人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
なるほど90分一回20万..
by 1983 at 15:55
他にもビデオテープだとい..
by 1983 at 15:52
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 23:10
>kazkomiさん ..
by roudai at 23:08
>1983さん テレビ..
by roudai at 23:05
>SuzukaKure2..
by roudai at 23:01
佐藤先生に関してですけど..
by 1983 at 17:01
早速拝見しました。なかな..
by 1983 at 16:57
>tabitetuさん ..
by roudai at 22:00
たまたま見つけたのですが..
by tabitetu at 20:09
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号472 佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語

d0133636_1024730.jpg
【タイトル】佐藤忠志のズバリ!合格の英熟語
【著者】佐藤忠志
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】KKベストセラーズ(ワニの本)
【サイズ】新書
【ページ数】218頁
【目次】
これが新しい熟語勉強法だ
Ⅰ・穴うめ問題用熟語集
Ⅱ・長文読解用熟語集
Ⅲ・基本動詞で覚える英熟語集
Ⅳ・前置詞で覚える英熟語集
【初版発行年月日】1987年3月5日
【収蔵品発行年月日】1988年3月15日 21版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】花本金吾 「英熟語ターゲット1000〔4訂版〕」(旺文社)
【コメント】
諸元は誤植ではない。
一般新書として発売されてわずか1年で21版という、現在の出版不況から考えたら驚異的な数字を叩き出した英熟語集。「ズバ単」のキワモノ的な時事単語、「ズバ作」の発想転換といった特徴に比べるとやや地味なためにあまり注目してこなかったが、いざ当時のライバルである「でる熟」「キセ熟」「伝熟」「合格水準」と比べてみるとⅡの長文読解用熟語集が傑出しており、またⅠの穴うめ用がわずか45頁(350語)なのに対し、Ⅱが解釈用の英文を載せているとはいえ78頁(300語)もあり、他の熟語集を補完するものになっている。ベタな熟語はⅢやⅣに軽く載せているだけなのであくまで2冊目としての評価。

P.S.表紙の手の形に見覚えがあると思ったら「世界の」福田繁雄デザインでビックリした。バブル期だなぁ。
by roudai | 2014-11-04 00:00 | 英語 | Comments(9)
Commented by M at 2018-02-25 09:00 x
久しぶりに、ブックオフで発見、拝読。館長の見立てでは、現在から見たこの本の評価は如何でしょうか?
Commented at 2018-03-10 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by roudai at 2018-03-25 22:14
>Mさん
単独では穴だらけですが2冊目としてはまぁまぁだと思います。プレミア価格にもなっていないでしょうし(今見たら定価以上になってますね・笑)。
>鍵さん
ようつべ情報ありがとうございました。
Commented by ケンチャナヨ at 2019-09-25 13:40 x
館長様

今日の朝日新聞デジタルに佐藤先生の訃報が載っておりました。

昨日佐藤先生の自宅を訪問したデイサービスの方が警察に連絡して死亡が確認されたそうです。

佐藤先生の全盛期を知る者としては、あの方が孤独死を迎えることになるとは思いもよりませんでした。

ただ、数年前のインタビューで奥様には既に逃げられ、酒を飲むことしかやることが無いから糖尿病を患っているのにも拘らず昼間から酒を飲んでる荒んだ生活が書かれていたので、あまり先は長くはない予感はしましたが・・・。

時代の寵児にはなったものの、振り回され過ぎて吹っ飛ばされてしまった様な気がします。

享年68歳。

御冥福をお祈り申し上げます。
Commented by 落札しそこなった男 at 2019-09-28 23:40 x
お久しぶりです。佐藤師の訃報を聞いてちょっとショックを受けております。
授業を受けたこともなく、単なる東進の広告塔という認識でした。
私が現役生のころ、南浦和校舎が開設され、上野から大宮までどこの駅にも東進の広告が。佐藤、和角、小暮、滝山、マドンナ、横山、などが列強されていて、ハッキリ言って講師陣が自慢ですがキャッチコピーだったと思いますが、知ってるのはグリデンと金ぴかだけでした。
中学の塾で一緒だったやつと一緒に、上半期だけ行きました。自慢の講師の出講はゼロ。
知ってたのは、一ツ橋早慶外語(高田馬場)の看板講師だった阿久津光司だけ、彼を知ってたのは、早稲田に受かった兄が河合で受けてたから。掛け持ちだったようです。でも彼も講習会のみの開講だけだったようです。
受験生になりかけのころ、ズバ単をはじめて購入したことから受験が始まりました。ズバ熟、解、作と発行と同時に買ったように思います。特にズバ単は結構仕えたように思いますが、売れてなかったですね。

代ゼミ校舎削減の時に、彼がカメラの間に出てきたときはずいぶんやせていましたが、まだ往年の雰囲気はありましたが、数週間前に伝えられた現況はあまりにも激変してました。
もう人生をあきらめたのか、それでよしとしたのか、人の最後のなんとも言えない思いを感じました。とりあえずある瞬間は誰もが知る、我々の世代ならなおさらでしたからね。

改めてご冥福をお祈りします。
Commented by roudai at 2019-10-03 22:32
>ケンチャナヨさん
私は東進に行ってからしかリアルタイムでは知らないので、直接習ったわけではありませんが、一時代を築いた方なのでショックでしたね。予備校講師専業でこれだけ訃報が広く報じられたのは後にも先にもないのではないでしょうか。
正直、予備校講師生命は東進を切られたあたりで尽きていましたが印税や講演料などがあったのでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。

>落札し損なった男さん
ご無沙汰しております。お元気ですか。
「ハッキリ言って講師陣が自慢です」の看板のセンターでしたからね。
あそこに載っていた人々も一線を退き、行方が分かるのは瀧山くらいですか。グリデンも確か存命だったような。
離婚と大病、特に脳関係はアタマに自信がある人ほど自分の衰えに衝撃を受けるようですからね。
ゲンダイの人が思い出して取材していなかったらあの衝撃の写真もなく単に孤独死したというだけでしたから。予備校講師は大概若く見られますが、それでも70過ぎまでは生きられないモノですね。チョーク粉の吸い過ぎでしょうか。

これだけインパクトのある話なので、秋の新刊の内容を一部変更して佐藤忠志特集を組みます。なので「実況中継」は上(既刊)・中(新刊)・下(冬コミ予定)の3部作になる予定です。
Commented by tabitetu at 2019-10-06 01:18 x
まず、佐藤忠志師のご冥福をお祈りします。
自分は高校時代、佐藤忠志師にインスパイアされ、リアルタイムに東進藤沢校に講習を入ったのが最初です。初日、遅刻してきた生徒が、空いている席に割り込んで入ろうとしたところ、「こらー!!」と大声で怒り出しました。その理由が「君は勝手に許可を得ずに席に割り込んだのはマナー違反だ!。そこから出て行け!!」と言って、生徒が怒り出して外に出て行ったところ、佐藤忠志師は外にいる職員に「あの生徒を追って、名前を特定しろ」と言いました。しばらくして、生徒の名前を呼ぶ放送が流れました。おそらく講師室の佐藤忠志部屋で説教を食らったのでしょうか?。また、英作文の問題を解いているときに、生徒が「自分を添削してください」と出したら、「君、それはマナー違反だよ」と言って答えなかった。ということがありました。あと「ゲリラ戦英単語」は古すぎて使えません。どうか「ズバ単」を購入してください。という話をしていました。自分もいくらか面白い話が周りから入って来ています(辛辣なものもありますが)のでお伝えします。
Commented by ケンチャナヨ at 2019-10-14 23:57 x
そういえば原秀行先生が講義の最中に佐藤先生のことを時折イジってらっしやったことを思い出しました。

曰く「(外見上)とても慶應(出身者)とは思えない。」、「慶應のイメージが壊れてしまう」等々、何パターンかありましたが、原先生の言葉にはトゲはなく(毒に慣らされただけかもしれませんが(笑))、大教室が笑いに包まれました。

今となってはとても懐かしい思い出の一つです。
Commented by roudai at 2019-11-07 23:10
>ケンチャナヨさん
私の頃もいじっていましたね。「ヤツは人間ではないから人称代名詞はit」という教えを守り続けています。