浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。


リンク


浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
悲しい事に「佐久間先生は..
by tabitetu at 00:31
未だにラジオ日本で月~金..
by tabitetu at 00:19
「BIG tomorro..
by tabitetu at 00:17
>Mさん ウチを引用し..
by roudai at 12:44
今ヤフオクで「 【商品..
by M at 21:52
>ゴリゾウさん サイズ..
by roudai at 18:33
館長殿 コメント、..
by ゴリゾウ at 18:19
ゴリゾウさん ご無沙汰..
by roudai at 08:58
館長殿 湯木氏の記..
by ゴリゾウ at 00:18
館長様 コメント下..
by ケンチャナヨ at 00:13
検索
タグ
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
記事ランキング
ブログジャンル

収蔵品番号001 英語の構文がとれる本

d0133636_21554.jpg

【タイトル】英語の構文がとれる本
【著者】杉嶋直樹
【肩書】両国予備校専任講師
【出版社】吾妻書房
【サイズ】A5
【ページ数】117頁
【目次】
■はしがき
≪第1部≫ 英文読解の基本・10の秘訣
 第1講 こうすれば構文がつかめる
 第2講 基本5文型とその見分け方
 第3講 節と句をつかもう
 第4講 構文の解き方考え方(その1)
 第5講 構文の解き方考え方(その2)
 第6講 構文の解き方考え方(その3)
 第7講 倒置構文なんか怖くない(その1)
 第8講 倒置構文なんか怖くない(その2)
 第9講 相関語句を見逃すな
 第10講 挿入語句に惑わされるな
≪第2部≫ 構文解明演習問題
Part Ⅰ
Part II
■「構文解明演習問題」全訳
【初版発行年月日】1983/7/20 第1刷発行
【収蔵品発行年月日】1987/7/25 第5刷発行
【収蔵品定価】780円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】内山智雄「なぜ、英文が読めないのか―読むための英文法」(文芸社)
【コメント】
最初の本はよほどの参考書マニアでなければ知らない本。手元にある限りの参考書紹介本(「私の大学合格参考書作戦」等)を見ても1度も取り上げられたことがない。
「はしがき」に拠れば雑誌「医歯薬進学」(玄文社)の連載を元に書かれた本だそうだ。
よく英語の講師が「英語の構文を"とる"」と言うが、その「とる」というのはどういう行為を指すのか明確にしているケースはほとんど無い。この本はその一点にこだわった本で、敢えて類書を挙げれば宮崎尊「宮崎尊の入試英語スーパーマニュアル」(旺文社)がそれに当たるが、この本も稀覯本なので、最近見つけた良書を挙げておいた。
英語の文法は大体知っているのだが、ちょっと複雑な文の解釈になるとお手上げ、といった読者を対象にしていながら、第1講の最初の問題が、今から30年以上前の京大の下線部訳の問題という度肝を抜かれる構成に感動させられる。ちなみに問題の英文はこう(前後の文には全て日本語訳がついているが)。
On the one hand there is the danger of rushing into action without thinking about what we are doing, or by taking it for granted that it is all right to do as others do, although we don't in the least know why they act thus.(正解は最後に)

正解はこちら
# by roudai | 2007-10-01 00:00 | 英語 | Comments(9)