浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:44
>1983さん 198..
by roudai at 21:35
>Passers-byさ..
by roudai at 21:24
>1983さん さすが..
by roudai at 21:09
シリーズの9が裏表紙の広..
by 1983 at 17:29
なぜか「無機化合物vo1..
by 1983 at 17:23
「激レアさんを連れてきた..
by 1983 at 17:18
年末恒例の冬コミの結果は..
by m at 07:35
先日は久しぶりにお会いで..
by 落札し損なった男 at 02:33
今日は午前中に「代々木ゼ..
by M at 21:35
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号290 日本史難問集

d0133636_082972.jpg
【タイトル】日本史難問集
【著者】黒羽清隆
【肩書】静岡大学助教授
【出版社】学生社
【サイズ】A5
【ページ数】221頁
【目次】
1 時代別の問題
 1 古代
 2 封建前期
 3 封建後期
 4 近代・現代
2 総合問題
 1 政治・法制
 2 社会・経済
 3 文化
 4 雑題
精選問題20題
解答
【初版発行年月日】不明
【収蔵品発行年月日】1987年発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
現在は「英文解釈難問集」と「英語長文読解大意把握難問集」の流通在庫(Amazon品切れだがまだ市中で散見する)を残すのみとなった学生社の「難問集」シリーズ。
この時期は「日本史」・「世界史」・「現代文」・「古典国語」・「英文法・英作文」を併せた7冊が流通していたが、それ以前では「生物Ⅰ・Ⅱ図解計算」や「数学Ⅰ・ⅡB・Ⅲ」や「地理」の存在が確認されている。最初期はB6版であった。

中身は昭和44~48年くらいの一流大学の入試問題(精選問題20題は51~52年出題分)をただランダムに並べただけで、解説はほとんど無い。一応難問には*を付けているが、時代性もあるのか「史料問題」=「難問」のような扱いで現在の感覚では普通レベルが大半。
全部を解いたわけではないが、ざっと見て「これは・・・」と驚いたのは45年の富山大の問題くらいか。40年以上前にこんな出題をしているのはある意味凄い。ただし、この問題には*が打たれていない。なぜだろう?
[177]つぎの1~25の事績に該当する外国人の名を、後に掲げてある人名表の中より選んで、人名頭書の記号(1)(2)(3)・・・・・・で記し、その人の国籍を国籍表より選んで頭書の記号(イ)(ロ)(ハ)・・・・・・で記せ。
[事績]
2 1868年来日。大学南校つづいて東校で物理・化学を教えた。明治の殖産興業に功があった。1881年以後、東大で製造化学を教え、東京工業大学の設立にも寄与した。
5 1864年、公使館の日本語通訳生として来日。日本紀年の不正確を立証し、日韓両国語同系論を説いた。「日本文学史」や英訳の「日本書紀」などを著わした。
7 1859年駐日総領事として来日。彼の滞日三年間の記録「大君の都」は有名。
8 1875年招かれて来日。大蔵省印刷局で紙幣・切手・印紙などの原版制作を指導した。
11 1708年、九州の屋久島に渡来。捉えられ、江戸で新井白石の審問をうけ、それをもとに白石は「西洋紀聞」「采覧異言」を書いた。在牢5年で牢死した。
13 1690年船医として長崎に来て2年滞日した。「江戸参府紀行」などの著がある。
14 1775年、オランダ商館長に従って来日。リンネの高弟。桂川甫周や中川淳庵などにオランダ医学を教えた。帰国後、「日本植物図譜」・「日本紀行」などを著わした。
16 1866年、幕府に招かれて、長崎に来日。明治元年大阪病院に勤務し、翌年大阪舎密局教頭となった。「舎密局開講の説」「理化新説」などを書いた。
20 1876年、工部美術学校の教師として来日。日本彫刻会の先達。「清原玉女像」のモデル、清原玉と結婚した。
22 1870年、政府に招かれて来日。鉄道寮の初代鉄道建築師長として、わが国鉄道創業時の鉄道敷設を指導した。

[人名表]
(1)アストン(2)ベルツ(3)クラーク(4)レザノフ(5)キヨソーネ(6)ハリス(7)ヒュースケン(8)シドッチ(9)モレル(10)ボアソナード(11)パークス(12)モース(13)ラグーザ(14)ザビエル(15)ワグネル(16)ヘボン(17)ハラタマ(フラタマ)(18)ケンペル(19)フロイス(20)ツンベルク(21)オールコック(22)サトー(23)ゴロウニン(24)シーボルト(25)ヤン・ヨーステン
[国籍表]
(イ)イギリス人(ロ)ロシア人(ハ)ドイツ人(ニ)アメリカ人(ホ)イタリア人(ヘ)オランダ人(ト)ポルトガル人(チ)スウェーデン人(リ)フランス人(ヌ)スペイン人
(富山大・45年)
全部書くと疲れるので、難しそうなものだけ10題選んだ。全部で25題あるわけだが、セットで正解してようやく1点としてもこの年25点がこの問題で決まったと考えると同情を禁じ得ない。



【正解】※分かりやすいように選択肢ではなく内容で表記する
2 ワグネル(ドイツ)
5 アストン(イギリス)
7 オールコック(イギリス)
8 キヨソーネ(イタリア)
11 シドッチ(イタリア)
13 ケンペル(ドイツ)
14 ツンベルク(スウェーデン)
16 ハラタマ(ドイツ)
20 ラグーザ(イタリア)
22 モレル(イギリス)

問題と選択肢が1対1(ダミーの選択肢がゼロ)なので、この10問以外を確実に埋めてあとはヤマ勘勝負。字面(事績)と国籍がほぼリンクしているのが不幸中の幸い。
問題について解説が一切無いが、用語集レベルを超えた出題だけに当時の受験生は百科事典を引かねばならなかったろう。7、11は必須、8、20あたりで差が付いたか。他はハッキリ言って富山大のレベルではない。
[PR]
by roudai | 2011-06-28 00:00 | 社会 | Comments(4)
Commented by サカナスキー at 2011-06-30 01:39 x
これ、持っています。中には核心を突く良問もあり、重箱の隅もある。嗅覚のある学生だったら有意義に使えるように思います。嗅覚を養うための書物としては有用かな。
Commented by roudai at 2011-07-03 22:05
>サカナスキーさん
お久しぶりです。
確かに嗅覚のある学生だったら見つけるかもしれませんが、黒一色の小さな活字でギチギチに詰められた紙面からそれをするのは結構辛いです。私もようやく1題面白い問題を見つけられたくらいで。
Commented by gonta at 2011-08-04 01:52 x
最近の仕事の状況がハードで、久しぶりにのぞいてみたら、いやぁ・・・でましたね。まさか載るとは思いませんでした。浪人時代見るだけで難しく思えましたね。この問題集を見せてくれた人はいつも日本史の模試が1位だったので、凡人は手を出してはいかんと勝手に思ってました。
これが出たら、やはり菅野先生のあの本(「笑った」とかいう)も載りますか?館長の評価をお聞きしたいです。
Commented by roudai at 2011-08-14 22:39
>gontaさん
夏コミも終わってしまいましたね。
申込書は入手しているので冬は申し込みます。
基本的に「大人の事情」が無くて収蔵しているもののリクエストは、教科と著者のバランスを考えて適宜答えていきたいと思っています。「菅野も笑った」も絶版になりましたし、もうちょっとしたら載せる予定です。