浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号153 試験にでる英単語

d0133636_1142993.jpg
索引増補決定版
d0133636_11424066.jpg
改訂新版
d0133636_11424933.jpg
新版
d0133636_11431135.jpg
CD付
d0133636_11432044.jpg
ポケットスタディ(赤・青・黒)

【タイトル】試験にでる英単語
【著者】森一郎
【肩書】日比谷高校教諭・関西学院大学教授・奈良産業大学教授
【出版社】青春出版社/翔泳社(ポケットスタディ)
【サイズ】新書/B6(CD付)
【ページ数】261頁(索引増補決定版)/277ページ(改訂新版・新版)/283頁(CD付)
【目次】
はじめに<2色刷デラックス版>にあたっての追記(2色刷デラックス版以降)
<CD>製作にあたって(CD付)
まえがき
改訂に際して(改訂新版以降)
新版<第2次改訂>に際して(新版以降)
本書の読み方・使い方
Ⅰ ビクッとする―この盲点―
 見逃すな、この重要単語
  出たこともない単語(試験に出ない重要単語・改訂新版から新版まで)
  "重要単語集"のからくり(新版まで)
  ここが目のつけどころ
 一つの単語に一つの訳語
  こんな無駄な努力をしている
 派生語の盲点(派生語の急所・改訂新版以降)
 アクセントの罠
 発音の誤り
 必須の反意語
 同意語のポイント
 前置詞の征服
 応用力がつく憶え方
  単語のカナメをガッチリつかむ
Ⅱ 試験にでる最重要単語―これがキーワードだ
 名詞
 形容詞
 動詞
Ⅲ 試験にでる重要単語―これだけは忘れてはいけない
 名詞
 形容詞
 動詞
 改訂増補 名詞(CD付)
Ⅳ だれもがひっかかる罠―"危険な単語"の征服法
 間違いやすい訳語
 特殊な意味をもった単語<その1><その2>
Ⅴ これだけは実行すべし―効果をあげる習得法
 日本語になった英単語
 思わぬ落とし穴になる耳なれた単語(タイトルのみ追加・改訂新版以降)
Ⅵ スーパー記憶法―これだけで絶対の語源集
 接頭語
 語幹
 接尾辞
索引
【初版発行年月日】1967年10月1日/1975年1月15日 初版第541刷/1990年8月1日 改訂新版第1602刷/2003年2月10日 第1刷/1998年(ポケットスタディ)
【収蔵品発行年月日】1972年3月15日 第234刷発行(索引増補決定版)/1989年3月25日 改訂新版第1504刷発行(改訂新版)/1995年3月15日 新版第1808刷発行(新版)/2003年2月10日 第1刷(CD付)
【収蔵品定価】390円(索引増補決定版)/730円(改訂新版)/750円(本体728円)(新版)/950円+税(CD付)/?円(ポケットスタディ)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】森一郎「試験にでる英単語 2色刷デラックス版」(青春出版社)

【コメント】
正月ということで新書版"3大"英単語集について調査した結果をまとめてみる。

正直なところ、未だに現役である「でる単」を当博物館に陳列する意義をあまり感じなかったため、ここまで一切取り上げてこなかったのだが、今回、偶然に索引増補決定版を入手したことにより驚くべき新事実が判明し、更に調査を進めたところ、他にも面白い調査結果が出たので新春第1弾として公開することにした。

「でる単」の初版は今から40年以上前の1967年10月1日であり、Wikipediaに拠れば累計1500万部というから日本一売れた新書であり、もちろん受験参考書としても日本一である。刷数は累計であり、初版は第541刷まで、改訂新版は第542~1602刷までを指すようだ。
現在の英単語集の大半は何らかの形で「でる単」の影響下にあり、新書版の単語集というだけでなく、左に英単語と発音記号、縦線を挟んで右に訳語と語源というレイアウトも「でる単」が元祖である。
著者の森一郎氏は1991年に亡くなっているので、ご本人が手がけたのは新版までで、2色刷デラックス版以降の改訂は次男の森基雄氏(奈良産業大学教授)の手による。2色刷デラックス版だけ手元にないが「はじめに」の内容からCD付と内容は同じと思われる。チェックボックスと記憶シートをつけたのはいいが、全ての単語の訳語を赤字にしてしまったため、素で読むと大変読みづらい。単語集は自分で色付けするものなので「蛇足」としか言いようがない。

それではまず、版ごとの公式的相違をまとめてみよう。

索引増補決定版・・・初版に索引が追加されたもの?挿絵はつぼうち昭氏
改訂新版・・・挿絵がおなじみの出光永氏に変更。以下の6語が追加される。
第3章 名詞  pollution 汚染
          fallacy 誤り
          plague 疫病
          commodity 商品、日用品
          adolescence 青年期,青春期
          warrant 保証(する)
新版・・・発音表記が全てアメリカ式になる
2色刷デラックス版・・・サイズをB6に変更。チェックボックスと記憶シート追加。訳語を赤字にする。
CD付・・・第2章・第3章の単語と訳語を読み上げたCDを追加。

ところが今回、細かく各版を付き合わせたところ色々と面白い相違が出てきた。
(索引増補決定版「まえがき」8~12行目)生徒諸君は、英語のほかに、代数・幾何・国語・漢文・地理・歴史・物理・化学その他、じつにいろいろな科目を学習しなければならないのであるから、諸君は英語の勉強に使うべき時間を、各自の勉強時間の総量の、せめて5分の1以下に切りつめなければならない。
(改定新版「まえがき」8~12行目)生徒諸君は英語のに、代数・幾何・国語・漢文・地理・歴史・物理・化学・生物その他、じつにいろいろな科目を学習しなければならないのであるから、諸君は英語の勉強に使うべき時間を、各自の勉強時間の総量の、せめて5分の1以下に切りつめなければならない。(赤字以外に最初の「、」が省略)
「まえがき」というのは昭和42年8月15日と〆ているので、普通は書かれた当時のまま(誤字の訂正程度)引用されるものだが、なぜか改訂新版で「生物」が付け加えられている。読者から抗議でもあったのだろうか?引用して気づいたがずいぶんと長い一文である。

「でる単」といえば、Wikipediaにも引用されている「桜田淳子ちゃんは、我らのアイドル」が有名だが、無粋なことに2色刷デラックス版では単に「我らのアイドル」と固有名詞が削除されている。コレだけなら単にネタ話なのだが、根本的な問題として、桜田淳子のデビューは1973年2月25日、「でる単」の初版は1967年10月1日ででる単の初版に「桜田淳子ちゃんは、我らのアイドル」という例文は存在し得ないのである。では一体、桜田淳子ではなくて誰が「我らのアイドル」だったのか?




索引増補決定版にはこうある。
d0133636_234845.jpg
なるほど、吉永小百合であれば初版当時早稲田大学第二文学部在学中の20歳で、1968年、1969年とブロマイドの売上で女性部門1位となった当時のトップアイドルである。
むしろココは還暦を過ぎてなおアイドルでありつづける彼女に戻した方がよかったのかもしれない(笑)。

最後に「でる単」関連商品として単語帳を模した電子機器の「ポケットスタディ」を挙げる。価格は不明だが、発売時期は森氏没後の1998年。携帯ゲーム機で言うと「ゲームボーイカラー」の時代であり、英単語集で言えば「速読英単語」の時代である。
Ⅱ・Ⅲ・Ⅳの単語の訳語とスペルを表示し、チェックする機能しかない上に中身が「でる単」では大して売れなかっただろう。ITバブルの徒花というべきか。
[PR]
by roudai | 2009-01-01 00:00 | 英語 | Comments(0)