人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号282 駿台式!本当の勉強力

d0133636_17332276.jpg
【タイトル】駿台式!本当の勉強力
【著者】大島保彦+霜栄+小林隆章+野島博之+鎌田真彰
【肩書】駿台予備校講師
【出版社】講談社
【サイズ】新書
【ページ数】286頁
【目次】
はじめに
講義1 語学はスポーツだ
1 身体感覚・現場感覚を取り戻す
2 発音のルールも身体感覚から
3 発音できるのか、できないのか、それが問題だ
4 読解と音楽と……
5 現実世界が持つ無限の色と音と匂い
講義2 ブラームスはお好き?
1 車輪の下は誰を癒したのか?
2 僕は勉強ができないというのは解放か?
3 なぜ少女は夏の靴を脱いだのか?
講義3 数学は世界を平和にする
1 数学の魅力
2 数学的に考える
3 数学の二面性
4 技術としての数学
5 考える数学
6 数学が全てではない
講義4 日本史コペルニクス
1日目の講義―空を舞うイメージ
2日目の講義―近代とは何か
3日目の講義―近代国家とは何か
4日目の講義―国民になるということ
講義5 子どもの頃を思い出してみよう
1 はじめの一歩は「遊び」から
2 観察から考察へ
3 言葉や法則に慣れよう
4 自然科学が見せる不思議なドラマ
巻末特別座談会「勉強のおもしろさとは?」
【初版発行年月日】2001年3月20日
【収蔵品発行年月日】2001年3月20日 第1刷発行
【収蔵品定価】720円(税別)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
Amazonのレビューを読むと酷評が目立つがさもありなんと思う。しかし、レビューを書いている人間の読解力にも問題があるように思える。タイトルを見れば分かるように、この本は勉強「力」の本であり勉強「法」の本ではない。Powerを語るのとHow toを語るのとは自ずと違いがある。
具体的に言うと、文系教科の3人が「大学(またはそれ以降)に必要な勉強力とは」という見地から書いているのに対し、理系の2人が「受験に向けてその教科を好きになる勉強法とは」という見地から書いており、主題も設定レベルもバラバラである。だから前者を期待した人には後者が不満であり、後者を期待した人には、前者がチンプンカンプン(おそらく読者の大半はこちらに属する)になる。それぞれの講師の立場に立って生暖かい目で読める読者は同業者くらいなものだろう。
特に文系の3人は駿台特有のスノッビズムに毒されていて、簡単なことをわざと難しくいうことで読者を煙に巻いて遊んでいるように見える。唯一首肯できたのは大島師の
 そのように主張する人は、どうぞどうぞ、モーツァルトやアインシュタインなみの創造性を発揮してみてほしい。自分でやって見せて欲しい。ただし、念のため確認しておくが、モーツァルトだってアインシュタインだって。それまでの伝統を吸収蓄積し、同時代の人々の考えをしっかりと理解したうえで創造活動をしていたのだろいうことをお忘れなく。彼らでさえやったことを省略したうえで創造活動をするということはどういうことなのか、しっかりと提言してほしいものだ。(18頁)
で、こんなところに「ドラゴン桜」の萌芽を見る。
理系の2人は逆に読者が何を望んでいるかを感じ取ってサービス精神旺盛に応えてくれたため、読みやすく分かりやすい内容になっている。「引き出し論法」の例題、
「どんなパーティーでも友人の数が同じであるような人が少なくとも2人はいる。ただし友人はパーティーの参加者に限定して相互的であるとし、自分自身は友人とはいわない」(148頁)
の証明などは鮮やかすぎて文系でも感動できる(証明は最後に)。鎌田師の
 ところが、学生にこのような本を勧めると決まって返ってくる言葉が、「そんな分厚い本を読んでいる時間がないのです。早く成績をあげないといけませんから」です。「じゃあ君の好きなようにしなさい」といって放っておくと、「先生、簡単な問題なら解けるのですが、応用問題が解けません。どうすればよいでしょうか」と再びやってきます。口にはしませんが、だから言っただろうといつも思っています。(247頁)
というボヤキは第三者として笑っていられるものの、自分が当事者となった時に同じミスをしていないかを考えると背筋が寒くなる。



 パーティーの参加人数をnとします。この時友人数が0である人とn-1である人は同時には存在しません。なぜなら友人数が0である人とn-1である人が同時に存在したと仮定して、友人数がn-1である人をAさんとすると、Aさんを除く残りの人は全員Aさんと友人だからです。すると。友人数として可能なのはn-1通り以下です(0からn-1通りまででn通りですが、0とn-1は同時には現れませんからn-1通り以下です)。したがって、部屋割り論法により、n人いれば友人数が同じである人が少なくとも2人いることになります。

by roudai | 2011-05-03 00:00 | 受験情報 | Comments(0)