浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号161 亀井和子の現代文名探偵養成講座

d0133636_13423444.jpg

【タイトル】亀井和子の現代文名探偵養成講座
【著者】亀井和子
【肩書】河合塾講師
【出版社】旺文社
【サイズ】A5
【ページ数】208頁
【目次】
はじめに
名探偵への近道<本書の効果的な使い方>
第1講 入門編その(一)【評論】名探偵とヘボ刑事の違い
    中村光夫「芸術家と芸人」(82年共通一次試験・本試)
第2講 入門編その(二)【小説】名探偵の条件
    三浦哲郎「鳥寄せ」(80年共通一次・本試)
第3講 実践編その(一)【評論】指示語という手がかり
    見田宗介「近代日本の心情の歴史」(85年共通一次・追試)
第4講 実践編その(二)【小説】接続語という手がかり
    夏目漱石「道草」(91年センター試験・本試)
第5講 実践編その(三)【評論】比喩というトリック
    柳宗玄「装飾ではない装飾について」(89年共通一次試験・本試)
第6講 実践編その(四)【小説】語句の一致というミラクル技
    吉本ばなな「TSUGUMI」(96年センター試験・本試)
第7講 実践編その(五)【評論】いつもと違う問いかけには要注意
    村上陽一郎「自己の解体と変革」(83年共通一次試験・追試)
第8講 実践編その(六)【小説】あらすじ紹介にこめられた手がかり
    北杜夫「幽霊」(90年センター試験・本試)
第9講 チャレンジ編その(一)【評論】構造を捉える力こそ名探偵の証
    丸山圭三郎「言葉と無意識」(93年センター試験・追試)
第10講 チャレンジ編その(二)【小説】満点解決への最後のハードル
    福永武彦「忘却の河」(93年センター試験・追試)
おわりに<名探偵に用意されたもう一つの謎>
【初版発行年月日】1999年2月25日
【収蔵品発行年月日】1999年2月25日 初版発行
【収蔵品定価】952円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】田村秀行「田村のセンター試験現代文」(代々木ライブラリー)
【コメント】
なかなか魅力的なタイトルで著者は河合塾の人気講師。確かに美人ではあるものの、カットで描かれた自画像は少女漫画チックでちょっと引く。しかも問題集はこれ1冊(他に「MD現代文・小論文」に若干あるが)ということもあって、一部の骨董品を除いて高値になることがない現代文というジャンルにおいて異例の高値で取り引きされている。
値段が値段だったために大分期待が先行してしまったのだが、中を見てビックリ。表紙に「客観式問題攻略に最適の一冊!」と書いているものの、中身は100%ピュア共通一次/センター試験問題なのである。イマドキ共通一次の過去問を多数収録している現代文参考書もレアだが、アラフォー世代にとっては自分の受けた問題が含まれていて奇妙な懐かしさを覚えた。
確かに第2講の「鳥寄せ」の主人公の性別の話(一人称が「おら」だが状況証拠から女の子と分かる)などで(別に問題を解く上で必須ではないものの)やられたっ!と思わせる(受験生レベルならほぼ100%感動してしまうだろう)深い「読み」を見せてくれるが、全体としては平凡な内容で、デキる人目線(文章が読めるのはアタリマエで如何に解くかを重視)の解説でしかない。
選択肢を絞る上でどこに気を付けるのかを丁寧に解説してくれている点は好感が持てるものの、所詮は共通一次試験とセンター試験という全国民に正解が晒される特殊条件の出題なので、一般私大のエゲツナイ選択肢にこの本だけで対応できるかは微妙なところ。決して悪い本ではないが、定価以上のプレミアを出して読む本ではない。
選択肢の絞り方は田村秀行師と同じなので、代替参考書で十分同様の効果は期待できる。
[PR]
by roudai | 2009-02-10 00:00 | 国語 | Comments(0)