浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>通りすがりさん 今の..
by roudai at 12:23
「おもしろ同人誌バザール..
by M at 23:13
Yahoo Japanか..
by 通りすがり at 21:13
包絡線については、青空学..
by Passers-by at 15:12
ご無沙汰です。遂に「モリ..
by tabitetu at 22:28
>ゴリゾウさん はじめ..
by roudai at 23:41
館長殿 以下の書籍は中..
by ゴリゾウ at 17:01
>山本知一郎さん >9..
by roudai at 17:52
>ゴリゾーさん あらま..
by roudai at 22:03
良い著書なのに こんな..
by ゴリゾー at 20:52
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号479 現代文読解の根底

d0133636_6431519.jpg
【タイトル】現代文読解の根底
【著者】高田瑞穂
【肩書】成城大学名誉教授
【出版社】新塔社
【サイズ】B6ハードカバー
【ページ数】164頁
【目次】
読者へのことば
第一章 国語学習の重要性
第二章 表現の典型としての文学
第三章 読解・鑑賞・批評
第四章 ことばの美しさ
第五章 詩的精神
第六章 古い芸術観と新しい芸術観
第七章 日本の近代
第八章 近代的自我
第九章 鴎外と漱石
第十章 近代文学の展開
第十一章 作家の宿命
第十二章 近代文学のリアリティ
付記 解説
(1)個人主義
(2)ヒューマニズム
(3)個性
(4)美意識
(5)リアリズム
(6)ロマンチシズム
(7)人生観
(8)自然観
(9)文化
(10)幸福
【初版発行年月日】1982年9月10日
【収蔵品発行年月日】1984年3月15日 重版発行
【収蔵品定価】700円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】高田瑞穂「現代文読解の根底」(ちくま学芸文庫)
【コメント】
クリスマス恒例(?)の「今年一番の暴落を招いた復刊」。「新釈現代文」復刊の時はあれだけ事前に盛り上がったのに、本書は新刊書店の本棚で見かけるまで復刊に気が付かなかった。若しかしたら、この記事を見て初めて復刊を知る人もいるのではないだろうか。
未だに数万円で出品する出品者もいるが、中身はというと高田瑞穂による独断的「日本近代文芸史」で、現在の文学軽視の出題傾向からしても「根底」どころか、知らなくても全く困らない(国文科に進む人なら知っておいた方が良いだろうが)。
読んでいくと1頁に1回くらいの割合で「明らかに~である」とか「言うまでもなく」といった説明努力を放棄した高踏的な独断の押しつけが出てきて、石原千秋の原型を見ることが出来る。また、高田がどんな生徒を相手にしてきたのかも以下の例から推察することが出来る。
一つの例を示そう。
私の接している学生は国文学専攻の青年男女である。少し前、三年のリポートを読んで、次のような表現に出会った。

漱石は悪魔で、自分の考えを貫こうとした。

「悪魔で」―私は考えた。自分の考えを貫こうとするものは「悪魔で」なくてはならないのか。そういう「悪魔」の概念において漱石を考えるとしたら、その前後にも当然この概念は用いられるはずである。しかしこの一句以外に「悪魔」ということばは見当たらない。もしかしたら?―そう考えてその学生を呼んでたずねた。私の想像は当たっていた。(本書7~8頁)
なるほど、成城大学文学部国文学専攻の3年生の「レベル」というのはこの程度であるのか。この本が書かれたのが昭和57年以前であり、石原が一浪の末に成城大学へ二次募集で滑り込んだのは昭和49年、3年生ならば52年のことであるから、このレポート提出者は石原だったのかもしれない(笑)。

わずか164頁の小冊子にすぎないのに、ほぼ半分は引用(ほとんどが戦前までの文章)で残りの半分は一般教養の授業で十年一日述べられてきた出羽守的な「日本文学暗黒論」で、お尋ね者の「文士」から見た「欧米では○○なのに日本は・・・」といった紋切り型の大衆から遊離した空論ばかりである。これが「新釈現代文」と同じ昭和30年代後半に書かれていたのなら驚きもしないが、昭和57年に新刊として出版されたことに衝撃を受けた。10年も経たずに受験参考書の本棚から消えたことは必然と言えるだろう。こんな駄本を読む暇があるならば、夏彦翁の「完本 文語文」(文春文庫)を読む方が遥かに実りのある読書と言える。
[PR]
by roudai | 2014-12-23 00:00 | 国語 | Comments(0)