浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:44
>1983さん 198..
by roudai at 21:35
>Passers-byさ..
by roudai at 21:24
>1983さん さすが..
by roudai at 21:09
シリーズの9が裏表紙の広..
by 1983 at 17:29
なぜか「無機化合物vo1..
by 1983 at 17:23
「激レアさんを連れてきた..
by 1983 at 17:18
年末恒例の冬コミの結果は..
by m at 07:35
先日は久しぶりにお会いで..
by 落札し損なった男 at 02:33
今日は午前中に「代々木ゼ..
by M at 21:35
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号283 英文読解最短ROUTE

d0133636_1451151.jpg
【タイトル】英文読解最短ROUTE
【著者】小嶋利良
【肩書】代々木ライブラリー講師
【出版社】アルク
【サイズ】A5
【ページ数】243頁
【目次】
はじめに
本書の使い方
読解ROUTE
第1章 英文の基本構造
第2章 名詞節
第3章 名詞句
第4章 修飾構造
第5章 接続構造
第6章 英文構造予測の基本
【初版発行年月日】2008年5月29日
【収蔵品発行年月日】2008年5月29日 初版発行
【収蔵品定価】1500円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】小嶋利良「英文読解最短ROUTE―「まとまり」のパターンが分かれば英語は読める! (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)」(アルク)
【コメント】
以前からコメント欄では何度か取り上げてきた良書だが、最近流通在庫がだいぶ怪しくなってきたせいかオークションで時折暴騰している。まだ出て3年だし、ご本人のブログを見る限り絶版にする理由は何も無さそうだがアルク編集部は何を考えているのだろう。こういうのを世間では「機会損失」と言って嫌うのだが。
一応、大型新刊書店の「語学」の棚に行くと時折流通在庫があったりするので、まずは地道に探すことをオススメしておく。オークションで高値掴みして即重版出来なんて目も当てられない。ブックオフのプロパー(定価の半額)なら無条件で即買いすべき本。
この本を一言で言うならば「二十一世紀の『英語の構文がとれる本』」であり、この本が出たことで「とれる本」の相対的価値はだいぶ下がったと言っていい。「英文がなぜ長くなるのか」という視点から、その究極の要因を「名詞節・名詞句」に求めそのパターンを一つ一つ説明している。
伊藤和夫が敵視した旧来の日本独自の「解釈公式」が新たな切り口から復活した感じで、伊藤流のガチガチの論理に合わない人には福音だろう。文法用語は特に説明なくポンポンと出てくるので、最低限、山口俊治「英文法講義の実況中継」上下(語学春秋社)くらいは終えてなければ意味が無いのだが。
例えば単語自体は何も変哲もない以下の英文がすらすらと訳せるだろうか。(訳は最後に)
What you read when you don't have to determines what you will be
in the future.
[読解のヒント]本当の意味での読書の大切さ(66頁)
見落とされがちだが、原則見開き完結のレイアウトのため、余白も多めでページ数の割には読みやすい。2色刷の色分けのセンスも良く、他の本もお手本にして欲しいほど良く出来た本である。

[追記]
今見たらAmazonが在庫ありになってた。増刷したようなので欲しい人は今の内に。
[追記2]
また、Amazonが在庫切れに。
芳林堂書店にいったけど店頭には全く無かったので、単に最後の流通在庫だったのか?
[追記3]
ようやく重版がかかったようです。現在ネット書店なら入手可能です。
[追記4]
重版ではなくて流通在庫だったようでまた全て品切れに。いつまでもあると思うな親と金と参考書ということか。



[構造]
≪What SV ...≫ determines ≪what S will be≫.
(SがVするものが、≪将来のS≫を決める)
この英文で注意したいのは、途中のdon't have to に惑わされない、ということです。さっと目を通しただけでは、don't have to determines で1つのまとまりと解釈してしまいそうです。でも、don't have to の後ろに続く動詞は原型になるはずですが、この文ではdeterminesで、原形にはなっていませんね。ここでおかしいと気付けば、≪What you read ... have to≫が一つの「まとまり」で、have to の後にread が省略されていることが見抜けるはずです。
[日本語訳]読む必要のない時に読んだものが、将来のあなたを決めるのです。

[PR]
by roudai | 2011-05-10 00:00 | 英語 | Comments(2)
Commented by ゴリゾー at 2018-09-14 20:52 x
良い著書なのに
こんな事になってしまってます。
残念
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018090690235636.html
Commented by roudai at 2018-09-14 22:03
>ゴリゾーさん
あらまぁ、同姓同名にしては珍しい名前ですから本人でしょうね。
小島師はもっと若手の方だと思っていたら私より年上だったのですか。某漢文講師同様このテの犯罪だと復刊もアウトっぽいですね。