浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>落札し損なった男さん ..
by roudai at 21:44
>1983さん 198..
by roudai at 21:35
>Passers-byさ..
by roudai at 21:24
>1983さん さすが..
by roudai at 21:09
シリーズの9が裏表紙の広..
by 1983 at 17:29
なぜか「無機化合物vo1..
by 1983 at 17:23
「激レアさんを連れてきた..
by 1983 at 17:18
年末恒例の冬コミの結果は..
by m at 07:35
先日は久しぶりにお会いで..
by 落札し損なった男 at 02:33
今日は午前中に「代々木ゼ..
by M at 21:35
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号330 早大マル秘100%合格作戦

d0133636_142070.jpg
初版
d0133636_1421038.jpg
改訂第2版
【タイトル】井川方式早大マル秘100%合格作戦
【著者】井川治久
【肩書】早稲田予備校講師
【出版社】新声社
【サイズ】新書
【ページ数】277頁(初版・改訂第2版)
【目次】
PART1 私はこのようにして早稲田に合格した!
PART2 早大100%合格のためのマル秘英語対策
PART3 ≪予備校の先生紹介≫
PART4 ≪信用できる参考書紹介≫
【初版発行年月日】1987年7月5日(初版)
【収蔵品発行年月日】1987年7月5日 初版発行/1990年6月11日 改訂第2版第3刷
【収蔵品定価】780円(初版)/803円(本体780円+税23円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】井川治久「井川のビジュアル英文精読教室」(開拓社)
【コメント】
ちょうど受験関連本に何を取り上げるか考えていたところだったので、リクエストにお答えして井川治久師の自伝的進学指導書を取り上げる。「暗記するだけ」「マル秘英単語1234」「英文解釈マル秘解答術セブン」に続く新声社ブタさんシリーズ第4弾。

初版・改訂版・改訂第2版と3タイプ存在するが当博物館には初版と改訂第2版しか収蔵していない。早稲田(一文)対策(つまり英・国・小論)しか書いていないのに「早稲田・慶応らくらく突破」、一浪した上に、予備校講師になってからの著作なのに「現役だから教えられる」とツッコミ所満載の表紙だが、そこは大人の態度でスルーしておく。

本書の半分を占めるPART1の合格体験記は今読み返すと「おまえはバカじゃない」を彷彿とさせる(時系列は逆だが)ど根性ぶりで、現役時に4時間睡眠で追いこみをかけたり、2年間で20キロの体重減(75→55)を誇るあたり汎用性に疑問符が付く。もっとも一連の物語が受験相談でよく聞かれる162の質問に対応するように書かれており、構成としては吉野師の本とは雲泥の差がある。ちなみに「受験の国のオリザ」の平田オリザ氏と井川師は同じ1962年生まれなので、ほぼ同じ時期の代ゼミ私大文系クラスを活写したものになっている。

他にもPART1を読むと井川師について色々なことがわかる。開成でクラスの下1/5の落ちこぼれだったこと、ゲームが大好き(浪人時代はゲームセンターでアルバイト)で、ゲームの攻略については開成No.1だったこと(処女作を「ゲーメスト」で知られる新声社から出版したのも井川師がゲーム好きだったからではないだろうか)。意外だったのは現役時の12月に文転して、一浪時も英・国・数で受験しており、早稲田の「日本史・世界史」における暗記地獄を全く経験していない点だった。

和田氏や井川師は謙遜して「灘でも落ちこぼれ」「開成でも落ちこぼれ」と仰るが、開成を落ちた私に言わせれば、小6であの試験に受かる「地頭(じあたま)力」の持ち主と並の「落ちこぼれ」ではポテンシャルが全く違う(仮に中高5年間遊んでいたとしても)。並の受験生が井川師のアドバイスを全て受け入れてしまうと場合によってはパンクしかねない。

田島稔師と椿本昌夫師について習っていたのは他の本の推薦者(監修者)に名前が挙がっていたので知っていたが、本書では英語を潮田師に習っていたことが判明する。しかし「英文解釈マル秘解答術セブン」で予想した通り、139頁には
この場をかりて、代々木ゼミナールの田島稔先生、椿本昌夫先生、潮田五郎先生、中野清先生、永橋博先生、猪狩博先生、原秀行先生に心から感謝申し上げたい。
と原尊師の名前も刻まれていた。

PART2の英語対策は井川師の初期作品と大きく変わらず、「井川方式英文解釈の基本的姿勢セブン」などは代替参考書とまったく同じである。他にはお薦めの参考書(PART4でも再掲載)と一般的な勉強法ということであまり「早稲田」に特化してはいない。

PART3では各教科の予備校講師を紹介しているが、既に早稲田予備校に奉職しているにもかかわらず、堂々と代ゼミの講師を薦めているのが面白い(改訂版では修正されているが)。また、全く受けていないはずの河合や駿台の講師の名前も挙がっているが、それらの紹介文が通りいっぺんなのに対し、自分が受講した代ゼミの講師については詳しく語っている点も見逃せない。

また、PART1・2は初版も改訂2版もほとんど変わらないが、PART3・4には微妙な違いがある。比較していくと「大人の事情」も透けて見えてくる。

PART3でいうと
初版                  改訂第2版
秋田秀正(英語・早稲田予備校)
芦川進一(英語・河合塾※元代ゼミ)
猪狩博(英語・代々木ゼミナール)    →宮本守良(英語・早稲田予備校)
井川治久(英語・早稲田予備校)
伊藤和夫(英語・駿台予備学校)
潮田五郎(英語・代々木ゼミナール)
古藤晃(英語・河合塾※元代ゼミ)
紺野智生(数学・早稲田予備校)
関井光男(現国・早稲田予備校)
高橋善昭(英語・駿台予備学校)
田島稔(数学・代々木ゼミナール)
土屋博映(古文・代々木ゼミナール)   →山崎保男(古文・早稲田予備校)
椿本昌夫(国語・代々木ゼミナール)
中野清(漢文・代々木ゼミナール)    →石川三佐男(漢文・早稲田予備校)
永橋博(古文・代々木ゼミナール)
萩野浩基(英語・早稲田予備校)
原秀行(英語・代々木ゼミナール)    →小林弘(英語・早稲田予備校)
村上収(英語・早稲田予備校)
山口隆成(英語・早稲田予備校)
と代ゼミの人気講師4人が減らされている(残る4人は本文で触れられているためか)。元の講師の場所にそのまま同一教科の他の講師をねじ込んだために、初版では五〇音順だった並び(笑)が歪になってしまっているのが笑える。

PART4の参考書は専門である英語以外は目新しいものは無く、早稲田向きでもない。「古文要説Ⅰ」のように改訂時既に絶版のはずの本も名前を連ねている。あと、こちらも「大人の事情」発動で代々木ライブラリーの「大学受験アルファ」が早稲田予備校と関係の深いライオン社の「私大進学」に差し変わっている。



【収録されている参考書リスト】→は改訂第2版で差し替えられたもの
[現代国語]
遠藤嘉基・渡辺実「現代文解釈の方法」(中央図書)
藤田修一「現代文入門」(駿台文庫)
[漢字]
藤田修一「必修漢字1200選」(駿台文庫)
[小論文]
吉沢康夫「小論文の実戦的技法」(ライオン社)
[文学史]
山本哲夫「おぼえやすい表解文学史」(学燈社)
[古典文法]
村上元二郎「文法中心・古典文解釈の公式」(学研)
[古文単語]
永橋博「永橋の古文単語帳」(代々木ライブラリー)→小山良昭「出る順古文単語550」(旺文社)
[古文解釈]
桑原岩雄「古文要説Ⅰ」(駿台文庫)
永橋博「永橋の頻出古文」(代々木ライブラリー)
野村嗣男「野村の古典」(代々木ライブラリー)
[漢文公式]
多久弘一「多久の漢文公式」(代々木ライブラリー)
山田勝美「必修漢文問題精選」(駿台文庫)
[数学参考書]
寺田文行「寺田の鉄則シリーズ」(旺文社)
[数学問題集]
田島稔「①田島の数学Ⅰ」(代々木ライブラリー)
田島稔「②田島の代数・幾何」(代々木ライブラリー)
田島稔「③田島の基礎解析」(代々木ライブラリー)
田島稔「④田島の微分・積分」(代々木ライブラリー)
[英単語]
井川治久「マル秘英単語1234」(新声社)
長谷川正「新基礎英単語1500」(桐原書店)
英熟語・イディオム・構文
井川治久「マル秘英語暗記するだけ」(新声社)
丹下博文・倉地佳彦・永山了平「秘伝の英単・熟語演習」(進学研究社)→上垣暁雄「英語頻出問題総演習」
中学教育研究会「英熟語暗記法(中学用)」(受験研究社)
研究社出版編集部「イディオム問題集」(研究社出版)
[英文法問題集]
相原仁郎「実力完成問題集・英文法」(開拓社)
中原道喜「基礎英文法問題精講」(旺文社)
伊藤和夫「英文法頻出問題演習」(駿台文庫)→吉田正俊「シグマ新高校英語」(文英堂)
田村寿朗「中学英語の基本事項3年」(駿台文庫)
[英文法参考書]
藤田博「わかる基礎英語」(三省堂)
中原道喜「マスター英文法」(吾妻書房)
原仙作「英文標準問題精講」(旺文社)
井川治久「英文解釈マル秘解答術セブン」(新声社)
高橋善昭「時事英文問題演習」(駿台文庫)
伊藤和夫「英語和訳演習」上級篇(駿台文庫)→斎藤次郎「精選英文63」(研究社)
中原道喜「基礎英文問題精講」(旺文社)
高校英語研究編集部「大学入試・英語問題の徹底的研究」(研究社)
[英作文]
竹内一誠「実力完成問題集・英作文」(開拓社)
[発音・アクセント]
牧政治「よく出る発音・アクセント問題」(吾妻書房)
三浦愛三・松井道男「耳で覚える発音・アクセント」

代々木ライブラリーの「永橋の古文単語」(PART1で井川師が丸暗記した本・笑)と英語の参考書が一部差し替わっているが、PART2の本文が、伊藤の「英頻」→「シグマ」に差し変わった以外(「シグマ」はそもそも問題集ではないし・苦笑)はそのままなので、PART2で推薦した本がPART4には存在しないという「さすがは新声社」と言うべきちぐはぐな内容に改悪されている。
[PR]
by roudai | 2012-03-20 00:00 | 受験情報 | Comments(2)
Commented by モグラ博士 at 2012-03-20 14:42 x
レビュー掲載ありがとうございます。
PART1は吉野氏の著書に似ているのですか・・・
吉野氏の「おまえはバカじゃない」を読んだことはないのですが、吉野氏の参考書のはしがきに毎回書いてある「自分は9月に受験勉強を決意~」というお決まりの文から大体の内容は推測できます。
気になりすぎて、レビューを待てずにこの「合格作戦」をネットで注文してしまいました。(700円)
目新しいことも書いてあるわけではないみたいですね。
「解答術セブン」がかなり良い本であるだけに残念です・・・
もうキャンセルはできそうにないので、勉強の合間に毒にならない程度に読んでみたいと思います。
ところで、同シリーズの「英単語1234」と「マル秘古典文法暗記するだけ」(小貝勝俊)を隣町の古本屋で見かけたため購入しました。
調べてみたところ、小貝氏は、現在英語の講師をなさっているらしいので、英語講師(当時は違いますが)が書いた古典の参考書ということで中々面白いですね。
ここまで集めたので「暗記するだけ」も手に入れて文系ブタ本をコンプリートしたい欲求に駆られています。
参考書集めじゃなく勉強しなければとは思うんですけどね・・・
Commented by roudai at 2012-03-20 21:21
>モグラ博士さん
30年以上前の合格体験記なので、共感できるところがあればプラスになるかも知れません。あまり過大な期待は禁物です。

>「1234」
隣町の古本屋は凄いですね(爆)。「1234」はここ3年ほど見かけた記憶がありません。

>参考書集め
実益が伴う限りは一応止めませんが受験生なら程々に。