人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号138 新研究現代国語

d0133636_0292482.jpg
【タイトル】新研究現代国語
【著者】吉田精一・森島久雄
【肩書】東京大学名誉教授・文教大学教授
【出版社】旺文社
【サイズ】B6
【ページ数】399頁
【目次】
第1部 基本的能力の養成
1 現代文の読み取り方
2 段落・構成をとらえる
3 文脈をたどる
4 部分解釈・説明をする
5 要旨・主題をつかむ
第2部 総合的応用力の錬成
1 評論・論説の問題
2 小説・随筆の問題
3 詩歌の問題
 (1)詩
 (2)短歌
 (3)俳句
4 言語事項に関する問題
 (1)現代語文法
 (2)漢字・語句
5 作文・論述に関する問題
 (1)作文の書き方
 (2)論述の書き方
6 文学史に関する問題
付録
索引
【初版発行年月日】1978年2月10日
【収蔵品発行年月日】1980年 重版発行
【収蔵品定価】1000円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】2500円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】森島久雄「大学入試現代文総演習[増補新訂版]」(桐原書店)
【コメント】
ここまで137回の展示の大半が1990年以降のもので、真のクラシックと言える四半世紀以上前の参考書は、「新釈現代文」のような超ロングセラーを除けば三浦和雄「古文解釈法」(明治書院)くらいしかなかった。
別に当博物館の収蔵庫にクラシックな参考書がないわけではないが、展示することが受験生にとって有益な情報であるのかといえば疑問なものも多く、他の大人の事情もあってそういう参考書の展示をわざと避けてきた。
しかし、今回は当博物館が開館1周年を迎えた記念として、今から30年前に初版が出された現代国語の逸品をご紹介する。

以前、森島久雄「詳解 現代文」(旺文社)を取り上げたが、これはそれ以前に旺文社から出ていた総合的現代国語参考書である。

著者名は吉田精一との連名になっているが、森島氏に直接伺ったところ、吉田は名義だけで実作業は全て氏が行ったという。当時の高名な大学教授の名を冠した受験参考書というのは「古文研究法」のような例外を除いて大半がそういうものであったようだ。実際、「はしがき」において
 本書は定評のあった従来の「研究 現代国語」を全く新しい視点とユニークな構想から抜本的に改稿したもので、書名も「新研究 現代国語」とした。本書は、従前の類書のように、何か形式的・高踏的なスタイルを取らず、諸君の切迫した不安を解消し、諸君の期待にこたえるよう構想・執筆されている。換言すれば、諸君のハートにこちらの肉声が届くような、そして諸君をぐいぐい引っ張っていくような実践本位の参考書である。
と述べられており、従来の吉田精一と塩田良平による「研究 現代国語」(旺文社)とは別物であることが宣言されている。また後の「詳解 現代文」と比較すると説明の仕方がほとんど同じことから、真の著者が誰なのかはおのずと分かる。

ただし、時代のせいもあって、小説・詩歌の分量が多く、評論で取り上げられている作家も、二時代前(丸山真男・亀井勝一郎・和辻哲郎・三木清・小林秀雄)の作家ばかりである。また共著者であるにもかかわらず、吉田精一「古典文学入門」が出題されているあたりが意味深で面白い。

当時としてはそれなりに斬新な参考書だったのだろうが、後継の「詳解 現代文」を見た後で読み返すと、高校の現代国語対策であって、大学入試対策という感じがしない。コレクター以外はオンデマンド版の「詳解 現代文」を買い求めたほうが賢明だろう。

【追記】
下のコメントでご指摘いただいたように、「研究 現代国語」も森島氏と吉田氏によるものでした。
d0133636_15175797.jpg

by roudai | 2008-09-30 00:00 | 国語 | Comments(3)
Commented by 志らとり at 2014-12-19 23:55 x
御久し振りです。
今迄読み過ごして居たのですが、「吉田精一と塩田良平による『研究 現代国語』(旺文社)とは別物」とありますが、最近、某古書店の店頭で見る事が出来た赤塚忠の『研究 漢文』の広告によると、『研究 現代国語』も吉田精一・森島久雄共著となっています。肝腎の『研究 現代国語』の現物を見るを得ないので判らないのですが、少なくも表示には塩田良平の名前は無い訳です。
旺文社の「研究 現代国語」は歴史を遡ると、昭和27年頃には出版されて居た吉田精一著「現代文の研究」迄遡れるのですが無論現物を見た事はありません。その後昭和28-29年頃に改訂され吉田精一・塩田良平共著「現代文の研究」となるようです(これも現物未見)。これは昭和37-39年頃に「現代国語の研究」と改題される迄幾度か改訂改版が行われているらしいですが、資料が乏しくはっきりしません。但し、古い記憶では昔雑本市に廉く色々の版が出品されていた記憶があります。(昭和時代のハナシ)「現代国語の研究」はその後一度改訂され二色刷で大判になりますが、それが吉田・塩田共著の最後らしいです。塩田良平氏は1971年に亡くなられて居ます。この最後の版は過って所持して居たのですが相性があまり合わなかったのか使った記憶は有りません。
出版の準備期間と云う事を考えると際どい処でしょうが多分「研究現代国語」には塩田良平氏はタッチできなかったろうと推測します。
御参考にならば幸甚です。
Commented by roudai at 2014-12-23 15:16
>志らとりさん
わざわざお調べいただきありがとうございます。
この記事を書いた時点では「研究」を持っていなかったので「はしがき」から類推した内容を記しましたが、志らとりさんの仰る通り、「研究」も森島氏と吉田氏の連名で、塩田氏は「現代国語の研究」までですね。先日倉庫のハードカバーを整理した時1箇所にまとめました(上に画像を添付します)ので、今度ちゃんと比較してみます。
Commented by 志らとり at 2014-12-23 21:21 x
態々、写真をはって下さって有難う御座います。
ただ、ここの写真の「現代国語の研究」は、少し古い方でその後にも一度「二色刷で出版されています」この時本の大きさも菊判かA5判かに変わって居ます。内容的にどの程度改訂したのか或いは殆ど同じいで只二色化と判形を変えた丈か迄は判りません。(どうも後者のようの「気」がしますが、あてに成りません。)
「研究 現代国語」は、どうも御写真から見るに四六判かB6判なようですので。
前回大判と曖昧の事を書きましたので鳥渡気に成りましたので補足して置きます。
偶々、ヤフーオークションを冷やかしていたら、「現代国語の研究」の最後の版が出品されていました。(別にお勧めする訳ではなく画像を借りる丈ですので。念のため)
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n143677692