浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号329 だれでもできる数学解答術 基礎解析編

d0133636_22521723.jpg
【タイトル】合格王のだれでもできる数学解答術 基礎解析編
【著者】安本肇
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】A5
【ページ数】221頁
【目次】
○はじめに
合格王のアドバイス
[1]関数
 PART 1―三角関数 ●公式の記憶+マスターが攻略の第一歩
 PART 2―指数関数 ●解くカギは指数法則にある
 PART 3―対数関数 ●指数関数が対数を解くカギになる
[2]数列・漸化式
 PART 4―数列 ●等差数列等比数列は基礎が肝心
 PART 5―数列の和 ●Σ問題の決め手は「階乗関数」だ
 PART 6―差分方程式 ●差分方程式は数列を解く重要テクニックだ
 PART 7―特殊な漸化式 ●漸化式に慣れれば数列は怖くない
 PART 8―数学的帰納法 ●重要テクニック「帰納法」はこうマスターしろ
[3]微分・積分
 PART 9―微分法 ●(ax+b)nの微分に絞り込め
 PART 10―2次・3次関数 ●接線の方程式はここで完璧にしろ
 PART 11―微分の応用 ●最大値・最小値はこう求める
 PART 12―積分法 ●不定積分、定積分の意味からつかめ
 PART 13―面積 ●どこでも使える面積の解法パターン
 PART 14―標準系変換定理 ●微積の難問はこれで解け
【初版発行年月日】1995年3月18日
【収蔵品発行年月日】1995年3月18日 初版発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】坂本龍「3分で解く!センター数学B」(エール出版社)
【コメント】
現在は坂本龍名義で執筆している安本師のミラクル数学第2弾(第1弾は代数幾何編)。鳴り物入りで東進に出講したもののすぐに名前を聞かなくなったので佐藤(人称代名詞がit)忠志的な色物と思っていたが、「大学合格王」の肩書きは伊達ではなかった。

エール出版社から出ていた一連の本はベクトルと確率の範囲が多く、数列・微積・三角関数といった本書に載っている内容はあまりない(数列に関しては代替参考書に掲載されている)。「大学入試合格王の絶対合格マル秘コツ」に載っていた数列の箇所はほぼそのまま載っており、あちらは新書の一部という紙幅の制限のために説明不足でわかりづらかったが、こちらは2色刷の講義体ということもあり非常にわかりやすかった。

ミラクル数学とは大学数学の範囲(?)の知識を援用して一定パターンで解ける問題を増やすという、つるかめ算や流水算や通過算などの中学受験算数で方程式を使うようなものだ。偏差値55以下の初学者がいきなりこう習うと両極端な反応を起こしそうで、実際、東進では悪い方に出てしまったのだろう。しかし、複素数範囲のド・モアブルの定理から三角関数の加法定理を導出したり、放物線の接線問題を一般化するためにテイラー展開を用いたりと文系数学の範囲を一通り習った人間がおさらいで読むと色々と発見がある。

東進ブックスの初期参考書(「実況放送」等)の欠点である、無意味な(単なる用語の英訳等)赤字による手書き風の書き込みが邪魔くさく、その分必要な書き込みが足りないので「落ちこぼれ大歓迎!」の文句に最近の受験生が釣られると失望するかも知れない。

現在、玄文社から通販可能(?)な「坂本式数学即解のテクニック<入試数学を3分で解く>」には一通り同内容が含まれているが、基礎部分の説明量や問題演習量はこちらの方が断然多い。面白いのは「基礎解析」の本なのに例題で出てくる問題の8割が二次私大の理系学部出題という点で、最近の安本師はセンター対策の本ばかり(私大理系の問題を使うこともあるが)なので、記述解の書き方も参考になる。

数Ⅱの微分積分だけで本書の半分を占めており、接線や面積に強くなりたければ一読の価値はある。
[PR]
by roudai | 2012-03-13 00:00 | 数学 | Comments(0)