人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号004 新釈現代文

d0133636_045764.jpg
d0133636_10262086.jpg

【タイトル】新釈現代文
【著者】高田瑞穂
【肩書】成城大学教授
【出版社】新塔社/ちくま学芸文庫
【サイズ】B6(ハードカバー)/文庫
【ページ数】176頁/259頁
【目次】
読者へのことば -たった一つのこと-
第一章 予備
 一 公的表現
 二 筆者の願い
第二章 前提
 一 問題意識
 二 内面的運動感覚
第三章 方法
 一 たったひとつのこと
 二 追跡
 三 停止
第四章 適用
 一 何をきかれているか
 二 どう答えるか
 三 適用
後記にかえて
 一 近代文学をどう読むか
 二 近代文学の何を読むか
[付]問題の解答
【初版発行年月日】1959年9月15日/2009年6月10日
【収蔵品発行年月日】1977年10月20日 重版発行/2009年6月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】500円/1100円+税
【入手困難度】★★★☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~/600円
【鑑定額】105円
【代替参考書】高田瑞穂「新釈現代文」 (ちくま学芸文庫)
【コメント】
この本も「有賀」本同様、しょっちゅう高値で出品される割に入札者が引きも切らさない謎の本の1つだ。「有賀」本と違ってこの本の場合は30年以上の歴史があり、ある程度の年齢の方には郷愁を感じさせる本であるから、「オトナの値段」でやりとりされることに不思議はないが、それにしてもこの相場(定価の20倍)はベラボーである。一時はうんざりするほど古書店に在庫があったものだが、いざ探してみると不思議なほど見つからない。「釣りキチ三平」しかり、「キン肉マン」しかり、ベストセラーというモノは猫跨ぎされつづけた後、突然人気が出たりするモノである。
まだ確認はとっていないが、この本の人気が再燃したのは著者の弟子筋に当たる石原千秋が自著の中で持ち上げたからだという説がある。こんな妄言に踊らされて若い世代までがオトナの値段に巻き込まれるのを見るに耐えない。
この本のミソは冒頭から繰り返される「たった一つのこと」で、それが何なのか、どう役に立つのかは伏せたまま第三章59頁(文庫版88頁)まで引っ張った末に「たった一つのこと」とは「追跡」だという。
ところが「何を手がかりにしてどう追跡するのか」といった方法論については具体的に何も語ってくれない。読書百遍意自ずから通ず。答が出ないのは読者の「追跡」の仕方が悪いからと一刀両断である。これが60年代の参考書といってしまえばそれまでなのだが。
確かに出題された文章1つ1つの説明量は結構なものだが、重要なところもそうでないところも一緒くたに一本調子で説明するからメリハリが無く今時の学生なら間違いなく睡眠薬替わりとして使えるだろう。本書を前にしたら「イイタイコト」の藤田修一師の本ですら名著に見えてくる。
現代文の参考書は代ゼミ田村秀行師の「田村の現代文講義」を境に劇的に変化し、「田村」以前の典型である「新釈現代文」を今の受験生が使う意味は全くない。
文庫版の解説を石原が担当しているが、「自分がやり通した2冊だけの参考書」として本書と「古文研究法」を挙げているものの、「古文研究法」の版元を「落陽社」と書いていあるあたり、石原がどれだけ「古文研究法」の熱心な読者だったのかは知れよう。さすがに第2刷以降からは訂正された模様だが。
d0133636_10341343.jpg
P.S.復刊されたのでリンクとヤフオク相場を修正しました。
by roudai | 2007-10-04 00:00 | 国語 | Comments(12)
Commented by Mgiee at 2007-10-04 19:28 x

私が高校生or浪人生の頃は、現代文(というか、私の頃は‘現代国語’という呼称だったが…)の参考書といえば、『新釈現代文』or『現代文入門』をはじめとする藤田修一シリーズという二択しかなかった、と言っても決して過言ではありません。
しかも、『新釈…』のほうは、昔の参考書の主流であった‘大学教授のアルバイト’的色彩が濃く、藤田師のほうは、予備校講師という職業柄から一応‘受験参考書的’ではあるが、師が言うほどにはその方法論に体系性はなかった。

haruhicoさんのおっしゃるように、その後、当時代ゼミ講師だった田村秀行が『現代文講義』シリーズを上辞したことにより、受験現代文の勉強法や受験生の現代文という科目に対する意識が180°変わる大革命が起こるわけです。
受験現代文という世界を時間軸で見ていくと、そこには明確に‘田村秀行前’と‘田村秀行後’という大きな分水嶺が存在しています。
Commented by roudai at 2007-10-06 11:34
この本が売れ続けたと言っても、当時の現代国語参考書のライバルは大したものがありませんでしたからね。

"旧田村"時代に受験生だった私の眼が一顧だに与えなかった本がなぜここまでの高値を呼んでいるのか不思議で仕方ありません。

>haruhicoさんのおっしゃるように、
いえいえ、元はといえばMgieeさんの説の受け売りですから。言われてナルホドと思ったので使わせてもらいました。
Commented by ラッコ at 2009-05-07 22:23 x
6月中旬に復刊されることになったようですから、もう馬鹿な値段で取引されることはなくなるでしょう。
Commented by roudai at 2009-05-13 22:52
>ラッコさん
情報ありがとうございました。
オークションで最後にババを引くのは誰かが楽しみですね。
Commented by エルロイ at 2009-07-27 06:58 x
はじめまして。とても興味深く見させてもらっています。
他分、毎年4月のZ会の旬報でオススメの参考書として長い間とりあげられたことが影響しているのだとおもいます。
古文・漢文は洛陽社の『研究法』でしたねぇ。無茶苦茶ですね。今考えると。
Commented by roudai at 2009-07-28 00:08
>エルロイさん
はじめまして。コメントしていただきありがとうございます。
なるほど、Z会のお墨付きだったのですか。
昔のZ会のレベルなら「研究法」ともども使いこなせないことは無いのでしょうけど。
Commented by kaiko at 2010-02-15 11:27 x
はじまめして。楽しく浪大を読ませてもらっております。
文庫サイズではありますが、ちくま学芸文庫より、名著「古文の読解」がやっと復刊となりましたので、ご存知かもしれませんが、報告させて頂きます。アマゾンでも早速販売しています。本日、予約購入していたものがアマゾンから到着し、文庫版になってはしまったものの、「第一章 むかしの暮らし」を懐かしく眺めました。今後も名著はどんどん復刊してもらいたいですね。

Commented by at 2012-09-17 21:21 x
オススメのセンター現代文の問題集ありますか?また、林修についてコメントください
Commented by roudai at 2012-09-17 22:14
>あ さん
はじめまして。
おすすめのセンター現代文の問題集は河合の黒本ですね。
林師の著作は自己啓発本だけですし、授業を受けたこともないので、何とも言えません。あしからず。
Commented by at 2012-09-18 07:39 x
センター現代文の解き方を学べるような参考書ってありますか?
Commented by at 2012-09-18 19:38 x
アルバトロス現代文、ライジング現代文、小論文を学ぶ、現代文の解法、現代科学の知的論点、現代文読解講座についてコメントください
Commented by roudai at 2012-09-18 21:34
>あ さん
一体何が知りたいのでしょうか?
そういうのはYahoo!質問箱でやってなさい。
identifyする意識もない教えて君に付き合うヒマはありません。
これ以上下らない質問を書き込んでも全て削除します。