浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号367 代ゼミ土屋の古文特講

d0133636_213802.jpg
【タイトル】代ゼミ土屋の古文特講 改装版
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】文英堂
【サイズ】A5
【ページ数】CD2枚+48頁+40頁+44頁+40頁
【目次】
(基礎編)
第1講 土佐日記  「家に至りて門に入るに」   (愛知学院大)
第2講 更級日記  「その五月のついたちに」      (中京大)
第3講 枕草子   「宮にはじめてまゐりたるころ」(東京家政大)
  〈参考〉枕草子  「宮にはじめてまゐりたるころ」  (成城大)
第4講 徒然草   「丹波に出雲と言ふ所あり」  (二松学舎大)
第5講 伊勢物語  「むかし、あてなるをとこありけり」(日本大)
第6講 大和物語  「下野の国に男女すみわたりけり」(早稲田大)
第7講 源氏物語  「日もいと長きに、つれづれなれば」(専修大)
第8講 堤中納言物語「蝶めづる姫君の」         (明治大)
第9講 大鏡    「粟田殿の御男君達」        (大正大)
第10講 奥の細道 「福井は三里ばかりなれば」     (専修大)
●(基礎編巻末)正解答集
(応用編)
第1講 蜻蛉日記  「心のどかに暮らす日」       (東京大)
第2講 和泉式部日記「宮より、雨のつれづれはいかに」(立命館大)
第3講 伊勢物語  「昔、男ありけり。いかがありけむ」(東京大)
第4講 源氏物語  「ただいま、かうあながちにしも」 (日本大)
第5講 大鏡    「女院は、入道殿を」       (国学院大)
第6講 十訓抄   「ある殿上人、五月二十日」(お茶の水女子大)
第7講 古今著聞集 「中頃、なまめきたる女房」  (東京女子大)
第8講 無名抄   「建春門院の殿上の歌合に」  (横浜国立大)
第9講 徒然草   「園の別当入道は」         (立教大)
第10講 玉勝間  「兼好法師がつれづれ草に」     (成城大)
●(応用編巻末)正解答集
【初版発行年月日】1998年7月10日
【収蔵品発行年月日】1999年 改装版第2刷版
【収蔵品定価】1800円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】永橋博・日比野純三 「毎年出る頻出古典」(日栄社)
【コメント】
以前、酒井師の「現代文特講」を取り上げたが、こちらは初版発行から7年後に出された改装版で、初版では「基礎編」と「応用編」の2分冊だったものを1冊にまとめたもの。合本ということを考えれば1800円という定価は良心的。
それぞれの問題を見ると頻出出典の上、基礎編は基礎編らしく応用編は応用編らしく選題されており、特に応用編に関してはマニアが血眼で探している「土屋の古文講義3」に相当するレベルであることが分かる。
土屋師と言えば出版点数もメディア露出も多い予備校講師だが、こと音声や映像に関しては意外なほど残っていない(NHKの夏期ラジオ講座のテープや代ゼミVIDEOSCOOL「実戦古文のポイント」等)。本講義は大教室でテンポ良く暴れ回る土屋師とは違い淡々とした口調に驚く。生徒を前にしないとあのテンションは出ないのだろうか。
何よりCDの収録時間が74分しかないため、10問もあると1題あたりわずか7分(ちなみに酒井師は2枚で6題なので約24分)しかなく、内容は文学史と問題の簡単な解説しかない。テキストの方も問題とヒントと全文訳と正解だけで土屋師らしさはゼロと言っていい。
このシリーズは音声付き参考書としては最初期のものなので、まだ手探りの部分があるのは仕方がないが、これでは単なる古文の頻出出典問題集という評価(しかも問題解説は音声のみ)しか下しようがない。
[PR]
by roudai | 2012-12-04 00:00 | 国語 | Comments(2)
Commented at 2013-06-26 08:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2013-06-26 22:14
>鍵さま
面白い情報をありがとうございます。チノポトス面白いですね。
早速土屋師の動画だけダウンロードしました。短大のHPでお見かけしましたが、それ以上に痩せられましたね。私もビックリしました。しかし、この講義が無料で見れるというのは隔世の感があります。