浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号268 土屋の古文講義3

d0133636_1491938.jpg
【タイトル】土屋の古文講義3[応用篇]
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】A5
【ページ数】173頁+別冊21頁
【目次】
第一講 和泉式部日記「かくて、二三日おともせさせたまはず。」
第二講 健御前日記「十二になりし年、后立ちあるべしとて」
第三講 俊頼髄脳「重之 雪ふればあしげに見ゆるいこま山」
第四講 ひとりね「卯吉がこの秋の発句に、」
第五講 源氏物語「上は御心の中に、思しめぐらすこと多かれど、」
第六講 難後拾遺「みちのくに白河の関こえ侍りけるに」
第七講 栄花物語「『おはしましし折、人よりけにめでたき有様を」
第八講 無名抄「秋の夕暮れの空の気色は、色もなく、声もなし。」
【初版発行年月日】1988年4月25日
【収蔵品発行年月日】1995年9月10日 第16刷発行
【収蔵品定価】1010円(本体981円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1500円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】土屋博映「土屋の古文講義2[錬成篇]」(代々木ライブラリー)
【コメント】
田村師の「新・現代文講義3」同様、ある日突然絶版になって古書価が急騰した一冊。まさに「いつまでもあると思うな親と金と参考書」である。現代文の場合は著作権の問題が絡んだりするので一概に出版社側の都合とは限らないが、著作権切れの題材しか扱っていない古文で絶版になるというのは純粋にライブラリーの都合(売れ行きが良くない、ちょうど品切れになったetc.)なのだろう。
今年の代ゼミの大晦日・元旦特訓合宿では土屋師が出講しながら〆切にならなかった(受講者自体が少なかったのだろうが)という、予備校バブル期に浪人生活を送った者としては信じられない事態になっていた。
今から20年以上も前に書かれた本なので、本文が解説で問題文が別冊という当時としては革命的な構成も色あせ、本文が一色刷という点も近頃の受験生に受け入れられなかったのだろう。
解説中で出題校について言及しているのが第三講だけ(早稲田・教育/政経)だが、おそらく第五講は東大、第八講は京大の過去問であろう(出題形式からの直感なので根拠はない)。前半四題が私大型で後半四題が国公立型だが、出典自体土屋師自ら第四講、第六講において未見出典であることを告白しているように相当な難物ばかりである。
こうした難問集や難関校の赤本はあれど、これだけ丁寧に問題を解く上での思考回路を示してくれる本はあまりない(一題あたりの解説が20頁強!)。逆に言うと思考回路の解説が中心なので、古文単語や古文公式は全て頭に入っていることが前提になり、一流校を目指す受験生以外は必要ない問題集と言える。並のレベルなら「2」までで十分だろう。
[PR]
by roudai | 2011-01-25 00:00 | 国語 | Comments(2)
Commented by ab at 2015-05-30 22:05 x
代ゼミの公式サイトで土屋の古文講義1が購入できなくなってますね
ひょっとすると絶版かも
Commented by roudai at 2015-05-30 22:54
>abさん
情報ありがとうございます。Amazonでも絶版ですし、チノポスから改訂版が出るのかもしれませんね。
久しぶりに代ゼミ公式ページで講習のパンフを見ましたがあまりの凋落ぶりに涙が出てきました。