北杜夫
 演習9 例題「沈黙の世界」 ピカート
 演習10 例題「思索の風景」 栗田勇
 演習11 例題「田舎教師」 田山花袋
 演習12 例題「夢のように」 福永武彦 
【初版発行年月日】1988年10月25日
【収蔵品発行年月日】1993年4月30日 初版第5刷発行
【収蔵品定価】1030円(本体1000円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】「現代文演習 入門篇」(駿台文庫)
【コメント】
駿台レクチャー叢書最初期のため、伊藤和夫「ビジュアル英文解釈」同様、駿台文庫では数少ないハードカバーで出された参考書。紫色のカバーの版も存在するようだが未見。

駿台国語科のドンだった藤田修一師だが、早い時期に手の内を明かしてしまったこともあって、代ゼミ生や河合塾生からは侮蔑の対象でしかなかなく、「イイタイコト」というのは格好のネタであった。一時期は駿台文庫で隆盛を誇ったものの、現在は「現代文演習(入門・基礎・中級・上級篇)」と「必修漢字1200選」「必修漢字800選」を残すだけで、本書も気がつくと「消えた参考書」の仲間入りをしており、ノスタルジーもあってか高値を呼んでいる。

堀木門下の一人として歯牙にもかけていなかった本なので、久方ぶりにひっくり返してみたが、早々にズッコケさせてくれる。
2 対象があとにある場合
|例文三|
指示対象を追いながら読んでいきましょう。
 私は戦きながら、然し、惚れ惚れとその美しさに見とれていたのだ。私は考える必要がなかった。そこには美しいものがあるばかりで、人間がなかったからだ。実際、泥棒すらもいなかった。近頃の東京は暗いというが、戦争中は真の闇で、そのくせどんな深夜でもオイハギなどの心配はなく、暗闇の深夜を歩き、戸締なしで眠っていたのだ。戦争中の日本は嘘のような理想郷で、ただ虚しい美しさが咲きあふれていた。それは人間の真実の美しさではない。そしてもし我々が考えることを忘れるなら、これほど気楽なそして壮観な見世物はないだろう。たとえ爆弾の絶えざる恐怖があるにしても、考えることがない限り、人は常に気楽であり、ただ惚れ惚れと見とれておれば良かったのだ。私は一人の馬鹿であった。最も無邪気に戦争と遊び戯れていた。(「堕落論」坂口安吾)(本書・12頁)
さて、「その美しさ」の「その」とは何を指すのか、ちょっと考えていただきたい。



なぜ館長がズッコケたのかというと、この程度の例文で藤田師がシッチャカメッチャカな御託を並べているからである。
 「その美しさ」の「その」の対象はその前にはないですね。だから、あとにあるはずだけれど、なかなか発見しにくいでしょう。「その美しさ」を含む文の次の文に「そこには美しいものがあるばかりで……」とあります。この「そこ」の示すものと「その」の対象は同じなのです。さらにその次の次の文に「近頃の東京は……。」という文があります。ここに「戦争中は真の闇で」であるでしょう。これを見ると、「そこ」とは「戦争中の東京」を指すらしいとわかるでしょう。
 「美しさ」とは「どんな深夜でもオイハギなどの心配はなく、暗闇の深夜を歩き、戸締なしで眠っていた」をいうのだということもつかめるでしょう。
 次の一文に「戦争中の日本は嘘のような理想郷で、ただ虚しい美しさが咲きあふれていた。」があって、「その」や「そこ」の対象は「戦争中の日本」を指すようでもあります。しかし、指示語に近い方は「日本」よりも「東京」なので、それら指示語の対象は
 ○戦争中の東京
とした方がよりよいわけです。

【喋々クラス】
F先生:ちょっとややこしくなったな。
Nさん:指示語の対象が前にないことはわかりますが、「戦争中の東京」か「戦争中の日本」かはわかりにくいですね。
F先生:いい点に注目したね。たしかに「東京」か「日本」かは微妙なところだね。「戦争中の東京」を拡大したものが「戦争中の日本」なので、どちらも指すことにはなるね。しかし、一つを選ぶなら近いほうを取ったほうが安全ではある。「戦争中の日本」と答えても×にはならないがね。(14~15頁)
嗚呼!デキない生徒というのは、この程度のペテンにも簡単にダマされてしまうのか、と暗然たる気持ちになる。

どこがペテンなのか?と言えば

安吾は本文中に「戦争中の東京」なる言葉を一回たりとも用いていない、ということだ。

あくまで安吾は「近頃(終戦直後)の東京は暗い」と例示しただけで、戦時中の東京については全く触れていない。なのに勝手に「戦時中の東京」なる言葉を行きあたりバッタリにデッチ上げて、それを「指示語に近いから」という牽強付会としか思えない理由で正解だと主張している。それでいて直後の言い訳コーナーで「『戦争中の日本』と答えても×にはならないがね。」などと嘯いている。
「戦争中の日本は嘘のような理想郷で、ただ虚しい美しさが咲きあふれていた。」と安吾が書いている以上、「その美しさ」とは「『戦争中の日本』の美しさ」しかありえないだろう。
伊藤和夫師の「ホームルーム」を形だけ真似ながら、その志は全く受け継いでいない猿真似である。

全体を見ても、例文が文学的な文章(しかも小説のサンプルがプロレタリア文学!)ばかりで入試に出そうもないものばかり。絶版は当然の措置だし、こんな講義でよく駿台生は満足できたものだ、と心からご同情申し上げる。
[PR]
by roudai | 2011-01-04 00:00 | 国語 | Comments(5)
Commented at 2011-02-02 00:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2011-02-02 06:40
>鍵さま
はじめまして。
なかなか痛いところを突かれてしまいました(笑)。
まさに仰る通りで、あまり私が評価していない本も代替参考書に挙げているケースがあります。基本的に本文で貶しているものの代替参考書で同著者(同出版社)の場合はこのケースになります。今回はまさにそれですが、そうでないケースは本文中で代替参考書との上下関係を書いていると思います(抜けているものもあるかも知れませんが)。
基本的に高評価の本はその本自体は入手困難でも同趣旨の入手可能本をなるべく載せるようにしています。
これからも建設的なご意見をよろしくお願いいたします。
Commented at 2011-02-03 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabitetu at 2015-09-25 10:21 x
やはり、藤田修一の現代文シリーズはPDF化する価値が無さそうですね。現役時代、「イイタイコト」が何を指しているのかサッパリ解らなかった。そうなると、田村師、出口師、酒井師、堀木師の保存が価値あるかな?
Commented by roudai at 2015-09-27 20:15
>tabitetuさん
藤田本を後生に遺す価値があるかというと個人的には?ですね。
田村・堀木・酒井だけじゃないですか、遺す価値があるのは(酒井は思想的に微妙ですが)。