人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
なるほど90分一回20万..
by 1983 at 15:55
他にもビデオテープだとい..
by 1983 at 15:52
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 23:10
>kazkomiさん ..
by roudai at 23:08
>1983さん テレビ..
by roudai at 23:05
>SuzukaKure2..
by roudai at 23:01
佐藤先生に関してですけど..
by 1983 at 17:01
早速拝見しました。なかな..
by 1983 at 16:57
>tabitetuさん ..
by roudai at 22:00
たまたま見つけたのですが..
by tabitetu at 20:09
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

発行書籍番号026 日本ビデオ史講義の実況中継(中)

d0133636_22344651.jpg
【タイトル】日本ビデオ史講義の実況中継(中) ―録画・レビュー①篇
【著者】有江 晴彦
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】28頁
【目次】
上巻補訂
第3章 魔法の箱が現れた
(1) どうやって録画するか
 A) 古の方法
 B) 何が負担なのか
(2) 魔法の小箱 GV-SDREC
 A) 長所
 B) 短所
 C) リスク評価
 D) 接続上の注意
 E) 録画データを活用するために
第4章 昭和のレジェンドを召喚する
(1) 代々木ゼミナール
 A) 青木義巳
 B) 佐藤忠志
【初版発行年月日】2019年11月3日
【定価】500円
【在庫状況】在庫有
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【コメント】
当初は上下2巻の予定だったが、佐藤(忠)師の逝去による一大ムーブメントに忙殺されたのと直前にVHS3本組の「佐藤にまかせろ」(ファンハウス)を入手したことで方針を転換して、第4章は「ビジュアルアタック」ではなく、代々木ゼミナールVIDEO SCHOOLの「関係代名詞チェックポイント」(代々木ライブラリー)との2本立てとなった。
第3章は上巻からの流れを受けて動画キャプチャーの歴史と、現代的な録画方法の紹介。初心者向けの内容で、編集ソフトを使いこなせているような人なら常識レベルの内容。
上巻に引き続きカラー口絵を採用し、青木師、佐藤師の懐かしい講義姿をフルカラーで見ることが出来る。
下巻については冬のコミケカットで臭わせたが、想定外にレビュー対象量が増えてしまったので次の春コミになりそう。

上巻を含めて打ち上げの席の読書会ではそれなりに好評だったので、じっくり読んで貰えれば伝わるのになぁ。
なぜか映像関係の関係者twitterで注目された(おも同8でも上中セットのノールック買いが結構あった)ので、ほんの一部を通販に回す予定(早ければ今週末)です。
by roudai | 2019-11-05 00:00 | 同人誌 | Comments(3)
Commented by 1983 at 2019-11-07 17:01 x
佐藤先生に関してですけど、週刊現代によると「1980年代、佐藤さんの最盛期の講義料は90分で200万。年間2億円以上の収入があった。」となってますが、生徒が500人として90分一回で一人3千円として150万円の授業料収入のはず。計算が合いません。原先生の話から推測すると講義料は90分一回でせいぜい2万てとこだと思います。週刊現代の記事は佐藤先生自身の収入ではなく代ゼミ側の収入と考えるとあながち嘘ではないですけど。佐藤先生の収入が2億円以上というのは有り得ない。印税含めても3、4千万円程度だと思います。更に税金引かれたら半分近くに減るのでは。
佐藤先生はプライドが高く見栄っ張りの人にありがちな典型的な「しくじり先生」の例だと思います。代ゼミを去る要因となった講義を見せるか否かにしても、佐藤先生の言う事が正論でしょうが代ゼミ側は拒否されて快くは思わなかったはず。依頼は断らないが処世術の鉄則。講義自体も自慢話しのような雑談が中心で、最初は面白いと思っても肝心の英語の説明が少ないことに気づいて去った生徒は少なくないはず。
批判ばかり書いてしまいましたが、自戒を込めて、受験生によっては為になると思う雑談もあっただろうし、礼儀を教わった生徒もいるだろうし、原先生は講師室で生徒を叱りつけた佐藤先生を褒めていました、代ゼミの知名度を良くも悪くも上げた方ですので、今はただご冥福を祈ります。合掌。
Commented by roudai at 2019-11-07 23:01
>SuzukaKure2006さん
日本の方ではないのでしょうか?初対面の相手にその言葉遣いは損をするので早く直した方が良いでしょう。

>1983さん
長文コメントありがとうございます。数学のY田師から当時の時給トップは20万@コマという発言を伺っています。先日見せていただいた単科のコマ数(週6コマ)からも全盛時の原師や西谷師のような講習の入れ方をしても届かない感じですが、周辺情報を見る限りそこまで入れていないようです。ただ、全盛時はズバリシリーズがそれなりに売れていたので、印税、テレビ出演料諸々足せばそれくらいの収入はあったのかも知れません。
その辺の検証は冬コミ合わせの「シン・ヨゼミ 破」で書きたいと思います。
Commented by 1983 at 2019-11-09 15:55 x
なるほど90分一回20万円なら年収2億円もあり得ますよね。ただしその場合税金額が凄いはず。
ズバ単ラップは単調な音の繰り返しにしか聞こえなくて途中で聴く気失せました。
佐藤先生のラジオ講座の音声とかYouTubeにアップされてますね。