浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号318 群群記憶の英熟語

d0133636_827373.jpg
【タイトル】大学入試英単語句完成シリーズ 群群記憶の英熟語
【著者】高川敏雄
【肩書】神戸製鋼所社員
【出版社】語研
【サイズ】新書
【ページ数】302頁
【目次】
はじめに
本書の利用法
第1編 前置詞を中心とする熟語
 第1章 ATを中心とする熟語
 第2章 FORを中心とする熟語
 第3章 IN,INTOを中心とする熟語
 第4章 OFを中心とする熟語
 第5章 OFF,AWAY,FROMを中心とする熟語
 第6章 OUT,OUT OFを中心とする熟語
 第7章 ONを中心とする熟語
 第8章 UP,DOWNを中心とする熟語
 第9章 TOを中心とする熟語
 第10章 WITHを中心とする熟語
 第11章 その他の前置詞を中心とする熟語
第2編
 第1章 数量表現の熟語
 第2章 動詞+名詞[形容詞]の熟語
 第3章 All,DAY,WAYの熟語
 第4章 ONE,IF,...SELFの熟語
 第5章 NO,NOT,BUTの熟語
 第6章 AND,BY,ORの熟語
 第7章 AS,SO,MUCHの熟語
 第8章 MORE,LESS,THANの熟語
 第9章 準動詞の熟語
 第10章 THATの熟語
 第11章 会話の表現
索引
【初版発行年月日】1983年12月10日
【収蔵品発行年月日】1985年8月10日 第3刷発行
【収蔵品定価】750円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】大西 泰斗/ポール・マクベイ「ネイティブスピーカーの前置詞」(研究社出版)
【コメント】
正月第2弾は同じく「群群記憶」シリーズの英熟語。こちらの方が先に刊行されており、「英単語」刊行に合わせてデザインが変わっている。旧デザインはベースがオレンジ色でイラストも違う。「英単語」の表紙にも太字で書かれている「画期的記憶術の秘」という言い回しが気になるが、辞書を引くと「秘密にして人に教えない薬の処」という意味で「正しい」そうだ。
英語の参考書を100冊も紹介していながら「英熟語」の本は「スーパー英熟語」1冊だけだったことに今回気づいた。今年はもう少し熟語集を取り上げていくことにしよう。
同じ著者であるから、「英熟語」も「英単語」同様に従来の英熟語集に喧嘩を売ることから始まる。ただ、英熟語集は英単語集と比較するとどの本も個性に乏しく、それが紹介数の端的な差に繋がったと思われるが、高川氏の取り上げる従来の熟語集の問題点は2つ(収録順と語数)だけに留まっている。
「英単語」と違い、「英熟語」は現在から見ても斬新なアイディアが取り入れられており、「群群記憶」の名前の由来(「英単語」はあまり「群」を意識した作りになっていない)である、前置詞「群」と熟語の意味による分類は高川氏オリジナルといっても良いほどである。
例文については「IとSheの織りなす物語」と豪語しているが、単に意味上「人」が主語になる熟語にそれらを当てはめただけで、訳も飯田師のように「オイラとあの娘」といった遊び心もなく、例文の最初から最後まで一連の物語になっている永見拓也「ポルノで英語がスイスイ学べる」といった職人技の域にまでは達していない。こうまで徹底されるとむしろ主語には熟語の意味と密接な関連のある固有名詞の方が暗記に適しているような気もしてくる。
それを差し引いてもこの本の個性は突出しており、英熟語集として出色の出来であることは間違いない。
[PR]
by roudai | 2012-01-02 00:00 | 英語 | Comments(0)