人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:ナガセ ( 4 ) タグの人気記事

収蔵品番号399 英語重要構文400

d0133636_22531857.jpg
【タイトル】英語重要構文400
【著者】永田達三
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】B6+CD2枚
【ページ数】286頁
【目次】
はじめに
学習の進め方
第1章 受動態を用いた構文20
第2章 不定詞を用いた構文50
第3章 動名詞を用いた構文30
第4章 分詞を用いた構文30
第5章 群前置詞を用いた構文10
第6章 話法に関する構文20
第7章 関係詞を用いた構文30
第8章 接続詞を用いた構文40
第9章 無生物主語を用いた構文20
第10章 Itを用いた構文30
第11章 仮定法と命令法を用いた構文30
第12章 助動詞を用いた構文30
第13章 比較を用いた構文40
第14章 否定を用いた構文20
【初版発行年月日】1999年11月10日
【収蔵品発行年月日】2004年7月12日 第6版発行
【収蔵品定価】本体951円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】飯田康夫「英語構文基本300選」(駿台文庫)
【コメント】
予備校バブル期に早稲田ゼミナール、東進ハイスクールで活躍した永田達三師はオリジナルな用語を連発する独創的な講義だったこともあって真っ当な英語を学んできた人ほど興味を惹かれるのか、「ハイベーシック英熟語」のように絶版になるまで見向きもされなかった本が絶版になった途端に暴騰したりすることもある反面、本書のように潤沢に供給されたためか絶版後ピクリとも動かない本も存在する。
タイトルこそ「英語重要構文」だが、英文法・英作文・英文解釈の様々な角度から訊かれるポイントが網羅され、所々に挟まれる「ミーちゃん(ハー君)の質問コーナー」では
"I have no time to play."「遊んでる暇はない。」の文が正しいのに、"I have no toys to play."「遊ぶオモチャがない。」の文はどうして間違っているんですか。
といった少し英語が出来る生徒でもギョッとするような質問が挙がっている(答えは巻末)。
各例文の訳もこなれていて、和文英訳、英文和訳のどちらから見ても良い演習となっているし、現行で出版されている構文集でこれだけ完成度の高い本もちょっと見つからない。トコトンしゃぶり尽くせば確実に実力がアップする本だと言える。CDは英文の読み上げだけなのであった方がBetterという程度。

「質問コーナー」の答えは
by roudai | 2013-07-02 00:00 | 英語 | Comments(2)

収蔵品番号380 滝山敏郎の英語長文の完全征服

d0133636_1753896.jpg
【タイトル】滝山敏郎の英語長文の完全征服
【著者】滝山敏郎
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】A5
【ページ数】87頁+別冊解答34頁
【目次】
1. A Thatched Cottage      わらぶきの家
2. Baseball in Japan       日本の野球
3. Birds: Animals that Fly    空飛ぶ動物、鳥
4. The Ozone Layer        オゾン層
5. Spiders: Wonderful Spinners  紡ぎの名人、くも
6. UFO's             空飛ぶ円盤
7. Seeing-off          見送り
8. The Pioneer          開拓者
9. 15 Billion Light Years Away  l50億光年の彼方
10. Hobby or Waste of Time?   趣味か時間の浪費か
11. The Canning of Food     食糧の缶詰
12. Advertisement        広告
13. Loneliness          孤独
14. An Early Marriage      早すぎる結婚
15. 0ur Standard of Living    我が国の生活水準
16. Language           ことば
17. The university's Role    大学の役割
18. Japan Bashing        日本たたき
19. Sick Humour         病的ユーモア
20, Relationships        結婚と人間関係
21, The Learner of English    英語学習者
22. The Acts of Money      おかねの役割
23. A Yen for More        一円でもっと多くを
24. Electioneering        選挙運動
25. The Concept of the Universe 宇宙の概念
【初版発行年月日】1991年1月10日
【収蔵品発行年月日】1991年1月10日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】800円(本体777円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】松村洋「"毎年出る"頻出英語長文」(日栄社)
【コメント】
ということで、めでたく「志望大合格する参考書・ムダな参考書’96年版」で(というより初登場の93年度版から)ぶっちぎりの最下位に輝いた、「King of くず」の座を発売以来20年以上も守り続けている「伝説の問題作」の登場だ。

まず何が凄いって、長文問題集なのに編著者による問題解説が一切無い。下線部訳の問題に至っては全文訳があるので解答すら省略している(もちろん、当該箇所を指し示す下線などもない)。教科書傍用問題集だって普通もうちょっと親切設計だ。
あまつさえ、この問題集で唯一の"本文"と言える「はしがき」でこう開き直っている
はしがき
 一冊の英語長文問題集を読み終えた後で、なんとか訳した、どうにか解けただけでは味気なく空しさが残る。
 本書は読解力の養成を目標にしていることは勿論だが、同時に受験生のセンスにあった題材を集め、内容的に興味があり、知らぬ間に知識と教養が身につくよう配慮した。また、本書は入試英語長文征服の為に英語らしい表現に慣れてもらうためのものである。
 あえて注釈はつけていない。大切なことは大意を把握することである。小さなことにこだわっていると、かえって誤りを犯しかねない。各項の見出しがまず大きなヒントになっている。そのことを頭に入れて、それがどう説明されているかを、ひととおり読んでみよう。
 学習の能率を上げるために参考訳例と設問解答を付した。一読した後、分らぬ部分は推理を加えながら大意をつかんでみよう。日頃、読書を多くし、考える力がある人は一つの単語が解らぬままでもおよその見当がつくものだ。
 次に折角解答があるのだから見比べて欲しい。それからもう一度本文を読み直す。必要と思える語いや句などは本書の空白部分に書き留めておくとよい。
 一冊終れば可成りの自信がつくものだ。おまけに英語に対する興味もつのる。新たな挑戦意欲もわく。本書がそんなふうに役立てば、この上ないよろこびである。
 1990年冬 編著者(はしがき全文・赤字は引用者による)
これを読めば館長が筆者を「詐欺山ド素人」と呼ぶのに首肯してもらえるだろう。代ゼミ大阪校や東進は「答えがあるだけでもありがたいと思え」と言われて素直に受け入れる生徒ばかりだったのだろうか?こんな本を出して恬として恥じない輩をカリスマ講師と喧伝(この本は江藤正明「新 英語をもう一度最初から」に続く東進ブックス第二弾)するのが東進商法で、「ハッキリ言って講師陣が自慢不満です!」という原秀行尊師の揶揄の方が遥かに正鵠を射ている。

さすがに本屋で中身を読める時代にこんな詐欺本がまかり通るはずもなく、ひっそりと闇に消えたのだが、中身の読めないネットオークション(またはAmazon)で高値掴みをしてしまう善意の第三者が出ないよう改めて警告しておく(東進コンプリートとか酔狂な真似がしたいマニアは止めないが)。
by roudai | 2013-02-19 00:00 | 英語 | Comments(3)

収蔵品番号329 だれでもできる数学解答術 基礎解析編

d0133636_22521723.jpg
【タイトル】合格王のだれでもできる数学解答術 基礎解析編
【著者】安本肇
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】A5
【ページ数】221頁
【目次】
○はじめに
合格王のアドバイス
[1]関数
 PART 1―三角関数 ●公式の記憶+マスターが攻略の第一歩
 PART 2―指数関数 ●解くカギは指数法則にある
 PART 3―対数関数 ●指数関数が対数を解くカギになる
[2]数列・漸化式
 PART 4―数列 ●等差数列等比数列は基礎が肝心
 PART 5―数列の和 ●Σ問題の決め手は「階乗関数」だ
 PART 6―差分方程式 ●差分方程式は数列を解く重要テクニックだ
 PART 7―特殊な漸化式 ●漸化式に慣れれば数列は怖くない
 PART 8―数学的帰納法 ●重要テクニック「帰納法」はこうマスターしろ
[3]微分・積分
 PART 9―微分法 ●(ax+b)nの微分に絞り込め
 PART 10―2次・3次関数 ●接線の方程式はここで完璧にしろ
 PART 11―微分の応用 ●最大値・最小値はこう求める
 PART 12―積分法 ●不定積分、定積分の意味からつかめ
 PART 13―面積 ●どこでも使える面積の解法パターン
 PART 14―標準系変換定理 ●微積の難問はこれで解け
【初版発行年月日】1995年3月18日
【収蔵品発行年月日】1995年3月18日 初版発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】5000円~
【鑑定額】3000円
【代替参考書】坂本龍「3分で解く!センター数学B」(エール出版社)
【コメント】
現在は坂本龍名義で執筆している安本師のミラクル数学第2弾(第1弾は代数幾何編)。鳴り物入りで東進に出講したもののすぐに名前を聞かなくなったので佐藤(人称代名詞がit)忠志的な色物と思っていたが、「大学合格王」の肩書きは伊達ではなかった。

エール出版社から出ていた一連の本はベクトルと確率の範囲が多く、数列・微積・三角関数といった本書に載っている内容はあまりない(数列に関しては代替参考書に掲載されている)。「大学入試合格王の絶対合格マル秘コツ」に載っていた数列の箇所はほぼそのまま載っており、あちらは新書の一部という紙幅の制限のために説明不足でわかりづらかったが、こちらは2色刷の講義体ということもあり非常にわかりやすかった。

ミラクル数学とは大学数学の範囲(?)の知識を援用して一定パターンで解ける問題を増やすという、つるかめ算や流水算や通過算などの中学受験算数で方程式を使うようなものだ。偏差値55以下の初学者がいきなりこう習うと両極端な反応を起こしそうで、実際、東進では悪い方に出てしまったのだろう。しかし、複素数範囲のド・モアブルの定理から三角関数の加法定理を導出したり、放物線の接線問題を一般化するためにテイラー展開を用いたりと文系数学の範囲を一通り習った人間がおさらいで読むと色々と発見がある。

東進ブックスの初期参考書(「実況放送」等)の欠点である、無意味な(単なる用語の英訳等)赤字による手書き風の書き込みが邪魔くさく、その分必要な書き込みが足りないので「落ちこぼれ大歓迎!」の文句に最近の受験生が釣られると失望するかも知れない。

現在、玄文社から通販可能(?)な「坂本式数学即解のテクニック<入試数学を3分で解く>」には一通り同内容が含まれているが、基礎部分の説明量や問題演習量はこちらの方が断然多い。面白いのは「基礎解析」の本なのに例題で出てくる問題の8割が二次私大の理系学部出題という点で、最近の安本師はセンター対策の本ばかり(私大理系の問題を使うこともあるが)なので、記述解の書き方も参考になる。

数Ⅱの微分積分だけで本書の半分を占めており、接線や面積に強くなりたければ一読の価値はある。
by roudai | 2012-03-13 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号243 [入試英語]に強くなる実況放送(上)

d0133636_9272118.jpg
【タイトル】滝山敏郎の[入試英語]に強くなる実況放送(上)
【著者】滝山敏郎
【肩書】東進ハイスクール講師
【出版社】ナガセ
【サイズ】A5
【ページ数】213頁
【目次】
講義●1 入試に出てくる名詞の使い方
講義●2 英作文上達のコツ、代名詞の発想術
講義●3 必ず出てくる比較級教えます
講義●4 訳に役立つ関係代名詞
講義●5 実戦解法の5つのポイント
講義●6 不定詞をパターンで理解する方法
講義●7 ポイントだけつまむ分詞
講義●8 英語脳で分かる動名詞
講義●9 当日役立つ仮定法の知識
【初版発行年月日】1992年6月5日
【収蔵品発行年月日】1992年6月5日 初版発行
【収蔵品定価】1200円(本体1165円)
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1000円~
【鑑定額】300円
【代替参考書】
【コメント】
露骨に語学春秋社の「実況中継」シリーズのパクリで、確か語学春秋社から訴訟を起こされてアッという間に消えた幻のシリーズの一冊。
鳴り物入りで関西代ゼミから東進に移籍した滝山師が初めてその授業内容の一端を開陳した講義録型参考書。
コレに先駆けて同じナガセから出版された「英語長文の完全征服」の手抜きっぷりが余りに酷かったので(問題と解答のみでほとんど教科書準拠問題集)個人的に「サギ山ド素人」のあだ名を奉ったほどで、本書には全く期待していなかった。ところが講義録形式で書かれた本書は、各文法項目のハイレベルな盲点がまとまっており、読み始めた当初は良い意味で期待を裏切ってくれた。
しかしながら、読み進むにつれて徐々に欠点が露わになっていく。
とにかく「暗記しとけ」の一点張りで、何故その答えになるのかの理由は全く説明されない。昔の代ゼミ大阪校や東進はよっぽど暗記力に秀でた生徒ばかりなのだろうか。その割に生徒との問答に出てくる生徒のレベルはあまり高そうな感じがしないのだが(苦笑)。ここのところ山田弘師の本を立て続けに読んでいたので余計にそう感じる。
出てくる例題自体はミスし易そうな問題ばかりなのだが、応用力は伴わなそう。「オッチャン、オモロいポイント並べてくれて有難うな!」と言える素直な心の持ち主なら評価はまた違ったものになるかもしれないが、大方の受験生にとっては「なんでやねん!」という参考書。ただ、同じ上下巻で「暗記しとけ」一辺倒でも、副島隆彦「入試英語ここまで」(JICC出版局)よりかは数段マシ。
レアな割に古書価が上がらないのにはやはりそれだけの理由があるのだ(逆は真ならずだが)。
by roudai | 2010-08-24 00:00 | 英語 | Comments(0)