人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号702 日本史講義の実況中継(上)

d0133636_20264112.jpg
d0133636_7341595.jpg
【タイトル】日本史講義の実況中継(上)/菅野日本史B講義の実況中継(上)―原始・古代史篇
【著者】菅野祐孝
【肩書】代々木ゼミナール,武蔵高等予備校講師/代々木ゼミナール,旺文社大学受験講座,大阪S.P.S.講師
【出版社】語学春秋社
【サイズ】A5
【ページ数】249頁/279頁
【目次】
講義を始めるにあたって
第1回 原始時代(1)
第2回 原始時代(2)
第3回 大和時代(1)
第4回 大和時代(2)
第5回 大和時代(3)
第6回 大和時代(4)
第7回 大和時代(5)
第8回 奈良時代(1)
第9回 奈良時代(2)
第10回 平安時代(1)
第11回 平安時代(2)
第12回 平安時代(3)
索引
【初版発行年月日】1989年4月20日/1995年12月15日
【収蔵品発行年月日】】1989年4月20日 初版発行/1995年12月15日 新課程版初版発行
【収蔵品定価】1000円(本体971円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~/300円~
【鑑定額】300円/300円
【代替参考書】菅野祐孝「日本史オール・イン・ワン」(代々木ライブラリー)
【コメント】
平成も残すところあと4ヶ月。ふと、昭和最後の年(昭和63年)の菅野師による講義を元にした「日本史講義の実況中継」が読みたくなったので倉庫から引っ張り出してきた。
今でこそ日本史の実況中継といえば河合塾の石川師と思われているが、20世紀までは菅野師の天下だったのである。

どれくらいの天下だったかというと、初版の「日本史講義の実況中継」の上巻が第275刷、中巻が第258刷、下巻が第245刷まで出ている(新課程版を含まず)。菅野師をディスって悦に入っている予備校講師の著作でこの1/10の刷数が出ている本がどれだけあるだろうか。
そういう意味で本書は「でる単」と同様に本書の前後でパラダイムシフトを起こしたエポックメーキングな1冊である。

菅野師をディスる連中の二大常套句が「重箱の隅ばかり」と「ノート作成に熱中して」だが、第1回 原始時代(1)の最後にはこうある。
 ぼくはよく受験生に歴史の流れをつかめと言うんですが、この講義もその点に主眼をおいて進めていきたいと思います。受験生の弱点だけを1年間しゃべっても、絶対に合格しません。基本をがっちり固めてさえいれば、難問・奇問の3つや4つは答えられなくても平気です。みなさんは基本を固めるので精一杯なはずですから、それに全力を投入してください。昔の受験生は「弱点」まで手は回りませんでした。でも、みんなちゃんと受かったんです。いいですね。授業では基本90%、応用・難問10%ぐらいの比率で進めていきます。
 それでは今日はここまでとします。(新課程版P34・赤字本文ママ)
このように菅野師自身が第1回から「受験生の弱点だけを1年間しゃべっても、絶対に合格しません」と述べている。プレサテライン時代の菅野師の講義はプラチナチケットだっただけに、批判している人間の大半はろくすっぽ聞かずに批判しているのだろう。

また、ノート作成について彼らが勘違いしているのは、菅野流の講義ノート作成には意外と時間が掛からないという点だ。

館長は生憎通年の講義を受講したことはないが、夏期講習で「日本近現代史ゼミ」を受講し、5日分のノートを作成した(妹は通年の講義を受講したのでノートはどこかにあるはず)。では、このノートの作成にはどれほど掛かったかといえば、講義時間しか掛かっていない。なぜなら、講義中に菅野師が書く板書がそのまま完成品なので、講義を聴きながら自分のノートに写すだけで他の時間は必要ない。あの内容を「一から自力で」作ろうとしたら何十時間も掛かるが、ただ写しているのだから比較にならない。

受験日本史を席巻した菅野日本史も「日本史必出史料」と代替参考書くらいしか見かけなくなってしまった。私大難化の昨今、菅野師の業績が再評価されることを望みたい。

P.S.随分前に見付けた5年前の菅野師による北海道史の板書。ホワイトボードでもこの品質で描けるというのがまさに「神業」。
北海道高等学校教育研究会【地歴公民部会/日本史分科会】 [日本史分科会]平成25年度 日本史分科会の様子をアップしました
by roudai | 2019-01-08 00:00 | 社会 | Comments(4)
Commented by 落札しそこなった男 at 2019-07-10 20:32 x
ご無沙汰しております。
菅野先生は私にとっての恩師です。
通年日本史、夏期冬期直前と受講しました。
その板書を見たとき、本当にびっくりしました。何の下書きもないのに一寸の隙もない板書はまさに職人芸でした。
よく板書に気を取られ、理解が付いていかないみたいなことを後年言われてるやに聞きましたが、何を言ってんのという感じです。
そんな講師だったらあの時代ではあっという間に淘汰されたはず。あの時代の受験生はそれでも食らいついて聞いてました。片っ端から書いたら消すということではないので、個人のペースに合わせて書いていけば問題ありませんでした。
覚えてるのは荘園制の板書の時。ここは板書を書くのを一斉に止めさせて、黒板に注目ということで解説をしてくださいました。面倒な荘園制、受領・遥任などはっきり解説いただきました。
板書で書いて覚えるか、プリントに丸したり線を引いたりして覚えるか、それは講師の力量、進め方かと思います。個人的にはどっちが良いとか悪いとか、ディスったりすることは全く意味ないと思います。ディスることが差別化と思ってるのかもしれません。
実況中継が菅野版から石川版になってしまってますが、講師の政治的思想が垣間見えない分、菅野師のほうがやはりいいと思いますね。
Commented by roudai at 2019-07-10 20:48
>落札しそこなった男さん
長文コメントありがとうございます。
通年を経験された方からこういうコメントをいただくと非常に心強いです。
菅野師はほとんど政治信条を表に出されませんでしたね。あと、他の講師の悪口も。この辺は予備校講師の鑑だと思います。
Commented by ニック at 2019-08-09 00:38 x
うーん。
私がブログでまとめようとしたイイタイコトを全部書かれてしまった(笑)。
菅野先生を批判する人は必ず「ノート作成に時間がかかる」とか本当に的外れですね。
確かに実況中継には一般的なノート作成の注意はあるけれど、立体パネルを受験生が作りなさいとか
一言も書いていないし、言ってもいない。

むしろノート作成大変だから私の講義を取りなさいっていうのが菅野先生のセールストークでしたから(笑)。
的外れの批判する人は堀木の現代文からやり直してほしいですね。
Commented by roudai at 2019-08-12 06:56
>ニックさん
お褒めいただきありがとうございます。
菅野師があまりにビッグになりすぎて一言腐さずにはいられないのでしょう。最近菅野師の肩を持つ人間が全くいないので日頃の不満をまとめたらこうなりました。
>堀木の現代文
最近5ちゃんでは堀木師を腐すのも流行のようで、あれだけわかりやすい内容が理解できないのだからよほどのつむじ曲がりばかりなのでしょう。