人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号346 小論文教室

d0133636_8544641.jpg
収蔵品番号346 小論文教室
【タイトル】小論文教室
【著者】内田保男
【肩書】
【出版社】増進会出版社
【サイズ】A5
【ページ数】250頁
【目次】
はじめに
本書の利用法
第一部 概論編
 第一章 小論文とは何か
   一 小論文の世界
   二 小論文を書くための準備
 第二章 思考の整理 構想と表現
   一 思想と文体
   二 思考の過程の整理
   三 小論文の文章と表現
 第三章 原稿用紙の書き方・表記の仕方
   一 原稿用紙の書き方
   二 表記の仕方
 第四章 悪文の条件・名文の条件
 第五章 小論文の形式・技術
第二部 実践編
 第一章 演習実例・添削批評
   一 進路についての抱負(全学部系)
   二 現代―日常性の倒錯の時代―への批判(政・経・社会学部系)
   三 近代日本の開化のジレンマ(文系)
   四 国際化時代と言語の壁(社会科学・文学・外国語学系)
   五 宇宙船地球号の未系を考える(理系・社会科学系)
   六 核の恐怖―自然科学と科学者のあり方(理工系)
   七 死の判定の基準(医・薬・看護学系)
   八 これからの医学・医療のあり方(医・薬・看護学系)
 第二章 入試直前文章点検
   一 小論文のに要素
   二 チェック・ポイント少々
   三 訂正の仕方
付録
   一 推薦図書一覧
   二 小論文・論述問題大学別テーマ一覧
【初版発行年月日】1986年12月20日
【収蔵品発行年月日】1987年4月20日 第2刷発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】久保寺亨「人文科学系 小論文のトレーニング」(Z会出版)
【コメント】
プレ樋口時代に書かれた数少ない本格的な小論文の参考書。Z会の書籍らしく著者の経歴が不明だが、本文中に引用した自らの論文からNHK学園の関係者と思われる。
今読み返して驚かされるのは、第二部の実践編の解答文例が全てZ会投稿者の直筆解答用紙をそのまま載せており(全ての解答文例の筆跡が異なる)添削者による朱入れもそのまま(ここだけが二色刷)というありそうでない体裁(朱入れ自体はZ会の添削者が行っており、筆者は別に総評を加えている)になっている。
だから生徒の誤字・脱字もそのままで、当時の受験生のレベル(一部出身高校と志望校がペンネームに添えられている)がよく分かる。やはり一流校の生徒の筆跡(特に女子)は美しいし、書くレベルもそれなりに高い。
以上のように収録されている問題は全てZ会で出題された内容で、解答文例の方も時間無制限、資料持込ありのため、小論文初心者が見ると解答文例のレベルの高さ(とそれすらズタボロに添削されている様)を見てビビッてしまうかもしれない。
ただ、当時の日本はバブル経済に向かって右肩上がりのイケイケで、サヨクはそれなりの権威を持っていた(引用や推薦する新聞記事がほとんど朝日新聞・嗤)ため、今となっては時代を感じさせる出題・講評が多く、筆者の読者のことを考えない高踏的な知識のひけらかしには少し辟易する。模範解答も高校生ぶって「学校では~」とか「先生が~」などと書いているが、内容が全く高校生らしくなく、「んなヤツぁいねーよ!」と突っ込みたくなる。
第一部で
 くどくなるが、小論文は、読んで字のごとくそのまま評価されると思って書くことが大切である。『光化門』のように読んでくれる採点官はいないし、諸君は柳宗悦ではない。又、白樺派を名乗るわけにもいかない。主情的な文章は、その対象・題材に対するものが主情的なものとして評価される。
 小論文は、知的・論理的であると同時に人間的であらねばならない。ただし、理性的人間というよりは、知性・理性を良くコントロールしうる人間によって書かれるというところが大切である(23頁5~9行目)
と書いておきながら、第二部二の丸山眞男(笑)「現代における人間と政治」に対する模範解答例で
 数年前『裏声で歌へ君が代』という小説が話題になったことがある。賛否はともかくとして、ふと空を見上げて気がついたことは、この日本の空を飛んでいるのは、ほとんど米軍機ばかりという事実である。しかし、日本は平和。全国どこの盛り場もルンルン気分の若者の群れ。―最高の喜劇!
などと、爆笑ものの感情論をぶちまけているあたり当時の限界を感じさせる(ちなみに林真理子『ルンルンを買っておうちに帰ろう』、丸谷才一『裏声で歌へ君が代』共に1982年発行)。成田空港の開港が1978年なので、この非実在青少年(苦笑)は沖縄にでも住んでいるのだろうか?
by roudai | 2012-07-10 00:00 | 国語 | Comments(0)