浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:44
>1983さん 198..
by roudai at 21:35
>Passers-byさ..
by roudai at 21:24
>1983さん さすが..
by roudai at 21:09
シリーズの9が裏表紙の広..
by 1983 at 17:29
なぜか「無機化合物vo1..
by 1983 at 17:23
「激レアさんを連れてきた..
by 1983 at 17:18
年末恒例の冬コミの結果は..
by m at 07:35
先日は久しぶりにお会いで..
by 落札し損なった男 at 02:33
今日は午前中に「代々木ゼ..
by M at 21:35
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号322 菅野の日本史Bチェックノート

d0133636_2337892.jpg
【タイトル】テーマ・ジャンル別菅野の日本史Bチェックノート
【著者】菅野祐孝
【肩書】代々木ゼミナールTVネット講師
【出版社】旺文社
【サイズ】B5
【ページ数】152頁+別冊解答・解答用紙48頁
【目次】
第1講●わたしはだあれ?
第2講●日本通史の完成
第3講●テーマ史の完成
第4講●名言26選
第5講●名数一覧
第6講●覚えておきたい何月何日
第7講●写真でつづる日本文化史
第8講●入試に出る外国人
第9講●略語の正式呼称
第10講●ハイレベル空欄完成140項
第11講●SETで完成重要事項
①原始・古代編
②中世編
③近世編
④近現代編
第12講●地域別歴史地理の総整理
第13講●入試頻出絵図・グラフ・図表
第14講●政党の系譜
第15講●あなたを襲う魔の175字
【初版発行年月日】2001年10月30日
【収蔵品発行年月日】2003年 重版発行
【収蔵品定価】本体857円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】900円
【代替参考書】菅野祐孝「菅野の日本史テーマ別知識の総整理」(旺文社)
【コメント】
記事を書いた時点ではAmazonで投げ売り状態だった菅野師の「解体問書」だが、しばらくすると一転してベラボーなプレミアがついていた(最近少し落ち着いてきたが)。今時、あれだけごゆい本もそうはないので仕方ないかな、と思っていたら、倉庫を整理中にこんな本を発見した。
同じデザインでパステルグリーンの表紙の「菅野の日本史Bノート」(旺文社)は現在3訂版が売られており、それだとばっかり思っていたら、実はこちらは「テーマ・ジャンル別」で、「解体問書」に連なる内容であった(こちらの後継本はない)。
タイトルと違って第2講に一通りの通史穴埋め問題が載っているあたりがお茶目だが、第4講以降(と第1講)は菅野師の面目躍如というべき面白い切り口のまとめが満載で「解体問書」と重複する箇所は一部しかない。
講ごとに3段階のレベル設定が行われ、特に、レベルCに設定されている「第11講 ハイレベル空欄完成140項」は文字通りのハイレベルで、難関校で1点をもぎ取るための辛口問題集になっている。試しに10題ほどピックアップしてみよう(文中の易しい問題は省略、解答と解説は最後に)。

(1)「漢委奴国王」の金印は1784年に福岡県の□□□で偶然発見されたものである。刻み方は□刻、持つところには□の文様が刻まれている。

(2)親王に近侍する供人を□□といい、上級官人に近侍する供人を□□という。

(3)賤民が良民に身分を変えることもあった。これを□□□□という。

(4)御霊会が最初に行われたのは京都の□□□においてである。

(5)鎌倉の町内は□に分割され、□□□□によって管轄された。貿易港としては、由比ヶ浜東端の□□□□と鎌倉の外港である□□港を重視した。

(6)寧波の乱は大内□□と細川□□の船が争った事件である。

(7)石川島造船所は□□藩が幕命をうけて建設したものである。

(8)幕府はオランダ商館長に「オランダ風説書」のほかに□□風説書を提出させて、海外情報をえた。

(9)人力車は□□□□によって発明されたが、鉄道などの交通機関の発達に対し、車夫たちは□□党を組織して結束を固めた。

(10)斎藤隆夫は1936年、二・二六事件後の議会で粛軍演説を、1940年には中国政策を批判する□□演説を行い、除名処分となった。

「菅野も笑った変な日本史入試問題」を読んだ後だと、書かれてはいない出題校が何となく予想できてしまう(ex.(2)が立命館・法、(3)が上智・文)のが面白い。

この手のB5版の本はどうしても敬遠されがちになって薄命だが、日本史であと一押しが欲しい受験生にお勧めしたい(直前期以外は目の毒)1冊である。



(1)志賀島・陰・蛇
★文字の部分をくぼませて彫り、押印した時、文字の部分が白く浮き出るような彫り方を陰刻といい、文字の部分が印影されるように文字を高く、周囲を低く彫る方法を陽刻という。
(2)帳内・資人
★ともに上級貴族に与えられた下級官人で、貴族のもとで雑役や警備などにあたった。
(3)放賤従良
★例えば五色の賤の中の官戸については76歳になると良民に編入されるなどの規定があった。
(4)神泉苑
★非業の死をとげた人々の怨霊のたたりと思わせる事件・事故が相次いだため、鎮魂祭として行われた。
(5)保・保奉行人・和賀江島六浦(むつら)
★和賀江島は往阿弥が北条泰時の援助のもとに整備した港。中国製の陶器が最も多く招来された。
(6)義興高国
★以後、大内氏が貿易を独占し、1551年に大内義隆が滅亡するまで勘合貿易は続いた。
(7)水戸
★1876年に平野富二に払い下げられ、渋沢栄一の保護の元に石川島平野造船所が最初の民間造船所として操業を開始した。
(8)別段
★オランダ商館長をカピタンと呼んだ。その一行が江戸に上り将軍に謁見する行事を江戸参府という。
(9)和泉要助・車会
★人力車は1882年以降鉄道馬車に圧倒された。
(10)反軍
★斎藤隆夫の除名に際して、社会大衆党は斎藤除名に反対した片山哲ら8名の代議士を除名処分とした。
[PR]
by roudai | 2012-01-24 00:00 | 社会 | Comments(2)
Commented by gonta at 2012-01-31 23:04 x
7問できました・・・浪人のときだったらしっかり覚えていたんですけどね・・・やはり年か・・・
すいません、最近神経痛がきつくなり弱気になっています。
館長もご存じだと思いますが、「フルコース」「グルメ」、それらと並ぶ問題集だったと思います。その当時あまりの人気で講座を取れない人があふれたため、その講座のテキストを本にしたとのうわさがありました。講座でこの内容ですからかなりハイレベル(こまかい?)ですね。今はここまでやらないですかね・・・「ゆとり」はええのぉ、とか言ったら今の世代に怒られるかな?
Commented by roudai at 2012-01-31 23:30
>gontaさん
いや、7問は凄いですよ。私が出来なかった問題「だけ」を選んだんですから(笑)。冬期直前は受けたことがあるので手元にありますが、テキストの内容はこのホンの一部ですからね。当時はこんな本が出るとは夢にも思いませんでした。
それにしても、紹介した途端にAmazonの安い在庫は瞬殺でしたね(爆)。