浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号349 読むだけで楽しく学べる文化史

d0133636_9453021.jpg
【タイトル】八柏龍紀の理解する日本史 読むだけで楽しく学べる文化史 龍の手引き書 文化史編
【著者】八柏龍紀
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】152頁
【目次】
はじめに
古代の文化
 ★飛鳥文化
 ★白鳳文化
 ★天平文化
 ★弘仁・貞観文化
 ★国風文化
 ★院政期の文化
中世の文化
 ★鎌倉文化
 ★室町文化
近世の文化
 ★安土・桃山文化
 ★江戸前期文化
 ★江戸後期文化
近現代の文化
 ★明治期の思想・文化
 ★大正・昭和の思想・文化
【初版発行年月日】1999年10月20日
【収蔵品発行年月日】1999年10月20日 初版発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】神原一郎「日本文化史の整理と演習」(河合出版)
【コメント】
八柏師の「龍の手引書」シリーズ第2弾。「はじめに」を見ると1日1時間で1週間かけて読み終えるよう作られているという。最初に穴埋め形式の板書があり、あとに講義体で板書についての説明という構成で板書自体は良くまとまっている。

しかし、講義部分に問題が多く、気になる箇所に付箋を付けだしたらアッという間に付箋だらけになってしまった。

まず気になるのが歴史名辞のルビで、○教新聞やハリポタのように全編ルビなら良いのだが中途半端にルビが振られていて、難しそうなところに振ってなかったり、簡単なところに振っていたり理解不能なケースが目立つ。それだけならまだしも、一通り日本史を学んできた人間が見てそんな読みだったっけ?と首をひねる箇所がそこかしこにある。

例えば
仁王経(におうきょう)
山家学生式(さんががくしょうしき)
三教指帰(さんぎょうしいき)
選択本願念仏集(せんじゃくほんがんねんぶつしゅう)
六諭衍義大意(ろくゆえんぎたいい)
国性爺合戦(こくせいやかっせん)
海保青陵(かいほうせいりょう)
大蔵永常(おおくらひさつね)
とリンク先の権威ある事典とは違う「読み」が載っている。

もしかしてこれらは単なる誤植なのかもしれないのでまだ罪は軽いが、以下の記述はリップサービスのつもりで無知をさらけ出しているのだから笑えない。
世阿弥は、『風姿花伝』『花鏡』『申楽談議』などを著していることも要チェック。この『風姿花伝』は『花伝書』でもOK。この中で世阿弥は、「時分の花」について説いています。それはどういうことか?というと、わたしたちには「花」があるというわけです。我々の周りにも生まれつき「花」を持った人っているでしょ。よく集合写真で、カワイイとかカッコイイとかで目立つのではなくて、初めて見た写真なのに「これ誰」って、思わず目立っちゃう人がいますよね。混雑した中で待ち合わそしても、すぐに見つけられる人、目立つ人、そうした人を「花」のある人なんていいませんか.世阿弥は、そうしたものを「花」として、若い人は、そういった「花」を持つと見ていたのです。でも、年をとると、美しさはだんだん抜けて、醜くなり、心のゆがみが顔に現れたりしますよね。若いときはある程度の「花」の美しさ」は持てるけれども、それは若さゆえの「時分の花」でしかないのであって、年を取るとそれは難しい。たから、年を取っていても自分の年齢たとか、生き方だとかが滲み出るような形にしなければ、「時分の花」は生まれない。じゃあ、それは何で生まれるか、というとそれはやはり「稽古を積む、自分を鍛練すること」だと。つまりは、心の豊かさを持たなくてはならない。でも能をやらない我々にとってのそれは「精神的な鍛練」なのですね。それが本当の「花」であると世阿弥は書いています。例えば、なんかこう、凛としているおばあさんだとか、電車の中でもスーっとしている素敵なおじさんとかいますよね。あれは内面から滲み出る「時分の花」を持っている人なのですよ。年を経てますます格好良くなるおじいさん。年を重ねるごとに美しくなるおばあちゃん。そうした生き方に、もっとわたしたちは、目を向けていかなければなりませんね。わたしも、若さを気取ったり、若くないことを嘆く中年にはなりたくないですね。(76~7頁)
あまりに酷すぎてどこから突っ込めばいいか見当も付かない。「風姿花伝」について少しでも知っていればこんな嘘八百を並べることはあり得ない。
「風姿花伝」の「第一 年来稽古条々」にこうある。
十二三より
 この年のころよりは、はや漸々声も調子にかかり、能も心づくころなれば、次第次第に物数も教ふべし。まづ童形なれば、なにをしたるも幽玄なり。声も立つころなり。二つの便りあれば、悪きことは隠れ、よきことはいよいよ花めけり。おほかた、児の申楽に、さのみにこまかなるまねなどは、せさすべからず。当座も似あはず、能もあがらぬ相なり。ただし、堪能になりぬれば、なにとしたるもよかるべし。児といひ、声といひ、しかも上手ならば、なにかは悪かるべき。さりながら、この花は真の花にはあらず。ただ時分の花なり。去れば、この時分の稽古、すべてすべちやすきなり。さるほどに、一期の能のさだめにはなるまじきなり。このころの稽古、やすきところを花にあてて、わざをば大事にすべし。はたらきをも確やかに、音曲をも、文字にさわさわとあたり、舞をも、手をさだめて、大事にして稽古すべし。
世阿弥は「時分の花」という言葉を八柏師のようなプラスの意味で用いていない。むしろ「若い内だけのかりそめのもの」としてマイナスに見ている。
二十四五
 (略)されば、時分の花を、真の花と知る心が、真実の花に、なほ遠ざかる心なり。ただ人ごとに、この時分の花におきて、やがて花の失するをも知らず。初心と申すは、このころのことなり。一公案して思ふべし。わが位のほどほどよくよく心得ぬれば、そのほどの花は、一期失せず。位より上の上手と思へば、もとありつる位の花も失するなり。よくよく心得べし。
とあるように世阿弥が目指すのは「真実の花」であって、「時分の花」を「真の花」と勘違いすることは「真実の花」から遠ざかると言っている。
○芸能…出雲の阿国は実は出雲出身ではないみたい。当時、京の四条河原でパフォーマンスをする際にわざと京都から遠い地名をつけることで、よりエキゾチックな雰囲気を醸し出したのだろうね。それに出雲大社からの「神」のイメージもあって、それもよかったみたい。いわゆる芸名。ちなみに「源氏名」って知ってる?これも芸名だけど、どうしてかというと『源氏物語』って本当の名前を使わず、そこはかとなくその人物をしのばせるような名前を使うでしょ、そこから付いたんだよ。(89頁)
はい、ダウト。「源氏物語」本体がどうのこうのではなく、巻名にちなんだ名前を付けたというのは「オトナの常識」だと思うが、高校生相手と思ってナメているとしか思えない。
 さて、古学の説明の前に、孔子・孟子の時代に文字は何に書かれたと思いますか?実は、このころまだ木簡は用いられず、鹿の骨などに文字を書いたんだよね。つまり、甲骨文字ってわけ……。骨って短いでしょ、たから短文。要するにエッセンスしかそこに書けなかったのです。例えば、「巧言令色鮮矣仁」なんかその代表ですよね。ところで、そんなわけたから文章の短いぶんあとからいろんな解釈が成り立つことになって、そんなとこから、朱子学や陽明学などの考え方の違う学派が出てきたというわけなんです。(97頁)
孔子が活躍したのは春秋時代(B.C.500ごろ)、甲骨文字が用いられたのは殷代(~B.C.1046)で時代が全く違う。紙はまだ発明されていないが、「韋編三絶」の言葉があるように当時孔子が読んでいた「易経」は竹簡を束ねたもので、もちろんその後の「論語」も同様で骨に刻むわけがない。多少なりとも「論語」を読んでいれば、「子曰巧言令色鮮矣仁(学而第一)」や「子曰君子不器(為政第二)」「子曰有教無類(衛霊公第十五)」といった短いフレーズの方がむしろ例外なのは常識で、「論語は短文」などという口からデマカセは絶対に出てこない。
◆蘭学の発達◆
 蘭学が発達して来た経緯は、まず八代将軍吉宗が実学を奨励したことに始まっています。キリスト教以外の書籍は輸入してよいという「漢訳洋書の輸入の禁」の緩和がなされ、そのため、一気に外国物が入ってきたのです。ちなみに競馬のあのサラブレッド系のアラブ種もこの時期に入ってきて、現在の千葉県・佐倉市に放牧場をつくりました。だから、蘭学の祖はこの吉宗といってもいいでしょうね。(110頁)
ロクに知りもしないのに知ったかぶりをして墓穴を掘るあたり石原千秋の同類なのだろう。アラブ種を元に改良を続けた結果、血統表が全て三大始祖にたどり着くのがサラブレッド(Thoroughbred)で、アラブ種とサラブレッド種は別の品種である(サラブレッド種に25%未満のアラブ種の混血が起こるとサラ系種と区別される)。

また、記述・論述を売りにしている(現在「東大日本史」担当!)割に、日本語がおかしかったり前後関係に飛躍があって意味が通じないところがある。
この大村益次郎をついでに述べると、この人は長州藩の村医者の子供で百姓身分、名前は、本当は村田蔵六っていうんです。でもメチャメチャ頭もよく、そこで適塾で勉強することになった。ところが、彼は医学ももちろんだけど、西洋全般についての理解力が抜群で、それが幕府の目に止まり、スカウトされて旗本格まで昇り詰めちやったんだよ。でもある日突然辞めて、長州に帰って村医者に戻り暮らしでいると、今度はその能力を買った宇和島藩・伊達宗城に呼ばれて、宇和島藩で町医者となったのね。その時ちょうどペリ一が来航していて、宗城が「あれと同じもの造れないか?」っていわれて、益次郎は、そういえば長崎でその図面を見たことがあるってことで、その図面をもとに蒸気船を造ってしまった話が残っています。当時、蒸気船を造った藩はこの字和島藩と鍋島藩、薩摩藩の三藩だけ。見たたけで蒸気船造るって、これスゴイよね。あとに出てくる洋学者の佐久間象山も乾電池を見たたけで同じものを造ってしまったという話が残っているんだけど、日本人のそういう技術って素晴らしいものがありますね。そんなわけで、こんな優れた人材をほっとけないということで、益次郎は戊辰戦争の持に官軍の総大将に任ぜられたということです。(112~3頁)
大村益次郎については司馬遼太郎「花神」を読んだ程度だが、それでもこの記述に違和感を覚える。
村田蔵六の前半生は長州→日田咸宜園→適塾→長崎→適塾→長州→(黒船来航)→宇和島藩→長崎→江戸鳩居堂→蕃書調所であり、まず順番がおかしい(適塾からいきなり幕府って新井白石じゃあるまいし)。だいたい宇和島藩主に呼ばれて何で町医者になるのか(嗤)。そして江戸在住のまま長州藩士となり長州征伐の幕府軍を相手に石州口で圧勝。その実績から官軍を指揮するようになったわけで、八柏師の言い方では幕府にいた人間がいつの間にか官軍(倒幕軍)の総大将になってしまっている。

「週刊金曜日」が主催の講座
などに出ているので天皇・皇室を揶揄する記述やこんな記述もある。
●国家主義思想の台頭…列強の圧力に対して、明治20年~30年(1880年代後半)のころから、国家主義思想が台頭してきます。ちょうど、自由民権運動が下火になって、こういう国家主義が出てくるんです。思想って面白いもので、今もそんな感じになってますよね。戦後三十年くらいは、左翼的な思想が中心たったのですが、それが飽きられて右翼的な思想になっていますよね。思想も持代の要請、しょせん流行りすたりのあるもので、いま本屋に行って歴史関係の平積みにしてある本といえば、ほとんどが、小林よしのりだとか藤岡信勝、ほとんどが強面の右翼的な論客が揃い踏みって状況ですよね。これなんかも、そのうち飽きられ、誰も見向きもしなくなるでしょうね、そのうち……。(133頁)
などという負け犬の遠吠えは見苦しいし、参考書に書くべき内容とも思えない。

さっさと消えたのも当然の内容で、残念ながら文化史に関しては代替参考書の圧勝だろう。
[PR]
by roudai | 2012-07-31 00:00 | 社会 | Comments(4)
Commented by gonta at 2012-09-06 23:13 x
久しぶりに見に来てみると、まあ懐かしい本が・・・この先生の本はいろいろと左肩が上がっているなぁと思いますね。大学卒業してから読んだことがあるのですが、「これ参考書として売っていいんかい?」というのが正直な感想でした。講義も聞いたのですが、ばりばりのあっち系で、イデオロギーがうんたらかんたら・・・そんなことしているから1時間以上も延長してしまうのにと、小僧ながら思っていました。そういえばまだ代ゼミにいらっしゃるんですか。論述の講義は誰もやりたがらないのは昔も今も変わらないんですね。今も安保の話を熱いれてしてんのかな?おそらくあのヘリコプターを見た時、スイッチ入ったんだろうなぁと勝手に想像しています。
Commented by roudai at 2012-09-17 22:23
>gontaさん
おひさしぶりです。
多忙のため読むスピードが上がらず、書く方にも手が回らず、サンクリの原稿にも手が付かない状態です。年末までこんな感じかも。
>これ参考書として売っていいんかい?」というのが正直な感想
同感ですね。板書部分は特に問題ないのですが、講義部分が酷いですね。
もうちょっとしたらgontaさんに驚いて貰えるような面白い本が出てきますので、その時を楽しみにしていて下さい。
Commented by lwr at 2012-09-21 02:46 x
Twitterに代ゼミ講師の発言をまとめたbotがあるんですけど
たまにこの人でてくるとへどみたいな発言ばっかですね

南京大虐殺の被害者を「億」といってみたりとか
竹島が韓国じゃなくて中国のものだといってみたりとか

そりゃ代ゼミも凋落しますわ
Commented by roudai at 2012-09-23 22:45
>lwrさん
はじめまして。まとめがあるほど代ゼミ講師のツイートがあるのですか。昔のプライベート秘匿の時代からすると隔世の感がありますね。
「週刊金曜日」に載っていそうな内容ばかりです。かつての代ゼミは土師師・吉川師・小田師といった「べ平連」の巣窟で、その頃ですら授業と活動は一線を引いていたものですが。
代ゼミOBとしてあのオベリスクが巨大な墓標とならないことを祈っています。