人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:中道館 ( 3 ) タグの人気記事

収蔵品番号378 キー・ポイント55数学

d0133636_17484864.jpg
【タイトル】入試突破キー・ポイント55数学
【著者】斎藤隆司
【肩書】代々木ゼミナール・新宿セミナー講師
【出版社】中道館
【サイズ】A5
【ページ数】115頁
【目次】
【初版発行年月日】1992年12月10日
【収蔵品発行年月日】1992年12月10日 第1版第1刷発行
【収蔵品定価】定価780円(本体757円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】☆☆☆☆☆
【ヤフオク相場】2000円~
【鑑定額】0円
【代替参考書】チャート研究所「チャート式シリーズ入試頻出これだけ70数学1A2B」(数研出版)
【コメント】
以前「買ってはいけない【改訂版】」に書いたが、中道館といえば古文(実際に「使える参考書」は吉川師の本だけだが・笑)がメインの出版社で、本来守備範囲ではない英語で宮尾師の「ノックアウト語法」を出した途端、あまりの誤植の多さに原秀行尊師が「誤植の多さにノックアウト」とのたまったほどで、このことから出版社の守備範囲の大切さを教えられたが、本書は中道館唯一(?)の数学参考書という段階で地雷の匂いがプンプンする。
見開き2頁完結で左に例題と考え方、右に解法と類題とレイアウトは並の参考書と五十歩百歩なのだが、紙面が空くと6通りの著者の似顔絵とフキダシに「わかったか!忘れるな!」「わかるよな 類題も楽勝さ!」「基本だからわかるよね!」「頑張ろう!」といった屁のツッパリにもならないアドバイス。しかも類題の直下に答が書かれており、類題に関する解答・解説ナシという手抜きぶり。レアだからといって高値で掴むと後悔する、という典型的な例だ。
by roudai | 2013-02-05 00:00 | 数学 | Comments(3)

収蔵品番号041 古文全天候バイブル

d0133636_17574497.jpg

【タイトル】古文全天候バイブル
【著者】吉川栄治
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】中道館
【サイズ】A5
【ページ数】157頁
【目次】
第一章 活用~古文への招待
第二章 単語、たんご、タンゴ!
第三章 助動詞パワー
第四章 助動詞飛天編
第五章 係り結び天国
第六章 同音語を見分ける
第七章 敬語万能社会
第八章 和歌るかな?
第九章 古文常識とは何か?
迷える子羊のための福音書
【初版発行年月日】1992年5月25日
【収蔵品発行年月日】1992年5月25日 第1版第1刷発行
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★☆
【ヤフオク相場】4000円~
【鑑定額】900円
【代替参考書】
【コメント】
以前紹介した「古文が宇宙語でなくなる日」に続く吉川師の問題集(作?)第2弾。こちらもAmazonを見る限りまだ現役のようだ。中道館エライ。
「宇宙語」に比べるとやや難解な文章が多いが、そこは吉川師の軽妙な講義口調でわかったような気にさせてくれる。問題文自体は難解だが、その内容は各章立てを見ればわかるように前作同様堅くない古文ばかりである。
この本の最大の山場は和歌の解釈や技法に関する第八章の「和歌るかな?」で、本職が和歌の研究である吉川師の真骨頂を見せてくれる。また最後の「迷える子羊のための福音書」も掛け値なしの本音トークで、この本を読み終えたあとの貴重な指針を授けてくれる。
薄くて一冊一週間もあればラクに読み終えられるが、必要最小限のことをコンパクトにわかりやすくまとめた好著。
by roudai | 2007-11-10 00:00 | 国語 | Comments(0)

収蔵品番号014 古文が宇宙語でなくなる日

d0133636_044167.jpg

【タイトル】古文が宇宙語でなくなる日
【著者】吉川栄治
【肩書】代々木ゼミナール講師
【出版社】中道館
【サイズ】A5
【ページ数】230頁
【目次】
まえがき
第一講 まず「つなぎの言葉」から
第二講 言葉は世につれ国につれ
第三講 言葉のかたちはなぜ変わる?
第四講 古文征服最大の難所、<助動詞>山脈
第五講 昔の「昔」は十六倍
第六講 さまざまな未来
索引
あとがき
【初版発行年月日】1989年12月20日
【収蔵品発行年月日】1989年12月20日 第一版第一刷
【収蔵品定価】900円(本体874円)
【入手困難度】★★★★☆
【学力貢献度】★★★★★
【ヤフオク相場】3000円~
【鑑定額】900円
【代替参考書】
【コメント】
ここまで絶版参考書ばかりを書き連ねてきたが、今回は刊行から18年経った今もAmazonで(都心の大型書店でも)新品を購入できる名著のご紹介。

90年代初頭、代ゼミ国語課でポスト土屋博映一番手の期待をかけられた人気講師がいた。それがこの吉川栄治師である。解釈の正統さといい、下ネタの切れ味といい、他の追随を許さなかったが、惜しくも滋賀大学に栄転され、今は教育学部の教授になられている。しかし、某青山学院大教授(元山口大教授)のように、象牙の塔へ入るにあたって、自らの受験参考書を絶版扱いにしなかった(させてもらえなかった?)ことで稀代の名著は細々とその命を長らえて今に至っている。

まえがきにはこうある。

★この本は「コ・ブ・ン」と聞いただけで心臓が縮み上がる人、学校のテストで50点以上とったことのない人、教科書をめくったとたんにめまいがする人、そんな人たちのために書きました。

この言葉にウソ偽りは全くない。わずか6題の問題を解くうちに古文を読む上で必要最小限の知識がするすると入ってきてしまう。使われている問題文も「土屋の[古文]」ユーモア編やナンセンス編(大和書房)のような堅くない古文ばかりなので非常に取っつきやすい。かくいう私も前述の「古文の読解」とこの「宇宙語」のおかげで<古文不適応症候群>から脱することが出来た。

「古文の読解」同様、初心者向けだからといって、説明を手抜いたり内容を低く抑えることなく、自主的に古文が学べるレベルまで導いてくれる。暴走族吉野やゴロあわせ板野に辟易している人は是非手に取ってほしい一冊。「土屋の古文講義・1」に手がつけられない生徒あたりが読むのが一番か。
by roudai | 2007-10-14 00:00 | 国語 | Comments(7)