人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2021年 12月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号754 オレが入れたる!

収蔵品番号754 オレが入れたる!_d0133636_1019081.jpg
【タイトル】大学受験オレが入れたる!「偏差値の魔術師」がおくる絶対正しい合格聖書(バイブル)
【著者】佐藤忠志
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】角川書店
【サイズ】新書
【ページ数】247頁
【目次】
1 私についてこい!―受験体制に入る前の心構え
2 この大学に入るんだ!―目的にこだわれ、手段にこだわるな
3 「常識」の落とし穴―ひと目でわかる、受験に強い子と弱い子
4 受験生は読むべからず―子どもを成功させる親、失敗させる親
5 栄冠はこうしてつかめ!―これが能率を上げるマル秘作戦だ
【初版発行年月日】1986年6月25日
【収蔵品発行年月日】1986年6月25日 初版発行
【収蔵品定価】680円
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】210円
【代替参考書】
【コメント】
2019年の業界最大のニュースと言えばやはり佐藤忠志師の死去であり、一時期拓殖大学で非常勤講師をした事もあるようだが、予備校がメインの講師が亡くなってコレだけのニュースになったのは空前絶後であろう。
もちろん、インターネットの発達や直前の雑誌記事の写真のせいもあるだろうが、同じ予備校一本で全国的知名度のあった伊藤和夫師が1997年に亡くなった時のことを振り返っても隔世の感がある。
今をときめく林修師が20年後に亡くなったら同様の騒ぎになるかもしれないが、元予備校講師の訃報がコレだけのニュースになるのは当分ないだろう(百歩譲って跡見女子短大教授でもあった土屋博映師までか)。

本書はまだ東進移籍前の、ある意味佐藤師絶頂期の受験指南書である。
自身の仕事内容については
予備校では、週二二コマ(つまり二二時限)教えている。商売でやっているんだから誰に文句を言う筋合いでもないが、週五日として一日四.四コマはもう限界だ。(131頁)
という記述がある。

当時の代ゼミの単科パンフを見ると
水曜日4限基礎英語ゼミ(大船校)
木曜日4限総合英語ゼミ(代々木校)5限高2英語ゼミ(千駄ヶ谷校)
金曜日4限総合英語ゼミ(横浜校)5限基礎英語ゼミ(横浜校)
土曜日4限基礎英語ゼミ(大船校)5限総合英語ゼミ(大船校)
の7コマがあり、あと本科が15コマ(3コマ×5日)と丁度平仄が合う。
当時の代ゼミで最高のコマ単科が20万円ということなので、年間授業だけで20万×22コマ×22週=9680万円。これに講習をプラスして、印税、テレビ出演料その他を考えれば年収2億という数字は現実味のある数字だ。

ただ、自称「偏差値の魔術師」の語る学習法自体は取り立てて独創的ではなく、五文型の否定と中学校の教科書の再学習といった、下位層(以前なら大学受験を考えなかった層)向けのアドバイスでしかない。もちろん自身が芝浦工業大学高等学校から一浪の末慶大(法)に受かったという成功体験もあるだろう。

先日編集者のバーバラ・アスカさんと佐藤師について対談した時に東進移籍後の佐藤師の凋落について不思議がっていたが、本書を読んで2つめの理由に気がついた。

1つめの理由は、私と同じ原秀行門下である河合塾講師の山添玉基師と話した時にも出てきた、英語講師としての背景の薄さだろう。
前述の通り、慶大(法)の政治学科で国際政治学を学び、筑波大大学院の修士課程を修了。恩師に慶大の鈴木進教授を挙げていることから多少の心得はあっただろうが、英語学が本業の人ではない。他の著書でも文法面で秀逸な解説というのを見たことがなく、最初から早慶上智を受けるような層を満足させられなかったのではないか。特に東進移籍後しばらくは看板講師として祭り上げられた分、過剰な期待を寄せられて自滅した感がある。

そして今回気付いた2つめの理由だが、このテの受験アドバイザー本の潮流が和田秀樹氏の登場で一変したことだ。和田氏のデビュー作は「試験に強い子がひきつる本」だが、全国的に名が知れたのは1987年の「受験は要領」(ごま書房)で、和田氏はこれ以後一躍スターダムにのし上がる。
和田氏と佐藤師の大きな違いは、何をどう使って、どれだけ勉強するか、という具体性であり、佐藤師の抽象論の神通力を色あせさせたと考えられる。
もちろん、92年の引退まで佐藤師が持論のアップデートが出来なかったということもある。

刊行から30年以上経って読み返して時代を感じさせるところも多く、亡くなってからせどり屋が法外な値段を付けているが金額に見合う内容ではない。
by roudai | 2020-01-01 00:00 | 受験情報 | Comments(2)
Commented by tabitetu at 2020-01-03 19:59 x
和田秀樹先生に関しては「受験は要領」が出始めたこと、「有坂の例の方法」を持ち上げたこと。灘中、灘高、東大医学部卒なので落ちこぼれなんてあり得ない。「3万人読んだとしても数千人しか効かない方法だ」という言い方をしていたため、読まずに放っておかれた書籍でした。しかし、これを大学入学後の勉強法に適用したところ、非常に効率的にそれも高得点で単位取得できたことに驚いたことがあります。意外にも目標をはっきりさせた上で、どの時点で参考書を使うか等の、戦略がしっかり書かれていたことがありました。「東大アイドル研究会」にいた関係で「やじうまワイド」の芸能コメントでは何でもかんでも「神様」にあがめる姿勢(神様論)が気に障りました。しかし、その後の言動や書籍の論理的な記述を読むうちに、しっかりした裏打ちに沿った記述だと改めて思ったことがありました。
Commented by tabitetu at 2020-01-06 10:57 x
東進時代は「吉祥寺、川越、町田、藤沢」4校で、午後「3限基礎、4限総合、5限基礎」でした。本科の授業は持っていませんでした。昼前に個室に来て、毎回「うな重」を注文して、食べたものを置いてありました。授業に出るときは「局長」が最敬礼してお出迎え留守というVIP待遇で、生徒も近づかさせない異様な雰囲気でした。それに冬期講習などは「コマ」で来られないので「1日目、3限、4限、5限」、「2日目、4限、5限」でコマ数を節約していました。ほかの先生の講義と重複が多くてとれなかったことがありましたね。