人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号424 現代文の科学的研究 Ⅰ評論編/Ⅱ文芸編

d0133636_1057474.jpg
d0133636_10571380.jpg
【タイトル】現代文の科学的研究 Ⅰ評論編/Ⅱ文芸編
【著者】松本成二
【肩書】
【出版社】あずみの書房
【サイズ】A5
【ページ数】255頁/295頁
【目次】
【Ⅰ評論編】
第一章 必ずお読みいただきたい序文
第二章 評論文の科学的研究
 一、論旨(主題)・題目(文章題)とは何か、それはいかにして求められるか
 二、要旨・大意とは何か、それはいかにして求められるか
 三、部分解釈とは何か、それはいかにして求められるか
 四、特殊な部分解釈の求め方はいかにあるべきか
補章 評論の選択肢設問の解析はいかにあるべきか
 評論における<論旨>の選択肢設問の解法はいかにあるべきか
【Ⅱ文芸編】
第一章 必ずお読みいただきたい序文<その二>
 一、文芸的テキストの科学的解析は如何にあるべきか。
第二章 小説における心理描写とはいかなるものか、またその正しい解析はいかにあるべきか
 一、文章表現による心理描写について
 二、会話による心理描写について
 三、テキストの修辞による心理描写
第三章 小説の性格描写
 一、文章表現による性格描写
第四章 小説のテーマと文体とはいかなるものか、またその正しい解析はいかにあるべきか
第五章 詩のテーマ・モーティフと詩の音韻補章 多肢選択設問の原理とその解法
【初版発行年月日】1990/1/25/1990/12/5
【収蔵品発行年月日】1990/12/5 第1刷発行
【収蔵品定価】1700円(本体1650円・税50円)/2000円(本体1942円・税58円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】20000円(揃いで)~
【鑑定額】2000円(揃いで)
【代替参考書】松本成二「知の学としての国語―難関大学入試問題の解析」(原書房)
【コメント】
突如、無名の出版社から出された二冊組(Ⅲ小論文編は未刊)の現代文参考書。著者(両国予備校講師?)の知名度も低く、定価も高かったのであっという間にレア化。ヤフオクでも一~二度しか見かけた記憶がない。
収録されている問題は一流国公立大の記述式問題が中心(一部早稲田大を含む)で問題の難度は高い。しかし、その解説は横文字やカタカナを振り回して、簡単な事をわざわざ難しく書き立てた空疎な内容でしかない。
いくつも「原則」を並べているが、分類のための分類で全く使い物にならない。
by roudai | 2013-12-24 00:00 | 国語 | Comments(0)