人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

カテゴリ:受験情報( 76 )

収蔵品番号303 私の大学合格参考書作戦’89年版

d0133636_23474768.jpg
【タイトル】私の大学合格参考書作戦’89年版
【著者】エール出版社
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】新書
【ページ数】237頁
【目次】
1章 英語―私を合格させた参考書作戦
2章 数学―私を合格させた参考書作戦
3章 国語―私を合格させた参考書作戦
4章 理科―私を合格させた参考書作戦
5章 社会―私を合格させた参考書作戦
【初版発行年月日】1988年7月15日
【収蔵品発行年月日】1988年7月15日 第1刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】エール出版社「東大・京大生が教える[勝利をつかむ参考書術] 」
【コメント】
長らく穴が開いたままで諦めていた89年度版をようやく手に入れた。今回はだいぶ収蔵品も溜まったので収録されている参考書リストに全てリンクを張ってみた。こうやってみるとまだまだ紹介していない本が多いことがわかる。実際に持っていないのは3割くらいなのだが。
投稿者にマニアが多かったせいか、結構「通」な選択(「解法の発見」や「的中現代文」など)が目立つ。その一方で「新釈現代文」「古文研究法」「漢文法基礎」といったハードカバー本が落選しているのも面白い。

収録されている参考書リストを見る
by roudai | 2011-09-27 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号296 ホイホイ勉強法

d0133636_1245967.jpg
【タイトル】ホイホイ勉強術
【著者】多湖輝
【肩書】千葉大教授
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書
【ページ数】225頁
【目次】
まえがき
一 気の持ちようで頭が冴える―自分をコントロールする勉強術
二 できないやつほど長くやる―時間を上手に使う勉強術
三 どんな場所でも勉強部屋だ―環境を生かす勉強術
四 眠って休んでよく出来る―体を休めて能率をあげる勉強術
五 同じ頭も使い方しだい―脳ミソをフル回転させる勉強術
六 頭を使えば道具も生きる
 <この章のはじめに>
 137 問題集をゲーム的に使うと、勉強に対する興味がます。
 138 参考書の乱読にも、それなりの意味がある。
 139 マスターした参考書類は目の前に積み上げる。
 140 問題集は学習計画に従って編集しなおす。
 141 問題集を二冊使うと、苦手意識を消せる
 142 辞書は読むときではなく、書くときに使う。
 143 辞書は、単語の意味を予想してひく。
 144 本を読む時には、「結局」「つまり」などの箇所に注意する。
 145 速く読む必要にある本は、末尾の方から読む。
 146 目次をときどき読み返すことで、全体の論理の流れがよくつかめる。
 147 倦怠感がおきたら童話を読む。
 148 ノートは右ページだけを使い、左ページはあけておく。
 149 ノートには、見出しと要約をつける。
 150 小型ノートを見開き二ページ単位で使うと、まとめがしやすい。
 151 カードは、いろいろに並べかえることによって記憶の網がひろがる
 152 カードは、一つの項目を数枚に分類して使う。
 153 カラー・カードは心理学的にも根拠のある情報処理法である。
 154 テープレコーダーを活用すれば、眠っているあいだにも勉強ができる。
 155 テープレコーダーは、努力なしに知識が身につく勉強の武器である。
 156 アンダーラインは二度目に読むときにひく。
 157 暗記には、トレーシングペーパーを使うと効果がある。
 158 テレビやラジオを使って語学を習う時は、その役割を使いわける。
 159 計画表は鉛筆で書く。
七 他人の頭を利用する―先生、友人を利用する勉強術
【初版発行年月日】1974年7月5日
【収蔵品発行年月日】1981年2月10日 第60刷発行
【収蔵品定価】730円
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】
【コメント】
以前にも書いたが、大概の学生は「勉強の仕方」など習ったことはない。
親や友人の言うままに教科書を読んだり問題集を解くだけで、家庭教師に就いて手取り足取り学び方を教わったなどというのは少数派にすぎない。ひょっとして出来ないのは方法が悪いからなのかもしれない。
この本は「四当五落」と言われていた共通一次導入以前の受験生にもっと楽に「ホイホイ」勉強が進むようにと書かれた本なので、この本の「ホイホイ」が果たして今の「ゆとり」世代にとっても「ホイホイ」なのかどうかは分からないが、225頁の2段組で175個の小技がギッシリ詰め込まれている。ちなみに、平成版と銘打って2003年に幻冬舎から復刊したが、そちらでは162個に減少している(こちらも既に絶版)。
175個全てのタイトルを書き写すと大変なので、やや時代を感じさせる六だけ全ての項目を並べてみた。それほど新味はないかもしれないが、145なんてコロンブスの卵かもしれない。
一つ一つは知っていても、いざこれだけ揃うと壮観だし、相乗効果も見込める。このテの本に慣れていなくて伸び悩んでいる人は平成版でいいので一度手に取ってみるといい。
by roudai | 2011-08-09 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号289 ザ☆予備校87年度版

d0133636_0541771.jpg
【タイトル】増補ザ☆予備校87年度版 オモシロクなったヨビコーを解剖する
【著者】第三書館編集部
【肩書】
【出版社】第三書館
【サイズ】A5
【ページ数】319頁+増補分31頁
【目次】
第1部 予備校って何だ
 A 予備校はホンネ・スクールだ
 B 大追求、予備校カルチャー
 C 全比較三大予備校時代だ
   三大予備校戦争なのだ
   三大予備校ここがちがう60問180答
   有名予備校講師の生ロクを聞こう
   ★土屋博英(ママ)の古文ゼミ
   ★表三郎だ!ぶっちぎりトーク
   ★松井道男の英語ゼミ
   イラスト・ストーリー 今日こそは勉強するぞの代ゼミ生
   イラスト・ノベル チューター物語
   三大予備校デスマッチのウラを見る
   血液型別三大予備校選びのフローチャート
 D 予備校はこう利用するのが正しい
 E いま、予備校がオモシロい
   予備校生の親としての、浪人のすすめ●鎌田慧
   体験的予備校教育論●土師政雄
   予備校は異化作用の戦場である●小林敏明
   計画浪人のすすめ●尾形憲
   予備校という名のトリックスター●山本啓
   本当とは何か、予備校で考える●最首悟
   予備校から"教育"をのぞく●小田実
第2部 「ザ予備校」データバンク
 A 前取材・県別予備校ブランドルポ
 B 全国予備校有名講師100傑
 C 全国予備校ひとくち評
 D 87年度版増補
  大学までメンドー見る87年型「予備校」悪女の深情け
  全国予備校ひとくち評
  全国予備校有名講師

【初版発行年月日】1987年4月1日
【収蔵品発行年月日】1987年4月15日 第2刷発行
【収蔵品定価】980円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】
【コメント】
Wikipediaの「予備校文化」の項目で長年表示されていた(最近一部のWikipedia原理主義者のおせっかいでついに削除された)「全国予備校有名講師100傑」で知られる本書。前年に出た「ザ・予備校」の増補版ということで、違いは最後の「D 87年度版増補」31頁分のみ(頁番号も再度1頁から)。共通部分は目次の土屋師の名前の誤植も含めてそのままというあたりがマトモな編集者のいないサヨク出版社の第三書館らしい。講師情報も名前と写真(パンフからの無断転載?一部講師はナシ)程度で大した情報はなく、前年度を持っていればわざわざ高値で買う必要はない。

増補分 全国予備校有名講師
by roudai | 2011-06-21 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号282 駿台式!本当の勉強力

d0133636_17332276.jpg
【タイトル】駿台式!本当の勉強力
【著者】大島保彦+霜栄+小林隆章+野島博之+鎌田真彰
【肩書】駿台予備校講師
【出版社】講談社
【サイズ】新書
【ページ数】286頁
【目次】
はじめに
講義1 語学はスポーツだ
1 身体感覚・現場感覚を取り戻す
2 発音のルールも身体感覚から
3 発音できるのか、できないのか、それが問題だ
4 読解と音楽と……
5 現実世界が持つ無限の色と音と匂い
講義2 ブラームスはお好き?
1 車輪の下は誰を癒したのか?
2 僕は勉強ができないというのは解放か?
3 なぜ少女は夏の靴を脱いだのか?
講義3 数学は世界を平和にする
1 数学の魅力
2 数学的に考える
3 数学の二面性
4 技術としての数学
5 考える数学
6 数学が全てではない
講義4 日本史コペルニクス
1日目の講義―空を舞うイメージ
2日目の講義―近代とは何か
3日目の講義―近代国家とは何か
4日目の講義―国民になるということ
講義5 子どもの頃を思い出してみよう
1 はじめの一歩は「遊び」から
2 観察から考察へ
3 言葉や法則に慣れよう
4 自然科学が見せる不思議なドラマ
巻末特別座談会「勉強のおもしろさとは?」
【初版発行年月日】2001年3月20日
【収蔵品発行年月日】2001年3月20日 第1刷発行
【収蔵品定価】720円(税別)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
Amazonのレビューを読むと酷評が目立つがさもありなんと思う。しかし、レビューを書いている人間の読解力にも問題があるように思える。タイトルを見れば分かるように、この本は勉強「力」の本であり勉強「法」の本ではない。Powerを語るのとHow toを語るのとは自ずと違いがある。
具体的に言うと、文系教科の3人が「大学(またはそれ以降)に必要な勉強力とは」という見地から書いているのに対し、理系の2人が「受験に向けてその教科を好きになる勉強法とは」という見地から書いており、主題も設定レベルもバラバラである。だから前者を期待した人には後者が不満であり、後者を期待した人には、前者がチンプンカンプン(おそらく読者の大半はこちらに属する)になる。それぞれの講師の立場に立って生暖かい目で読める読者は同業者くらいなものだろう。
特に文系の3人は駿台特有のスノッビズムに毒されていて、簡単なことをわざと難しくいうことで読者を煙に巻いて遊んでいるように見える。唯一首肯できたのは大島師の
 そのように主張する人は、どうぞどうぞ、モーツァルトやアインシュタインなみの創造性を発揮してみてほしい。自分でやって見せて欲しい。ただし、念のため確認しておくが、モーツァルトだってアインシュタインだって。それまでの伝統を吸収蓄積し、同時代の人々の考えをしっかりと理解したうえで創造活動をしていたのだろいうことをお忘れなく。彼らでさえやったことを省略したうえで創造活動をするということはどういうことなのか、しっかりと提言してほしいものだ。(18頁)
で、こんなところに「ドラゴン桜」の萌芽を見る。
理系の2人は逆に読者が何を望んでいるかを感じ取ってサービス精神旺盛に応えてくれたため、読みやすく分かりやすい内容になっている。「引き出し論法」の例題、
「どんなパーティーでも友人の数が同じであるような人が少なくとも2人はいる。ただし友人はパーティーの参加者に限定して相互的であるとし、自分自身は友人とはいわない」(148頁)
の証明などは鮮やかすぎて文系でも感動できる(証明は最後に)。鎌田師の
 ところが、学生にこのような本を勧めると決まって返ってくる言葉が、「そんな分厚い本を読んでいる時間がないのです。早く成績をあげないといけませんから」です。「じゃあ君の好きなようにしなさい」といって放っておくと、「先生、簡単な問題なら解けるのですが、応用問題が解けません。どうすればよいでしょうか」と再びやってきます。口にはしませんが、だから言っただろうといつも思っています。(247頁)
というボヤキは第三者として笑っていられるものの、自分が当事者となった時に同じミスをしていないかを考えると背筋が寒くなる。

例題の証明法はこちら
by roudai | 2011-05-03 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号275 おまえはバカじゃない

d0133636_2342342.jpg
【タイトル】暴走族から予備校講師になったオレが言うんだ「おまえはバカじゃない」やれば必ず合格する
【著者】吉野敬介
【肩書】元・暴走族特攻隊長 現・代々木ゼミナール古文講師
【出版社】ごま書房
【サイズ】変形新書
【ページ数】208頁
【目次】
オレほど"できない"受験生なんて、ほかにはいない―まえがきにかえて
1章 「どうせオレはバカだから」と、なぜ最初からあきらめてしまうんだ
    ―偏差値25から四ヶ月で大学に合格するまで
2章 「みんながやっているから」と、なぜ人と同じことしかやらないんだ
    ―"みんなと同じ"勉強をしていたら、オレは絶対に合格できなかった
3章 「どうもやる気が出なくて」と、甘えるのもいいかげんにしろ
    ―オレは"つっぱり"のエネルギーを、全て受験にぶつけた
4章 「どこでもはいれればいい」と、自分の力を出し惜しみするな
    ―大きな目標があったから、オレもここまでがんばれたんだ
【初版発行年月日】1991年7月30日
【収蔵品発行年月日】1993年6月30日 第11刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】吉野敬介「やっぱりおまえはバカじゃない」(小学館文庫)
【コメント】
現在は自ら塾を設立し塾長に収まっている吉野師の代ゼミ大船校時代に書かれた処女作。なぜかこの本だけ最近見かけないなと思ったら文庫化されていた。小泉チルドレンの杉村太蔵氏が自殺ネタをパクって詫びを入れさせられたのもこの本。
現在に至るまで暴走族上がりをウリにした講師が他にいないように、当時としても衝撃的な内容だったが、基本は自分がどれだけ不良だったか、どれだけ集中して勉強したかの自慢話に終始し、これを読んで共感を覚えたり、やる気が出るのはホンの一握りの例外的受験生だけだろう。勿論、効率的な勉強法など何も書かれていない。
友人達の吉野評では義理だ人情だと持ち上げているが、この本の中で恩人として名前を挙げている土屋師をその後、後足で砂をかけるように自著でボロクソに書いていなかっただろうか。
初期の経歴に必ず書かれていた代ゼミの講師採用試験で最高点獲得というのも、よく読めば、代ゼミ史上2人目の受験生(普通は採用試験など行わない)だったというオチ。
by roudai | 2011-03-15 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号264 受験参考書の愉楽

d0133636_15464073.jpg
【タイトル】受験参考書の愉楽
【著者】田口賢司と早稲田大学受験参考書研究会
【肩書】テレビマンユニオンプロデューサー
【出版社】創林社
【サイズ】A5
【ページ数】189頁
【目次】
本書の利用法
英語の愉しみ
 奇跡を起こそーぜ!
 「キセ単」はエライ
 「危険思想」としての英文解釈
 スグレ物をめぐる冒険
 どうしようもなくバカなヤツ
 伊藤一夫(原文ママ)先生へのインタビュー
理科の愉しみ
 「神仏」としての「親物」
 ビオフェルミンとしてのチャート
国語の愉しみ
 現国にも参考書があるのだ
 古文参考書の構造と力
 漢文参考書の感情教育
社会の愉しみ
 おしゃれな日本史
 おしゃれな世界史
 オレは世界史が苦手だ!!
 地理なら入試は怖くない
 「現代社会」の楽しい読み方
数学の愉しみ
 袋とじの愉楽
 大学教授派vs予備校教師派
 ジュサンの精神分析学
 数学の鉄則
 丸腰で闘うZ会MA科
 Z会は肛門だ
受験/戦争論―遊技としての受験勉強
あとがきにかえて
【初版発行年月日】1986年7月20日
【収蔵品発行年月日】1986年7月20日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】船山秀樹&受験参考書研究会「志望大合格する参考書ムダな参考書(2011年版)」(エール出版社)
【コメント】
正月SPの1、2が山田師絡みだったので、3はアレだと予想した人がいたかもしれないが、残念ながらアレはもう「1QQ4」で紹介しており、どうしても知りたい方はそちらをご覧あれ。

正月SPの第3弾はこちらも幻の一冊、「思考訓練の場としての英文解釈」を語る際には必ずついて回る謎の受験参考書評論「受験参考書の愉楽」(創林社)である。

インターネット以前は何であれ仲間内の一番になることはさほど難しくなく、「井の中の蛙」として簡単に自尊心が満たされたが、インターネット全盛の現代、競争相手は「世界」になり、そういったローカルチャンピオンが無神経に虚勢を張っている姿は傍痛しと言うしかない。
かくいう館長もオークションで競り負けたり、和歌山大の江利川教授のブログを見たりすると「だが、日本じゃ20番目だ」という早川健(宮内洋)の声が聞こえてくる。
この本は、そういった「村一番の参考書持ち」といったローカルチャンピオンの自慢話を80年代風軽薄短小文化味(70年代風反体制が隠し味)に味付けした痛々しい駄文集。

代表的な井の中の蛙は英語担当の本田寛成という学生だ。
 オレは高校生の頃受験参考書フリークだったんだよね。とにかく、他人の持っている参考書を自分が持っていないということに、ヒジョーな不快を感じ、またプライドを傷つけられる思いがしたから、揃えられる限りの参考書は全部揃えておいた。高校近くの旭書店では、店員とはすっかりなじみになっていたし、旭書店にいるというただそのことだけで、心が安まる思いがしたから、授業が終ると真直ぐに旭書店に通うのが日課になっていた。(中略)
 そんな風なんで、オレは受験参考書フリークというよりも、むしろ、こと受験参考書に関する限りはビブリオマニア(愛書狂)であったのだ。何ツーても、参考書をなぜるその手つき、なめるような視線。誰みていない(原文ママ)すきに、何度頬ずりをして楽しんだことでしょうか!
このブログに足繁く通われる方なら大なり小なりこういった傾向がおありだろうから、これ自体は別に珍しくも何ともない。ところが、この先に衝撃の事実が!
 ところで、オレは、参考書を旭書店以外の本屋サンで買ったことがない。だって、オレの住む町には旭書店しか本屋サンがないからね。
 オレは島根県の山ぞいの小さな町に住んでいた。町には小学校、中学校、高校とそれぞれが一つがあるだけ。そんなわけで本屋サンも一けん(原文ママ)あれば、それで事足りた。だから、オレは旭書店以外で受験参考書を買ったことがなかったのね。(30~31頁)
田舎町にあるたった1軒しかない本屋しか知らない「自称」受験参考書マニア(爆)。フツー、マニアを自称するくらいなら最低、隣町なり県庁所在地なり行くでしょ。

他にもボクちんは今大学でこんな難しいことを習ってるんだ~と用もないのに精神分析を持ち出してきたり、スノッブというのもおこがましい痴的な文章を書いて「内容が無いよう」としか言いようがない。ネットに広く流通している「思考訓練」礼賛部分と同レベルの内容を期待すると間違いなく裏切られる。

目次にある伊藤一夫先生のインタビューというのも単なる架空のインタビューで、駿台の伊藤和夫師の何をパロディにしようとしたのか皆目分からない、面白くも何ともない駄文である。

[追記]
随筆・提言 沖縄 車社会の不思議
http://www.ogb.go.jp/muri/200301/P24.pdf
この那覇支局長というのは同一人物だろうか?
早稲田だし、年齢的にはちょうど支局長になっていても良いくらいだが。
何だか小難しい言葉を散りばめつつ、長々と書いている割に中身が全くないのは昔も今も変わらないようだ(笑)。

収録されている参考書リストを見る
by roudai | 2011-01-03 00:00 | 受験情報 | Comments(2)

収蔵品番号261 新・大学受験事情

d0133636_1359759.jpg
【タイトル】[新・大学受験事情]親にも読ませろ
【著者】坂田稔
【肩書】東京都立八潮高校教諭・新世代センター理事・作家
【出版社】大和書房
【サイズ】B6
【ページ数】222頁
【目次】
まえがき
二五年前と比較して
いま史上最悪の受験事情に突入している
”国公立離れ”とは必ずしもいえない
就職に敏感すぎる学部選択は失敗する
有名大学では浪人が強くなっているが「
難関大学の競争率はあまり動いていない
女子は学部分散の傾向が強まっている
都立の大学より地元大学の見直しを
拡大した推薦入学は利用価値がある
早期に受験科目を決めて研究しておく
小論文など学科外試験も無視できない
大学・学部によって勝負科目がある
自分の得点力から合格可能性を考える
大都市の大学の難易度が上がっている
地方受験者の受験費・学費は二百万になる
偏差値出願で学力が伸び悩むことが多い
【初版発行年月日】1985年11月30日
【収蔵品発行年月日】1985年11月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】990円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1円~
【鑑定額】1円
【代替参考書】
【コメント】
2週続けて大和書房のオモ参シリーズとなった。
前回の「田村の本音で迫る文学史」もオモ参シリーズではだいぶレアな方だが、今回の「新・大学受験事情」がおそらく最強だろう(2番目が「牛尾の[受験数学]ベクトル・行列編」)。
「めざせ!合格」と並ぶオモ参「別巻」で、しかも著者は高校教師(新世代センターとは七十年代の都立高教師の研究グループ)で代ゼミとは何の関係も無さそう(一応、学研から「まんが日本国憲法」「超・受験勉強法」の著書がある)で長く「幻の本」であった。
 大学・短大の入試に勝つには、何よりも勉強が第一―もちろんそうである。しかしその前に大切なことは、入試がどのように行われているか、その実情をしっかりつかみ、それにもとづいて志望校選択を考え、受験勉強をすることである。ところが受験生の多くが、意外に大学受験のことを知らない。また聞きかじりの狭い知識や、ひとりよがりの判断で誤った受験の作戦を立てて失敗する。
 そしてもっと困るのは、親の方である。大学受験のことをまるっきり知らないとか、知っていても二五年ほど前のむかし話である。そのくせ子どもの受験に対して、「ああだ、こうだ」とやたらに口を出す。もちろん親として心配している気持ちはわかるが、押しつけがましくて迷惑この上もない。こちらが反論したり説明したりしても、なかなかわかってくれないので困りはてる。何せ大学進学のスポンサーなのだから、ケンカするわけにもいかないし、無視することも出来ないので弱ってしまう。
という「まえがき」の出だしは「オモ参」らしい砕けた内容を期待させるが、本文を読み始めると高校教師らしい当たり障りのない、それでいてクドくて読みづらい文章が延々と続く。データ分析も通り一遍で、学部選択で「文学・芸術などは就職が悪く、経済・経営・商学部はツブシがきいてサラリーマンへ」なんていうのは、50年前から何ら変わらない話だ。コレのどこが「オモ参」?と首をかしげざるを得ない。

今から25年前の受験データ(学研提供)が色々と載っているので将来この時代の受験事情を研究する人間には便利かも知れないが、それ以外には全く必要のない本。
by roudai | 2010-12-28 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号254 間違いだらけの大学受験/モリモリ勇気の出る受験勉強の集中講義

d0133636_2320712.jpg
改訂新版
d0133636_1721688.jpg
新装版
【タイトル】改訂新版間違いだらけの大学受験/モリモリ勇気の出る受験勉強の集中講義
【著者】宮崎尊
【肩書】駿台予備学校・駿友予備校講師/駿友予備校・旺文社ラジオ講座講師
【出版社】草思社
【サイズ】B6
【ページ数】198頁/196頁
【目次】
プロローグ/講義のまえに
1 敵を知り己を知る方法
2 効果のあがる学習プランのつくり方
3 受験勉強を楽しく上達させる方法
4 よい予備校の選び方
5 必ず学力がアップする参考書・問題集
6 試験前のプレッシャーに勝つ方法
エピローグ/講義のあとに
【初版発行年月日】1983年3月3日/1990年4月10日
【収蔵品発行年月日】1987年10月20日 改訂新版第8刷/1991年3月12日 新装版第3刷発行
【収蔵品定価】980円/1000円(本体971円)
【入手困難度】★★★☆☆/☆☆☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~/700円~
【鑑定額】700円/700円
【代替参考書】宮崎尊「モリモリ勇気の出る受験勉強の集中講義」(草思社)
【コメント】
改めて考えると「勉強の仕方」というのを教師から手取り足取り習った記憶がない。いつの間にか勉強することになり、教科書を読んだり問題集を解いたりしているわけだが、そのフォームが正しいのかどうか、効率的なのかどうか、という検証もなく、何となくそういうフォームになっている。
我が家はたまたまオヤジが教育熱心だったためにこうなっただけで、そうでない家に生まれついていればまた違ったフォームになっていただろう。昨今の「ゆとり」の再生産なども実はこんな所に根があるのかもしれない。
この本は「勉強の仕方」について、分かっている人間にとってはアタリマエだが、受験生が意外と気付かずにいるポイントを指摘してくれる良書である。初版から30年近く経つが、今もってこれだけ受験生の身になって手取り足取り教えてくれる本はない。ただし、今頃になって高3(or浪人)がこの本の良さに目覚めているようでは4月からの予備校通いが待っているが。
改訂新版と新装版では主に参考書についての頁が違うだけだが、改訂新版では5教科全てについてそれぞれの教科担当による参考書紹介が載っているのに対して、新装版では主要3教科に減った上、国語について(元々大した中身ではなかったが)相当劣化している(特に秋本師の古文が最悪)。
英語については、改訂新版→「大学受験サクセス参考書合格術’87年版」→新装版と所々入手困難な本は差し替わっているものの宮崎師の信念が首尾一貫している点に好感が持てる(勿論、本文中に「サクセス」に関しての言及もある)。
書くにあたって調べたら、新装版は何とビックリの現役であった。受験を控えた高2や、意欲のある高1を持つ親御さん(もしくは本人)は新刊で買えるうちに買われることをオススメしておく。

収録されている参考書リストを見る
by roudai | 2010-11-09 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号247 噂の予備校 この名物センセイたち

d0133636_2282735.jpg
【タイトル】噂の予備校 この名物センセイたち
【著者】予備校情報センター
【肩書】
【出版社】双葉社
【サイズ】新書
【ページ数】236頁
【目次】
①河合塾(現国)牧野剛
②代々木ゼミナール(古文)土屋博映
③中央ゼミナール(英語)堰免善夫
④小野池学院(英語)小池隆義
⑤教文研ゼミナール(日本史)横田伸敬
⑥河合塾(英語)松井道男
⑦代々木ゼミナール(漢文)多久弘一
⑧中央ゼミナール(英語)伊藤政弘
⑨小野池学院(英語)大沢恒保
⑩河合塾(化学)照井俊
⑪代々木ゼミナール(英語)佐藤忠志
⑫教文研ゼミナール(英語)綛谷淳二
【初版発行年月日】1986年7月10日
【収蔵品発行年月日】1986年7月10日 第1刷発行
【収蔵品定価】680円
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
Wikipediaで目の敵にされている昔の予備校講師情報(売れないアイドルやお笑い芸人に比べればよほど公共性があると思うが)だが、古くはこんな本も出ている。以前紹介した「ザ・予備校」と同時期に出た本なので中央ゼミの伊藤師を除く11人が「全国予備校有名講師100傑」に名を連ねている。
今から四半世紀も前の本だから一発屋牧野の頭に一九分けとはいえ髪の毛があり、化学の照井師が未だバリバリの現役というのにも驚かされる。各講師の授業風景とインタビューで構成されるが、紙面の都合もあり授業風景はだいぶ端折られて雰囲気だけしか伝えていない。一部の教師はこの本にしか情報が載っていないこともあり、直接教えを受けた生徒であれば昔を懐かしむよすがになるだろう。
by roudai | 2010-09-21 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号240 志望大合格する参考書・ムダな参考書’94年版

d0133636_1250753.jpg
【タイトル】志望大合格する参考書・ムダな参考書’94年版
【著者】早稲田大学予備校研究会
【肩書】
【出版社】エール出版社
【サイズ】B6
【ページ数】201頁
【目次】
1章 英語 参考書・合格メニュー
2章 国語 参考書・合格メニュー
3章 数学 参考書・合格メニュー
4章 理科 参考書・合格メニュー
5章 社会 参考書・合格メニュー
【初版発行年月日】1993年2月25日
【収蔵品発行年月日】1993年2月25日 第1刷発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】評価不能
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】100円
【代替参考書】船山英樹&受験参考書研究会「志望大合格する参考書ムダな参考書(2011年版)」(エール出版社)
【コメント】
発売時期が4ヶ月ほど早いせいかこちらは94年度版(「参考書作戦」は93年度版から)からB6化。前年度から参加している船山英樹氏が今年から編集長に。前年度までの時期別を止めて、個別の情報として載せるようになった。
いわゆる「予備校バブル」の絶頂期で、続々と新刊が出されていた時期だったこともあって、前年度までに比べて「新刊」の導入が目立ったのと、定番書の充実、「新釈現代文」のような過去の遺物が消えたのも特徴。数学に関しては前年度既に山本矩一郎師の新シリーズを取り上げていながら、旧シリーズに逆戻りしたあたり担当者の見識の狭さ(「合格への問題演習」シリーズなどは当時既に入手困難なはず)が感じられる。

収録されている参考書リストを見る
by roudai | 2010-08-03 00:00 | 受験情報 | Comments(0)