浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号698 ルールとパターンの英文解釈

d0133636_20152125.jpg
初版
d0133636_19491232.jpg
オンデマンド版
【タイトル】ルールとパターンの英文解釈
【著者】伊藤和夫
【肩書】旺文社「大学受験ラジオ講座」講師・駿台予備校講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】352頁+別冊40頁(初版)/392頁(オンデマンド版)
【目次】
はしがき
"ルール"の一覧表
"パターン"の一覧表
講座≪1≫~≪40≫

別冊
●問題文≪1≫~≪40≫
●英語ミニミニ事典
●索引
【初版発行年月日】1994年3月28日(初版)
【収蔵品発行年月日】1994年3月28日 初版発行/2004年6月30日 発行
【収蔵品定価】1600円(本体1553円)/本体2500円+税
【入手困難度】★★★★☆/★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】5000円~(初版・完品)/2000円~(オンデマンド版)
【鑑定額】2500円(初版・完品)/1500円(オンデマンド版)
【代替参考書】伊藤和夫「[新版] ルールとパターンの英文解釈」(研究社)
【コメント】
毎年クリスマス恒例、「今年せどり屋が最も悲鳴を上げた復刊」は、直前に有力候補が飛び込んできたものの大方の予想通り伊藤和夫師の「ルールとパターンの英文解釈」を取り上げる。

伊藤師がこの「伊藤の英文解釈」で旺文社ラジオ講座にデビューしたのが1985年4月5日。
当時のラ講講師陣は
共通一次英文読解 前北大教授 中田靖泰
共通一次英作・文法 神戸大教授 吉田一彦
英文解釈 早大教授 三浦修
英作文 千葉商大教授 猪狩博
英作文 関東学院大教授 御園和夫
英語総合 東京理大教授 須々木斐子
英単語 旺文社編集顧問 J.B.ハリス
と建前上は大学教授が中心(猪狩師は代ゼミ、御園師は英進予備校)だったが、そこに「ラ講講師」の肩書で旺文社と縁の薄い在野のbig nameが殴り込んできたのは当時としては驚きだったろう(他教科のラ講講師は土師師と武石師だけ)。館長はもう少し後の世代なので、ベテランの伊藤師はラ講でも古参だとばかり思い込んでいた。

ラジオ講座テキスト1985年4月号よりデビュー時の伊藤師の言葉
d0133636_20573822.jpg
の最後、「実証したいと思います」という言い方からもこの「ルールとパターン」というアイディアを試すためにラ講に出講したように見えるし、その成果の一部が後の「ビジュアル英文解釈」(1987/12/10)となったのであろう。
当時のラジオ講座テキストと突き合わせると内容は放送そのままの順番であり、ラ講の1コマが30分であることを考えると、後に刊行された同名の
伊藤和夫「伊藤のルールとパターンの英文解釈」(旺文社)
C60×20本 30,900円
は本書に収録された全40講分の放送(1985/4~1986/1)をそのまま市販したものだと分かる(ということは本書があれば馬鹿高いオークション価格でテーブ教材を買う必要は無い)。

本放送から9年後、ラ講末期の刊行のために本書はあまり日の目を見ることなく絶版になったようだ。その後、旺文社の関連会社㈱デジタルパブリッシングサービスから2004年にオンデマンド版として一時復刊した。
「復刊」にもかかわらず「1QQ4」で取り上げたようにオンデマンド版の表紙に微細な違いがある。オークションの出品を確認する際には以下の点に気をつけて欲しい。
初版では左上の伊藤師の肩書が「旺文社『大学受験ラジオ講座』講師」となっているが、オンデマンド版では空白になっている(但し中表紙はそのまま)。あと、青の色味がやや濃い。
また、初版では別冊になっていた文例集と英語ミニミニ事典と索引がオンデマンド版では全て巻末にまとめられている。伊藤師の意図は、別冊で原文を見ながら解説を読ませたいということなので、散逸することは無くなるが不便だ。
オンデマンド版は「山貞」の復刻と異なり、一から版下を作り直しているわけではなく、原本のコピーによる版下を使用しているようで、例文の背景に使われているトーンの粒子が下のように荒れており、文字もやや濃くなっていて読みづらい。
d0133636_19504141.jpg
ラ講時代から伊藤和夫を苦手にしてきたので今回初めてまともに読んだのだが、「ケース・スタディ英文解釈」→「ルールとパターンの英文解釈」という立ち位置から旧「英文解釈教室」(1977/2/5)レベルと思い込んでいたのだが、いざ読んでみると平易な語彙が多く楽に読める。ラ講の録音から起こしているので解説も他の伊藤本に比べてとっつきやすい。表紙のレベル表示が易から難まで幅広いのは「看板に偽りなし」だ。「ビジュアル英文解釈」はクセのある紙面と併せて好き嫌いが分かれる(私は嫌い)が、伊藤流の英文解釈の入門書としては人を選ばない好著だと思う。敢えて苦言を呈すれば、1つの講義で何を目的としているのかが分かりづらく、自分の不得意箇所だけを読むといった使い方が出来ない点が挙げられる。あくまで1、2ヶ月集中して1冊丸ごと取り組む時間と気力があっての好著である。

ついでに、復刊した新版との違いにも触れておく。

本書の刊行タイミングはラジオ講座からJランドに切り替わる旺文社迷走期初期で、それ以前の旺文社の参考書と比べると明らかに編集がヘボい。本書で言えば、
①余白が極端に狭い
②中表紙に目次が埋め込まれている
③本文が最終頁まで書かれている
の3点が即座に挙げられる。

d0133636_14223491.jpg
上に挙げた①と②については全て新版において改善されている。初版ではギリギリまで余白を詰めているのを普通の組版にしたことで本誌が352頁から384頁に膨れあがっている。③については頁数の都合で同様だが、初版の「終わりに」が頁数の都合で途中から始まっているのに対して、新版は改頁して始めた結果最終頁にも文章がある、という点で見た目は一緒でも内情は異なる。

初版と新版の内容における差異は
①課題文の1文毎に番号が振られていて、説明箇所の英文の頭に対応する番号が振られて参照性が向上している(但し本文は丸付き番号で説明箇所は反転丸付き番号)
②初版の別冊は文例集だが、新版の別冊は全文訳である。初版は全文訳が各章の最後に載っていたのだが新版は別冊に移動している。

①に関して気持ちはわかるが、なぜ目立つ反転丸付き番号にしたのか理解に苦しむ。
ただでさえルールを説明するための例文の頭にカッコ付きの数字があり、数字の重複による無用の混乱を避けるために伊藤師は敢えて番号を振らなかったのだろう。そして、なぜ1文全てではなく、文頭の一部分だけを引用しているのかを研究社の編集者が理解していないから②のような蛇足を行ったのだ。

番号を振る理由は、原文と解説箇所が離れているために確認しやすくした(新版は初版よりも行数が減ったために原文と解説箇所との距離が離れている)からだが、別冊の文例集があれば解説箇所がどれだけ後にあろうが頁をめくらずに参照できる。これは私の妄想ではなく、文例集の表紙にキチンと書かれている。
d0133636_1731665.jpg
また文例集は本文の原文より行間を取って作られているからこれだけコピーして白文として演習用にも使用できる。全文訳を別冊にする理由は何があるのだろうか?せめて、文例集をそのままに全文訳と併せて別冊化していればよかったのだが。

研究社のケツの穴の小さな所は「はしがき」の伊藤師による謝辞を改竄した点で、自分たちがロクな仕事をしていないから他所の編集者が褒められるのが気にくわなかったのだろう。「最後に」から「同様です」を丸々カットした研究社の所業は伊藤師の仕事に対する冒涜である。
d0133636_1853928.jpg

by roudai | 2018-12-25 00:00 | 英語 | Comments(4)
Commented by M at 2018-12-27 20:38 x
「英文解釈 早大教授 三浦脩」は「三浦修」ではないでしょうか?違ってたら済みません。「論文・レポートの書き方」「マンガでおぼえる英単語」等の著作のある洒脱な解説の英文解釈の講義だったような気がします。
Commented by roudai at 2018-12-27 22:20
>Mさん
ご指摘ありがとうございます。
OCRじゃなくて手で打ったんですけど見落としていましたね。
投稿欄の「笑いの電波」の選者でもありました。
Commented by 志らとり at 2019-01-03 00:49 x
明けましておめでとうございます。
本年も宜しく御願い致します。

暮に掃除をしていたら本の山が倒壊して悲惨な事に・・・。

さて、中にこの本の旺文社版がありました。(入手直後体調を少し崩して仕舞い込んで居ました)
ジャケットの著者肩書が、既にありません。1996年版と云う事ですが、あてには成りません。但し、ジャケットを外すと本体の表紙と中扉には肩書があります。
すると、表紙の肩書の有無は、オンデマンド版か否かの判別に使えないと云う事に成りそうです。

研究社版は別冊の出来が悪いですね。新装幀版の英文解釈教室と歩調を合わせたと云う事なのでしょうね。
ならば、「文例集」のみの別冊をもう一冊つけるべきだったですよね。
Commented by roudai at 2019-01-03 07:53
>志らとりさん
明けましておめでとうございます。
新年早々興味深い情報をありがとうございます。
>ジャケットの著者肩書が、既にありません。
>1996年版と云う事ですが、あてには成りません。
>但し、ジャケットを外すと本体の表紙と中扉には肩書があります。
なるほど。オンデマンド版の底本は重版時のものなのでしょうね。1996年ですとJランドも終わっていそうですし。
逆に肩書があれば確実に(初版の誤植等はありそうですが)オンデマンド版ではないと言えますね。
>新装幀版の英文解釈教室と歩調を合わせた
「教室」とは突き合わせなかったのですがそういうことですか。ありがとうございます。