人気ブログランキング |

浪人大学付属参考書博物館

roudai.exblog.jp
昔の大学受験参考書を展示する私設博物館です。
更新履歴
2019/05/02
収蔵品番号424
のレビューを公開しました。

2019/05/01
収蔵品番号545
のレビューを公開しました。

2019/04/20
収蔵品番号702
のレビューを公開しました。

2018/10/31
第6回おもしろ同人誌バザールに参加しますにコメントを追加しました。

2018/6/12
収蔵品番号667
のフェア情報を更新しました。

2018/1/31
収蔵品番号234
の復刊情報を追記しました。

2017/12/04
収蔵品番号063
の復刊情報を追記しました。

2017/08/22
収蔵品番号561
のレビューを公開しました。

2017/08/19
収蔵品番号416
のレビューを公開しました。

2017/05/03
春のイベントのお知らせに進捗状況を追加しました。

2017/04/08
春のイベントのお知らせに通販状況を追加しました。

2017/04/01
春のイベントのお知らせに当日の注意事項を追加しました。

2017/1/29
収蔵品番号222
のレビューを追加しました。

2016/9/24
収蔵品番号420
のレビューを公開しました。

2016/8/13
収蔵品番号467
のレビューを公開しました。

2016/7/23
収蔵品番号200
の復刊情報とレビューを追記しました。

2016/06/12
発行書籍番号006
の紹介記事を追記しました。

2016/03/23
収蔵品番号353
の代替参考書を変更しました。

2016/03/20
収蔵品番号470
収蔵品番号463
収蔵品番号456
収蔵品番号449
収蔵品番号414
収蔵品番号407
のレビューを公開しました。

2016/02/29
収蔵品番号505
収蔵品番号502
収蔵品番号460
収蔵品番号454
収蔵品番号410
収蔵品番号409
収蔵品番号405
のレビューを公開しました。

2016/02/14
収蔵品番号477
のレビューを公開しました。

2015/09/07
夏コミ新刊の通販を開始しました。旧刊も在庫ありです。

2015/08/29
収蔵品番号392
の復刊情報を追加しました。

2015/08/10
収蔵品番号452
収蔵品番号451
収蔵品番号450
収蔵品番号448
収蔵品番号447
収蔵品番号446
収蔵品番号445
のレビューを公開しました。

2015/08/01
発行書籍番号010
発行書籍番号008
発行書籍番号007
の改訂版情報を追記しました。

2015/06/01
収蔵品番号486
収蔵品番号487
収蔵品番号488
収蔵品番号489
収蔵品番号490
収蔵品番号491
収蔵品番号492
のレビューを公開しました。

2015/05/10
収蔵品番号478
収蔵品番号484
のレビューを公開しました。

2015/05/05
収蔵品番号472
収蔵品番号474
収蔵品番号475
のレビューを公開しました。

2014/11/30
収蔵品番号394
収蔵品番号399
収蔵品番号400
収蔵品番号402
のレビューを公開しました。

2014/10/14
収蔵品番号398
収蔵品番号397
収蔵品番号396
のレビューを公開しました。

2014/8/26
発行書籍番号011
発行書籍番号012
の委託販売を開始しました。

2014/6/7
収蔵品番号376
収蔵品番号150
収蔵品番号103
の代替参考書を変更しました。

2014/4/29
収蔵品番号434
のレビューを公開しました。

2014/04/19
収蔵品番号430
の代替参考書を変更しレビューに情報を追記しました。

2014/03/30
収蔵品番号357
の電子版復刊情報を追加しました。

2014/3/25
収蔵品番号433
収蔵品番号432
収蔵品番号431
のレビューを公開しました。

2014/02/26
収蔵品番号086
収蔵品番号347
の復刊情報を追加しました。
収蔵品番号393
のレビューを公開しました。
リンク
浪人大学
COMIC ZIN 委託販売リスト
ブログパーツ
ここにブログパーツのスクリプト を入れてください。
FX取引機能比較
カテゴリ
以前の記事
2020年 12月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
最新のコメント
そういえば原秀行先生が講..
by ケンチャナヨ at 23:57
三浦修師はある意味大学教..
by tabitetu at 01:27
まず、佐藤忠志師のご冥福..
by tabitetu at 01:18
早々の回答、どうもありが..
by ハナエ at 23:43
>ケンチャナヨさん 私..
by roudai at 22:32
>ハナエさん はじめま..
by roudai at 22:19
こんにちは。はじめまして..
by ハナエ at 14:20
お久しぶりです。佐藤師の..
by 落札しそこなった男 at 23:40
館長様 今日の朝日..
by ケンチャナヨ at 13:40
>ふがふげさん こんな..
by roudai at 21:16
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル

タグ:和田秀樹 ( 4 ) タグの人気記事

収蔵品番号337 赤本の使い方

d0133636_21512396.jpg
【タイトル】赤本の使い方
【著者】和田秀樹
【肩書】受験技術研究家(精神科医)
【出版社】ごま書房
【サイズ】新書
【ページ数】200頁
【目次】
プロローグ 志望校攻略は、赤本にはじまって赤本に終わる
赤本活用術"第一段階"
 合格したかったら、志望校は赤本を使って選べ
 ―キミは、偏差値で"行きたい大学"をあきらめていないか―
赤本活用術"第二段階"
 ライバルに差をつけたかったら、赤本を使って実力をたくわえろ
 ―キミは、偏差値を上げるための受験勉強をしていないか―
赤本活用術"第三段階"
 一点でも多く叩き出したかったら、赤本を使って"本番戦術"を磨け
 ―キミは、最後の力だめしを"答え合わせ"だけで終わらせていないか―
赤本を、もっとうまく使うために
①赤本はこうして手に入れろ
②赤本の大学案内はここを見ろ
【初版発行年月日】1990年4月30日
【収蔵品発行年月日】1996年9月20日 第22刷発行
【収蔵品定価】定価777円+税
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★★☆☆
【ヤフオク相場】250円~
【鑑定額】350円
【代替参考書】和田秀樹「赤本の使い方」(ブックマン社)
【コメント】
プロローグから耳の痛い言葉が並ぶ。
 結論から先に言おう。赤本を正しく使いこなせば、キミは行きたい大学に合格できる。赤本には志望校に受かるためには何をどこまで勉強すればいいか、という情報が詰め込まれている。いかにしてこの情報を最大限に引き出し、志望校に照準を合わせた効率のいい受験勉強が出来るか。一言で言えば、これが赤本を正しく使いこなすということなのである。(17頁)
もう主要校の赤本が店頭に並びだしたが、四半世紀近く前に出たこの本に書かれた意識を持って赤本を買っている受験生がどれだけいるのか。いや、まだ買っていない受験生が大半なのではないだろうか。
この直後に最も耳の痛い言葉が出てくる。ここにピンと来ないようではまだ「受験生」とは言えない。
 ところが、多くの受験生は赤本の正しい使い方を分かっていない。早い話が、一年間、模試の偏差値を上げるために"ばくぜん"と勉強し、最後に受けた模試の偏差値で"行けそうな大学"を選ぶ。そして本番二、三日前にになって、はじめて"力だめし"のために赤本を使うのだ。
 これでは、志望校の入試に絶対でないと分かっている問題に膨大な時間をかけたり、かならず出る"ヤマ"をアッサリ見のがしてしまうような、誰が考えても効率の悪い受験勉強を強いられることになる。
赤本を本番二、三日前に買うなんてマヌケは某W大の教授くらいだろうが、国立志望ならばセンター終了後に初めて赤本を買うケースもあるだろう。
オールラウンドに出来るというのはあくまで理想論で、やはり限られた時間内に結果を出すには濃淡を付けなければならない。そのために赤本を使うというのは至極当然の考え方だが、その方法を手取り足取り書いてくれている本は少ないように思える。
実際、和田氏は過去の著作を何度か改訂しているが、この本に関しては「和田式合格のストラテジー」シリーズ(ロングセラーズ)で「新・赤本の使い方」を出した後、しばらく出していなかった。現在は代替参考書が「大学受験合格請負」シリーズ(ブックマン社)で出たので、現役生なら真っ先に読んで戦略を立てるべきだろう。
ただ和田氏の本全般に言えることだが、ご自身が理系のため国語・社会に関する個別のアドバイスが的外れで、特に国語に関しては全く役に立たない。「国語が不得意なら慶應型(国語を小論文で代替する大学)」なんて耳あたりは良くてもほぼ実現不可能である。
いくつか参考書を紹介しているが、本書の刊行時点で既に絶版になっているものがあるので、コレクター以外は古本を探すより情報の新しい代替参考書を見る方が賢明だろう。
by roudai | 2012-05-07 00:00 | 受験情報 | Comments(0)

収蔵品番号200 受験のシンデレラ

d0133636_021234.jpg
ノベライズ

d0133636_0212753.jpg
DVD

d0133636_2035142.jpg
公開時映画パンフレット

【タイトル】受験のシンデレラ
【著者】和田秀樹
【肩書】精神科医・映画監督
【出版社】小学館
【サイズ】文庫
【ページ数】253頁
【初版発行年月日】2008年3月11日
【収蔵品発行年月日】2008年4月2日 初版第二刷発行
【収蔵品定価】本体514円+税/4935円+税(DVD)
【入手困難度】☆☆☆☆☆
【学力貢献度】不明
【ヤフオク相場】105円~
【鑑定額】105円
【代替参考書】和田秀樹「受験のシンデレラ DVDブック」(ブックマン社)
【コメント】
2007年10月に開館した当博物館も200個目の収蔵品展示となった。

ということで今回はいつもと趣向を変えて映画批評をしてみたい。といっても普通の映画ではなく、受験評論家としても有名な和田秀樹氏の初監督作品「受験のシンデレラ」である。

2008年3月に公開された時に日頃その見識に一目置いている前田有一氏の「超映画批評」絶賛されていた(※注 70点は「満足度高めな一品」で週によっては「今週のおすすめ」レベル)のを見て、俺様が見に行かんで誰が見に行くという気概で映画館に足を運んだもので、どこかで非映画マニア的(館長は年1程度しか映画を見ない)な批評を書こうと思いつつタイミングを逸してきた。

この批評を見るだいぶ前に本作がモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(BEST FILM)・最優秀主演女優賞(BEST ACTRESS)・最優秀男優賞(BEST ACTOR)・最優秀脚本賞(BEST SCREENPLAY)の四冠を達成したニュースをVariety Japanで読んでおり、和田氏が高校時代からの夢である映画制作を達成した上に初監督作品で国際映画祭のグランプリを取ってしまう運の強さに驚いたが、後で「モナコ国際映画祭」とは「暴力描写やセックス描写のない映画のための映画祭」ということを知って合点がいった。

和田氏がどこかで書いたのを読んだらそういう計算はなかったとのことだが、海外で新人監督が賞を獲るために、いかにライバルの少ない穴場を探し当てたかを誇ってくれた方が面白かった。まぁ、資金こそ緑鐵舎が出したインディーズ映画だが、俳優からスタッフにいたるまで一流どころが揃っている本作が低予算インディーズ相手のコンペティションに出品するのはワンメークレースにインディカーで参加するようなもので、ある意味これほどの格差(笑)もない。

見に行ったのは新宿のK's cinema、平日の夜(18:50~)だったので上映直前に数えたら6人しか客がいなかった。

大まかなあらすじは「超映画批評」で知った上で見始めたが、主演の真紀役の寺島咲を初めて見て、その楚々たる魅力に圧倒された。彼女をヒロインに抜擢した段階でこの映画のデキは半ば決まったと言っていい。確かに前半、受験に本気になるまでの芝居に滑稽なまでのありえなさを感じたが、後半はぐんぐんと引き込まれた。

そしてもう一人の主役である豊岡功補はまんまドラマ版「のだめカンタービレ」のハリセンで、ドスをきかせて受験生を圧倒するカリスマ教師五十嵐役を熱演。末期ガンで自分の技術を最後に伝える相手として偶然出会った真紀を選ぶ。彼女を選ぶ理由は「んなワケねーだろ」と言いたくなるご都合主義だが、この2人が演じるとそれが大人向けのファンタジーとして成立するから凄い。

当ブログ的な見所としては、真紀が東大を受験するシーンで真っ先に手をつける際にチラッと見える数学の問題が実際に東大で2007年に出題されたもので、この年で一番易しい問題であったことや、本編で五十嵐が真紀に勧める参考書がパンフレットに全て載っているが、かつて東進のアドバイザーをしていたクセに河合出版の参考書がほとんど(駿台文庫・代々木ライブラリーはゼロ)ということか。

ツッコミどころも満載で、不必要に豪華なキャストと併せて、館長の大好きな「新幹線大爆破」を彷彿とさせる。「新幹線大爆破」における多岐川裕美が本作における辰巳琢郎(どちらも一瞬の出演シーンを見落とすとエンディングで?になる・笑)か。

例えば貧乏なはずの真紀が2005年段階で高級機のFOMAなんか使ってる。消費税をケチっているのにパケ代はどうしたのか(笑)。それに16歳の女の子の本棚に高橋幸二「押忍!!空手部」は普通ないと思う。和田氏は受験版「あしたのジョー」と言っているが、ラストシーンはどう見たって「○○○をねらえ!」だろう。とにかく見終わると無性にマーブルチョコレートが食べたくなる映画である。

単館上映だしこんな内容なのでDVD化は絶対ないな、と思っていたらまさかのメジャーレーベル(ジェネオン)からのDVD化。こちらもいつまで手に入るか分からないので早めに入手した。ノベライズ版は映画で描ききれなかったところを和田氏が加筆したもので、映画で説明不足だったところが分かる反面、ケータイ小説的な描写も目立つので、映画を見る前に読むことはオススメしない。今では入手不能のパンフレットもネタバレが多く、上映前に読んでだいぶ興を削がれた。

[追記]
最近産経新聞の「正論」欄に寄稿することの多い和田氏だが、その縁でか今月九段会館で上映会が行われるそうだ。大きなスクリーンで見られる最後のチャンス(というか公開以来最大会場?)と思われるのでスクリーンで見たい人は是非。

第2回「正論」シネマサロン(事前予約制?・2010/5/23)
http://www.sankei.co.jp/seiron/kokuti/0416cinema.html

[追記・2]
BSプレミアムでドラマ化されて2話まで流し見したが映画版に比べて小泉孝太郎・川口春菜ともダメダメでガッカリ。貧困ながら芯の強い主人公が売りなのに、川口春菜に汚い言葉づかいをさせるだけで萎える。
ドラマ化に合わせて入手困難(?)だった映画版がムックになる模様。寺島咲の名演を是非多くの人に鑑賞していただきたい。
by roudai | 2009-11-17 00:00 | 受験情報 | Comments(2)

収蔵品番号050 試験に出る参考書

d0133636_0161323.jpg
【タイトル】志望大学・学部別 試験に出る参考書
【著者】和田秀樹
【肩書】精神科医
【出版社】光文社
【サイズ】新書
【ページ数】229頁
【目次】
まえがき
1章 「試験に出る参考書」の選び方 ●この選び方を知らないと大損する●
(1)なぜ「参考書選び」が入試の結果を左右するか。
(2)参考書選びの8つの考え方
2章 これが「試験に出る参考書」だ ●何をどう使えばその科目の得点になるか●
(1)英語の「試験に出る参考書」
(2)数学の「試験に出る参考書」
(3)社会の「試験に出る参考書」
(4)理科の「試験に出る参考書」
(5)国語の「試験に出る参考書」
センター試験
3章 志望大学・学部別「試験に出る参考書」 ●狙いに合わせた参考書選びのコツ●
国立大学
私立大学
【初版発行年月日】1990年3月30日
【収蔵品発行年月日】1990年3月30日 初版第1刷発行
【収蔵品定価】750円(本体728円)
【入手困難度】★★☆☆☆
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】1円~
【鑑定額】100円
【代替参考書】「和田式合格のストラテジー④受かる参考書はこれだ! 」(ロングセラーズ)
【コメント】
受験参考書の選び方について、一人の著者が全教科に渡って語る本は意外と少ない。本書はその数少ない一冊。
著者の和田秀樹氏は灘高から東大理Ⅲに現役合格した受験戦争の勝者だが、やはり理系だけあって国語(特に現代文)と社会についてのチョイスは首をひねるものが多い。
参考書についての総論において初めて参考書の区分に「主食」「副食」「デザート」という概念を導入し、後にエール出版社の類書でもパクられたほど一般化した。また、赤本こそが最高の「問題集型解説書」という考え方も一連の「有賀悠」本にそのまま踏襲されている。尤も、赤本のデキは大学の質に比例するので、上位校以外の赤本の解答にどれだけ信頼が置けるか疑問はあるが。
参考書選びの8つの考え方には概ね賛成なのだが、その6の「参考書に古典はありえない」というのにだけは首肯しかねる。
「二〇年も三〇年も前に出た参考書・問題集は役に立たない」というのは非常に近視眼的な見方で、昨今の「ゆとり教育世代」対象に書かれた参考書と二〇年前の「団塊ジュニア世代」に書かれた参考書では後者のレベルが総じて高く、解説も詳しい。
日本史における菅野師や現代文における田村師・出口師といった一時代を画した著者のいる教科は最近の方が進化しているが、数学などは明らかに「古典」が役に立つ。
もちろん、古典とはいえ箸にも棒にも掛からない本も多数あり、結局は善悪を見抜く目があるかどうかなのだが。

収録されている参考書リストを見る
by roudai | 2007-11-19 00:00 | 受験情報 | Comments(3)

収蔵品番号005 試験に強い子がひきつる本

d0133636_255177.jpg

【タイトル】試験に強い子がひきつる本 偏差値40でも東大に入れる驚異の和田式受験法88
【著者】和田秀樹
【肩書】東京大学・医学部附属病院精神神経科(昭和60年東京大学卒業)
【出版社】潮流出版(ラッコブックス)
【サイズ】新書版
【ページ数】220頁
【目次】
<まえがき>
一章 親の意識革命の章 親が受験のことを何も知らんから子がダメになるんや
1 受験勉強ほどラクでトクな処世術はない!
2 『窓ぎわのトットちゃん』も『金八先生』も子供を救えない!
3 信じる奴だけが損をする「学歴不要論」
4 何が根性や!予備校の「精神主義」なんて大ウソだ!
5 学習塾などクソの役にも立たん!英会話塾など愚の骨頂や!
6 受験勉強は「積み木」ではない!「ぬり絵」なのだ!
7 名門校には入れなかったからダメだと決めつけるな!
8 「落ちこぼれの子」でも東大を狙わせろ!
9 「カスの親」から生まれても受験の王道は突破できる!
10 難問解けんでもIQ低くても受験勉強では勝てる!
11 「偏差値40」の"中流"の受験生でも東大を狙える!
12 勉強せんでもデキる「天才」なんておるもんか!
13 「思考力を鍛えろ」なんてウソや!
14 「教育ママ」のどこが悪い!
15 「エリート意識」のどこが悪い!
16 受験勉強ほどの「高額アルバイト」はほかにない!
17 自由に生きたきゃ金になる医者・弁護士を目指せ!
18 「イジメられっ子」のわが子を救う決め手はコレだ!
19 「後で遊べる」ことが子供にはエサになるんや!
20 東大が一番難しいなんてウソや!
21 "灘高の驚異"は「ハッタリ受験術」から生まれた!
二章 子育ての章 子供にやる気を起こさせるテクニック教えます
三章 受験指導の章 これだけで成績が上がる試験勉強の基本テクニック
四章 必殺受験術の章 合格点をとる各教科別必勝法はコレだ
<あとがき>
<付>
【初版発行年月日】1986年3月20日
【収蔵品発行年月日】1986年6月10日 初版第3刷発行
【収蔵品定価】880円
【入手困難度】★★★★★
【学力貢献度】★★☆☆☆
【ヤフオク相場】300円~
【鑑定額】500円
【代替参考書】和田秀樹「わが子を東大に導く勉強法」(PHP文庫)
【コメント】
目次の全てを引き写すのが面倒だったので、印象的な一章の見出しだけ引用した。
本書はあの和田秀樹氏の記念すべき処女作。関西のマイナーな出版社(その後倒産)から出ていた本にもかかわらず、高校時代にウチのオヤジがどこからか探してきて読ませられた。久々に再読して意外に内容を覚えているのに驚く。特に自分の早期英語教育反対論の源はここかと膝を打った。
「処女作にはその作家の全てがある」とよく言われるが、処女作から20年経っても和田氏の意見は大筋変わりがない。そして、まだ社会的名声を得ていない若者だからこその、青臭い、関西弁によるホンネ丸出しの意見が当時の建前論ばかりの受験技術書とは一線を画していた。ぶっちゃけ「[図説]超合格術」よりもこの本の方が何倍も直接効果のあるノウハウが詰まっていると断言できる。
版元倒産のため、3ヶ月で3刷も刷っているのに和田氏はこの本の印税をもらい損ねたそうだが、実は2003年にPHP文庫に再録されている。それが【代替参考書】に挙げた「わが子を東大に導く勉強法」である。文庫化に当たって、推薦する参考書を新しいものに差し替え、一部固有名詞が差し替えられている(山本浩二や横山やすし→イチローや松本人志)。

ちなみに差し替えられた参考書はざっとみたところ
「基本英文700選」(駿台文庫)→「入試英作文攻略の新技術」(桐原書店)
「赤チャート」(数研出版)→「青チャート」(数研出版)
「数Ⅰ演習」(アレフ社)・「大学への数学・新作問題集」(東京出版)→省略
「入試問題集」(数研出版)→「年度版大学入試攻略数学問題集」(河合出版)
「数学演習」(アレフ社)→「ハイレベル理系数学50テーマ150題」(河合出版)
「チャート式構文中心新英文解釈」(数研出版)→「基礎英文問題精講」(旺文社)
「古文要説」(駿台文庫)→「古文解釈の方法」(駿台文庫)
「漢文頻出問題」(中央出版)→「漢文道場」(Z会出版)
「試験にでる英単語」(青春出版)→「英単語ターゲット1900」(旺文社)
毛利良雄のシリーズ(研究社)→「安河内の英語をはじめからていねいに」(ナガセ)
大和和紀「あさきゆめみし」→出口汪「源氏物語が面白いほどわかる本」(中経出版)
「化学反応式ココが狙われる」(学研)→「化学反応式 高校すいすい暗記」(受験研究社)
「シグマベストよくわかる生物Ⅰ」(文英堂)→「生物ⅠB合格48講」(学研)

あと、新書版では88の項目が挙げられているが、文庫版では87に減らされている。削除された1項目とは、二章にある

35 パソコンでプラグマティックな考え方を身につけさせろ!

インターネット時代ではさすがに時代遅れか。

それ以外の内容はほとんど同じなのだが、残念なことに新書版の赤塚不二夫っぽいカット(画 齋藤あきら)が文庫版では全て削除されている。本文の内容を的確にまとめて記憶定着度を飛躍的に高める一助となっていただけに惜しい。
by roudai | 2007-10-05 00:00 | 受験情報 | Comments(0)