人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号175 宮田の数学特講 発想の転換

d0133636_1441982.jpg

【タイトル】宮田の数学特講 発想の転換
【著者】宮田敏美
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】215頁
【目次】
序章 プロローグ
第1章 関数の値域
第2章 平面上の点の軌跡と領域
第3章 空間の点の軌跡
第4章 平面上と空間の点の変換
第5章 一次変換
第6章 不変直線・不動直線
第7章 固有値・固有ベクトル
第8章 一次変換の線型性
収録問題一覧
【初版発行年月日】1992年6月5日
【収蔵品発行年月日】1992年6月5日 初版発行
【収蔵品定価】880円(本体854円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】15000円~
【鑑定額】2000円
【代替参考書】今野和浩「軌跡・領域 (最密講義Fシリーズ) 」(文理)
【コメント】
長年ヤフオクを観察していると、数学において「幾何」と「軌跡」というタイトルのついた本だけ異常に高騰する傾向に気づく(ex.津野田修吉「大学への幾何」、清宮俊雄「幾何の研究」、根岸世雄「新数学問題の解法360°①写像と軌跡」等)。この本の内容も「軌跡」と「一次変換」なので、最近は出品されれば万券確定という暴騰ぶりである。ちょうど代々木ライブラリーが関西代ゼミの講師の本を出すようになった時期のものでその点でもレアな本である。

「発想の転換」というタイトルが付いているが、演繹的にこう考えればよいという方法を授けてくれるワケではなく、問題を解きながらケースバイケースでこういう考え方だとスマートに解けるという形を示される。ただ、同じ代々木ライブラリーの新書版形式の問題集である「山本の数学超特急」シリーズと比べると、頁を跨いでダラダラと続くレイアウトが致命的に読みにくく、明確なまとめがあるわけでもないので他の問題に応用出来るようになれるかは疑問。本文の最後(!)に収録問題がまとめてあるのは代ゼミの「初級・中級・上級問題集」を意識してのことだろうが、収録問題の出題校が載っていないので正直言ってあまり意味を感じない。

悪い点ばかり先に書いてしまったが、不動直線が詳細かつ多めに載っている点は他の本に比べて評価できる。決して悪い本ではないのだが、今の相場はあまりにコストパフォーマンスが悪すぎる。「山本の1次変換の基本」がだいたい3000円前後で落札されていることを考えると、その5倍の値段に見合う価値は感じられない。

代替参考書はこのジャンルで絶版になっていない(半分なりかけているが)数少ない良書を挙げる。絶版本なので代替参考書には挙げなかったが、宮田師の単著ではないものの、
「飛躍への100問数学I・A」
「飛躍への100問数学II・B」
はまだ安くマーケットプレイスから購入できる。

現在の宮田師は自身が主宰する「理数研セミナー」で教鞭を執りつづけておられるようで、「宮田のコラム」4.の辺りにも本書で示された「発想の転換」へのこだわりが垣間見える。
by roudai | 2009-05-19 00:00 | 数学 | Comments(2)
Commented by dd at 2009-05-22 00:22 x
私も『飛躍への100問』は良問揃いのよい構成だと思います。実際、数年前まではこれを使って教えていました。
Commented by roudai at 2009-05-27 01:37
>「飛躍への100問」
うーん、コメントを読んでから久しぶりに「数学Ⅰ・A」を読み返したのですが、イマイチ良さが分からないんですよね~。なんか急所がつかみづらいというか。全部を通してやれば分かるのかなぁ。