浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号169 土屋の[古文]ユーモア編

d0133636_0494724.jpg
新版
d0133636_2247529.jpg
旧版
【タイトル】土屋の[古文]ユーモア編
【著者】土屋博映
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】219頁
【目次】
エレファントウーマン(源氏物語)
なるほど・ザ・先達(徒然草)
エイリアン(徒然草)
猫また(徒然草)
知ったかぶり(徒然草)
やせがまん(宇治拾遺物語)
田舎者(平家物語)
死に急ぎ(古今著聞集)
ブス(沙石集)
ひさん(伊勢物語)
【初版発行年月日】1986年2月5日
【収蔵品発行年月日】1990年12月5日 第13刷発行/1987年6月25日 第5刷発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)/850円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】吉川栄治「古文が宇宙語でなくなる日」(中道館)
【コメント】
いつの間にか絶版になってしまったオモ参版「土屋の古文」3部作の第2弾。
第2弾から始めた理由は特にないが、そのうちナンセンス編とハイグレード編も紹介する予定。
以前は3色刷の簡素な表紙だったが、ハイグレード編の表紙が多色刷だったためにそちらに合わせてナンセンス編とユーモア編のカバーも変更された。古い版もあるはずだが引っ越しのドサクサで行方不明のため旧版の画像は割愛する。
奥付を見る限り改訂していないように見えるが、なぜか178頁に
そこらへんは私の友人のジリョウ・ミヤオ(オモ参シリーズ、「アッと驚く英語長文読解ルール」の執筆者)にでもやってもらうしかない。
という記述があり、「アッと驚く」の初版が1988年8月15日であることを考えると、カバー変更を機に若干手が入っていると思われる。
数ある土屋師の参考書の中で授業の臨場感を一番伝えている参考書であり(3冊とも)、タイトル通り、お笑い系の有名出典をネタにしているため凡百の古文参考書に比べて圧倒的に読みやすいが、今から20年以上前(今の受験生が生まれる前!)の受験生に向けた時事ネタが多いため、ギャグが陳腐で笑えない点は確かに多い。
冒頭からいきなり「源氏物語」の結構長い文なのでビビらされるが、それ以降は説話を中心にそんなに難しくはない。古文に自信がない人は次の「徒然草」から読み始めた方が賢明だろう。
1回で特定のテーマを身につけるのではなく、1つの文を読むにあたって必要最低限の知識を五月雨式に羅列しているので、これ1冊で完璧!というタイプの本ではないが、逆に重要なことは何度も繰り返してくれるし、ギャグの中でハイレベルな事をサラリと触れていたりしてなかなか一筋縄ではいかない良書である。
代替参考書はこの本の影響下にあると思われる吉川師の不朽の名著を挙げる。

P.S.ようやく旧版を発掘して問題の箇所を確認したが、その内容を見て合点が行った。
そこらへんは私の友人の音声学者、タダシ・サトウ(オモ参シリーズ、「受験英語ゲリラ戦」の執筆者。もと日系二世の○○○とか言われているが?)にでもやってもらうしかない。
ちなみにこの時点で「受験英語ゲリラ戦」は絶版、佐藤(人称代名詞がit)忠志も東進に移籍。ということで宮尾師に白羽の矢が立ったのであろう。よい子のみんなは伏せ字に何が入るかは分かるよね(笑)。
[PR]
by roudai | 2009-04-07 00:00 | 国語 | Comments(0)