浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。

by roudai
更新履歴
2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。

リンク

浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
>Y良さん 今のところ..
by roudai at 12:42
>Mmさん 一応、申し..
by roudai at 12:39
『現代文の点数が面白いほ..
by Y良 at 02:58
館長、2018年4月1日..
by Mm at 08:16
>たぬきさん お買い上..
by roudai at 21:55
ComicZinで購入さ..
by たぬき at 20:41
>よっしーさん ご購入..
by roudai at 21:03
お早いお返事ありがとうご..
by よっしー at 15:13
>志らとりさん わざわ..
by roudai at 23:37
今年も色々と有難う御座い..
by 志らとり at 22:44
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

発行書籍番号014 石原千秋に知的誠実さを求めるのは間違っているだろうか

d0133636_2044374.jpg
【タイトル】石原千秋に知的誠実さを求めるのは間違っているだろうか
【著者】原ハジメ
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】64頁
【目次】
まえがき
石原千秋に知的誠実さを求めるのは間違っているだろうか
 第一章 総論
 第二章 模範解答五番勝負その一 「そうめん」の作り方を知っていますか?
 第三章 模範解答五番勝負その二 くどい!くどすぎる!福島大
 第四章 模範解答五番勝負その三 ヨコ二四ミリ×タテ一八三ミリの攻防
 第五章 模範解答五番勝負その四 代ゼミ「京大現代文ゼミ」担当・湯木知史の逆襲
 第六章 模範解答五番勝負その五 最強のラスボス「現代文のトレーニング」登場
 第七章 記述解答作成の八ヵ条
 第八章 おわりに
【再録】光るもの全て金に非ず~「自称」出題者にダマされるな!
【初版発行年月日】2015年12月31日
【収蔵品定価】700円
【在庫状況】在庫あり
【学力貢献度】★★★☆☆
【コメント】
夏に続いて「石原千秋」分析第四弾。
夏では手が回らなかった国公立二次の記述問題について、石原の模範解答の欠陥を指摘しながら記述解答の書き方について他所では読めないノウハウを公開。電話帳・赤本・青本・市販問題集の模範解答も併せてメッタ斬りに。記述問題の模範解答を見るのが10倍楽しくなる内容。
現在入手困難な「参考書の品格」から「石原千秋」分析第二弾の「光るもの全て金に非ず」を増補改訂して再録。

【正誤表】
3頁上段4行目「不意」→「不意」
14頁下段4行目「自分」→「自分
20頁上段21行目「村人た」→「村人た
20頁上段21行目「ハタハタ」→「ハタハタ
Mさんご指摘ありがとうございます。
5頁下段6行目「一万数千人」→「一万数千人」
【注】
25頁下段10行目「恋人同」は原文ママです。
第四章の問3で青本の模範解答の検討が漏れていました。
【青本】
好意の示し方はそっけなく、邦子の方の馬場へ決して入って来ない
高原であるが、邦子に対する情熱的な恋心を眼差しに現した点で、
後に恋人同志になる転換点となり、予兆としての役割を果たしてい
る。(九二字・原文ママ)
なぜかこちらも「恋人同志」(笑)。
[PR]
# by roudai | 2015-12-31 00:01 | 同人誌 | Comments(4)

今度は木曜日です(追記アリ)

10月は仕事に追われて本を読むどころの騒ぎではなく、資格試験も手つかずのため相変わらず更新も出来ない状態です。その合間を縫ってかろうじて競馬予想原稿を書いている(これが全く当たらない・苦笑)という中、4年ぶりに冬コミに受かりました。

場所は

12/31(木)東地区 プ ブロック 16a

になります。苦節30年、ようやく「お誕生日席」にたどり着きました。

ブロックが間違っていたので画像を削除しました。

知り合いの評論系大手(?)サークルが落選だそうで、せっかくの機会は大事にしていこうと思います。記事の通常更新については新年3が日特集(今年はビデオ講義の予定)から再開します。

コメント欄に回答してきたように「参考書ハンターPartⅢ」は時間の関係で難しいため、とりあえず「もし石」の続編を最優先します。進捗についてはまたここに追記します。
d0133636_22484685.png

ざっとWebカタログを見た感じマウスバードさんの所くらいしか受験関係のサークルがありませんね。お隣は去年の夏にお隣になった中学受験カリスマ家庭教師の方の個人サークルです。中学受験に興味がある方は是非お立ち寄り下さい。

【追記】
2015/12/13 23:00
新刊は明日入稿の予定で作業をしていましたが、予想以上に頁数が膨らんで金曜に延ばしました。
石原だけでなく、電話帳・赤本・青本・某問題集まで記述解答をメッタ斬りにする革新的な内容になっています。現在の進捗は75%くらいなので、突発的な事態が起きなければ何とかなると思います。

2015/12/19 10:30
先ほどデータ入稿しました。
64頁中40頁書き下ろし(残りは「光るもの全て金ならず」の再録)で、内容は小説問題の記述解答の書き方を徹底分析した貴重な内容になっています。
これから朝日杯の予想を書くのにレース映像を見るので、内容についてはまた後で書きます。

2015/12/30 23:55
前日まで仕事の上、飲み会が終わらずに途中で抜けてきました。
準備万端整っていますが、朝一でちょっと買い物に出かけます。ヲタトーク狙いの方は11:30くらいに売り場へお越し下さい。それ以降はトイレと在庫送付以外はいるはずです。

2015/12/31 6:40
無事起きましたが、サポートメンバーの一人が体調不良で来れないかもしれないので、14時前に上がってしまうかもしれません。開場以降もここを更新しますので、確認の上ご来場下さい。

2015/12/31 20:10
ご来場いただいたお客さま、ありがとうございました。
久々の冬コミの上、大晦日開催、しかも大納会が前日という三重苦の上、サポートメンバーの急病でいろいろ予定が狂って大変な一日でした。カットがああだったのと、直近の問題だということで最も気に入らない2015の売れ行きが良かった(意外と「石まち」が売れなかった)のが誤算でした。
「100万円ハンターパートⅠ」はめでたく完売しました。増刷しても売れ残るのは目に見えているので増刷はしません。「パートⅢ」は「センター現代文2016」が終わってから着手します。
それでは皆さん良いお年を。

1/2が休日出勤(泣)なので、その帰りにComic Zinさんに納品してきます。

2016/1/2 20:50
本日Comic Zinさんに納品してきました。在庫のある本に関しては全て通販可能です。
「石まち」も購入可能になっていますのでよろしくお願い致します。
[PR]
# by roudai | 2015-12-31 00:00 | おしらせ | Comments(27)

収蔵品番号535 数ⅢCの完全攻略

d0133636_023390.jpg
【タイトル】数ⅢCの完全攻略―定石伝授と思考力強化―
【著者】米村明芳・杉山義明
【肩書】駿台予備校講師
【出版社】現代数学社
【サイズ】A5+CD(77:36)
【ページ数】202頁
【目次】
第Ⅰ部 問題編
第Ⅱ部 解答・解説編
【初版発行年月日】2005年10月11日
【収蔵品発行年月日】2005年10月11日 初版1刷発行
【収蔵品定価】本体1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】米村明芳・杉山義明「ハイレベル 数学Ⅲの完全攻略」(駿台文庫)
【コメント】
有馬記念も終わり、コピー誌も出さないのでようやく一段落。
クリスマスを過ぎてしまったが毎年恒例の今年せどり屋が最も悲鳴を上げた復刊について。

現代数学社は東京出版と似た路線ながらよりマニア度の高い本を出しており、総じて定価も高めなのだが、なぜか本書だけは音声CD付きで本体価格1000円という異例の激安価格。
ところが気付いた時には絶版となり、元々流通数が少なかったことからかオークション価格が一気に暴騰し「幻の参考書」の仲間入りを果たした。現代数学社自体は細々と同じ本を売り続けている印象を受けるが、単に不人気で初版が裁けていないだけなのかもしれない。

数ⅢCで点差の付く問題を42題取り上げて比較的丁寧に解説している問題集型参考書で出版当時は競合する本が無かったが、近年は「数学Ⅲ 上級問題精講(旧ハイレベル精選問題演習数学Ⅲ+C)」のような問題集も出てきており、唯一無二というほどのプレミア感はない。また音声CDの内容は1問あたり2分程度の対話で無くてもまったく問題ない代物。音声CDのためだけに高い金を出して完品を求める必要は全然ない。
という内容を「参考書ハンターパートⅡ」に書いていたところに「数Ⅰ・A・Ⅱ・Bの完全攻略」から2年後の復刊で驚かされた。
タイトルが「数ⅢC」から「数Ⅲ」に変わっているように、課程変更に伴い「行列・1次変換」の問題が削除されて「複素数」に差し替えられた結果1題減って41題になっている。

新・旧の問題の違いは以下の通り
旧【33】→新【35】
旧【41】→新【36】
旧【35】~【40】・【42】行列・1次変換削除
新【28】追加
新【37】~【41】複素数差替

「はじめに」を読んでも現代数学社版についての言及は無い(笑)。行間が空いて「フォローアップ」の解説が充実して索引まで付けられた結果50頁以上増ページしても価格は100円引きの900円(税別)というまたまた激安価格。いまさら旧版をプレミア価格で買って痺れないよう老婆心ながらご紹介しておく。
[PR]
# by roudai | 2015-12-29 00:00 | 数学 | Comments(0)

今度は金曜日です(追記あり)

今年の春のGⅠで記録的な惨敗を喫した甲斐もあって、夏コミに当選いたしました。

しかし!

館長の仕事の都合(日曜は休日出勤)とコミケット準備会の陰謀(?)のせいで

8/14(金)東地区 "パ" ブロック 06a

に出展となりました。
当初の土曜出展、日曜出勤の予定が狂って、サポートメンバーが来られるか心配です。隣が英語参考書大手のマウスバードさんですが、それ以外はこの手のサークルがありませんね。
d0133636_9244414.jpg
新刊はまだ何も書いていませんが、一応「もし石」完全版改訂版を予定しています。「参考書ハンターパートⅢ」はほぼ100万円分貯まりましたが未定です。
d0133636_22221251.jpg
通販が壊滅状態ですが、「参考書ハンター」「より役立つ本」は共に在庫あります。本の進捗などはこの記事に追記します。

2015/08/01
P.S.3冊めでたく入稿しました。
「2013」(400円)、「2012」(「まだ間に」改題)(400円)、「もし石」(600円)になります。前の2冊はコピー誌の改訂版なので大きな変更はありません(「2012」は多少手が入っています)。
「もし石」はコピー誌に書き下ろし16頁追加+「買ってはいけない」から「甲の薬は乙の毒」を再録しています。詳細は個別の頁に追記しました。

2015/8/13 21:00
明日の準備をするために荷物を解いたら春の「おみやげ」の残りが出てきました。
数が少ないので、新刊3冊お買い上げの方先着5名様(大3つ・小2つ)をプレゼントします。
もう中が何だったか館長も覚えていません。
昼から天気が崩れるようですので、折りたたみ傘と戦利品を入れるビニール袋を持って参加した方が良いかと思います。
今週1週間は激烈に忙しかったですが、チビチビ準備をしたことでようやくのんびりできています。
通販品切れの「100万円参考書ハンター」「パート2」はそれぞれ10冊と20冊なのでご希望の方はお早めに。他の在庫は潤沢にあります。

2015/8/14 22:00
16:00まで現場にいて(展示は15:30くらいに手じまい)19:00過ぎに帰ってきました。
沢山のお運びありがとうございます。
帰りに昼夜兼用の食事をしていたら夕立に遭ってしまいました。皆様はいかがでしたでしょうか。

今回は売れる時と売れない時の落差が激しく、売れている時にテンパッてお話しできずにすみませんでした。
評論系は午前中(または終了間際)は暇なので長時間の話はそこを狙って(自由往来は11:30からでしたが)お越し下さい。

tabitetuさん、配送の都合で一度待ちぼうけを食わせてしまいスミマセン。いろいろな資料と興味深いお話しありがとうございました。
しらとりさん、わざわざ大荷物を持ってきていただきありがとうございます。

今回の非売品は「レトリック」だの「237」だの「抽象名詞」だの人気のもの中心でしたが、たまたま「ハンター」の表紙を見て購入していただいた方に「トンガレ」を大変喜んでいただきました。元々持って行く予定ではなかったのですが、思いつきで持って行って良かったです。
d0133636_19282197.jpg


2015/9/7 23:00
ようやくComicZinさんから発注が来まして新刊3冊と旧刊4冊の納品をしてきて久々にほぼ全部の商品が購入可能状態です。
http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=4670

「参考書ハンターPartⅠ」の在庫は残りわずかなので買い逃した方は最後のチャンスです。「もし石」がじゃんじゃん売れて仕入担当が後悔するような売れ行きになる事を願ってやみません。
[PR]
# by roudai | 2015-06-13 00:00 | おしらせ | Comments(15)

収蔵品番号505 入試に出る国文学史505

d0133636_1533272.jpg
【タイトル】入試に出る国文学史505
【著者】日笠祐二
【肩書】学習院高等科教諭
【出版社】旺文社
【サイズ】新書
【ページ数】207頁
【目次】
はしがき
第一章 上代編
第二章 中古編
第三章 中世編
第四章 近代・現代編
付録
【初版発行年月日】1984年3月20日
【収蔵品発行年月日】1984年3月20日 初版発行
【収蔵品定価】620円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】出口汪「早わかり文学史」(語学春秋社)
【コメント】
古書の世界には効き目という言葉があり、シリーズをコンプリートする上での難所のことを言う。
「英単語ターゲット1900」が未だに出続けている旺文社の「大学JUKEN新書」シリーズだが、コンプリートするにはいくつかの難所がある。まず菅野師の「総チェックPART1 この地この年この事件日本史」と「総チェックPART2 この人この著この思想日本史」に苦労する。続いて「入試に出た!日本史99」と「入試に出た!世界史99」が見つからない。実は世界史がまだなので館長もコンプリートは出来ていないのだが、この先にも英語で「英語新傾向ターゲット7」という超難所があり、現役の受験生の頃から気になっていた。
しかし、こういった目につく稀覯本の陰にひっそりと本書が存在しており、入手するまでその存在に全く気付いていなかった。ちなみに初期の赤JUKEN新書にのみ振られているナンバーは⑤と最初期のものである。

内容はナンバー③である「古文解法ルール200」同様、五七調の一文で著者や著作の関連情報をまとめているのだが、新書判1冊の分量にするために内容がもの凄いことになっており、早慶上智の日本史の文化史問題でも出てこないような重箱の隅が満載である。その割になぜか「歌物語の代表作は伊勢・大和」(ヘイチュー!はいずこ?)だったりもするのだが。

国語で出題されるレベルは遥かに凌駕しているし、日本史でもここまで聞かれることはまずない。ただ、赤JUKEN新書のコンプリートには避けて通れない本なのでその分の価値も上乗せして評価した。
[PR]
# by roudai | 2015-06-02 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号502 ファイナルチェック問題集日本史B

d0133636_1049692.jpg
【タイトル】センター試験ファイナルチェック問題集3菅野の日本史B
【著者】菅野祐孝
【肩書】
【出版社】清水書院
【サイズ】B6
【ページ数】151頁+特別付録32頁
【目次】
第1章 原始・古代
第2章 中世
第3章 近世
第4章 近代
第5章 現代
[特別付録]大学入試センター試験詳解 日本史B(野崎美夫)
【初版発行年月日】2000年8月25日
【収蔵品発行年月日】2000年8月25日 第1刷発行
【収蔵品定価】650円+税
【入手困難度】★☆☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】200円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】金谷俊一郎「センター日本史B一問一答―完全版」(東進ブックス)
【コメント】
同時期まで旺文社で出ていた「センター試験プラス30点の○○」(200点満点の英数国と100点満点の理社では30点の価値がまるで違うのだが・笑)の類似本。他の教科も予備校講師の署名があるが、知名度が大差のため日本史のみ「菅野の日本史B」と教科にまで出てくる。
「国公立二次対策問題集②日本史」の昔から30年にわたり一貫して清水書院は日本史では菅野師を起用し続けており、これだけ長く続く関係も珍しい。
各章毎に「総整理」として時の権力者毎の関連項目をまとめ、センター型の4択問題、最後にPoint Packageとして立体パネルから抜粋で2頁のまとめがある。センターレベル想定なので解答は易しいが、選択肢には見たことのない用語があって時折ビックリさせられる。解説は皆無なので気になった用語を調べる自主性のある生徒には額面以上の上積みがあるかも。
直前期の知識の確認向けとして気軽に持ち運べるコンパクトさが売りで、通史を終えていない現役生が読んでも良さが生きない。
[PR]
# by roudai | 2015-05-12 00:00 | 社会 | Comments(0)

収蔵品番号501 英文を最もカンタンに読む方法 

d0133636_10181274.jpg
【タイトル】阿部憲の英語革命 英文を最もカンタンに読む方法
【著者】阿部憲
【肩書】S.P.S.英語科部長・東進ハイスクール英語科講師
【出版社】中経出版
【サイズ】B5変形
【ページ数】219頁
【目次】
プロローグ
1 「英語革命」と「従来の文法解説」との違い!!
2 「英語革命」の使い方
3 なぜ「英語革命」なのか?
Part Ⅰ 講義
 講義1 英文を読む際の目の動かし方
 講義2 英文の構造と日本文の構造はとこが違うのか?
 講義3 英文中のパーツの訳し方
 講義4 英文を訳す順序
 講義5 英文を作るに1つ1つのパーツが長い場合はどう訳したらよいか?
 講義6 短文ドリルトレーニング
 講義7 長い文のさばき方①~挿入部を消す~
 講義8 長い文のさばき方②~小さな文(短文)で切る+長い分詞・不定詞・前置詞句で切る~
 講義9 長い文のさばき方③~区切ったものを、Vを押さえなから読む~
 講義10 区切って作った短文訳のくっつけ方
 講義11 最後まで短文できれいに切れないタイプの英文のさばき方
 講義12 構造上つまづく3つの英文のパターン
 講義13 単文ドリルトレーニング
Part 2 演習
 長文読解トレーニング1~9
Part 3 補講
 補講1 英語を日本語に訳すとは?
 補講2 注意すべき英文のタイプ
収録問題一覧
巻末資料 英文読解のための道具
エピローグ
【初版発行年月日】1998年6月30日
【収蔵品発行年月日】1998年6月30日 初版発行
【収蔵品定価】1300円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】900円~
【鑑定額】650円
【代替参考書】垂水隆宜「超短文でスタート! 得意になる英語長文」(プレイス)
【コメント】
今でこそ駄本を連発している中経出版(現・KADOKAWA/中経出版)だが、20世紀にはエッジの立った参考書を出していて、当館でもいくつか取り上げてきた(またそれを転売屋が針小棒大にアオるのも困りものだが)。本書もB5変形という本屋泣かせのデザイン(同じ判型のSEG出版の「闘う」シリーズが21世紀に入って消えたのも偶然とはいえ面白い)で恐らく流通量はさほどではないだろう。
だいたい「革命」などと大仰な(いかにも全共闘世代が好きそうな)用語を表題に用いた参考書に「革命的」メソッドが載っていた試しがないのは毎度のことなので目次に謎の呪文が並べられていても特に何とも思わなかったが、英文を訳す順についての議論の中で、順番についてここまで拘ったことがあったかしらん?という疑問が湧いてきた。確かに例文を見ると筆者の言う順番で自然な日本語になって訳出されている。英語を話せるようになる事を最終目的にしている割には結果として日本古来の返り読みに帰着するあたりが皮肉というか面白いところだが。また、文法軽視と言いながら文を区切る規準に文法的な要素や、「文として不自然」などという規準を用いるあたり全くの初学者が読んだら混乱しそうだが。
最近の長文読解ではなく、国公立大の一文が入り組んだ下線部訳のとっかかりとして役立ちそうな本だが、「口語英語」のように古書価が暴騰するようなら代替参考書でもいいだろう。
[PR]
# by roudai | 2015-05-05 00:00 | 英語 | Comments(1)

収蔵品番号500 英会話表現500

d0133636_1092959.jpg
【タイトル】改訂入試必出英会話表現500
【著者】武田守正
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】代々木ライブラリー
【サイズ】新書
【ページ数】107頁
【目次】
1 WEATHER(天候)
2 TIME(時刻)
3 SHOWING THE WAY(道案内)
4 TRAVELING(旅行)
5 TRANSPORTATION(交通)
6 GREETINGS & INTRODUCTIONS(挨拶・紹介)
7 THANKS & APOLOGIES(感謝・謝罪)
8 HEALTH & ILLNESS(健康・病気)
9 VISITING(訪問)
10 MEALS(食事)
11 HOBBIES & AMUSEMENTS(趣味・娯楽)
12 SPORTS(スポーツ)
13 TELEPHONING(電話)
14 SCHOOL & READING(学校・読書)
15 EMOTION(感情)
16 I THINK,etc(「思う」など)
17 EXPLANATORY EXPRESSIONS(いろいろな説明)
18 MONEY & PURCHASES(金銭・買物)
19 DO & DON'T,etc.(する,しない,など)
20 STOPGAP PHRASES(つなぎのことば)
21 CONCERNING ONESELF(自分を中心に)
22 CONCERNING OTHERS(他人を中心に)
【初版発行年月日】1976年4月30日
【収蔵品発行年月日】1981年1月30日 改訂版第刷4発行
【収蔵品定価】430円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】108円
【代替参考書】
【コメント】
休館を繰り返しながらなんとか500までたどり着いた(未公開分がだいぶあるが何を題材にするかはちゃんと決まっている)。
実はカウントを1つ間違えていて、500はGW中にのんびり書こうと思っていたらとっくに過ぎていたというオチであった。蔵書数から言えば500などというのは1割にも満たないので、ネタには全く困らない(厳密に言うと「ハンターパートⅢ」などの兼ね合いで出したくても出せないネタが結構ある)が読む時間と倉庫から引っ張り出してくる手間が無くて今後も不定期更新となるだろう。

500ということで書名に500を含むものを探したが、その中でもレア度の高い1冊。「代々木ライブラリー」の書体も現在とは異なる。
この時期の代々木ライブラリーの本は予備校バブル期の広告には載っていないため全体像が不明で、当時の電話帳やら受験雑誌(「大学受験アルファ」など)を見ないとどんな本が出ていたかすら分からないためオークションに出るとほぼ例外なく暴騰する。しかし、いざ手にしてみると「ハンターパートⅡ」で暴露した「解き方のパターン集」のようにベラボーな落札価格に見合わない貧弱な内容のケースが多く、本書もその例外ではない。
「700選」を意識した見開き完結、左英文、右和訳、下段注というレイアウトだが、注の絶対量が少なく今の参考書を見慣れているとだいぶ不親切に見える。口語英語も一般化してわざわざこれだけを取り上げる本は見当たらなくなり、今やこのタイプの本は英会話の本にも見かけなくなった化石と言える。
[PR]
# by roudai | 2015-04-28 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号499 漢文入門

d0133636_1064294.jpg
【タイトル】漢文入門
【著者】仁田峠公人(にたとうげきみと)
【肩書】
【出版社】Z会出版
【サイズ】A5
【ページ数】150頁+別冊104頁
【目次】
はしがき
本書の構成・利用法
第1章 導入編
 1 漢文とは何か
 2 訓読と訓点
 3 漢文の基本構造
 4 書き下し文
 5 古典文法とのつながり
 6 置き字
 7 再読文字
 8 漢文の解釈(=現代語訳)の方法
第2章 錬成編
 1 否定形①(単純否定・禁止)
 2 否定形②(部分否定)
 3 否定形③(二重否定・特殊な否定)
 4 疑問形・反語形①
 5 疑問形・反語形②
 6 疑問形・反語形③
 7 疑問形・反語形④
 8 使役形
 9 受身形
10 限定形・累加形
11 仮定形
12 抑揚形
13 比較・選択形
14 詠嘆形・願望形
15 漢詩
総合問題①
総合問題②
重要語一覧
別冊「第2章錬成纂」解答・解説
【初版発行年月日】2008年3月10日
【収蔵品発行年月日】2010年3月20日 初版第4刷発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】200円
【代替参考書】
【コメント】
著者は代ゼミ講師だが関東ではほぼ無名(最後は名古屋校で教えていたそう)で、本書と「最強の漢文」を突然発刊した時にはビックリした。
しかし、著者の不祥事(静岡の女性会社員というのはZ会の職員だろうか?)の後、絶版になり一時期オークション価が漢文参考書としてあり得ないほど高騰した(Amazonのレビューがちょっと気持ち悪いほど礼賛一色)。
奇しくも漢文の学習が人格を陶冶しないことの証明となってしまったわけだが、罪を憎んで参考書を憎まず、中身を見ていくと「これがZ会出版の参考書?」と疑いたくなるほど初歩中の初歩から始まっている。形式は旧来の漢文教育同様句形中心で、演習問題も「入門」の名にふさわしく易しい問題ばかり。確かに最近漢文の参考書・問題集にロクなものがない(例外は市川久善「思考訓練の場としての漢文解析―受験国語」(育文社)くらい)が、プレミア価格で買う必要性は全く感じない。
読んでいて少し驚いたのは訓点の振り方で、レ点、一二点、甲乙丙点まではどんな参考書にでも書いてあるが、その上の天地人点や甲レ点(甲の下にレ点)や天レ点(天の下にレ点)なんて初めて見た気がする。そこまで書くのなら具体例を出してくれないと(甲乙丙点は2007年センター試験本試に出題されている)不親切だが、ラ講講師の志村和久師による「漢文早わかり」(学燈文庫・1982)には韓愈の文としてこんな例が載っている。天地人点まで使うのだが訓点が振れるだろうか?
使メバヲシテ不以妻子フルヲ飢寒、有リテ銭財以医薬、…
「入門」どころか「最強」でもココまでは必要ない気がするが(バブル期前は文庫サイズの参考書に載っていたわけだが・笑)。

正解はこちら
[PR]
# by roudai | 2015-04-21 00:00 | 国語 | Comments(0)

発行書籍番号013 現代文の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2015年版

d0133636_3462934.jpg
【タイトル】センター試験現代文[評論][小説]の点数が面白いほどとれる本…より役立つ本2015年版
【著者】原ハジメ
【サークル】タイム指数研究所
【サイズ】B5
【ページ数】36頁
【目次】
はじめに
第一講 評論文の読み方・解き方
第二講 小説文の読み方・解き方
【付録一】「新・一読たどり読み」のための手引き
【付録二】センター漢字の三大注意事項
あとがき
【初版発行年月日】2015年3月28日
【定価】400円
【在庫状況】在庫あり
【学力貢献度】★★☆☆☆
【コメント】
当博物館監修の本格的(?)受験参考書第6弾。
コミケットSP6にて発売。
世界最速の二〇一五年のセンター試験本試験現代文の解説書だが、著作権の関係で問題は未収録。
お買い求めいただいた方は河合塾より問題をダウンロードしてください。
2月頭に行われた「センター試験解説速報講義」の講義録で、今年のセンター現代文を徹底解説。
今回も、森久師の幻のメソード「一読たどり読み」を継承した「新・一読たどり読み」を用いてセンター現代文の過去問を読解法・解答法両面から分析。
今年の問題でなぜ間違えたのか、どこに問題があったのかを丁寧に語り尽くした1冊。

3/29 COMIC ZINさんの委託販売が開始しました。
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=23822

【正誤表】
1頁 201年版→201年版
[PR]
# by roudai | 2015-03-23 07:00 | 同人誌 | Comments(3)