人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:中経出版 ( 15 ) タグの人気記事

収蔵品番号196 現代文SOS!!演習問題編

d0133636_1964741.jpg

【タイトル】現代文SOS!!下 演習問題編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】230頁
【目次】
プロローグ/現代文に悩む全国の受験生へ
第1部 『現代文SOS』修得編
 解法 『SOS①』~『SOS⑭』
第2部 『現代文SOS』演習問題(選択肢問題)
 選択肢問題
 第五問
 解答・解説
 第六問
 解答・解説
 第七問
 解答・解説
第3部 『現代文SOS』演習問題(記述問題)
 記述問題
 第八問
 解答・解説
 第九問
 解答・解説
 第十問
 解答・解説
参考
巻末 『現代文SOS』リスト
   『現代文SOS』フローチャート
【初版発行年月日】1995年10月16日
【収蔵品発行年月日】2003年8月20日 第8刷発行
【収蔵品定価】1165円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】
【コメント】
以前紹介した上巻の続編。裏表紙に「高橋廣敏の現代文[客観問題]が面白いほどとける本」の広告が載っているように、結構長い期間現役だったようだ。
20頁ほどの第1部でさらっと「SOS」を復習しているので、下巻単独でも使用できるが上巻があるに越したことはない。
第1部の例文が解説のために書き起こしたと見られる出典不明の文ばかりなので、SOSに合わせて創作しているようにも感じられ、今ひとつ信頼が置けない。
第2部の出典は
第五問(91年度 学習院大学経済学部)
第六問(94年度 専修大学文学部 小倉千加子「醤油と薔薇の日々―楽しくニョーボする時代」)
第七問(88年度 早稲田大学商学部 鹿野政直「近代日本の民間学」
第八問(84年度 共通一次試験追試改題 安岡章太郎「海辺の光景」)
第九問(85年度 秋田大学 小松英夫「徒然草抜書 解釈の原点」前言)
第十問(91年度 東京大学文理共通前期 粟津則雄「日本洋画22人の闘い」
と出題年度がバラバラだが、出典や出題年度を明記していない(太字は当博物館収蔵の資料にて調査)あたりが素人作りの悲しさか。第六問は胸糞悪いフェミの戯言が出典の上、
問一 傍線部X「薔薇」とは異なるグループに属する語を、次の1から5の中から一つ選び、その番号を解答欄にマークしなさい。
1 合歓 2 芍薬 3 山梔子 4 蒲公英 5 竹夫人
なんてキチガイ問題(少なくとも「現代文」の問題ではない。正解は5)を選んでいるのが気に入らない。あと、問5が深読みしすぎて間違っている。正解は2の「経済」ではなくて1の「制度」。
第八問も共通一次の追試なんてマニアックなものを改題した割に解説は平凡で、せめて「亀井和子の現代文名探偵養成講座」並に「東京から来られると、こちらは暑いでしょう」という医師の台詞から、主人公の属性と病院との物理的距離や病院の立地を読み取るような「読解」を見せてくれれば評価のしようもあるが。第九問も出版時点で10年前の秋田大でかつ頻出出典でもない、と出題意図が不明確。第十問の東大の問題は、東大銀杏学舎の結成が92年というから、おそらく彼らが受けた年の問題だろう。
よくネット上で「現代文SOS」に言及する際に「上巻だけあればよい」とあるが、以上の理由により下巻が他の問題集より抜けて優れているという点は無いに等しい。
by roudai | 2009-10-20 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号166 現代文SOS!!修得編

d0133636_11323478.jpg

【タイトル】現代文SOS!!上 修得編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】A5
【ページ数】202頁
【目次】
プロローグ/現代文に悩む全国の受験生へ
第1部 『現代文SOS』修得編
 第1章 現代文の得点能力とは?
 第2章 『現代文SOS』とは?
 第3章 何題やればよいのか?(志望校別勉強量)
 第4章 『現代文SOS』勉強法
 第5章 演習問題の解答・解説の構成と学習法
 第6章 語彙力の必要性と身につけ方
 第7章 『SOS①』~『SOS⑭』
第2部 『現代文SOS』演習問題(センター試験レベル)
 (センター試験レベル)
 第一問
 解答・解説
 第二問
 解答・解説
 第三問
 解答・解説
 第四問
 解答・解説
巻末 『現代文SOS』リスト
   『現代文SOS』フローチャート
【初版発行年月日】1995年10月16日
【収蔵品発行年月日】2001年3月10日 第14刷発行
【収蔵品定価】1165円+税
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】1200円~
【鑑定額】1000円
【代替参考書】出口汪「出口のシステム現代文解法公式集」(水王舎)
【コメント】
ちょっと前までは2000円程度でもバンバン落札されていた人気参考書だが、このところ沈静化している。
この本について代ゼミの笹井師の信者が「パクりだ」と貶しているのをよく見かける。笹井師を受講したことがないので方法論はテキスト等から類推するしかないが、この本の骨子である傍線部の分析方法が笹井師の「なぜ・何・ぐー」と類似の部分があるところからそう言うのだろう。「SOS」も「なぜ・何・ぐー」も所詮傍線部の具体化や主述関係の追加で、そんなことは笹井師以前に森師や堀木師も行っている話であり、その程度のことを我が仏尊しで拘泥している信者の偏狭さが痛々しい。
上巻はSOSの説明とセンター試験の過去問を用いたSOSの運用法を説いており、マーク式の選択肢を選ぶにあたって、あらかじめ記述解答を作成してそれとの比較で選ばせる、という点が類書に比べて目新しい。
ところが通読して振り返ると重大な欠陥に気づく。「SOS」は終始一貫「如何に答えるか」の方法論であって、「如何に読むか」ということについては全く答えてくれていない。執筆者が「現役東大生」を名乗っているせいか「読めてアタリマエ」という前提で書かれており、「読めるけど(記述解答が)書けない」という生徒には効力を発揮しても、それ以下の「現代文が読めない」というレベルの生徒にとっては期待ハズレだろう。
by roudai | 2009-03-17 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号162 数学SOS!!数学総合編

d0133636_8134530.jpg
【タイトル】数学SOS!!数学総合編
【著者】東大銀杏学舎
【肩書】
【出版社】中経出版
【サイズ】B5
【ページ数】206頁
【目次】
序章 数学SOSとは
 ・数学は正しい勉強法・思考法で
 ・「たて割り」「よこ割り」とは何だ?
 ・数学SOSとは何だ?
 ・数学SOSの活用法
第1章 毎日の学習へのSOS
 SOS① 積極的にフィードバックせよ
 SOS② 計算を手抜きするな
 SOS③ 解答はなるべく見ずに自分の頭で考えよ
 SOS④ 公式は覚えるよりも求める
 SOS⑤ 「論理記号・用語」の「定義・用法」は確実に
 SOS⑥ 同値変形の概念を理解せよ
 SOS⑦ 因数分解を使いこなせ
 SOS⑧ 難しい言葉は自分の言葉に置き換えて理解せよ
 SOS⑨ 問題の趣旨を把握せよ
 SOS⑩ アプローチ法は1つじゃない
 SOS⑪ 思い切ってレベルを下げよ
第2章 解法を導き出すSOS
 SOS⑫ できる限り図示して視覚的に考えよ
 SOS⑬ 出題者の誘導にのれ
 SOS⑭ 問題をそのまま式にせよ
 SOS⑮ 対象性に注目せよ
 SOS⑯ 実数条件は判別式で
 SOS⑰ 必要条件から十分条件へ
 SOS⑱ 具体例を考えよ
 SOS⑲ 結論から解答の方針を導き出せ
第3章 毎日の学習へのSOSー点のとれる答案とは
 ヒント① さまざまな解答から学べ!
 ヒント② 効率的な答案作成法とは?
■巻末 問題一覧表
    答案作成のフローチャート
【初版発行年月日】1997年6月17日
【収蔵品発行年月日】1997年6月17日 第1刷発行
【収蔵品定価】1000円+税
【入手困難度】★★★☆☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】1500円
【代替参考書】佐々木 隆宏「佐々木隆宏の数学の発想力が面白いほど身につく本」(中経出版)
【コメント】
著者は現役の東大生30余人による合格指導アドバイス集団ということだが、どこまで本当かはワカナラナイ。
ところで、現在出版されている各種参考書において、このような「よこ割り」の勉強法、考え方を意識したものはほとんどなく、唯一の例として「秋山数学講義の実況中継」(語学春秋社)をあげることができる。しかし、この本はコンセプトこそすぐれているものの、数学の実力が伸びない生徒、数学が苦手な生徒が「よこ割り」の考え方を養うには内容が高度すぎるという欠点がある。(9頁)
と序章に書かれているように「数学講義の実況中継」丸パクリ本ダイジェスト版と言っていい内容である。収録されている問題も平易で「実況中継」に比べれば大分取っつきやすい。
オークションでも「実況中継」より遙かに安く手に入るので、これから大学受験数学に取りかかろうというレベルであればこちらの方が合うかもしれない。
あくまで受験数学に対する心得集なので、過度な期待はしないこと。
by roudai | 2009-02-17 00:00 | 数学 | Comments(0)

収蔵品番号132 入試にでる英単語 もう1つの意味

d0133636_20562350.jpg
【タイトル】入試にでる英単語 もう1つの意味<よく出る1000語>
【著者】斎藤昌哉
【肩書】予備校講師・文芸翻訳家
【出版社】中経出版
【サイズ】新書
【ページ数】285頁
【目次】
はじめに
本書の構成
Aランク
入試最頻出/常識のウラ意味337
Bランク
これだけは最低覚えておくウラ意味373
Cランク
受験生の盲点になるウラ意味299
索引
【初版発行年月日】1994年1月6日
【収蔵品発行年月日】1994年1月6日 第1刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円+税26円)
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】500円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】
【コメント】
以前「入試を制する多義語333+α」をボロクソに貶したが、隠れた理由の1つにこの本の存在があった。勿論、この本も絶版でまずオークションなどで見かけることは無い。

論より証拠、表4に書かれたTEST問題がどれくらい出来るだろうか。
①will(・・・でしょう)→(名)
②tongue(舌)→(名)
③start(始める)→(動)
④save(救う)→(動)
⑤sound(音)→(形)
⑥pretty(かわいらしい)→(副)
⑦behind(・・・の後ろに)→(副)
⑧duty(義務)→(名)
⑨name(名前をつける)→(動)
⑩net(網)→(形)
オモテの意味は中学レベルだが、ウラの意味を出されると意外に脆いはず。(正解は最後に)

表題は1000語となっているが、カウントしているのは「ウラの意味」の数で、同じ単語が複数ページにわたって出てくるので実際の英単語の数は半分くらいか。複数の個所に載っているのはレベル別・品詞別に並べているからで、同一単語であればそれぞれの項目内に参照ページ数と意味は載っている。

単語集の2冊目以降として使うとパワーを発揮しそうな好著。

正解はこちら
by roudai | 2008-08-20 00:00 | 英語 | Comments(0)

収蔵品番号065 速読英語長文評論の解き方

d0133636_0172835.jpg

【タイトル】速読英語長文 評論の解き方
【著者】小柳優子
【肩書】Institute of Scientific Approach代表
【出版社】中経出版
【サイズ】B5変形
【ページ数】184頁+別冊32頁
【目次】
国語編
第0章 [長文読解の基本作業]
 問題1 選択肢分割法
 問題2 類似表現発見法
英語編
第1章 [見えない下線部の発見]
 問題3 見えない下線部の発見(1)
 問題4 見えない下線部の発見(2)
第2章 [反転文]
 問題5 反転文(1)
 問題6 反転文(2)
第3章 [例外的な反転文]
 問題7 例外的な反転文
第4章 [SFC級超長文入門]
 問題8 超長文読解実戦
【初版発行年月日】1998年6月30日
【収蔵品発行年月日】1998年6月30日 第1刷発行
【収蔵品定価】1300円+税
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】10000円~
【鑑定額】5000円
【代替参考書】
【コメント】
どんなに英文法や英文解釈の落とし穴に詳しくなっても、母国語である日本語で長文を読めない生徒が外国語の長文を読めるはずはなく、本書は第0章としてセンター試験二題分の評論問題の解説を通じて現代文用の「評論読解法」を説いてくれる(しかも巻末から縦書きで)。
基本的に英語で出題される文章より現代文で出題される文章の方が難解なので、このアイデアはまさにコロンブスの卵なのだが、誰も追随しないのは不思議である。
本論の英文読解では赤・青の二色を使って二項対立を抜き出しながら論理展開を視覚化していくという代ゼミの現代文講師森 久師の「一読たどり読み」の英語版といえるメソッドを三色刷りの紙面で示してくれる。
by roudai | 2007-12-04 00:00 | 英語 | Comments(2)